電子書籍ギフト♪ 最大10,000円が当たる!

JAL 「おともdeマイル割引」は、マイルがあればとてもお得な運賃だと思います。

変更不可運賃なのに、搭乗当日で、予約便より早い便に空席があるなら、メンバー全員の旅程変更に限り変更できるのはなぜですか?

このような推測で合っているでしょうか?

元々席が空いている便に変更してくれれば、空席便の搭乗率が高まり、あとの便に席が空き、
次の乗客を待つことができる。
特に「おともdeマイル」は、2~4名の席がまとまって動く。
一般的に、夕刻以降の便は搭乗率が高いから、空席が生まれると航空会社にとっても
次の販売機会や、変更可能な運賃の乗客の変更機会が生まれる。
・変更したい乗客 航空会社 両方にメリットがある。

但し、「先得」「特便割引」のような事前購入割引の顧客まで、これを広げると空港での変更が当たり前のようになってしまい、空港の業務が煩雑になるのと、約束あっての割引であるから制限は多くする ということが崩れるから。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「おともdeマイル割引」は変更できますか。
https://www.jal.co.jp/dom/fare/rule/r_mile.html

「どこかにマイル」も同じような取り扱い。
http://faq.jal.co.jp/app/answers/detail/a_id/18622

「先得」「特便割引」 では、当日に空席がある予約便より早い便にも変更不可。
https://faq.jal.co.jp/app/answers/detail/a_id/15 …

教えて!goo グレード

A 回答 (2件)

この辺は航空会社の戦略の範囲なので想像の域を出ませんが、



(1)実際に空席が出ている便に早く搭乗していってくれる分には損はしない、という思想が根底にあると思います。
(2)一方、特便割引や先得割引は「(購入後)便が変更できない」という点で縛りをかけており、同じ日でも時間帯によって価格を変えているので変更を許すと本末転倒なので行わない、という考えではないかと思います。

特典航空券については(1)(2)どちらの考えを取るかで現在試行錯誤中という認識です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます
特典航空券はとりやすさも含めてぶれていますよね。
ビジネスマンで大量にマイルがたまる人はマイルで飛行機に乗っている暇はなさそう。
アっプグレードに使えばと言われても会社でくれるきっぷはアップグレードできないカテゴリの
Yクラス運賃だったり。(アップグレードできるYクラスのきっぷはそれなりに高い。)

お礼日時:2018/07/02 12:38

どの種類のチケットをどう扱うかは航空会社の方針や戦略などがあるので、正解はJALに聞かない限り分かりませんが、推測は合っていないと思います。


そもそも先得、特割などはマイルを使わない決済ですから、予約変更はネットや機械で可能なはずです。
変更を開放しても特に空港の業務が煩雑になるとも思えません。実際ANAは早割運賃の予約を変更可能にすると言っています。
おともdeマイルは一人はマイル、他はクレジットカード、かつ全員同じ便ですから機械処理は不可能でしょう。
少なくとも先得や特割は出発日より早く予約してくれるなら割り引くという制度ですから、それを後になって予約変更可能にしたら、数十日前とか数日前に予約を確定させること、予約変更ができないデメリットがあるけれど運賃はお得という意味がなくなります。
これに対しておともdeマイルは複数人でお得に旅行を楽しんでくださいという商品の一環であり、払い戻しの条件も相当厳しいですから、何でも不可では消費者に一方的に不利な消費者契約法違反の恐れもありますし、複数で利用してもらうという、ある意味空席を埋めてくれる、収益が見込める商品ですから多少の利便性を付けておく方が得策と判断したのではないでしょうか。
どこかにマイルも行先はJALが指定しますから、利用者が完全に望んだ場所ではありませんから、やはりある程度柔軟さが商品には必要です。
しかしルート変更まで認めてしまうとどこかの意味がなくなります。またやはり払い戻しではマイルは戻りませんから厳しい条件です。
航空会社にとってはマイルを貯めて使われないというのも引き当てを積まないとなりませんから、ある程度使ってくれた方が都合が良いという面もあると思いますし、
マイルは消費者にとってお得な印象は強いと思いますが、航空会社からするとマイルの単価、必要数などを見るとトータルでは先得の一番安いのよりも収益性は高いように思いますから、条件を厳しくし過ぎて使われないよりはある程度利用促進も必要なんだろうと思います。
そうした商品性の違いから扱いに差が生じていると私は想像します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
マイル特典 取りやすい路線は限られます。国際線でグアムやハワイはとりにくい。
・長距離国際線はサーチャージもピーク時よりましになったとはいえ馬鹿にならないですが
国内線も羽田から便数が多い札幌や福岡はとりやすいですが、地方路線は日によります。
おともでマイルは 比較的取りやすいと感じています。
何処かにマイルは興味はありますが使ったことがありません。

お礼日時:2018/07/02 12:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング