融雪剤の散布地域についてご存知の方おられますか?

また、北海道・東北地方等、地域による融雪剤散布に対する考え方の違いなど、
融雪剤に関する情報がありましたらお寄せ下さい。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 NO1の追加です。

北海道でも、道路の融雪剤は使用されています。スパイクタイヤの使用が出来なくなってからは、頻繁に散布しています。高速道路、国道、指導の交差点などに利用しています。北海道の冬道は、スケートリンク状態の時もありますから。
    • good
    • 0

 


 雪国でなくても、雪が降ったときに一般の市町村民が自分の家の前の道路などにまいたりします。山間部では、日陰でとけにくいところに、やはり個人でまいたりしているところがあります。
 常時雪の降る地域は、地方自治体が何らかの対策をとっているのでしょうが、年に0~2,3回程度の降雪地帯は、雪国よりも雪に痛めつけられます。除雪の大半を個人に任されています。高齢者が増えた地域などでは、雪が降ると融雪剤を購入に行く人が殺到し、品切れになります。
 欧米の国・地方によっては、融雪剤以外の雪対策に(日本と比較して)しっかり取り組んでいるところがあります。
 
    • good
    • 0

関東地方でも使用されています。


主に.火災現場なとで消火栓から水を取った後.路面が凍ってスケートリンク状になりますから.付近に撒きます。
    • good
    • 0

高速道路ではかなり(路面温度が0度以下になると)まいてますよ・・



長野の上信越自動車道沿線のリンゴ畑(あくまでも沿線のみですが)では融雪剤による“塩害”が出ているそうです・・・

北陸などの豪雪地帯では道路そのものに融雪設備がかなり行き届いているので“融雪剤”の影響は以外に少ないかも・・

雪・・よりも凍結・・が怖いんですよね・・凍結の場合は,融雪剤以外に良い手はないんじゃないのかな(人手で除去はできないし・・)

かも,かも・・ばっかりですいません・・
    • good
    • 0

北海道では融雪剤を、(1)自分の畑の融雪促進のために (2)ゴルフ場の融雪促進のために、それぞれ3月下旬から4月上旬頃にかけて散布しています。


 ただし、全ての畑・ゴルフ場ではありません。 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエアコンの室外機に融雪剤まいたらダメなの?

エアコンの室外機に融雪剤まいたらダメなの?

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1001398.html

ここの質問に、
塩害でエアコンの室外機が壊れた

と書いてますが、塩で室外機の基盤が
サビるのが原因らしいですが、
融雪剤ってようは塩ですよね。

だから、エアコンの室外機に雪が積もったとき、
豪快に、融雪剤をまくと、さびて壊れるってことかな?

Aベストアンサー

現在国内で使用されている融雪剤は「粒状塩化カルシウム」「液状塩化カルシウム」「塩」「塩水」などが主です。
積雪地帯での路上散布は車両に影響を与えたり、道路脇の田畑に流入して問題となってます。
空港に於いては広範囲に散布した融雪剤が雪解けと共に河川に流入してPh値の変化による生物への影響も懸念されてます。

『塩』が原料ですからどうしようもないですが、流入しない様な工夫も考えられてます。

まぁそんな『塩』をエアコン室外機に掛けると・・・
お判りですよね。

No.2回答者へ
尿素を使用した「融雪剤」を教えて頂きたく存じます。
前述の『塩』関係の融雪剤を製造・輸送する職務なもので興味ありです。
尿素は会社のトラックに窒素酸化物低減のため触媒として使用中です。

Q北海道開発局様-国道の融雪剤撒くの止めて!

道内の国道融雪剤巻きすぎです。
返って気温がせっかく零下になっているのに、路面はシャーベット状態、
センタライン付近はそのぐしゃぐしゃの状態で、
ちょっとそこにひっかかると、すぐハンドルを取られる。
操作を間違えれば、あっと言う間にスピンです。(実際にシャーベット状態⇒事故多い)

実際融雪剤巻いた後の路外転落車、かなりおおいのです。(水っ気がある状態が-一番滑る。)
現在は、スタッドレスタイヤの性能が素晴らしく向上しており、
氷結路面のグリップ性能は大幅に向上しております。(発泡ゴム⇒特許切れて各社横並び)
気温がマイナスになったほうが(滑りにくくなる)、走りやすいんです。グリップがいい。
車はサビるは-運転はしずらいは、地球に塩巻いてる(環境にも悪い)
まず-いいことないのに,一冬で、どれだけ撒いているんかわからないけど、(何万トン?)
専用のどでかいタンク付きのマシンで、撒くのは簡単かもしれないが,止めてほしい。
冬道を道内中・営業で走っているドライバーにって、融雪剤の散布は冬道ドライブの敵です。
みなさんはどう思いますか?

道内の国道融雪剤巻きすぎです。
返って気温がせっかく零下になっているのに、路面はシャーベット状態、
センタライン付近はそのぐしゃぐしゃの状態で、
ちょっとそこにひっかかると、すぐハンドルを取られる。
操作を間違えれば、あっと言う間にスピンです。(実際にシャーベット状態⇒事故多い)

実際融雪剤巻いた後の路外転落車、かなりおおいのです。(水っ気がある状態が-一番滑る。)
現在は、スタッドレスタイヤの性能が素晴らしく向上しており、
氷結路面のグリップ性能は大幅に向上しております...続きを読む

Aベストアンサー

自分で雪かきしてください。
それなら出動しませんから。

Q融雪剤の散布地域は?

融雪剤の散布地域についてご存知の方おられますか?

また、北海道・東北地方等、地域による融雪剤散布に対する考え方の違いなど、
融雪剤に関する情報がありましたらお寄せ下さい。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 NO1の追加です。北海道でも、道路の融雪剤は使用されています。スパイクタイヤの使用が出来なくなってからは、頻繁に散布しています。高速道路、国道、指導の交差点などに利用しています。北海道の冬道は、スケートリンク状態の時もありますから。

Q融雪剤=塩カリ? 撒くのは、??

大量に国道に”塩カリ”融雪剤散布が行われている。大量の塩を撒いてると同じですが、
環境にいいわけがないですよね。マイナス気温になっているのに圧雪状態にならず、
シャーベット状態なので、滑りやすくスピンもしやすい、
事故が多いが国道の維持管理してる側は、全く責任を感じていない。
それどころか、してやってる感がにじみ出てくるようなことしか言わない。
国土お交通省の役人は、偉すぎて困ったもんだ。どうすればいい?

Aベストアンサー

#5さん、そんな身も蓋もない正論で。相手は定年間近の方で、これだけ若気の至りのような文章しか書けないのだから、もう少し遊んであげないと。

Q【化学】融雪剤って何ですか?成分は何で出来ているんですか? 「融雪剤の道を走ったから車を洗わないと」

【化学】融雪剤って何ですか?成分は何で出来ているんですか?


「融雪剤の道を走ったから車を洗わないと」って融雪剤が散布されている道路を走るったらタイヤが痛む?ボディが錆びる?から洗うの?

フロントガラスが凍ったから融雪剤をフロントガラスにぶちまけたら車の車体によろしくないってこと?

Aベストアンサー

塩化カルシウム。
塩化カルシウムは「塩」だから金属は錆びるんですよ。

融雪剤が撒かれた道路を走った後に車を洗うときは、足回り・下回りを重点的に洗いましょう。
ボディーは塗装されているのでほとんど影響を受けません。
フロントガラスには影響ありませんが、フロント部にたまった水はボディ内を通ってシャーシの下へ排水するのでお勧めはできません。

・・・余談・・・
凍ったフロントガラスに塩化カルシウムをぶっかけるという発想はなかった。
自分は即効性のある無水エタノールをぶっかけるからかな。…実際にはスプレーするんだけどね…(ぶっかけた後のアルコール臭が半端なく凄いので注意)

Q融雪剤の塩害

塩カリなどの凍結防止剤が、
及ぼす塩害、特に水質にどのような影響を及ぼすのかが、
知りたいのです。
なにを調べればいいのかだけでもよいので、
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先ず持って、「何のために知りたい」のかが不明で、回答
に困ってしまいました。
例えば、tunkeさんが地方公共団体等におつとめで、自分
の地域に融雪剤散布をしているのだが、これの害の有無を
事前に予測したい等々なら、有る程度明確な事も書けるの
ですが......。
といいますのも、広範囲に散布される融雪剤の塩害は非
常に難しい問題でして、限られた紙面では書き切れ無い
ほどの事柄です。
そこで、アウトラインだけを列記してみます。

まずは、基本的なことを。
現在、融雪剤(凍結防止剤)には、一般的に塩化ナトリ
ウム、塩化カルシウム、塩化マグネシウム、岩塩などが
主流で、一部には大理石加工品も入っているようです。
で、これらは、当然ながら散布された後は土中に浸潤する
こととなりますし、土中水分の塩濃度を変えますから
地下水等のpH、電気伝導度、硬度を変化させる可能性が
あります。

次に塩害発生の側面の一部を。
融雪剤が溶解した水そのもの(非濃縮水とでも呼びまし
ょう)で発生する場合と、それらが濃縮して発生する
場合の二つに分けて想像することができます。
また、被害が発生する対象物も、自然物(例えばメダカ
など)と、人工物・栽培物(例えば建造物や水田等)に
分けられるでしょう。
それらを分けて考えた場合
 1.非濃縮水が自然物に与える影響
  生物中で、比較的鋭敏なものが短期で影響を
  受ける可能性があります。 例えば、藻類の一部は
  あるpHが有る一定範囲を逸脱すると二酸化炭素の
  吸収が出来なくなりますから、当然、発育にも影響
  しますし、そうなるとそれらを補食しているメダカ
  等の小型生物にも影響が考えられます。
 2.非濃縮水が人工物に与える影響
  鉄筋コンクリートに塩類が浸潤した場合、鉄筋の
  腐食(発錆)により強度が低下します。
 3.濃縮系の自然物に与える影響
  ため池等で強烈な濃縮が発生した場合は、その池
  の生物相が(劇的に)変化する可能性があります。
 4.濃縮系の人工物に対する影響
  非濃縮系に同じ

で、これがやっかいなのですが、融雪剤の塩害を確実に
把握する事は困難なんですね。
と言いますのも、工場排水などと違い、散布域が広く
散布量も一定ではないでしょうから、影響の出方が
解らない(地域性に紛れる可能性もある)、塩害によって
生物相が若干変化している可能性もありますが、水田
等の農薬の影響も関係してくるでしょうから、一概に
塩害とは言いづらい、結果として、実証面からは把握
できませんから、勢い実験ベースで評価せざるを得ない
ことになります。
しかし、実験ベースで評価すると、それこそ害(影響)
が膨大な量になり収集がつきません。


総括して。
もう少し目的をハッキリとお書きいただけたたら、それに
ポイントを絞って回答できると思います。

先ず持って、「何のために知りたい」のかが不明で、回答
に困ってしまいました。
例えば、tunkeさんが地方公共団体等におつとめで、自分
の地域に融雪剤散布をしているのだが、これの害の有無を
事前に予測したい等々なら、有る程度明確な事も書けるの
ですが......。
といいますのも、広範囲に散布される融雪剤の塩害は非
常に難しい問題でして、限られた紙面では書き切れ無い
ほどの事柄です。
そこで、アウトラインだけを列記してみます。

まずは、基本的なことを。
現在、融雪剤(凍結防止剤)に...続きを読む

Q融雪剤につきまして

北海道在住の者ですが
積雪のあった一昨日の、早朝の5時ころ
幹線道路に融雪剤を
ガンガンまいている車両に遭遇しました。

噂には聞いてましたが
やっぱり大量にまいてるんですね。
昨今、気温が高いので雪はすぐ溶けるのに・・。

あの融雪剤についてお聞きしたいんですが・・・
朝にまいて、昼頃に雪が溶けて
ビチャビチャ状態になったとします。
(雨後のような感じ)

そのビチャビチャ状態の水に
もちろん融雪剤の成分は含まれていて
すなわちその液体は、塩水ですよね?
(この認識に間違いはないですよね?)

また、一旦溶けて道路が乾燥したとします。
その後、また雪が降ったとします。
ただ、近回は、融雪剤の車両は
出動しなかったとします。
さらにその後、その雪が溶けて
ビチャビチャになった時には
数日前にまかれた融雪剤の成分である
塩分が含まれていて
多かれ少なかれ塩水ですよね?
(この認識にも間違いはないのか?)

つまり、以前にまかれた融雪剤は
路面が乾燥してもそこに残り
次回の雪&水分とで
塩水として復活するのか?
ということです。

ご教示どうぞよろしくお願いいたします。

北海道在住の者ですが
積雪のあった一昨日の、早朝の5時ころ
幹線道路に融雪剤を
ガンガンまいている車両に遭遇しました。

噂には聞いてましたが
やっぱり大量にまいてるんですね。
昨今、気温が高いので雪はすぐ溶けるのに・・。

あの融雪剤についてお聞きしたいんですが・・・
朝にまいて、昼頃に雪が溶けて
ビチャビチャ状態になったとします。
(雨後のような感じ)

そのビチャビチャ状態の水に
もちろん融雪剤の成分は含まれていて
すなわちその液体は、塩水ですよね?
(この認識に間違...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。札幌在住の道産子です。
この時期でも雪が降ったり・凍結しそうなときは、こちらでも幹線道路には散布車が大量に散布していますよ。
多分、夕方や夜間に凍結の恐れがあれば降雪が少なくても3月下旬くらいまでは毎年散布車を見かけています。

降った雪が融けてビチャビチャになり、その後一旦乾燥しても、塩カリ成分が全て流れるということは無いと思います。
その証拠に、アスファルトの乾燥路面の路肩側が白く見えることがよくありますよね、あれは塩カリの残存分ですね。
次の降雪でもその残存分が、また溶け出すことにはなると思います。
ただし、これからの時期は気温が高い日には雪ではなく雨が降るようになりますよね、もし大量の雨が降れば残存分は路面から側溝や下水溝に流されてしまうのではないでしょうかね。
もう少しで3月、あと一月程度の辛抱ではないでしょうか。
私は毎年3月下旬から4月初めの、散布車が出動しなくなった頃に下回りの洗車をすることにしております。

Q東北の停電とほか地域の節電について

こんにちは.
いまPCをつけている中部電力の管轄内の者です.
東北で停電して大変なことになっていますが,
中部地方で節電したら向こうの電気供給に
プラスの影響は与えられるのでしょうか?
そうであれば,PC消すなど,今している以上の節電を
なんとかやろうと思うのですが…

Aベストアンサー

私も中部電力のエリアの者です。
私の住んでいる近所には周波数変換設備なるものがあり
電力会社間で電力のやり取りをしているという話を聞きます。
なので、影響は与えられるように思います。

ただし、福島第1・2発電所は東京電力なので
関東用の電力を作るための施設であり
東北の停電には直接の関係は無いような気がします
(その意味で枝野さんの説明は正しくないような気がします)。

Q車のボディーに付いた融雪剤の洗浄について

雪国に住む者です。
この時期道路に撒く融雪剤は安全走行する上でありがたい物ですが、車にとっては汚れが醜いばかりでなく錆びの原因となりいやな物で、チョットやそっとでは綺麗になりません。
ボディーに付着した融雪剤を安全かつ簡単に洗浄できる洗剤やクリーナーの様な物はないでしょうか。
メーカーの方そのような商品を知っている方お教え下さい。

Aベストアンサー

>実は塩カル等の所謂スケール状の物は酸で落ちると聞いた事が有るのですが

車に酸を掛けますか。塩カルの比では無く錆ますね。

塩カルが弱アルカリの反応を示すのは、水分と反応する前の状態です。水素イオンと反応して錯体を作りますから弱酸性を示すはずですので、金属が腐食するのです。

ですから車に付着した塩カルが酸で落とせるのは、カルシウム成分の分解には適していると思いますが、車のダメージは更に進行するでしょう。

Q現在の東北地方の復興状況が知りたいです

タイトルの通り現在の東北地方の復興状況が知りたいです。
検索をかけてもなかなか調べきれず、困っています。

実は学校の課題の中で東北地方を調べています。
東北地方の中心地は大分立て直していると思うのですが
そうではない地域や復興が行き届いてない地域も
あると思うので、その状況も知れたら嬉しいです。

また東北に旅行や観光に行く事は
東北地方の1つの復興支援にも繋がると思われますか?

お願いします。

Aベストアンサー

一言で言ってしまえば
「復興した、といえるのは、まだまだ先の話」
ということでしょうか。

もちろん、地域によって大きな隔たりがあるのは確かですが、鉄道網は未だに復旧していず、バスの代替輸送を行なっている状態です。
おそらくは海路にも大きなダメージが残っているはずです。
住宅については、津波で流されたり、振動で壊れたりして帰れない方々の「仮住居ぐらし」を、多くの方が強いられています。

大都市である仙台などは「一見」平穏ですが…しかし「都市」というものは「地方あればこそ」機能している場所と言えますから、その実は元通りでもなんでもないわけです。
目に見えづらい所でも、壊れているもの、機能回復していないところというのは多数あるはずです。
何よりも「人は財産」だったはず。
たくさんの方が亡くなられた、ということ、その重大さというものを見つめないといけないはずです。

>また東北に旅行や観光に行く事は
東北地方の1つの復興支援にも繋がると思われますか?

これについては様々な議論がありますが…私個人の考えとしては「賛成」です。
TVや新聞でいくら取り上げようとも、実際の恐ろしさ、悲惨さ、そして「人の強さ」というものは、行かなければ実感できないからです。
上辺だけの援助では、そのうちに関心が冷めてしまいます。
復興は大変な時間が必要になるので、人から人へと伝えるようにしなければ、尻すぼみになってしまいます。
そうならないためにも「観光」ではなく「教育」として、記憶に残さなければいけないでしょう。
一番大切な「支援」とは、少なくともこの国の人々が「記憶を忘れないこと」です。
資金援助は大事だけど、個人的なものではそれはやがて絶えていきます。
日本人は温かい温情もあるけど、同時に刹那的です。
だから、個人の温情に頼ってばかりではいけないわけです。

本気で復興支援したいなら、団体でたくさんの人間を動かしてこそ、なのです。
そうでないと、小さな力、小さな支援にしかなりません。
そして、自分で体感したことじゃないと、人間は本気になれない。
だから、あなたも一度、行かれたらどうかと思います。

一言で言ってしまえば
「復興した、といえるのは、まだまだ先の話」
ということでしょうか。

もちろん、地域によって大きな隔たりがあるのは確かですが、鉄道網は未だに復旧していず、バスの代替輸送を行なっている状態です。
おそらくは海路にも大きなダメージが残っているはずです。
住宅については、津波で流されたり、振動で壊れたりして帰れない方々の「仮住居ぐらし」を、多くの方が強いられています。

大都市である仙台などは「一見」平穏ですが…しかし「都市」というものは「地方あればこそ」機能してい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報