芸術の秋ですね~。最近、大島弓子の作品を再び読みたくなりました。かの大先生の作品はどれも好きですが、特に初期から中期(?)の森がでてくる作品が懐かしいです。先生が描く森のなかの樹とかって(それだけで樹の香りがこちらまでくるような。。)ロマンチックです。また、詩的なタイトルやセリフも素敵で、それだけで立派な文学と思ってしまう程です。
本屋にいくたびに、全集でていないかな~と思ってみていますが、なかなかありません。文庫もあまりみかけません。もうなかなか手にいれることは難しいのですか?又、最近の先生の活動ってどうなっているのですか?ご存知の方がいらっしゃれば教えて下さい~

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。

読書の秋ですね♪

私は現在、市立図書館で『綿の国星』を予約中です。
(その図書館は、『大島弓子作品集』I期、II期を所蔵しています)

質問者様の利用する図書館でも、案外、漫画を所蔵しているかもしれないので、調べてみるのもいいかもしれません。

さて、以下の参考URLが参考になると思いますので、
ぜひご覧下さい。!

▼White-Field(大島弓子先生ファンのページ)
http://www2t.biglobe.ne.jp/~autumn/
上記HPのDate「大島弓子さんをさがせ」で最近の発表作品が見られます。

▼以下のURLで、現在購入できる大島弓子(著)の白泉社文庫の情報が見られます。
http://www.s-book.com/plsql/com2_writer?isbn=459 …

参考URL:http://www2t.biglobe.ne.jp/~autumn/, http://www.s-book.com/plsql/com2_writer?isbn=459 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

図書館、いいですね!今度みてみます。
又詳しいURL載せて頂いてありがとうございます。
ご親切に、どうも!

お礼日時:2004/10/08 00:14

いちばん最近のものですと、NHKのドラマの原作になった


「秋日子かく語りき」
ですね。ただ、これは過去にでたものが豪華本として再度でたような気がします。
連載が順調に続いているならば、「グーグーだって猫である 2」のあとがきに書かれている通り、今年の11月以降に「3」がでると思うのですが...

参考URL:http://www.esbooks.co.jp/all/search_result?kword …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「秋日子かく語りき」 泉ピン子のドラマですよね。

ちなみに私は、四月怪談が映画化されたとき、初日の舞台挨拶で柳場さんと蛍ちゃん(芸名思い出せない~)をみました。

そう、最新情報ですね。11月以降楽しみにしています。

ありがとうございました!

お礼日時:2004/10/06 21:18

大島弓子作品、いいですよね!私も大好きです!



私も新作を心待ちにしているファンの1人なのですが、何度か度お体を悪くされたそうで、最近の活動はマイペースでのんびり…のようです。ここ数年はエッセイ漫画と絵本が出たぐらいでしょうか。
のんびりモードに入られた経緯は、サバシリーズ(?)などのエッセイ漫画を読むと分かります。(^^)


私のアンテナが遅れていなければ、「グーグーだって猫である2」(角川書店)が最新かと思われます。猫との生活を中心につづったエッセイ漫画です。

選集なら、朝日ソノラマから出ているようです。全作品ではありませんが(エッセイの中に「無くなった原稿もある」と書かれていた記憶があります;)代表作が収録されています。

個人的には、白泉社文庫のものをお勧めしたいです。書き下ろしの短いあとがき漫画が付いていますし、かなりの冊数が出ていて、上記の全集に入っていない良作を収録しているものもあります。(「七月七日に」(さようなら女たちに収録)等…)
絶版にはなっていませんから、本屋さんで注文すれば取り寄せてもらえると思います。

ネットでも買えるみたいなので、URLを記しておきますね。
ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handl …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

白泉社文庫がお勧めですか~。冊数が多かったらそっちのほうがお得ですね。

さようなら女たち これ名作ですよね。
なんか懐かしいにおいがします~

色々ご親切なアドバイスありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2004/10/06 21:14

こんにちわ!私も大島弓子さんが大好きです。



全集は出ていないのですが、選集は既に出版されています。その名も「大島弓子選集」私は全部持っています^^
全部で20巻です。
1~10巻が前~中期、11~20が中~現在となっています。
発行が1985年前後なので、今は本屋さんには無いかもしれませんね。
時々オークションに出品してあり、全部で2000~4000円ほどで取り引きされているようです。

http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k85 …

現在、大島弓子先生の活動は「グーグーだって猫である」のみとなっているようです。
といいますのも、先生は子宮ガンを患い、手術などをしたらしいです(グーグーだって猫であるの2巻に詳しく掲載しています)
もう、私は心臓が止まりそうになりました。
今は再発もないようですが、野良猫をほぼする活動を行っているようです。

ところで
「どうか椿の花を落とさぬよう」
これ、実際に言ったことがあるのですが
解ってくれた男子は皆無でしたね(笑)
ほんとに大島さんはすばらしい!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そう、朝日ソノラマからでている選集ですよね。
サイズも大きいし表紙もきれいなのでほしいって思って本屋さんでチェックするのですが、そうか~もう絶版になっているかもしれませんね。
オークション情報ありがとうございます。
今度見てみます。

ググーの確か2巻でましたよね。後で買おうなんて思っていたら、もう本屋にはありませんでした。
ネットで買うしかないかな。
そうなんですか、お体だいぶ悪いのですね。
今はどうなのでしょう~。再発しなければいいですよね。。

「どうか椿の花を落とさぬよう」
大島先生らしい言葉ですね。
すばらしいです。

お礼日時:2004/10/06 21:11

ここが詳しいかな



参考URL:http://www2t.biglobe.ne.jp/~autumn/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。♪

お礼日時:2004/10/06 21:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大島弓子の漫画について教えてください

大島弓子の漫画を読んでみようかと思っているのですが、どんな感じの作風か教えてください。

好きな漫画家は、いくえみ綾、吉田秋生、川原泉、ますむらひろし、岩本ナオ、勝田文、アルコなどです。

大島弓子の漫画は、好みに合いそうでしょうか。

あと、新旧問わず他におすすめの漫画があれば、教えてください。

Aベストアンサー

大島弓子さんの作品でわたしが名作だなと思えるのは、70年代~80年代半ばくらいの作品が多いです。絵柄が古いのは仕方のないことですが、それを圧倒的なストーリーの巧みさでカバーできていると思います。

大島弓子さんの描く女の子は、基本的に明るく、ささいな気持ちの揺れを大事にする、意地悪で残酷な想像をしては自己嫌悪で落ち込む・・・誰もがあてはまるキャラクターばかりです。

現在の少女マンガの心理描写においては、大島弓子さんに限らず同時期に活躍されていた作家さんの影響が大きいのではないでしょうか。

白泉社から文庫の形で短編が多数復刻されていますよ。

Q大島弓子 『綿の国星』 について

私は現在、図書館で『綿の国星』の収録された「大島弓子選集」9、15、16巻を予約しています。

《質問》
読んだことのある人に教えて頂きたいのですが、
この作品は、9巻→15巻→16巻の順に読み進めた方がいいでしょうか?

どうも図書の予約状況から16巻が一番最初にに借りられそうなのですが、この16巻から読んでも問題ないと思いますか?

それとも、やはり9巻から順に読み進めるのが妥当でしょうか。

タイトルだけは知っている有名な少女漫画なので、
どんな漫画なのか分からず、困っています。

--------------------------------------------------
「大島弓子選集」の各巻・収録作品は以下の通りです。

●第9巻 綿の国星1:
『綿の国星』『ペルシャ』『シルクムーン・プチロード』
『ミルクパン・ミルククラウン』『カーニバルナイト』『ピップパップギー』
『日曜日にリンス』『苺苺苺苺バイバイマイマイ』

●第15巻 綿の国星2:
『八十八夜』『葡萄夜』『毛糸弦』『夜は瞬膜の此方』
『猫草』『かいかい』『ド・シー』『ペーパーサンド』
『チャコールグレー』『晴れたら銀の鈴』

●第16巻 綿の国星3:
『お月様の糞』『ばら科』『ギャザー』『ねのくに』

私は現在、図書館で『綿の国星』の収録された「大島弓子選集」9、15、16巻を予約しています。

《質問》
読んだことのある人に教えて頂きたいのですが、
この作品は、9巻→15巻→16巻の順に読み進めた方がいいでしょうか?

どうも図書の予約状況から16巻が一番最初にに借りられそうなのですが、この16巻から読んでも問題ないと思いますか?

それとも、やはり9巻から順に読み進めるのが妥当でしょうか。

タイトルだけは知っている有名な少女漫画なので、
どんな漫画なのか分からず、困っています。

...続きを読む

Aベストアンサー

やはり9巻からがよいです。
出会いがわかるので・・。順に読んだほうが、他の出てくる人(?)の関係なんかもわかって・・。

ムフフ・・また読もうっと・・かわいいので大好きです。アニメ化されてると思います。(NHKで見た記憶が・・)

Q大島弓子さんの漫画で(ねこのサバ)

大島弓子さんの、漫画にも何度か登場している、愛猫のサバ嬢。今はどうしているのでしょうか?

最近、TVで「秋日子かく語りき」をやっていることから、久々にいろいろ読み返していて、サバのことが気になりました。

サバはどうしているか(けっこう老齢ですよね・・・)、サバについての漫画はあれから何かあるか、お詳しい方、教えてください。

コミックスは、角川書店刊の「すばらしき昼食」「大きな耳と長いしっぽ」あたりからよく知りません。

Aベストアンサー

「グーグーだって猫である」という漫画の中に「サバの死」が描かれています。
腎臓を患って、1995年10月6日に天国へ行ってしまったようです。
現在はグーグーという猫を飼っていらっしゃるみたいですよ~(^^)
(私の情報も古いかも・・・)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048532588/qid=1075913080/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/250-2572799-7169849

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048532588/qid=1075913080/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/250-2572799-7169849

Q大島弓子の作品で

大島弓子の作品で
何かの薬を飲んで男の子が女の子になってしまうお話が
あったような気がするのですが、
何と言うタイトルだったでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ジョカヘ…」です。
1973年『別冊少女コミック』4・7・9月号に連載されたようです。
私は漫画少女であったのですが、このあたりでは卒業後、でしたので
・・・残念です。

こちらに↓おおよそのあらすじが。(空白はネタバレ部分です)
http://toppycappy.cocolog-nifty.com/muukun/2005/01/3a10.html

Q大島弓子の漫画をそろえたい

大島弓子さんの漫画をそろえようと思っています。
今図書館で朝日ソノラマの選集を読んでいて、
これを全部そろえようかと思っていたのですが
白泉社文庫の存在を知り、すごく迷ってます。
朝日ソノラマは版型が大きい分値段も高いし。
経済的に考えたら文庫の方が得なんですけど・・
それに白泉社文庫は今も刊行されてるようなので
余計悩んでます。
朝日ソノラマの選集も、
綿の国星は以下続刊、みたいに書いてあるし・・
結局、両方とも何巻になるんでしょう。

あと、大島さんて角川書店の「本の旅人」以外、
どこで作品を発表なさってるんでしょうか?
ファン歴すごく浅いですが
雑誌で大島さんの漫画を見た事がないもので・・
経験者の方、ご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

心酔者が多い作家ですから、「大島弓子」「作品」で検索すると、
個人で作品リストを作っておいでの方のHPも見つけられますよ。
今、他の雑誌では私も拝見したことないです。
90年代後半はヤングロゼに描いてらしたなあ。
「森の中の一羽と五匹」はMOEじゃなかったかな…(もう完結終了ですが)

綿の国星は、白泉社の文庫だけが、最後の1話が入ってるんじゃないかな
(もう一匹の女の子猫が出てくる。でも別にシリーズ完結という風でもない)
…花とゆめコミックスで揃えてた私には痛い編集でした。

Q大島弓子作品について、2つの質問

大島弓子氏のマンガです。
今から30年位前の「週間マーガレット」に連載されていました。これは確かです。主人公の少女の名は「みのり」。白血病で、病院で苦しんでいるシーンが印象に残っています。氏の初期の作品には、病気の少女がよく出てきますが、持っているコミックのものでは「みのり」という少女はありません。心当たりの方、タイトルなど教えてください。

それと、氏の「綿の国星」シリーズの最新(?)「椿の木の下で」(多分このようなタイトル)は、どこの出版社の、なんというコミックスに収録されていますか。

情報をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.linkclub.or.jp/~pulse/tosho/shojo/index.html

で大島弓子さんの作品が紹介されています(すでにご存知でしたらすみません)。

「綿の~」の方はわかりません(^^;

参考URL:http://www.linkclub.or.jp/~pulse/tosho/shojo/index.html

Qとある漫画を探しています、大島弓子さんの作品かも?(絵付き)

とある漫画を探しています、大島弓子さんの作品かもしれませんが見つかりません。絵がなんだか似ていると思うので彼女の作品では?と思うのですが・・・

キャラクターは全てちんちくりんで小人みたいな感じでした。そして主人公はチューリップが大好きな女の子。ふたつお団子の頭で、髪の毛は真ん中で分けてあって前髪がない覚えが・・・確か弟がいたような。大体ワンピースとタイツという恰好でした。とにかく彼女は寝相が悪くて、お嫁に行くまでには直すみたいな事を言っていた覚えが。母親はいなくて、父親しか出てきませんでした。父親は歯医者に行くのが怖い人で、確か家の周りに堀を掘ってそこに水を流して、家の目の前に小さな橋を作ってたはず・・・

唯一の普通のサイズの人間は髪が肩まである成人の男の人で、なんだかいつも寂しそうな感じで夜になると優しくピアノを弾いて主人公の家まで聞こえて、それを聞きながら眠る、みたいな感じでした。

もしかしたら大島弓子さんじゃないかも?彼女のサバの話を一緒に読んでいた気がするのですが、それでごちゃ混ぜになってしまっているのかもしれません・・・

主人公の女の子の絵を思い出しながら描いてみました。あまり上手くないですし、適当です、みません。もっとふっくらしていたかもしれない・・・かも?

最後に読んで10年以上経っているので、全く思い出せません。

とある漫画を探しています、大島弓子さんの作品かもしれませんが見つかりません。絵がなんだか似ていると思うので彼女の作品では?と思うのですが・・・

キャラクターは全てちんちくりんで小人みたいな感じでした。そして主人公はチューリップが大好きな女の子。ふたつお団子の頭で、髪の毛は真ん中で分けてあって前髪がない覚えが・・・確か弟がいたような。大体ワンピースとタイツという恰好でした。とにかく彼女は寝相が悪くて、お嫁に行くまでには直すみたいな事を言っていた覚えが。母親はいなくて、父親...続きを読む

Aベストアンサー

岩館真理子さんの「冷蔵庫にパイナップルパイ」だと思います。

Q手塚治虫先生の作品で犬をテーマにした作品を教えて下さい

手塚治虫先生の犬と人間の心温まる交流を描いた作品を探しています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私には具体的にどの話と絞ることが出来ないのですが、

「手塚治虫アンソロジー犬傑作集」という本があります。手塚治虫氏が今まで描いたマンガの中で犬が出てくるお話だけを新しく集めなおした本です。参考にどうですか?

参考URL:http://ja-f.tezuka.co.jp/manga/backlist/te37/te37_00101.html

Q大島弓子さんの漫画のタイトルが知りたいのです

かなり古い作品と思われるのですが、大島弓子さんの漫画で、

・主人公は小学生の女の子
・天才少女で、学校の作文課題に、小学生の技量を超越した作品を提出してしまい、教師から倒錯を疑われ、「換骨奪胎ではない」と弁明する。
・大学生の青年と知り合い、彼女の精神年齢の高さゆえに、対等の関係の恋に落ちる。
・本人同士はまじめな恋愛だが、周辺社会の理解は得られず、少女はアメリカへ留学し、帰国後、恋愛を成就する。

こんな内容だったと思うのですが、これのタイトルをご存知の方いらっしゃいませんか。

そして、もしわかれば、青年が、少女と交際するに当たって、「今の日本では、若い男が小学生の女の子と同じ部屋に二人きりでいるというだけで犯罪になるんだ」というような意味のことを言われ、「なんという国だ、日本というのは」らしき心の声を叫ぶ、という場面があったと思うのですが、この部分のセリフを、できるだけ原文に近く教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「恋はニュートンのリンゴ」(Asukaコミックス「すばらしき昼食」収録)だと思います。

ご希望の部分のセリフです。

三時子の父「君 警察へ行こう」
泡盛君「なんでですか」
父「なんでですかだとォ 君に罪悪感はないのか
  娘を部屋につれこんだ罪悪感だよ」
三時子「パパ! あたしがむりやりここにきて入れてもらったんだよ
  パパったら あたしがおしかけて眠ってしまっただけなんだよ」
父「ようく聞いておけ 児童といっしょに居たというだけで
  充分罪になるんだっ いまの日本ではなっ」
(すでに呼んでしまったパトカー)
泡盛君「なにもしてねーよ」
警察「訳は警察できく!」
三時子「わたしも警察へいく!」
警察「おじょうちゃんは昼時になったらおはなしをきかせてね」
三時子(心の声)「いっしょにいただというだけで罪になる?
  なんていう国なんだ この国は」

他になにかご要望がありましたらなんなりとどうぞ。

Qエロマンガなんですが・・・月野定規先生の作品で○○レベルという作品があ

エロマンガなんですが・・・月野定規先生の作品で○○レベルという作品がありまして、名前忘れてしまったんで、知ってる人いたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

NGワードがあるから削除されるでしょうが、作者名が分かっているならば検索しろよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報