ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

19歳大学生男です。好きな人を食事に誘いたいのですが、その際料金はそれぞれで食べた分だけ払えばいいですか?今は男は女に奢って当たり前みたいなルールがあるっぽいんですが、正直理解できないし本音を言うとやりたくないんですけど、やっぱりこっちが奢るべきなんですかね?

質問者からの補足コメント

  • 相手は大人しめで優しい子ですけどね...

      補足日時:2018/05/17 23:40

A 回答 (6件)

それでいいと思いますよ。


奢るべき。であるとか
こうあるべき。というのは私もあまり好きでは無いです。
あなたが今、自分の価値観を曲げてその女性と食事やデートをしても上手くいきません。
もし、その女性が男性がお金をだすべき!と思う人なら2回目のデートは難しいかもしれませんけど。


男性が女性の為にお金を使う時は、風潮とかそういうの関係なく、奢りたい。と思った時だけでいいです。
    • good
    • 2

あなたから誘うんですよね?だったら払ってください。

すごい行きたくていくっていう場合と、誘われて断りにくくて行ってみようかなぁって場合があると思うんで。
わたしは彼氏と結構割り勘だし、たまに奢って奢られてってやります。ただもし彼が男は女に奢られて当たり前なルールは理解できないって姿勢で来られたら、懐も心も狭目で頼り甲斐のある男に感じなくなると思います。
もちろんわたしも男が女に奢るルールはなくていいと思っているものですが。
してくれて、し返すっていうのが一番乗りそうだと思います。とりあえず恋人同士でもないのにあなたから誘うんだったら礼儀として払いませんか?
    • good
    • 0

そうですね~。


確かに、男は女に奢るのが当たり前とは思いません。

特に質問者さんは学生なので、基本は割り勘でいいんじゃないでしょうかね。


ただ、その食事に誘うのが、学校近くのマックやファミレスに、帰りに「寄ってく?」と流れでお誘いするパターンの場合と

日時を決めて、それなりの店で食事デート。に誘うといったパターンとでは、少し違うかもしれませんね。


前者の場合は、よくあるパターンで、友人同士でも、男女でも、割り勘が普通な感じではないでしょうか。

ただ、後者の場合は、流れでなく、個人的なお誘いにのってもらう話…ですので、
相手の懐事情もあるでしょうし、誘った側が奢る、もしくは、多目に支払う…は、男だから…とか関係なく、人付き合いのマナー的になる場合もありますね。


特に、質問者さんはバイトしてて、学生とはいえそれなりに稼いでる。
その女の子はバイトは現在していない。金欠気味…
この場合は、男女関係なく、稼いでる側、後は誘った側が支払ってあげる。もしくは、多目に払う…等の人間付合いの上での気遣いはいるのかな…とは思いますね


なので、男だからとか女だから、とかは、関係なく、
お互いの懐事情による。
後は、お誘いをする(マックに気楽に…じゃない場合)
相手にお付き合い頂く場合は、わざわざ交通費出して、時間を捻出して、出てきてもらう…その辺を考えて、ある程度(全額でなくとも)出してあげるのも、優しさかなーとは思いますね


あと、これは、よもやま話ですが、毎回する必要ありませんが、「バイト代入ったから」とか言って、身銭を切ってごちそうしてあげる…
それはそれで、女の子は誠意を感じるし、とてもポイント高いとは思いますよ(笑)


うまくいくといいですね!頑張って下さいね。
    • good
    • 0

「男は女に奢って当たり前」というのは昔からありました。



でも、ルールではなくて、女性を口説くセオリーとしてです。

女性は奢られると「それだけ自分を大切に思ってるんだ」と思いますからそれだけ好印象を得やすいということです。
プレゼントも同じです。

昔はそれで丸く収まっていたのです。

今は違ってきています。

奢られることで借りを作りたくない、という女性も多くなってきました。

あなたが社会人で相手が学生というのなら、収入面から考えて「奢った方が良い」と言いますけど、あなたは学生でしょ。

食事に招待するのならあなた負担ですが、二人の時間を持つための食事ということなら最初から割り勘の提案で良いと思いますよ。

食後に割り勘を言い出すのはダメですけど。

ま、割り勘として提案したときにその人の判断でどのように思われているのかも分かりますしね。
    • good
    • 2

誘うのであればご馳走した方が良いかと…

    • good
    • 2

相手はストレスがたまり、苦しんでいるのではないでしょうか。


今はまだ「これで良かったのだろうか・・・」と問うことがあるでしょうが、大きな決断をした勇気が報われる時、思い出になる時はきっとくると思います。
あなたにとって 良い結果が出ますように。

『Not a failure, but low aim, is a crime.  James Russell Lowell - ジェームズ・ラッセル・ローウェル』

--------
こちらは教えて!gooのAI オシエルからの回答です。
オシエルについてもっと詳しく知りたい方はこちらから↓
http://oshiete.goo.ne.jp/ai
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング