最新閲覧日:

エキスパートシステムが、どのようなものであるかは
なんとなく分かるのですが、
(専門家の知識や技術をシステムに任せて、素人にも相当の結果が得られる?)
詳しく教えていただけないでしょうか。
また、長所や欠点など思い当たればご教授お願いいたします。
不躾な質問で申し訳ありません。

A 回答 (1件)

私の知る限り、10年以上前に騒がれた「エキスパートシステム」のしくみを使ったものは、一切、現存しません。



多数の規則(ルールベースと呼んでいた。if~then~形式)を記憶させ、いくつかの質問をユーザーに入力させると何らかの結果が得られるというもので、「専門家の思考形態を見かけ上、模擬している」と、一世を風靡しました。根本的長所は、それくらいで、周辺の長所として、自然言語に近い表現でプログラムできるとか、あいまいな表現を取り込みやすいとか、ありました。
欠点は、
偉そうに言うほどたいしたことができなかったこと、
(ほんっとに偉そうにしてました、この関係の人は・・)
実用に供せられたシステムが長続きしなかったこと、
ルールの獲得・プログラミング・管理が思いのほか難しかったこと、
怪しいコンサルティング商法が出てきたこと
など多数あります。

ファジーやニューロ、認知科学が、それなりに生き延びているなか、唯一「滅びた分野」ではないでしょうか?
好景気がバブルと呼ばれる以前の、狂乱の科学といっても過言ではないと思います。

最近、スピルバーグの「AI」で注目されている人工知能研究ですが、研究者(あるいはそれを志す人)は、エキスパートシステムの苦い経験を、忘れないでいて欲しいです。

そう言えば、第5世代コンピュータや、ナレジエンジニアの人、世界はすべてこうなると言っていた大学の教授たちは、いまどうなっているのでしょうねぇ。
(オ◇ムのじょう◇う受刑者>出所済も一時これにはまっていたそうです)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ