質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

バロック〜現代までのピアノ曲で譜めくりをしなくても良い長さの2ページ位まで小曲集を沢山教えて下さい。
レベル的には何でも良いです。初級〜上級まで面白いものがありましたら色々教えて下さい。マイナーな作曲家でも大歓迎です。ただしチェルニー的な練習専用のものは無しで宜しくお願いします。

A 回答 (5件)

「無言歌集」 By メンデルスゾーン



今、練習している曲は2ページです。 リピートがあるので、約2倍の長さですが。
他の曲も譜面に関していえば、2ページとかの曲が結構あります。
    • good
    • 0

ドビュッシーの前奏曲集全24曲。

人気曲の「亜麻色の髪の乙女」をはじめいくつかは2ページ程度だと思います。ただし第2巻は3段譜が多いようなのでページ多めかもしれません。
小品集ですが、音楽性、革新性、芸術性の高い作品集です。

同じ後期ドビュッシーの練習曲12曲も短いと思います。練習曲の趣は低く、こちらも芸術性高い作品集になっています。
    • good
    • 0

ブルグミュラー

    • good
    • 0

バッハのインベンションは基本だと思います。

私は手が小さいので二声までしか弾けませんでしたが、三声まで弾けるとカッコいいです。
    • good
    • 0

スクリャービンとかはどうでしょう。


小品が非常に多いです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクラッシクを歌う女性歌手の身なりについて、足元はロングドレスで隠すのに、なぜ、肩は露わする歌手が多い

クラッシクを歌う女性歌手の身なりについて
足元はロングドレスで隠すのに、なぜ、肩は露わする歌手が多いのですか?

Aベストアンサー

実際問題として、脚は隠さないとみっともないです。
歌う時には脚を開いて立ちますし、声楽は人体を楽器として使うので、歌唱中は膝をゆるめたり腰を落としたりすることも多く、大きな動きではないにしてもあまり優雅とはいえません。

反対に、肩から腕は舞台映えする大げさな動きや役柄の性格を表現します。
側に立つ人を紹介する時に、日常生活だと肘から先でその人を指し示し「こちらはAさんです」とやりますが、舞台では肩(細かくいえば背筋から)から腕全体を動かします。
バレエでも同じなのですが、背中から肩、腕へと流れるラインを操ることによって、柔らかい女性らしさ、頼りなさ、力強さなど役の性格を表現するのに使います。

オペラではなく、クラシックの合唱付などであればそこまでの上半身の表現は必要でないかもしれませんが、エレガントな場の雰囲気づくり、歌い手の視覚的な魅力を増すというのに、肩や腕を露出する衣装は効果をもつので好まれます。

Qオケ団員のお辞儀

この指揮者の映像を何回か見てきましたが、いつも演奏が終了すると指揮者と一緒にお辞儀をしています。なぜですか? お分かりになる方ご教示お願い致します。

https://www.youtube.com/watch?v=U8p9PUEpibA

Aベストアンサー

「そういう風に振る舞おう」と決めているのだと思います。
オーケストラは「南西ドイツ放送(SWR)交響楽団」なので、他の指揮者のときにはそうしていない可能性が高く、オーケストラというよりは指揮者(テオドール・クルレンツィス)がそう要求しているのでしょうね。

別に「やる」決まりも、「やらない」決まりがあってもよいでしょうから。

ちなみに、日本でコンサートマスターやオーケストラがお辞儀をするようになったのは「のだめ」の影響だと思います。

Qクラシックの世界で成功している方の成功の秘訣を知っていたら教えてください。名前は伏せて大丈夫ですよ。

クラシックの世界で成功している方の成功の秘訣を知っていたら教えてください。名前は伏せて大丈夫ですよ。

Aベストアンサー

才能×努力×運
です。
特にプロになろうという人は、中でもトッププロにもなろうという人は、平均が1だとしたらどの項目も10を超えるくらいの数字は必要です。
逆にどこか1つでも0.1だったら、他がよくても台無しです。

最後の「運」には、時代、出会い、めぐりあわせなどいろいろな要素が含まれ、複雑です。
人智ではどうにもならないものも含まれます。

Q全ての、メロディは、クラシック音楽で生み出されているというのは本当ですか?

全ての、メロディは、クラシック音楽で生み出されているというのは本当ですか?

Aベストアンサー

嘘です。ジャズはクラシックにない要素がふんだんに盛り込まれています。

Q平均律のピアノと24の前奏曲

ショパンが作曲に使っていたピアノは、現代のピアノとは違い古典的な調律で作曲していたのではないか?とブログなどであります。
一方、時代が後世になって、ショスタコーヴィチも24の前奏曲を作曲しています。
ショスタコーヴィチは平均律のピアノを使って作曲していたと仮定します。

よく耳にするのですが、平均律のピアノは調性が違っても響きが同じだというものです。
それなら、なぜわざわざ調性を24も変えて作曲したのでしょうか。

バッハへの尊敬だとか、触発されたというのは抜きにして考えたいのですが、響きに変化がなければわざわざ調性を変えて作曲しないのではないですか?

Aベストアンサー

>>平均律のピアノは調性が違っても響きが同じ

そうですね。あくまで音(和音)が平行移動したに過ぎませんから・・・。

但し、「響きが同じ」と言う点に関しては、違いが出ると思います。

ピアノはシンセサイザーと違い、アコースティック楽器なので、木や鉄や空間が振動して音を出してます。

調性が異なると、共鳴度合いが違い、印象に残る主観としての「響き」に差を感じます。

ドビッシーの黒鍵を駆使した曲を、調性を変えて白鍵にすると、随分違った印象を受けます。黒鍵の方が深い。

感受性の強い作曲家は、この辺にこだわりが有ったのではないでしょうか。

Qなぜ、シやファは、ドやミに行きたがるのか?

音が解決するときに、シ→ドやファ→ミに行くことが多いと思うのですが、なぜこの二つの音はそういう傾向があるのでしょうか?

Aベストアンサー

コード理論的な言い方だと、「ドミナントモーション」でしょうか。
単音ではなく、例としてCメジャーの4和音ダイアトニックコードで見てみましょう(音楽はコードなしでは考えられないから)。
ファとシは3全音の関係で「トライトーン」と呼ばれる不協和音。とても不安定で不気味な響き。
ファ→ミ、シ→ドに行きたがる強い解決欲求があります。
隣り合う半音下(ファ→ミ)、半音上(シ→ド)へ行くことで解決。

コード構成音にミとド、この2つが含まれるコードはI(トニック)。
4和音ダイアトニックコードの中でこの「トライトーン」を持つコードはV7(ドミナント)とVII7だけで、
その中で最もトニックに行きたがる解決欲求の強いコードがV7(ドミナント)。
V7→I(ドミナントモーション)

Q楽器について質問させていただきます。 最近楽器に興味があり何か1つでも楽器を習おうと思うのですが自分

楽器について質問させていただきます。
最近楽器に興味があり何か1つでも楽器を習おうと思うのですが自分は正直リコーダーもまともに吹けない素人なのですがそんな自分でも頑張って習っていけば少しずつでも上達できる楽器があれば教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

一人オケができる楽器がよいと思います。
モチベーションが保てるから。

たとえばベースをいくら練習しても、ソロでは音楽にならないため、誰かと合わせる必要があります。
仲間がいない場合、上達しても演奏の場がないという、やる気をなくす状況に直面します。
チョッパーテクニックに陶酔する変わり者もいますが、これはかなりの上級者になる必要があります。

一人オケが可能な楽器としては、
鍵盤、ギター、ウクレレなど。

ただしそれ以外でも夢中になれる楽器があるならそれにした方がいいです。

楽器というのは例外なくスタート後すぐ技術的関門があり、
それを超えても次の関門がはてしなく姿を現し、
上級になるほどクリアーするには根気とセンスが必要になり、
結局のところ「モチベーションの維持」の問題になるからです。

音を出すのすら難しいと言われる尺八でも、興味があるならそっちをやるべきです。
できる楽器よりやりたい楽器です。

Qクラシック音楽関係の方にとってボーカロイド使用楽曲はどのような認識なのでしょうか。

私は、様々なジャンルの音楽を聴くことが好きな高校生です。
ボーカロイド使用楽曲やそれらの曲のピアノカバーを聞いている時に、母親が、そんな曲ばかり聞くと音楽の感性の質が悪くなるから聞くなと言ってきたのですが、クラシックなら良いみたいです。私は、好きな音楽を否定され自由を奪われた気分になり、大変辛い気持ちになりました。
クラシック音楽関係の方々やこの質問をみて下さった皆様、ボーカロイド使用楽曲は
音楽の感性に悪い影響を与えるような要素があるとお考えになりますか。
ボーカロイド使用楽曲の中には、歌詞に品のないものがあったりするものもあるようですが、おそらく私の聞いている曲はそのような類のものではないと思います。

Aベストアンサー

私もボカロで曲作ってます(初音ミ○じゃないですけど)。
自分で歌えないからボカロなわけですが(笑)
人が歌うか機械が歌うかだけの違いだと思いますけどね。

さまざまなジャンルの音楽に触れることで、より感性が磨かれる。と私は思いますが。
クラシックばかり聴いていたら(極端にジャンルが偏っていたら)逆に感性は育たないのではないでしょうかね。
大昔のクラシック作曲家の人も仕事で作曲していたわけで、
プライベートではけっこう砕けた歌なんかも歌ってんじゃないかなと、勝手に想像しちゃいます(笑)

クラシック畑の人たちも、いろんなジャンルの音楽家たちと積極的に交流を図ってる人もいるようだし。
クラシック以外はすべて悪。他の音楽全否定となると、
ある意味なにかの崇拝主義的な危ない人になりそう(笑)

Q3月21日は音楽の父・バッハの誕生日

バッハ作曲の楽曲でお好きなのはどんな曲ですか

Aベストアンサー

バッハで好きな曲と言われれば、多くの宗教音楽やオルガン作品を、まずは挙げるのが常識ですが、私はあえてこれらを外しまして『ブランデンブルグ協奏曲第5番ニ長調BWV.1050』を挙げさせて頂きます。

http://youtu.be/Zw-4HJ7x0HY (カール・リヒター指揮ミュンヘン・バッハ管弦楽団ほか)

なお、オルガン曲で一番好きなのは、『トッカータとフーガニ短調BWV.565』です。

http://youtu.be/Zd_oIFy1mxM (トッカータとフーガニ短調BWV.565、org : カール・リヒター)

更に、宗教作品で一番に好きなのは、『ミサ曲ロ短調BWV.232』です。

http://youtu.be/6vOjVSzK8Bo (ミサ曲ロ短調BWV.232、カール・リヒター指揮ミュンヘン・バッハ管弦楽団&合唱団ほか)

Qベルリン・フィルとウィーン・フィルのメンバー構成

ベルリン・フィルは、例えば 1st ヴァイオリンの国籍を見ると、3分の2がドイツ以外の出身者であり、管楽器もカラヤン時代はほとんどドイツ出身だったと思われますが、現在はドイツ出身者は少数です。一応、「ベルリン」という名前は付いていますが、実態は「ワールドオーケストラ化」しています。

一方、ウィーン・フィルは楽器の特殊性もあって、割と国籍も同質な出身者が多いのではないでしょうか。ただ、ウィーン・フィルのメンバー表を見ても出自が分かりにくいので、あまり私の言うことは当てになりませんが。

そこで、生物学的?に見て、オーケストラのメンバーは、多国籍したほうが良いと思いますか?
それとも同質性を保った方が良いと思いますか?

※日本に目を向けるとN響が日本人オンリーなのが気になります。

ベルリン・フィルメンバー表
https://www.berliner-philharmoniker.de/en/orchestra/

ウィーン・フィルメンバー表
https://www.wienerphilharmoniker.at/jp/orchestra/members

ベルリン・フィルは、例えば 1st ヴァイオリンの国籍を見ると、3分の2がドイツ以外の出身者であり、管楽器もカラヤン時代はほとんどドイツ出身だったと思われますが、現在はドイツ出身者は少数です。一応、「ベルリン」という名前は付いていますが、実態は「ワールドオーケストラ化」しています。

一方、ウィーン・フィルは楽器の特殊性もあって、割と国籍も同質な出身者が多いのではないでしょうか。ただ、ウィーン・フィルのメンバー表を見ても出自が分かりにくいので、あまり私の言うことは当てになりませ...続きを読む

Aベストアンサー

音楽の世界、特に歌劇場やオーケストラは運営にお金がかかるので、国家や都市から「財政補助」を受け、その大義名分として「国家、都市の伝統文化を継承する」という義務のようなものが課せられることが多いようです。

ベルリン・フィルは、ベルリン市からの財政補助を受けているはずです。
第2次大戦前は団員のほとんどがドイツ人で、ナチスの時代にはユダヤ系ドイツ人ですら解雇されたはずです。
戦後、カラヤンは「団員の国際化を推進した」と言われています。カラヤンに招かれてコンサートマスターになったミシェル・シュヴァルベはポーランド生まれでパリで学び、ベルリンに来る前はスイス・ロマンド管のコンマスでしたし、ヴィオラの土屋邦雄氏などの日本人や、フルートのオーレル・ニコレ(フランス人)、ジェームズ・ゴールウェイ(イギリス人)など、この頃からドイツ人以外の優秀な演奏家を集めていました。
もともと、ベルリンは 1871年の「ドイツ帝国」誕生とともに「近代都市」「国際都市」になった町なので、その町のオーケストラも「近代的」「国際的」なのだと思います。

それに対して、ウィーンは「神聖ローマ帝国」の皇帝を輩出するハプスブルク帝国の首都としての歴史と伝統があり、モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスなどがそこで生きて作曲した町です。「歴史と伝統」という点ではベルリンの比ではないのでしょうね。
ウィーン・フィルは、ご承知のように「ウィーン国立歌劇場」のオーケストラのメンバーが、管弦楽曲を演奏するために自主的に作っている団体です。「ウィーン国立歌劇場」は、1917年のオーストリア帝国解体までは「ウィーン宮廷歌劇場」でした。「国立」というように、オーストリア国家から財政援助を受けています(トヨタもかなりの寄付をしているはずで、ウィーン国立歌劇場のチケットには控えめに「レクサス」のマークが付いています。ただし「トヨタ」の文字は一切ありません)。
ウィーン・フィルのメンバーになるためには、必然的に「ウィーン国立歌劇場」のオーケストラのメンバーである必要があり、「ウィーン・スタイル」「ウィーン・メソッド」で演奏様式を統一するため、「ウィーンで音楽教育を受けていること」という条件が付くようです。オーボエやホルンだけではなく、弦楽器なども「ウィーンの職人」が作ったものを使っていて、楽器はすべて団の所有です。
こういった「制約」があるので、ウィーン・フィルのメンバーになるにはベルリン・フィル以上に制度的な壁が大きいようです。(別に、国籍で制限しているわけではないと思いますが、1997年まで女性団員を認めなかったように、やはり選抜条件にはいろいろ偏見や差別もあるようです)

日本のオーケストラの事情はよく分かりませんが、N響は「日本のフラッグシップ・オケ」というプライドや、「NHKを通して国家予算が使われている」ことによる「日本人優遇」があるのではないでしょうか。

>オーケストラのメンバーは、多国籍したほうが良いと思いますか?
>それとも同質性を保った方が良いと思いますか?

これはなかなか難しいですね。
私は、どちらかと言えば「ドイツっぽい」「フランスっぽい」「ロシアっぽい」といった演奏が好きなので、国際化して「誰が演奏しているのか分からない」というのは、ちょっとつまらないなあと思います。「音色」とか「歌いまわし」、ハーモニー感といったものの「ちょっとした訛り、方言」のようなものだと思います。
最近では、フランスのオーケストラでも「フランス式のバスーン=バッソン」を使うところがほとんどなくなり、みんな「ドイツ式のファゴット」になりました。とても残念なことです。
生の楽器で演奏されるはずの音楽が、「シンセサイザー」や「コンピューター」で演奏されるようになってきているような気がして・・・。

そういった現状に反旗を翻して、初演当時の楽器・演奏様式で演奏する「ピリオド演奏」あるいは「HIP = Historically Informed Performance:歴史的知見に基づく演奏」が盛んになってきたことは、とても良いことだと思っています。「国籍」という地理的なものだけではなく、「時代」という時間的な要素も再現しようということですから。
それは、上に書いた「自然な訛り、方言」とは違い、一種の「役者が演じる古い時代、田舎の再現」であって不自然だ、という批判もあるとは思いますが。

その意味で、
・世界中の音楽を、何でもこなす多機能・無国籍オケ
・地方、時代の「歴史と伝統」を守り通すオケ
・現代の技術で「歴史と伝統」を再現するオケ
など、多様な演奏が並立して存在するのがよい、という月並みな意見ということになります。

音楽の世界、特に歌劇場やオーケストラは運営にお金がかかるので、国家や都市から「財政補助」を受け、その大義名分として「国家、都市の伝統文化を継承する」という義務のようなものが課せられることが多いようです。

ベルリン・フィルは、ベルリン市からの財政補助を受けているはずです。
第2次大戦前は団員のほとんどがドイツ人で、ナチスの時代にはユダヤ系ドイツ人ですら解雇されたはずです。
戦後、カラヤンは「団員の国際化を推進した」と言われています。カラヤンに招かれてコンサートマスターになった...続きを読む


人気Q&Aランキング