【3月6日実施】システムメンテナンス実施のお知らせ

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

北枕は健康運や財運によい?風水師が指南する運気アップの寝室とは!?

北枕は健康運や財運によい?風水師が指南する運気アップの寝室とは!?年末にかけて忙しくなるこの時期。疲れを翌日に持ち越さないためにも、良質な睡眠をとりたいところ。しかし、“目が覚めても疲れがとれていない”と感じている人も多いのでは。快適な睡眠のためには様々な要素が関わるが、枕を置く方角に気を使う人もいるようだ。「教えて!goo」にも「風水的に見たベッドの配置について」と、ベッドの方角と運気に関する質問が投稿されている。そこで今回は、風水師の圓山(まるやま)真央さんに、寝室から運気を上げる方法を教えてもらった。

■風水的によい寝室とはどんな部屋?


眠るときにしか使わない寝室だが、風水的に見ると大切な空間だという。

「寝ているとき、人は無防備な状態で空間の気を取り込んでいます。寝室を整えることは、健康のためだけでなく、開運のために運気を整えることでもあります。寝室は一家の幸運に影響を与える大切な場所です。いつもすっきりと片付けておきましょう。また、ベッドの配置は梁(はり)の下やドアの正面、大きな窓の下等にならないよう注意しましょう」(圓山さん)

いつも清潔にしておくことが第一だ。さらに圓山さんは、心地よい睡眠と運気を上げるためにチェックすべきことをまとめてくれた。

【心地よい睡眠のための寝室チェックリスト】
・寝室は片付いているか
・ベッドの下にホコリが溜まっていないか
・寝室の鏡やテレビにベッドが映り込んでいないか
・パソコンなどの仕事道具を置いていないか
・運動器具を寝室に置いていないか
・古い新聞や雑誌が置きっ放しにしていないか
・ベッドや枕の頭上に梁がないか
・家具や柱の角がベッドに向いていないか
・肌ざわりのよい天然素材のシーツや寝具であるか

「寝室の環境を整えたら、遅くとも子(ね)の刻(23時から1時)には眠りましょう。運気アップには目覚めも大切です。卯(う)の刻(5時~7時)は昇る太陽のエネルギーを吸収できる時間なので、この時間帯に起きて元気に1日をスタートさせましょう」(圓山さん)

寝室を整えるだけでなく、就寝と起床時間からも運気を上げられることが分かった。

■枕の向きと方位、寝室に置かない方がよいものとは!?


昔からの慣習として、日本人は北枕を嫌がる傾向があるが、風水ではそうは捉えないようだ。

「お釈迦様が亡くなったときに頭が北向きに位置していたことから、“極楽浄土へ行けるように”と亡くなった方を北枕で寝かせます。北枕が縁起が悪いといわれるのは、そのためです。風水では、地球の磁力の流れに沿った北枕は、健康運にも財運にもよいと考えられているため問題ありません」(圓山さん)

年齢や状況によっても吉方位が違うそうだ。家族など複数人で寝ている場合は、夫または経済力のある方が基準となり、親子の場合は親、親を介護している場合は介護している子供を基準にするという。各方位の要素を聞いてみた。

「東は若い人に向く活力に満ちた方位です。成長や学業、仕事運アップに効果的です。西は壮年以降によい、穏やかに安眠できる方位です。リラックス効果や収入アップが期待できます。南はパワー不足のときによい、エネルギッシュな方位です。眠りが浅くなるので必要なときだけ南向きにしましょう。北は地球の磁力の流れに沿った、年長者によい方位です。財運や健康、子宝運アップにつながります」(圓山さん)

求める要素によって、枕の位置を変えるのも効果があるようだ。さらに細かい方角についても教えてもらった。

「北東は変化や心機一転のためにやる気を高める方位です。こちらも眠りが安定しないので、必要なときだけにしましょう。北西は年長者によい、熟睡できる方位です。仕事での指導力や管理能力アップが期待できます。東南はコミュニケーション能力が高まる方位です。恋愛や結婚、仕事運アップに効果的です。南西は人間関係の安定によい方位です。チームワークの向上や信頼度をアップさせたいときに向いています」(圓山さん)

一方、寝室には置かない方がよいものとして、鏡(テレビやパソコンの画面も同様)、シーリングファン、植物、ドライフラワー、水槽、運動器具、古い新聞や雑誌などが挙げられるという。仏壇がある場合は、足が向かないようにすることも大切だ。ぬいぐるみは、人型でも動物型でも家族の一員と見なされ、運を分け合ってしまうためおすすめできないそう。

眠っている間にも、人間は気を取り入れている。よりよい睡眠をとるために、今回伺った話を参考に、寝室に風水を取り入れてみてはいかがだろうか。


●専門家プロフィール:圓山真央
風水師。姓名判断、姓名易断、フライングスター風水、九星気学、四柱推命、紫微斗数など多数を学び風水師として活動中。姓名鑑定、住居の風水鑑定も行う。物腰の柔らかい言葉で綴られているブログも注目を集めている。

画像提供:AdobeStock
当社は、本記事に掲載するすべての記事や情報の正確性に関して、常に万全を期すよう努力をしておりますが、記事や情報の内容を保証するものではありません。その他、当サイトのご利用により生じたいかなる損害についても責任を負いません。

この記事についてどう思う?

みんなの反応

4

BAD

NICE

みんなの反応

15

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック