プロが教えるわが家の防犯対策術!

労働基準法の「変形労働時間制」に関わる計算式で疑問点があり、数学的にご解説を頂戴いたしたく投稿いたしました。

労働基準法では、
「1箇月以内の一定期間を平均し1週間の労働時間が40時間を超えない範囲内において、各労働日の労働時間を具体的に定める」ことが出来るとされています。
解説書を見ると、「1箇月以内の一定期間を平均した1週間の労働時間」を算出する方法として、以下のような数式が掲載されているのですが、なぜこのような数式になるのかまったく理解できず、先に進むことが出来ずにおります。

【解説書の具体例】
(1)対象となる月を31日間とする。
(2)対象となる月に、177時間働いたとする。
(3)以上を踏まえ、「1箇月以内の一定期間を平均した1週間の労働時間」を以下の数式で導く
→177時間×7日/31日≒39.97時間

一体なぜ、上記のような数式になるのでしょうか?
まったく理解できません。

私は数学や算数はまったく出来ないのですが、真剣に以下のように考えました。

(177÷31)×7

→1月に177時間働いたので、これをその月の日数で割れば、1日当たりの平均労働時間が出る(ただし、この場合は休日という概念は存在せず、31日間休みなく働いたことになる)。これを7倍すれば、1週間当たりの労働時間になるのではないか?

上記の考え方、そしてそこから導いた数式は間違っているのでしょうか?

以上の話を踏まえ、数学の専門家の皆様に、数学音痴の私にも分かるようにご解説をいただきたいのです。
なお、私の数学力は、小学生程度です。
幼稚な質問をお許しください。
でも、気になって気になって仕方がないのです。
ぜひ、ご解説をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

内容同じですよ


数式の書き方が違うだけです
÷31は×1/31と一緒です
掛け算はどの順番でも答えは同じになります
つまり
177×7×1/31(解説書)でも(177÷31)×7でも同じです
先に掛けるのは割り切れないと答えがわずかにずれる場合が
あるためと思います
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>÷31は×1/31と一緒です
>掛け算はどの順番でも答えは同じになります

早速のご回答、本当にありがとうございます。
こんなに一言で、分かりやすくご解説いただき、頭がスッキリしました。
要は、式の変形だったのですね。

>先に掛けるのは割り切れないと答えがわずかにずれる場合があるためと思います

本当に明解な理由で、ますます納得しました。
これが数学的思考というものなのでしょうか?
私も、このような感覚を身につけたいと強く思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/13 11:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q週の労働時間を計算するエクセル

現在、週あたりの労働時間を計算する表を作ろうとしています。

日曜日を起算日とし、1週間の労働時間を計算しているため
図のように土曜日の横の欄にその週の日曜日~土曜日までの合計の労働時間を表示するようにしています。
1週目と5週目は端数週となるので単純にその週の労働時間を合算しています。
そのため下記計算式を用いています。

V13以降のV列に入力されている式

=IF(B13="土",SUM($U$13:U13),0)


しかしこれでは月によって日数も曜日もちがってくるため、いまの計算式ですと
次の月にはめちゃくちゃになってしまいます。

OFFSET関数などを式に組み込むのではないだろうかということを
ぼんやりと認識してはいるのですが、どのようにすれば
毎月の計算を自動的に行えるようになりますでしょうか。

ご回答の程、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

本件、土曜日のほかに月末日も週労働時間を表示しますので、
A列の日付が何年何月のものかを知る必要があります。
その為、一か所、月初日をどこかに記述しておきます。(例 2016/8/1)
添付の例では、W12に書きましたので、関数で参照時"$W$12"で参照します。
もし、ほかの箇所に書いた場合は、適宜、変更してください。

日の列はA13へ
=IF(MONTH($W$12)=MONTH($W$12+ROW()-13),DAY($W$12+ROW()-13),"")
と設定します。
更にオートフィルでA43までコピーします。
これで、31日までの日をもたない月の場合、存在しない日付は空白になります。

曜日の列はB13へ
=IF(A13="","",TEXT($W$12+A13-1,"aaa"))
と設定し、更にオートフィルでB43までコピーします。

週労働時間はV13へ
=IF(OR(B13="土",A13=DAY(EOMONTH($W$12,0))),SUM(INDIRECT("U"&(IF(A13<7,0,A13-WEEKDAY($W$12+A13-1))+13)):U13),"")
と設定し、更にオートフィルでV43までコピーします。

これで、完了です。
W12の月初日を変えることにより、適切に変わることを確認してください。

V13の設定の考え方を簡単に補足しますと
表示対象は、土は月末日の為、OR(B13="土",A13=DAY(EOMONTH($W$12,0)))
が真の場合、表示し、偽の場合は空白 となります。
SUMをとる範囲は、XXから該当セルまでとなります。
XXは、7日未満なら1日から(後で13を加算するので0開始とします)
①土曜日なら該当セルの日-7となります。(7はWEEKDAY関数で取得可能)
②月末日なら該当セルのWEEKDAYを該当セルの日から引きます。
従って①②はともに 該当セルの日ーWEEKDAY(該当セルの日付)となります。
該当セルの日付は、$W$12+A13-1で求められます。
従って XX=A13-WEEKDAY($W$12+A13-1)) となります。
結局、集計開始のセルは
"U"+XX+13 で与えられます。この式を直接書くと単なる文字列なので
INDIRECT()で関節参照指定を行い、セルの位置であることを明示します。

本件、土曜日のほかに月末日も週労働時間を表示しますので、
A列の日付が何年何月のものかを知る必要があります。
その為、一か所、月初日をどこかに記述しておきます。(例 2016/8/1)
添付の例では、W12に書きましたので、関数で参照時"$W$12"で参照します。
もし、ほかの箇所に書いた場合は、適宜、変更してください。

日の列はA13へ
=IF(MONTH($W$12)=MONTH($W$12+ROW()-13),DAY($W$12+ROW()-13),"")
と設定します。
更にオートフィルでA43までコピーします。
これで、31日までの日をもたない月の場合、存在...続きを読む

Q労働日数や労働時間の端数処理

変形労働時間の「労働時間の総枠」を算出するとき、「変形期間の日数」を「7」で割りますが、このときの小数点以下の数字はどのように処理したらいいのでしょう。
同様に、
・1ヶ月の平均労働日数を算出するとき(年間休日が確定している時)
・1ヶ月の所定労働時間を算出するとき(年間休日が確定している時)
の小数点以下の端数処理の仕方も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

話への割り込み、失礼します。

#2の「補足」を読んだのですが、
平均労働日数を算出するのに整数未満を丸めてしまったら、「年によって数日違う」程度の差異は消えてしまいますよ。
pilot-kさんが回答されている「小数点以下2桁まで算出」が普通のやり方だと思うのですが、それでは不都合なのでしょうか。

そもそも「月給を平均営業日数で割る時」の必要性を感じません。当方、人事関係の専門家ですが、「所定労働時間(またはその平均)」を使えばすべて用が足りませんか。
もしかしたら「平均賃金」を算出したいのかも知れませんが、そうでしたら算式が違いますので労働基準法12条で確認してください。

Q週労働日が変動する仕事の週労働時間とは。

質問要点のみにてご無礼いたします。

休日が特定の曜日ではなく、会社指定のシフト勤務である場合、週当たりの労働時間はどのように算出するのでしょうか。

閏年は無視して

365÷12÷7=4.3 を月あたりの週として
月労働時間を4.3で割る計算でよいのでしょうか。

年休の比例付与の週労働時間を知りたいための質問です。

Aベストアンサー

まあ、微妙なところではありますが、平成16年8月27日に出された通達「訪問介護労働者の法定労働条件の確保について」(基発第0827001)が参考になるでしょう。

「(5)年次有給休暇の付与
訪問介護事業においては、年次有給休暇について、(略)また、非定型的パートタイムヘルパー等について、年次有給休暇が比例付与される日数は、原則として基準日において予定されている所定労働日数を算出し難い場合には、基準日直前の実績を考慮して所定労働日数を算出することとして差し支えないこと。したがって、例えば、雇入れの日から起算して6か月経過後に付与される年次有給休暇の日数については、過去6か月の労働日数の実績を2倍したものを「1年間の所定労働日数」とみなして判断することで差し支えないこと。」

シフト制で勤務日数がバラバラの場合はこれに準じて判断すれば問題ないと思われます。
労働時間についても
1日の所定労働時間×総労働日数(出勤義務日数)/総日数×7で出せば出ます。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kantoku/041115-1.html

まあ、微妙なところではありますが、平成16年8月27日に出された通達「訪問介護労働者の法定労働条件の確保について」(基発第0827001)が参考になるでしょう。

「(5)年次有給休暇の付与
訪問介護事業においては、年次有給休暇について、(略)また、非定型的パートタイムヘルパー等について、年次有給休暇が比例付与される日数は、原則として基準日において予定されている所定労働日数を算出し難い場合には、基準日直前の実績を考慮して所定労働日数を算出することとして差し支えないこと。したがって...続きを読む

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。

Q週20時間以上とは?

雇用保険の加入条件は、
1週間の所定労働時間が20時間以上であるとのことなのですが、
この週20時間とは、平均して週20時間なのでしょうか?
それとも、祝祭日等のある特別な週を除き、週20時間以上働くことになっている場合をさしているのでしょうか?
私は、平日4時間30分のパートをしています。
単純に祝祭日がなければ、週20時間を越えています。
しかし、給与明細を見る限り、その雇用保険が引かれていません。
夏休みや年末年始、そして祝日を入れて、年間で計算すれば、
平均で週20時間未満になります。

Aベストアンサー

契約書をご覧下さい
週5日勤務、1日の時間は4.5時間、週2日休み、週の労働時間は22時間30分
であれば週20時間以上です

雇用保険の加入要件は下記を参照してください(厚生労働省)事業者向け
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/koyouhoken/index.html
上記の「その2、パートタイム労働者の加入手続」の「適用基準」をご覧下さい
ご自分の契約が該当する様なら、雇用保険の加入を申請して下さい

Q10進法で時間の計算で30分が0.5だったら、その計算方法が分かりませ

10進法で時間の計算で30分が0.5だったら、その計算方法が分かりません、教えてください。

Aベストアンサー

例えば、180分は何時間でしょうか?
60,60,60で3時間。つまり、180÷60で3時間と
やりませんか?

分が60より小さくても同じことです。60で割れば分の単位から
時間の単位にかえることができます。

ただ、6の倍数になってない10分とかは割り切れないので、その
ようなときは普通、分数で 10÷60→10/60→1/6 の
ように表すことが多いと思います。

Q労働保険の 労働保険番号について

どなたか教えていただければ有難いです。

労働保険は、労災保険と雇用保険に分かれますが

労働保険番号は、労保と雇保別々にもつものなのでしょうか?

一元適用事業所の場合と二元適用事業所の場合を教えてください。

また、
労働保険の納付先は、どこになるのでしょうか?

詳しい方どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

労働保険番号とは、
府県(○○)ー所掌(○)ー管轄(○○)ー基幹番号(○○○○○○)ー枝番号(○○)の13桁の番号から成り、一元適用事業所には1つの労働保険番号が付けられます。
労働保険番号の基幹番号の末尾番号が「0」の場合は、一般の事業所(一元適用事業所)の労働保険番号になり、この末尾が「2」の場合は、建設業などの二元適用事業所の雇用保険に該当する労働保険番号になり、末尾「4」は、二元適用事業所の林業等の労災保険番号、末尾「5」は建設業等の労災保険番号、末尾「6」は二元適用事業所の事務部門に従事する職員の労災保険番号、末尾「8」は、建設業の一人親方の事務組合加入による労災保険番号になります。
また、雇用保険番号として、1事業所に一つ「雇用保険適用事業所番号」○○○○ー○○○○○○ー○の11桁からなる番号が付けられます。
つまり、一元適用事業所には、13桁からなる労働保険番号と11桁からなる雇用保険適用事業所番号の2種類の番号を持つことになります。
二元適用事業所の場合は、事業の内容により変わりますが、雇用保険適用事業所番号と他に、労働保険番号の基幹番号の末尾2、5、6などを持つ場合が多い(末尾6を持たない事業所も多いです)ようです。

労働保険料の納付は、毎年5月20日までに年度更新(労働保険の確定申告)を行い最寄りの金融機関や郵便局又は、一元適用事業所であればハローワークで納付(労災も雇用保険料も併せて)します。二元適用事業所の場合も金融機関などの納付は一元適用事業所と同様ですが、直接ハローワークや労働基準監督署などに納付する場合は、雇用保険料(末尾2の分)はハローワークへ、その他の末尾にかかる保険料は労働基準監督署に納付します。
ちなみに年度更新における書類の作成も一元適用と二元適用では大きな相違点がありますのでご注意下さい。
参考までに下記のホームページをご覧下さい。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/2003/03/tp0320-2.html

労働保険番号とは、
府県(○○)ー所掌(○)ー管轄(○○)ー基幹番号(○○○○○○)ー枝番号(○○)の13桁の番号から成り、一元適用事業所には1つの労働保険番号が付けられます。
労働保険番号の基幹番号の末尾番号が「0」の場合は、一般の事業所(一元適用事業所)の労働保険番号になり、この末尾が「2」の場合は、建設業などの二元適用事業所の雇用保険に該当する労働保険番号になり、末尾「4」は、二元適用事業所の林業等の労災保険番号、末尾「5」は建設業等の労災保険番号、末尾「6」は二元適用事業所の事...続きを読む

Qエクセルで一週間単位で数値を集計する方法について質問です。

エクセルで一週間単位で数値を集計する方法について質問です。

毎週”日曜日まで”で区切った合計数値を算出したいのですが、
月が変わったりすると、また合計する範囲を選択し直さなくてはならないのが面倒です。
曜日を入力している箇所があるので、”日”と表示される箇所を数えたりして、
1週目・2週目の合計を自動で計算できる方法はありますでしょうか。

必ず”日曜日”で区切るので、5月でしたら、5/1~2、5/3~5/9・・・と
数値を合計したいです。

↑とても説明が下手だと思うのですが、
画像から汲み取っていただけましたら、是非解決策を頂きたいです。

Aベストアンサー

あまり詳しくないですが回答させてください。

A3 [=IF(NOT(MONTH(A2)=MONTH(A2+1)),"",A2+1)] A2に月の初めを入力すると自動的に日にちが表示されます。
B2 [=IF(A2="","",WEEKDAY(A2))]右クリック→セルの書式設定→ユーザー定義[aaa]
D2 [=IF(B2=1,0,1)]
D3 [=IF(A3="","",IF(B3=2,D2+1,D2))]
F4 [=MAX(D2:D32)]
F5 [=MIN(D2:D32)]
F6 [=IF(F5+1>$F$4,"",F5+1)]
H5 [=SUMIF($D$2:$D$32,F5,$C$2:$C$32)]

あとは下にびろーんとやってみてください。
間違えがあれば連絡下さい。

Q0.5時間などの時間計算の方法

30分を0.5時間と言うときがあります。1時間を1と考えてその半分なので0.5というのは理解できます。では0.12時間とか0.74時間は何分になるんでしょうか?計算方法がわかりません。どのように計算すればよいでしょうか?

Aベストアンサー

30分が0.5時間と分かっているのであれば、それを式に直してみましょう

 30分÷60分=0.5時間

これは分かりますよね
では、0.12時間は?という前にこの式を少し変えてみます

 30÷60 = 0.5
 30÷60×60 = 0.5×60 (=の両側に60分を掛けます)
 30×1 = 0.5×60 (左の÷60が×60と打ち消しあって1になります)
 30 = 0.5×60

では、0.12時間は何分になりますか?
上の式に当てはめると、

 □=0.12×60

あっさり答えられますよね
同様に 0.74時間も計算できますよ


まだ分からないというのであれば、分数にすると分かりやすいかもしれません
  30
 ── = 0.5
  60
(自分はこの表現の方が好きですね)
あとはいろいろと考えてみてください

Q介護保険料は何歳まで支払う?

初歩的な質問で申し訳ございません。

質問1 40才になると給料から介護保険料が控除されてますが、
65才になって年金をもらうようになると、年金から介護保険料が控除されているようです。その場合給料から介護保険は控除しないのでしょうか?また、いつの時点の給料から控除しないのでしょうか?

質問2 年金をもらう年になっても、会社員として働いていれば厚生年金を控除するのでしょうか?厚生年金は何歳まで支払うの?

おわかりの方いたらお願いします。

Aベストアンサー

介護保険被保険者は、
1号被保険者・・・65歳以上の者
2号被保険者・・・40歳~65歳未満の者

保険料徴収方法は、
1号被保険者・・・老齢等年金給付(死亡、障害も含む)が年額18万円以上の場合は献金額から控除の特別徴収。
年額18万円未満の場合は納付書による普通徴収。

2号被保険者・・・各医療保険で徴収。
1号被保険者であり2号被保険者ということは発生しません。

保険料の納付方法はその月の保険料を翌月の末日までに納付することになります。
また被保険者資格(どこの保険者に対して納付するか)は毎月末日の被保険者資格によりますので、
65歳の誕生日の前日が属する月の前月(月の初日1日が誕生日の場合のみ誕生日の前日が属する月)分の保険料ということになります。
4月2日~末日誕生日の場合は前月3月分までを4月支払の給与から控除。
4月1日誕生日の場合は前日が属する月は3月なので3月分までの保険料を4月支払の給与から控除、法律上3月分はその月という表現になります。

給与から控除される保険料は、健康保険、介護保険、厚生年金と明細上も分けているはずですので確認ください。

一般保険料たる健康保険と介護保険料の料率は保険者によりそれぞれ違うことがあるからです。

厚生年金は最大70歳に達するまでで、途中退職後は1ヶ月後に退職時の年金額の改定があります。

介護保険被保険者は、
1号被保険者・・・65歳以上の者
2号被保険者・・・40歳~65歳未満の者

保険料徴収方法は、
1号被保険者・・・老齢等年金給付(死亡、障害も含む)が年額18万円以上の場合は献金額から控除の特別徴収。
年額18万円未満の場合は納付書による普通徴収。

2号被保険者・・・各医療保険で徴収。
1号被保険者であり2号被保険者ということは発生しません。

保険料の納付方法はその月の保険料を翌月の末日までに納付することになります。
また被保険者資格(どこの保険者に対して納付する...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング