「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

今日職場の男の子に『和食さとに行くのですか?』となぜそう言ったのか知りませんが聞かれました。私はこの16年近く和食さとに言ってませんが。またここに行って何かしたと言うデマが拡散されてるのでしょうか?。過去にもヘルパーの資格を取りにいってたときの仲のよい人にその学校の近辺でよく出没するようなことなんて無いよね?。と変な聞かれ方をされたことがあります。出没なんてしてないです。私のことで何処でもデマが流されてたようです。この16年も無いこと無いこと言われていたようです。やっぱり犯人は集団ストーカーの加害者。宗教団体側だったり左翼側だったりあるように思うのですが。過去に探偵を雇っても詐欺にあったし、自分にどんなデマが流されたのかすごく知りたいのですけれどどうすれば止むのかどうすれば悪評を知れるのか教えていただけませんか?。特にデマで陥れた16年前住んでた近隣トラブル相手のデマは絶対に知り尽くしたいです。嘘は1つや2つじゃ無さそうなので。この人のしたことは詐欺ですから。かわいい嘘の1つくらいならまだ我慢できますがこの人のデマはたちが悪すぎるんです。そしてデマを流しときながら当の本人は可哀想な人物に見られるようにしていて味方を作り私を陥れて人脈を作りその人脈に私は監視されたり酷い嫌みを言われたり時には恋人などいないのに47歳で妊娠させられるわとこの人の作ってる人脈の1人の障害者の母親の創価学会の人に嫌みを言われたこともあります。私は付き合いなどしてる人も性行為もしないのに何で妊娠させられるなんて言われるのかと腹が立ちました。同じバスによく出くわす自閉症っぽい障害の男の子にはよくあっかんべーされるし、車イスに乗った障害者の親子には睨まれたりするし、この近隣トラブル女性の差し向ける嫌がらせは引っ越した後にもずーっと続いてきたのです。私の方が被害者です。この人と出会う前に戻れるなら同じ団地には住まないです。関わったのが間違いだと今も思ってます。私はこの人と同じ団地に住んですぐにこの人の起こした近隣トラブルに巻き込まれ自分は悪くないと聞かされたうえに相手が自分の子供の発達の事を馬鹿にするまたは虐めてくる等を聞かされたから、離れとけばとか相手が頭おかしい人なのではとか言いましたが、元々喧嘩の原因はこの人が悪い行為をしてるのに謝らず私がこの人のトラブル相手の悪口を言ってますよと伝えたり馬鹿にするような態度を取るせいで子供の発達の事を言われたり虐めが勃発していたようでした。自分が原因を作っているのに自分は悪くないと思っている人だったし、喧嘩になったのは私がこの人のトラブル相手を悪く言えと言ったと言うようなことの大嘘まで言われ喧嘩の原因を私のせいにされたりしていたようで人のせいにしないで欲しかったし元々自分は悪いことをしてないのに相手がいきなり怒ってきたとか聞かされてましたがこれも大嘘じゃないかと怒り狂いました。この人と関わると大ケガさせられるわと思い離れただけです。ただこれだけのことなのに大騒動になりこの人のついた嘘は色々あるそうなのに私の耳には入らないようにいまだに仕組まれてるし何なのでしょうね‼離れたのに迷惑かけられっぱなしです。元夫も私がこの近隣トラブル相手を助けなかったことをお前は冷たいと言い放ち幼稚園に私の悪評を流したりトラブル起こる前には引っ越そうと言っても引っ越し代金が勿体ないと言われたり、もっと私や子供のことを考えてほしかったです。今でも絶対に早くに引っ越しすべきだったと思ってます。

質問者からの補足コメント

  • 嘘を拡散しときながらその嘘を私の耳に入れないようにするなんて詐欺じゃ無いですか?。たちが悪いにも程がある。この人はこの書き込みをしている私を訴えてお金を取ろうとしたのでしょうか?。もしそうなら私の方が辛い目に長い間遇わされてるのに私からお金取るなんて信じられない。本当ありえない!考えられない人だな。

      補足日時:2019/11/27 00:59
  • 私はこの近隣トラブル相手の怒らせた人に嫌なことをいいに行け!みたいなことは全く言ってません。何も悪いことをしてないのに相手が怒ってやってきて子供を殺すと言われた!自分は何も悪いことをしてない!子供の事を悪く言われたまたは虐められた等を聞かされるから、離れとけばとか頭おかしいとか言いましたがそれを相手に伝えに行けなんて一言も言ってませんが!嘘をつくにもいい加減にしてほしいです。大迷惑です。人を巻き込むな!

      補足日時:2019/11/27 01:15

A 回答 (2件)

全部読んでません。

創価学会被害の相談ですか?
それなら、これを参考にしてください。

創価学会や信者とトラブルになったり、創価学会と関係のある企業・団体と揉めると、正体不明のカルト集団からつきまといや嫌がらせをされることが多いと、被害に遭った議員、学者、芸能人、創価を追求している方々は口を揃えます。

創価学会と公明党幹部、他党の議員らは 口を揃えて「創価学会は盗聴、尾行、嫌がらせ、悪評ばらまき、ビラ、ゴミあさりなどの行為が日常的に行われている。数々の工作に関わってきた犯罪のエキスパートもいる。」と告発しています。

創価学会のストーカー体質や組織的な嫌がらせについては散々報道されてきたので、知っている人も多いです。

創価学会の組織的ストーカー犯罪や、教団の側近の告発を取り上げた記事をいくつか紹介します。


日刊ゲンダイ(バックアップ)
https://web.archive.org/web/20020221015231/www.g …

『オウムは組織防衛のために、坂本弁護士を一家もろとも惨殺し、教団を批判し、告
発する週刊誌編集長やジャーナリストの命を狙ったものだ。

 実は、自自公体制ができてから、創価学会に批判的な人々の間でも、似たようなこ
とが起きている。嫌がらせや卑劣な無言電話が相次いでいるのだ。ジャーナリストの
乙骨正生氏は、自自公に猛反対の「立正佼成会」の幹部のインタビュー記事を週刊誌
に掲載した直後から自宅に無言電話がかかるようになり、先月17日には、何者かに
車のガラスを割られた。また、「公明党の政権参加は民主主義に反する」と新聞にコ
メントした日大教授の北野弘久氏(税法学)は、無言電話が殺到しただけでなく、尾
行もされたという。

 国会で自自公連立の問題点を追及した民主党議員のケースも同じだ。国会図書館で
創価学会に関する書物をまとめて借りたとたんに、自宅に無言電話や暴力電話がかか
り始めたというから恐ろしい。

北野弘久氏があらためてこう言う。
「私の場合、4年前に国会で宗教法人法改正の賛成意見を述べたときも、家内まで尾
行され、自宅のゴミも持ち去られた。大学の研究所には“貴様、死ね”といった電話
が殺到しました。創価学会は否定するかもしれないが、陰湿なやり方や時期からして、
あの集団の組織的犯行としか考えられません。自分たちに邪魔な存在はどんな手を使
ってでも言論封殺をする。まさに麻原のオウム真理教と同じです。警察は、オウムだ
けでなく、創価学会の違法性、犯罪性にも目を光らせるべきですよ」』


日刊サイゾー
https://www.cyzo.com/2011/10/post_8912_entry.html

私が相談を受けた集団ストーカーは、かなり大手の外資系会計事務所の法務部が、ある宗教団体の行動部隊へ委託して行われたという、かなり悪質な一件でした。

信じ難いことですが、一部の教団にはそういう"業務"を請け負う部隊があり、各企業の法務部とパイプを構築しているのです。裏仕事を暴力団に頼むのと構図は同じです。しかもそのときは、顧問弁護を務めていた女性弁護士も承知していたというのだからひどい話です。

道ですれ違いざまに『山田一郎(仮名)、死ね』とささやいたり、ホームの対面からじっと視線を合わせたりするわけです。ノイローゼになって産業医に相談に行くと、『最近、人の視線が気になりませんか』とか、『幻聴は聞こえますか』と誘導する。で、私に相談してきたのは、その集団ストーカーをしたひとり。『上からの指示でこんなことをしたが、もうやりたくない、死にたい』とメールで泣きついてきました。やる方もこたえる。負の連鎖ですよ。

また、別の産業医も集団ストーカーについて次のように言う。

「企業の法務部と教団ラインの集団ストーカーは、最近はあまり行われなくなったとも聞いています。人を多く使うので、どうしても情報が漏れやすいですからね。やる側も罪悪感から精神を病む人もいますし」

引き受ける教団も教団なら、そんなところへ"業務"として下ろす企業も企業。ここまでブラックな手法が一部の大手企業で常態化していた事実に驚くしかない。

---

集団ストーカーに関わった幹部らが、犯罪を本で暴露しました。


創価学会顧問弁護士 山崎正友(著)
「月刊ペン事件 埋もれていた真実」

『 広野輝夫は盗聴器等の機械の製造と使用管理部門の中心者であり、河上覃雄(のちに公明党代議士)、岩佐俊典らは、山崎正友が手なずけた造反グループや、敵対勢力に送り込んだ情報員の管理と、“見張り”“尾行” やそのためのアジトの運営等を手がけている。

 このメンバーが集まれば、山崎正友配下の「SCIA」と呼ばれる情報師団のすべてが動かせる。その資金は、北条浩がいろいろな方法でひねり出した資金を山崎正友経由で各部門に配布する

Z会は、その存在を知る幹部は本部内でも十名に満たず、厳重な、秘密のヴェールにつつまれている。それは敵対勢力や造反者対策、情報や謀略、マスコミ戦略を行う、文字どおり最高秘密会で、極めて戦闘的なことがらを司る機関であり、宗教団体にはおよそ似つかわしくない、生臭いものであった。』


創価学会 教学部長 原島嵩(著)
「誰も書かなかった 池田大作創価学会の真実」

『創価学会批判者に対する盗聴、スパイ、見張り、尾行は執拗に行われました。裁判等で明るみに出た謀略行為は、次のごとくです。
(中略)
池田は込んで、謀略ができる人間を登用してきました。
彼らは、謀略そのものに少しの罪の意識はありません。むしろ、そこには池田大作に直結し、選ばれた人材として、英雄を気どり、エリート意識が発達しているだけです。
月刊ペン裏工作、電話盗聴や謀略、他教団や学会批判勢力の分断工作、世論操作、買収に多額な金が使われたことも、各種批判で明らかになっています。それとて氷山の一角でしょう。』


創価学会 芸術部書記長 小多仁伯(著)
「池田大作の品格」

『広宣部は、全国に普及し組織化されていったのです。
広宣部の主な活動は、
1.構成員宅の郵便物などの抜き取り
2. 構成員の盗聴
3.交友関係の調査
4.構成員への尾行
5.怪文書による攻撃
6.構成員の出したゴミなどを持ち帰り、その中から情報を収集
以上のような活動を行っていました。
当初は、組織防衛のための広宣部を結成したことが、いまでは積極的に反対者への恫喝、圧力を加える組織へと移行しているようです。』


公明党委員長 矢野絢也(著)
黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録

『各部門と連動しながら、スケジュールを組んでの連続的な組織的犯罪だったのである。また、攻撃範囲は本人のみならず、家族・親族に及ぶものであり、精神的威嚇、社会的地位の抹殺、または生活の基盤を奪い取ろうとする、包括的なものであった。
いうまでもなく、これらの非合法的行為は、学会内部では極秘に行われており、一部の幹部しか知らない。
私は、当時、公明党の最高幹部で、学会との連絡役を務めていたことから、このような事実を知り得た。
元学会員の陳述書によると、「特殊部隊」の役割は「広宣部」が担っているという。監視、尾行、嫌がらせ、ゆえなき誹謗中傷などの違法行為は学会のお家芸ともいえるほど、常套手段化している。
(中略)
監視や尾行ばかりではない。聖教新聞などのメディアをつかった私への誹謗中傷は限度をこえて目に余るひどさになり、それにともなって執拗な脅迫電話や嫌がらせ電話も増えた。脅迫や嫌がらせは私や家族だけではなく、遠方に住む親戚にもおよんだ。
録音されたデータが裁判で公開されて、彼らの魂胆が見えた。明らかに改竄されていたからだ。
ICレコーダーの音声データは、パソコンに取り込み、いかようにも編集できる。コンピューターに少し詳しい人なら音声データは容易に改竄できる。
ハイテク集団を持つ創価学会なら痕跡を残さず、データを編集し直すことなど、お茶の子さいさいだろう。』

-----

警察と裁判所は創価学会はストーカー集団だと批判しています。
証拠はこのとおり。マスコミが何度も事件を取り上げました。
https://matome.naver.jp/odai/2153412187173818501

裁判所は創価学会の組織犯罪を断罪し、国会では創価公明は追及されました。
https://matome.naver.jp/odai/2153285695827108701


最近は創価学会が中心となって、日本中にデマや扇動的情報をばらまき、特定個人を誹謗中傷し、嫌がらせ行為に加わってくれるよう煽っています。
学校のいじめを国を挙げてやっているような形でしょうか。
政治権力を悪用して、警察や役所の人にも犯罪を指示し、捜査情報の漏洩や文書改竄などをやらせています。

これの規模を小さくしたものが日本中で行われていますが、これを世間では集団ストーカーと呼んでいます。

露骨な集団ストーカー犯罪に迷惑している人達が、都心部で毎月何回も、創価学会のストーカー犯罪を批判する街頭宣伝活動が行われています
「創価学会 嫌がらせ」「創価学会 ストーカー」で検索をしてください。
50万~100万件は表示されるでしょう。それだけ被害者が多く事態が深刻なのです。
「今日聞かれた不思議な質問」の回答画像2
    • good
    • 1

御参考までに御覧ください。

 https://ameblo.jp/pinta-555/ 

大変ですね。 被害者の皆様は、それぞれ成り行きがあって、気がついた時には、
とっくに【○敵】として、部内者全員の共通の敵として、的に掛かっている訳ですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング