プロが教えるわが家の防犯対策術!

表題のとおりですが、そのような映画でご存知のもの、お好きなもの、お勧めのものがあればご紹介ください。

例:(仮題)SCHOOL というアメリ映画で邦題が「学校」
「学校」や「スクール」などというタイトルの邦画

質問者からの補足コメント

  • 「日本映画の題名と外国映画の邦題が同じ(そ」の補足画像1
    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2020/10/10 09:45
  • 「日本映画の題名と外国映画の邦題が同じ(そ」の補足画像2
    No.8の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2020/10/10 15:27
  • 「約束の犬」という副題らしきものがついていました

    「日本映画の題名と外国映画の邦題が同じ(そ」の補足画像3
    No.15の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2020/10/10 15:58

A 回答 (20件中1~10件)

「鉄道員」


ピエトロ・ジェルミ監督、主演の1956年製作イタリア映画。
https://eiga.com/movie/46982/

「鉄道員」(ぽっぽや)
降旗康男監督、故・高倉健さん主演の1999年製作の日本映画。
https://eiga.com/movie/39434/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

イタリア映画の『鉄道員』も最近TVで放送されたので、久しぶりに観ました。いたいけな少年の姿などが印象的です。『道』同様、モノクロのイタリア映画の良さが堪能できました。
『鉄道員(ぽっぽや』も20年ほど前観て、広末涼子さんの幻のような存在が好きでした。筋はほとんど忘れているので、また観たい映画のひとつです。

この『鉄道員』は 質問の例題として出そうとしましたが、だれか答えてくる人がいるだろうと思ったのでやめておきました。

お礼日時:2020/10/04 17:17

お礼どうもありがとうございます(^^)♪


ファーストキスが50回もあるのは、主人公の女性が事故で脳に損傷を負って、眠る度にその日の記憶を忘れてしまうからです。
なので、彼氏は毎日、自分を覚えてない彼女をナンパして口説かないといけなくて、彼女が覚えてないから、色んな口説き方で、その日によって成功したり、失敗したり、とっても楽しい作品です♪

そう言えば風鈴子さんの「ハチ公物語」だけでなく、「南極物語」もディズニーの実写版、ポール・ウォーカー主演でハリウッド化されてますよネ♪
でも「ハチ公物語」はどっちも大好きだけど、「南極物語」は日本版の方が、しみじみいいと思いました(^^)
サミュエル・L・ジャクソンとケヴィン・スペイシーの「交渉人」も、すごく面白いですヨ♪
飛行機じゃないけど、パニックものお好きでしたら、絶対面白いと思います♪

あと、追加で思い出しました♪

☆ ALWAYS 三丁目の夕日
☆ オールウェイズ(洋画)
日本の方は、よくテレビでも放送されてますが、古き良き時代の東京の下町の心温まるヒューマンドラマです。
洋画の方は、スティーヴン・スピルバーグ監督の、飛行機の山火事消防隊の、幽霊の彼氏が彼女を守る、こちらも心温まる作品です♪
幽霊の彼氏が彼女を守る、と言ったら「ゴースト/ニューヨークの幻」ですが、スピルバーグ監督の作品って、どれも、戦争映画でさえも、人間があったかくて、こちらもステキな作品です(*^^*)

☆ DRIVE(ドライブ) 日本版
☆ DRIVE(ドライヴ) ハリウッド版
カタカナ表記の「ブ」と「ヴ」が違うだけで同じスペルの同名映画です。
日本版は、ネットでハリウッド版を探してて偶然見つけたので、観てなくて内容は分かりませんが、堤真一さんと柴咲コウさんが出演されてるようです。
ハリウッド版は、ライアン・ゴズリングとキャリー・マリガン出演で、昼間はカースタントマン、夜は泥棒の運転手をしてる男性が、恋してしまった人妻を守るために闘うアクションクライム作品です♪

ありがとうございます♪
以前、玄人乙さんにアドバイスいただいて、アイコンの画像、瑠璃唐草にしてみました(*^^*)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「交渉人」面白そうですね。「包丁人味兵」ってのも面白いです。
「101回目のプロポーズ」というのもありましたが、ある意味、昔(の失敗)を忘れることも大切ですね。
ゴーストといえば「とってもゴースト」という音楽座ミュージカルを観たことがあります。
Alwaysも風鈴こさんとの間で話題になったことがあります。
パニック・・先日も「エアポート75」を録画しました。Gメン75を思い出します。
瑠璃唐草さんのアイコンはなぜ無地なのかなと思っていたくらいですので、模様がついてよかった。ありがとうございました。

お礼日時:2020/10/17 10:26

ちょっと逸れちゃいますけど、


映画のタイトル→歌のタイトルは少し浮かびました。
「草原の輝き」とか「いつも心に太陽を」とか
昔のアイドルの歌には結構ありましたね。

あと、玄人さんの以前の質問で
回答しようと思ったら締め切られてしまったのがあって、
ちょっと参考になりそうなことを最近読んだのですが、
作家の森博嗣さんがエッセイで
「最近(2013年頃)形容詞の「い」を省いた言い方が
流行っているようだが、名古屋弁では昔からスタンダードだった。
どうして最近皆名古屋弁を使いだしたのか。
「やば(やばい)」という言い方も
名古屋では昔からあって、江戸時代の
書物にも載っていた」ということです。
この質問と関係ないので
削除されるかもですけど。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アグネスチャンの「草原の輝き」は知っています。そのころの写真は若っ!って感じですね。
 私の気になっているそういう言い方は昔からあるのではなく、そのころ(7年くらい前)流行だしたような気がします。名古屋では昔からあったのでしょう。ありがとうございました。

お礼日時:2020/10/17 10:12

また来ちゃいました・・。


もう出尽くした感がありますね。
あとは向うの映画をリメイクして
同じタイトルをつけたのくらいしか
浮かびませんが・・(「サイドウェイ」とか「死刑台のエレベーター」とか)
ちょっと似てる?ので
思い出したのは「三人の妻への手紙」と
「配達されない三通の手紙」・・手紙の数しか合ってない・・(笑
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「死刑台のエレベーター」は音楽だけ知っています。
手紙、そのために「郵便配達は三度ベルを鳴らす」?回数があってない
ありがとうございました。

お礼日時:2020/10/10 16:52

またまた思い出しました。


邦画
「交渉人・真下正義」ユースケ・サンタマリア初主演作。
踊る大捜査線のスピンオフ映画。

洋画
「交渉人」サミュエル・L・ジャクソン、ケヴィン・スペイシー。

どちらか観るなら、断然洋画の「交渉人」がお勧めです*˙︶˙*)ノ"
ユースケには申し訳ないけど、邦画の方はあまり良く覚えていません(>_<)

洋画は、(°_°;)ハラハラ(; °_°)(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)ドキドキ!とにかく話の展開が面白いです。
劇場で観れたなら、さらに緊迫感を味わえたと思います。

是非 この秋は映画鑑賞をお楽しみ下さい٩( •ᴗ• )۶♩*゜
「いやぁ〜 映画って本当にいいもんですね」→水野晴郎ふうに 笑ꉂ(´ᗜ`*)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「交渉人」という映画があるのですか。
映画ではありませんが、日本のドラマで市原悦子や内藤剛の「犯罪交渉人」というのがあり、たまに見ていました。どんな交渉をする映画なのか楽しみですね。
 それではサヨナラ、サヨナラ(長さんの調子で)
・・・・
ふうりんこさん、文字化け直るといいですね。昨日、ちらっと質問を拝見(質問は消えていましたが、ちょっと心配しています)
ありがとうございました。

お礼日時:2020/10/09 19:21

日本と海外で同じ原作を映画化、日本映画を海外でリメイク、外国映画を日本でリメイクなどもありますけど、そういうケースではなく無関係な映画なのに日本でのタイトルが同じになってしまった洋画と邦画の組み合わせをあげると……



『鍵』
洋画ではキャロル・リード監督作などがある。邦画では市川崑監督作などがある。

『道』
洋画はフェデリコ・フェリーニ監督作がある。邦画では仲代達矢主演作がある。

『白痴』
ドストエフスキーの小説『白痴』の映画化は海外で何本もあり、日本でも映画化されている。それとは別に坂口安吾の小説『白痴』を映画化した日本映画がある。

『潮騒』
三島由紀夫の小説『潮騒』は日本で5回も映画化されている。それとは別に1974年にイヴ・モンタン主演のフランス映画も同名タイトル。

『初恋』
このタイトルの映画は幾つもある。洋画ではオードリー・ヘプバーン主演作、ジーン・ケリー主演作、金城武主演作など。邦画では宮崎あおい主演作などがある。

『恋人』
邦画では市川崑監督作などがある。洋画ではラモン・ノヴァロ主演作がある。

『女優』
このタイトルの邦画には新藤兼人監督作などがある。洋画には2006年にヴァレリア・ブルーニ=テデスキ監督&主演のフランス映画がある。

『家路』
洋画ではエリザベス・テイラー出演作やマノエル・ド・オリヴェイラ監督作がある。邦画では松山ケンイチ・田中裕子ら主演の映画がある。

『太陽』
洋画では大半が日本人キャストで台詞も日本語のアレクサンドル・ソクーロフ監督作がある。邦画では入江悠監督の神木隆之介・門脇麦主演作がある。

『恐喝』
洋画ではハーディ・クリューガー&エマニュエル・リヴァ主演作などがある。邦画では三橋達也主演作や高倉健主演作がある。

『熱風』
洋画ではマルセル・カミュ監督作などがある。邦画には山本薩夫監督作がある。

『夏の嵐』
洋画ではルキノ・ヴィスコンティ監督作などがある。邦画では中平康監督作がある。

『裸の町』
洋画ではジュールス・ダッシン監督作がある。邦画では内田吐夢監督作や池部良主演作がある。

『青い鳥』
洋画はメーテルリンクの同名童話の映画化でエリザベス・テイラー、エヴァ・ガードナー、ジェーン・フォンダの豪華キャストの映画。邦画は重松清の同名小説を映画化した阿部寛主演作。

『ふたり』
洋画ではロバート・ワイズ監督作やジェラール・ドパルデュー主演作がある。邦画では大林宣彦監督作がある。

『アイズ』
洋画ではフェイ・ダナウェイ主演作などがある。邦画では鈴木光司原作の映画がある。

『カノン』
洋画ではギャスパー・ノエ監督作がある。邦画では比嘉愛未・ミムラ・佐々木希らが主演した映画がある。

『透明人間』
洋画は幾つもあり、今年7月に日本でも公開されたエリザベス・モス主演作も。邦画では1954年に東宝の特撮映画がある。

『探偵物語』
洋画にはウィリアム・ワイラー監督作がある。邦画では薬師丸ひろ子主演の角川映画や三池崇史監督作がある。

『お嬢さん』
日本映画では1930年の小津安二郎監督作や1961年の若尾文子主演作などがある。洋画ではサラ・ウォーターズの小説『荊の城』の舞台を朝鮮半島に移した韓国映画がカンヌ国際映画祭のコンペに選出され、日本でも公開された。

『民衆の敵』
洋画にはジェームズ・キャグニー主演作とスティーヴ・マックィーン主演作がこの題名。邦画では今井正監督作がある。

『トカレフ』
邦画では阪本順治監督作がある。洋画ではニコラス・ケイジ主演作がある。

『戦争と平和』
トルストイの小説『戦争と平和』はアメリカでもソ連でも映画化されている。これとは別に1947年に日本で同名タイトルの映画が作られヒットしている。

『肉体の悪魔』
レイモン・ラディゲの小説は色々な国で映画化されており、日本映画もある。それらとは別にオールダス・ハックスレーの小説が原作のケン・ラッセル監督作がある。

『ポストマン』
洋画ではケヴィン・コスナー監督&主演作がある。邦画では長嶋一茂製作&主演作がある。

『カーテンコール』
洋画ではジェイソン・フレミング主演作がある。邦画では伊藤歩・藤井隆主演作などがある。

『オン・ザ・ロード』
邦画では渡辺裕之主演作がある。洋画ではジャック・ケルアックの『路上』を映画化したウォルター・サレス監督作がある。

『天国は待ってくれる』
洋画ではエルンスト・ルビッチ監督作がある。邦画では井ノ原快彦らが主演した映画がある。


題名表記が少し違うものだと、

『ハッピー・フライト』『ハッピーフライト』(中黒が無い表記)
前者はグウィネス・パルトロー主演作。後者は矢口史靖監督の田辺誠一&綾瀬はるか主演作。

『秘密の花園』『ひみつの花園』
前者は同名のバーネットの児童文学の映画化でフランシス・フォード・コッポラ製作作品などがある。後者は矢口史靖監督の西田尚美主演作。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たくさんありがとうございました。知っている映画は「道」くらいでっしたが、「夏の嵐」は1989年の同名の民放ドラマ(高木美保、渡辺裕之主演)を思い出します。
「潮騒」などもタイトルだけは知っているので、いつか観てみたいです。

お礼日時:2020/10/10 15:39

もうひとつ思い出しました(*ˊᵕˋ*)੭ ੈ


内容は全く同じですが、タイトルが微妙に違います。と言っても殆ど、同じと言ってもいいのかな?
「ハチ公物語」仲代達矢、八千草薫。

外国版「HACHI」リチャード・ギア。

これはもう、有名なので説明しなくても分かりますよね。
「ハチ公物語」を英語で言うと「HACHI STORY」になるのかな?(。・_・?)ハテ?
乙さんは、英語が得意なので、知ってますよね。私は、丸出だめ夫です(´▽`*)アハハ
両方観ましたが、私は、やはり日本版が好きです。
仲代達矢も良かった。ジィ〜ンと来る映画です(⸝⸝⸝ᵒ̴̶̷̥́ ⌑ ᵒ̴̶̷̣̥̀⸝⸝⸝)
余談
若い頃、渋谷のハチ公前で、友人と待ち合わせたことがあります。
渋谷には近くなったけど、長いこと行っていません。
懐かしいですね(∩ ᵕᴗᵕ ∩)・*
こやぎさん「ホワイトアウト」面白いので、良かったら観てね*˙︶˙*)ノ"
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「ハチ公物語」は「南極物語」同様、犬と人との情愛を感じさせてくれそうな話ですね。ハチ公で待ち合わせる人がいる、待ってくれる人がいるのは嬉しいことです。ありがとうございました。

お礼日時:2020/10/10 16:03

『ルームメイト』


複数あるようですが、アメリカ版(1992)で原題『SINGLE WHITE FEMALE』のやつです。日本版(2003)は未見。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ルームシャアが関係する映画なのでしょうか。カロリーメイトも何種類もあります。ロングセラーですね。こんなお礼で失礼します。ありがとうございました。

お礼日時:2020/10/10 15:51

たぶん、これで最後にします・・


洋画の(オルコット原作の)「若草物語」と
日活青春映画の「若草物語」。
洋画の方は三回くらい映画化されてて、
ふたつは観てますが、
邦画の方はさすがに古くて
観る機会がないですね。
風鈴子さんが紹介されている
洋画の「ホワイトアウト」のガブリエル・マクトって
人気ドラマ「スーツ」の主演の人じゃなかったっけ?
「ホワイトアウト」は観たことないから
観てみようかなぁ・・と思いました。
(風鈴子さん、ありがとうございます(*^-^*)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「若草物語」まミュージカルもあるようですね。最後でなくてもいいです、何度でも。ありがとうございました。

お礼日時:2020/10/10 15:47

洋画は沢山 観てきたけど、なかなか同じようなタイトルの映画が思いつきませんでした(>_<)


やっと、思い出しました٩(ˊᗜˋ*)و♪

「ホワイトアウト」織田裕二と松嶋菜々子。こちらは、アクション系です。

洋画の「ホワイトアウト」は、ケイト・ベッキンセイル、ガブリエル・マクト。
二人ともあまり知りません。
こちらは、ミステリーサスペンスです。
吹雪で視界を 完全に奪ってしまう現象は同じですが、内容は全く違います。
どちらも、面白くてお勧めです。
尚、邦画の「ホワイトアウト」は、2ヶ月前くらいに、午後のTV洋画で放送されたので録画しました。又、楽しみに観たいと思います٩( •ᴗ• )۶♩*゜
    • good
    • 1
この回答へのお礼

午後のTV洋画とはテレビ東京で毎日放送す番組のことでしょうか。私も、面白そうなものは予約録画して観ています。
 ホワイトアウトとはあたり一面真っ白になってしまう現象のことですね。
真っ白で尾もしろければ面も白い、ってことですね。ありがとうございました。

お礼日時:2020/10/10 15:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング