プロが教えるわが家の防犯対策術!

キャッシュとストレージの
違いを教えてください

A 回答 (4件)

キャッシュ:一時保存


ストレージ:保存場所・保管庫

まず、イメージでは。

キャッシュは机に貼ったメモ書きのような物で、目をやればすぐに内容を確認できますが、多く溜まってきたら机(PC/スマホ)の邪魔になり作業しづらくなります。

一方、ストレージは明確に収納する机(PC/スマホ)の引き出しのような感じで、内容を見るために引き出しを開ける手間はありますが、容量一杯まで色々な物を詰め込んで、しっかりと長く保存できます。


特にキャッシュはインターネットを利用するときに活用される物で、前に閲覧した画面の基本構成や表示内容を「一時的に保存」しておくことで、次にその画面にアクセスした時に「こういうページだった」というキャッシュ情報をもとに素早く表示させます。

同様にログイン情報などの入力フォームやパスワード類なども同じキャッシュ情報として一時保存されます。しかし、それらは、頻繁に使う情報で素早く内容確認して表示画面に適用できるようにしなければならず、また、簡単に消去されないように設定で消去の対象外とする必要があります。


ストレージの方は、もう単純に、データ類・各種ファイル・インストールしたアプリ等の保管場所です。
    • good
    • 1

ストレージ=書棚、引き出し、物置、押入れなど情報、データを記録ししまっておくところ。

総称してメモリーとも言いますし、いろんな場所や形態があります。

キャッシュ(メモリー)=情報、サイトを開く都度1から全部読み込んでいては時間がかかるため、前回読み込んだことを控えておき、新しい物は前回と違う部分だけ読み込めばいいようにするメモ、控えようなメモリーの使い方、働き。
便利だけど、次にいつ読み込むかわからない、言わば用のない物までどんどんたまっていくので、ときおり一斉に削除しておくと余計な物ばかりで引き出し、バッグ、物置がいっぱいなることを避けられます。

我が家も頂いたもの、使う当てがないようなものでストレージ(押入れ、物置)がいっぱいで、どこに何があるのかキャッシュ(メモ、控え、品物リストの写真や説明文の紙)も作ってもいませんが、作っていたならその紙切れでどこかがいっぱいなっているでしょう。
    • good
    • 0

キャッシュは、一度見たホームページのデータや画像を一時保存して、次回閲覧する時に、速く表示できるようにする機能。

一時メモリーと云います。

ストレージは、データを保存する装置です。
    • good
    • 0

キャッシュは速いけど、直ぐに消えてしまう事が前提。


ストレージは保存することが前提。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング