在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

父の影響で競馬を小さい頃から見てます。
父は競馬はしませんが馬の目と走る姿が好きで昔はよく馬事公苑に連れて行ってもらいました。

毎週日曜日の競馬中継は録画して二人で見てます。
BSフジで平成競馬ベスト50が放送されたので一緒に見ました。
そこで皆さんに質問です。
放送されて私が印象に残ったレースの中で皆さんはどれが一番ですか?
もしくはこの中に入ってないレースで皆さんのベストはどれですか?
あなたなベストホースは何ですか?
私はサイレンススズカ「まだ生まれてませんが父の影響で…)とウォッカです!

1、スペシャルウィークVSグラスワンダーの有馬記念
2、オグリキャップ引退レース、有馬記念
3、ブライアンVSトップガンの阪神大賞典
4、トウカイテイオー奇跡復活、有馬記念
5、ウォッカVSダイワスカーレットの天皇賞秋
6、両陛下に馬上で敬礼、ヘブンリーロマンス
7、ウォッカの日本ダービー
8、サイレンススズカの毎日王冠、天皇賞秋
9、ディープインパクトの衝撃敗戦の有馬記念
10、ディープインパクトの無敗の三冠

…まだまだたくさんありますが、とりあえず10(11)レースだけあげました。
10(11)レース中、8レースが武さんなんですね。
競馬をしてる方は外国人騎手がいいのかもしれませんが、私なんかは日本人騎手頑張れ!姉と同い年の菜々ちゃん頑張れ!って応援したくなります。
本当は大好きな武さんの昭和、平成、令和でもG1も入れたかったのですが、武さんにはぜひあと二つのG1を勝ってほしいです。

A 回答 (4件)

この中らなら5ですかね


このレースTVで見てましたが写真判定にもつれ最初流れた写真を見たときハナ差でダイワスカーレットが勝っていたように見えましたが・・・
勝利インタビューのときの武豊騎手の自信の無さ気な雰囲気・・・
ダイワスカーレットの出走に関して大和陣営とJRAとの間にいろいろあったとか無かったとか・・・
因みに天皇賞秋でダイワスカーレットがウオッカに負けたその敗因は「悪い癖が出た」的なコメントを安藤騎手はされていたような・・・
因みに一番のお気に入りのレースは
タップダンスシチーのジャパンカップ9馬身さの圧勝ですね
更にタップダンスシチーは競走馬の中で一番好きな馬です
この馬の逃げっぷり圧巻でしたしG12勝しかしてないのに生涯獲得賞金が10億円・・・
ある意味に天晴ですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

タップダンスシチーは私も好きです!
私もサイレンススズカみたいな逃げ馬が好きです。
ツインターボという映像を見たときは今はここまでする騎手はいないのかもしれないけど、昔の競馬は面白かったなと思いました。
ウォッカでは武さん勝ちましたけど、スペシャルウィークでウイニングランまでしてグラスワンダーに負けたっていう経験があったから歯切れが悪かったのかもですね。

お礼日時:2020/02/08 01:43

オマケです


一説によりますと
「逃げ馬最強」だそうです
スタートからゴールイン迄頭で走りきれるのは「最強の証」だそうです
まぁ〜出走した全レースでスタートからゴールインまで頭で走りきったら無敗ですもんね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

サイレンススズカがあのまま故障しなかったら勝ってたのか?といつも思います。
そういえば私は逃げ馬が一番好きかもしれません。

お礼日時:2020/02/10 12:35

これだけ馬が好きなら車はマスタングしかないな。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

マスタングってなんですか?
車には全く興味がないのですみません。

お礼日時:2020/02/08 03:13

BSフジの番組は見ていないのですが……



挙げられている中で好きなのは、4番と5番。
トウカイテイオーの有馬記念は、私が競馬にハマったきっかけのレースです。1年ぶりのレースとか、そういうのを抜きに、人気の芦毛馬ビワハヤヒデを外から一気に叩き潰したトウカイテイオーの走りに惚れました。
そして、5番はとにかく、ウオッカ、ダイワ、両者のとんでもないレースに心を奪われました。

挙げられていないレースですと……
1997年の天皇賞・春。サクラローレル、マヤノトップガン、マーベラスサンデーという3強が激突したレースですが、早めに仕掛けていったサクラローレルにマーベラスサンデーが真正面から戦いを挑み、それを見ながら脚を溜めていたマヤノトップガンが直線でごぼう抜きしてのレコード決着。3強が全ての力を出し尽くしてのレースが見ごたえがありました。

2004年の宝塚記念。
No.1さんが挙げられているタップダンスシチーの勝ったもう1つのG1レースです。
ローエングリンという馬がマイペースで逃げる中、2~3番手で追走していたタップダンスシチーが何と、向こう正面で仕掛け直線へ。一気にレースのペースを引き上げ、しかも、そのペースに後続馬たちも末脚を奪われて、最後までタップダンスチーがセーフティリードを保ったままの勝利。向こう正面先頭で、しかも、後続馬も抑えきる。こんな競馬ができる馬は他にいないと思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
テイオー復活は父が競馬を見るようになった思い出深いレースですね。
有馬記念は記憶に残る名レースが多いですよね。
ウォッカ、スカーレット、ディープスカイの激突、写真判定は痺れました!
ウォッカは牝馬相手だと取りこぼすことがあるけど、牡馬相手だと
半端ないですよね。
ウォッカだけでは天皇賞秋より安田記念の方がインパクトありましたね。
壁、壁、壁をこじ開けて残り100メートル切ってやっと抜け出した豊さんの騎乗は凄かったです。

お礼日時:2020/02/08 01:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング