出産前後の痔にはご注意!

よろしくお願いします。
ネイティブVLANについて教えてください。
フレームは、ISL トランク上でも、dot1q 上でも
タグ付けされないのでしょうか。
また、非トランキングホストもフレームを解釈できるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

_| ̄|○



まさか、ISL はカプセリングなので、”タグ付けされない”と表現が間違い、と言うオチですか??

勉強し直してきます。。。

この回答への補足

私も、kuma-ku さんの答えが正しく、
同意で、

この問題の答えが、誤っていると 私は思っており、
出版社に申告しようと思ってます。

補足日時:2005/03/08 10:15
    • good
    • 0

>1、フレームは802.1Q トランク上ではタグ付けされない。


>2、フレームはISL トランク上ではタグ付けされない。

ネイティブVLAN で受信したフレームは、トランクポートから出力されるときには、タグはつかないので、正解

>3、非トランキングホストもフレームを解釈できる。

ネイティブVLAN からのフレームは、タグ付でない為、他の非トランキングホスト(スイッチなど)でも理解可能なので、正解

>4、トランキングポートごとにネイティブVLANを設定することができる。

できましたっけ?


間違っていたらどうしよう。。。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
ところが、この問題の回答は、2の
2、フレームはISL トランク上ではタグ付けされない。
が正解になっているんです。
いかがでしょう
変(おかしい)と思われませんか。

補足日時:2005/03/07 09:38
    • good
    • 0

>ところで、このページをうまく自分のPCに保存する方法、わかりますか?


宜しくお願いします。

こちらのソフトでできると思います。
ただ、Flash が動くかは。。。

参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/winnt/net/se328198. …

この回答への補足

これはある本に記載されている問題です。
ネイティブVLANについての説明として正しくないのはどれですか。
1、フレームは802.1Q トランク上ではタグ付けされない。
2、フレームはISL トランク上ではタグ付けされない。
3、非トランキングホストもフレームを解釈できる。
4、トランキングポートごとにネイティブVLANを設定することができる。

ご教授いただいた内容からだと、該当する答えは、ないように思いますがいかかでしょうか。

補足日時:2005/03/04 20:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おおおっつ。すこい!
FLASHもちゃんと動きました。
今、感動でうるうるしてます。
こんなすごいソフトを紹介いただき、有難うございました。

お礼日時:2005/03/04 13:35

Native VLANはIEEE802.1q特有の概念です。


dot1q trunk上でdot1q tagが付けられていないフレームが流れたきたときに、受信側スイッチがどのVLANであるか判断する方法として用意されています。逆方向のトラフィックもあるので、当然、送信側・受信側で一致している必要があります。
ISLではNative VLANというものは存在しません。
ISLでは必ずヘッダーが付くからです。

ということでdot1qに絞って話を進めると、
タグ付けするかどうかは送信側の問題になります。
例えばNative VLANが1のときであっても、送信側がVLAN 1のタグを付けて送信することは可能です。受信側はタグ付きのVLAN 1フレームを正常に処理できます。
送信側の機種によって、あるいは設定によって送信側の処理は変わってきます。

非トランキングデバイスは、タグ付きフレームは解釈できません。タグなしフレームは解釈できます。
非トランキングデバイスと、トランキングデバイスが接続された場合、トランキングデバイスがどのように処理するかは、その機種や設定に依存します。
あるスイッチでは、非トランキングデバイスが接続されたら、ポートの状態がトランクモードからアクセスモードに切り替わります。その場合はNative VLANはトランクモードの設定なので使われず、アクセスモードのVLAN指定が有効になります。
別のスイッチでは、トランクモード・アクセスモードというモード自体がなく、また、Native VLANに指定されたVLANのトラフィックは常にtag付けしないという仕様なので、Native VLANで非トランキングデバイスと接続可能です。

この回答への補足

これはある本に記載されている問題です。
ネイティブVLANについての説明として正しくないのはどれですか。
1、フレームは802.1Q トランク上ではタグ付けされない。
2、フレームはISL トランク上ではタグ付けされない。
3、非トランキングホストもフレームを解釈できる。
4、トランキングポートごとにネイティブVLANを設定することができる。

ご教授いただいた内容からだと、該当する答えは、ないように思いますがいかかでしょうか。

補足日時:2005/03/04 20:27
    • good
    • 1
この回答へのお礼

kuma-ku さんに紹介いただいたURL にて
ようやく理解できました。
dot1qの場合、タグ付けされない。が可能ということですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/04 15:50

こんばんは


>フレームは、ISL トランク上でも、dot1q 上でもタグ付けされないのでしょうか

正解です。

>非トランキングホストもフレームを解釈できるのでしょうか。

「非トランキングホスト」が「タギング設定を行っていないスイッチ」と言うことであれば、タギングされた通信は理解できないですが、ネイティブVLAN から送信されたフレームは、タギングフレームではない為、理解できます。

以下のページが非常に分かりやすいと思います。
一度ご覧ください。

参考URL:http://www5e.biglobe.ne.jp/~aji/30min/sw06.html

この回答への補足

いつもありがとうございます。
大変参考になりました。
ところで、このページをうまく自分のPCに保存する方法、わかりますか?
宜しくお願いします。

補足日時:2005/03/03 13:12
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメタル線とは何ですか?

メタル線という言葉を聞きました。
これって何ですか?
光ファイバーでは無いという事は色んなサイト
を見て何となく分かりました。
例えば、カテゴリー5のUTPケーブルはメタル
ですか?何がメタルなのですか?

この辺の基礎的な事を教えて頂けますで
しょうか。また参考になるサイトを紹介して
頂ければと存じます。
初歩的な事だと思うのですが、よろしくお願い
いたします。

Aベストアンサー

メタルというのは、まさに金属つまり、一般の電気配線と同じ銅線で電気信号を伝える方式です。これに対して、光ファイバーは、信号をいったんレーザ光にして、
その光をガラスや特殊なプラスチックでできた光ファイバーを使って信号を使える方法です。下記を参照ください。

参考URL:http://e-words.jp/w/E58589E38395E382A1E382A4E38390E383BC.html

QNative VLANの変更

CiscoのCatalystを使用しています。
Native VLANはデフォルトではVLAN1ですが、これを他のVLAN IDに
変更しているネットワークがありました。

Native VLANを変更するメジャーな理由はありますでしょうか。
SWの管理情報フレームのトラフィックが多くて、個別のVLANに分離すると
推測していますが、、

Aベストアンサー

こんにちは
結論から先に申し上げますと、「設定者に聞かないとナントモ」です。
機種やNW 構成によって、VLAN1 以外が作成・使用されるケースは、
いくらでも存在します。


ただ、プレーンな設定状態に近い状態で、
VLAN1 以外を作成・使用する場合に
考えられる事、注意すべき点を紹介します。


Cisco 製品を含め、多くの他ベンダーのスイッチ機器にしても、
Default では全てのPort がVLAN 1 に属しています。

このDefault の状態で運用する場合、全てのトラフィックは同じVLAN に所属するため、
同一NW にあることになります。

これでは、サービストラフィックや管理用のトラフィックも同じ扱いになってしまいます。

そのスイッチがリモートで監視するよう設定が施され、
CLI で接続するには難しい場所に設置されていた場合、
仮にブロードキャストストームが発生するとどうなるでしょうか?

ブロードキャストストームのフレームが
サービスネットワーク・管理用ネットワーク関係無く両者に広がってしまい、
管理者がリモートでそのスイッチだけでなく、
全てのスイッチにTelnet できなくなる危険性があります。

この為、Default で存在するVLAN1 以外のVLAN を用意し、
それを管理用かサービス用とする方法がとられます。

丁寧なNW 設計を心がけるとすれば、トラフィックの種類ごとにVLAN を分ける事が必要です。
特にアクセススイッチとなるL2SW ではVLAN を分け、
上位のディストリビューション(アグリゲーションスイッチ)やコアスイッチとなるL3SW などで
ルーティング、ACL、帯域制御などのトラフィックコントロールを行うことになります。

こんにちは
結論から先に申し上げますと、「設定者に聞かないとナントモ」です。
機種やNW 構成によって、VLAN1 以外が作成・使用されるケースは、
いくらでも存在します。


ただ、プレーンな設定状態に近い状態で、
VLAN1 以外を作成・使用する場合に
考えられる事、注意すべき点を紹介します。


Cisco 製品を含め、多くの他ベンダーのスイッチ機器にしても、
Default では全てのPort がVLAN 1 に属しています。

このDefault の状態で運用する場合、全てのトラフィックは同じVLAN に所属するた...続きを読む

QルータでLAN側WAN側を同じネットワークアドレスにするとエラー

はじめまして。初心者です。ルータの機能について教えてください。
機種はcisco 1721です。

ルータの設定で以下のように間違えて設定したところ、エラーになりました。

 LAN側:IP 172.17.1.1 サブネットマスク 255.255.0.0
 WAN側:IP 172.17.2.1 サブネットマスク 255.255.0.0

 エラー: % 172.17.0.0 overlaps with Ethernet0

 *エラーの原因はネットワークアドレスが重複したためです。

「ルータとは、異なるネットワークアドレスを結ぶもので、
 WAN側とLAN側は同じネットワークアドレスではいけない」
という基本的な理屈は理解しています。

ここから質問なんですが、
 1.ルータ側で設定を禁止しないといけないものなのでしょうか。
   実際に運用するかは別として、上記のように使用してもルータに問題は
   無いように思うのですが

 2.上記のように同じネットワークアドレスに設定する方法はあるのでしょうか。
   それとも絶対に許されない設定なのでしょうか。

ルータの設計思想のような質問です。
勉強不足で申し訳ございませんが、ご教授をお願いいたします。

はじめまして。初心者です。ルータの機能について教えてください。
機種はcisco 1721です。

ルータの設定で以下のように間違えて設定したところ、エラーになりました。

 LAN側:IP 172.17.1.1 サブネットマスク 255.255.0.0
 WAN側:IP 172.17.2.1 サブネットマスク 255.255.0.0

 エラー: % 172.17.0.0 overlaps with Ethernet0

 *エラーの原因はネットワークアドレスが重複したためです。

「ルータとは、異なるネットワークアドレスを結ぶもので、
 WAN側とLAN側は同じネットワ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは
>1
大多数のルータは、ネットワークのオーバーラップを避けるため、
警告メッセージを出します。


>2
基本的にはできても通信異常が起こりえるため、
設定できないのと同じ状況です。

--------------------
以下余談ですが、、、
仮にI/F1 で172.17.1.1/16 を設定した場合、
I/F1 が所属するNW アドレスは、172.17.0.0/16 になります。
この状態で、I/F2 に172.17.2.1/16 を付与できたとすると、
I/F2 の所属するNW アドレスも、172.17.0.0/16 になります。

そして以下のような構成を組んだ場合の通信を説明します。

[PC1:172.17.1.100/16]---[I/F1|ルータ|I/F2]---[PC2:172.17.2.100/16]

このとき、PC1 からPC2 宛ての通信を行うと、
以下のような通信フローが取られます。

1)PC1 からPC2 のMAC アドレスを取得するための
 ARP リクエストが送信されます。
2)I/F1 側にはPC2 がいないため、誰もARP の返答を返しません。

このときルータはI/F1 側のNW 内での通信のため、
I/F2 にルーティングしません。
そもそも、ARP はブロードキャストなので、
異なるNW に通信しません。


もし、以下のように適正に設定している場合は、
次のような通信フローがとられます。

[PC1:172.16.1.100/16]---[I/F1|ルータ|I/F2]---[PC2:172.17.2.100/16]

I/F1:172.16.1.1/16
I/F2:172.17.2.1/16

1)PC1 からPC2 宛ての通信は、ネットワークが異なるため、
 ルータのMAC アドレスを取得すべく、ARP リクエストが送信されます。
2)I/F1 でARP リクエストを受信したルータは、
 PC1 にARP リプライを送信し、MAC アドレスを知らせます。
3)PC1 は送信先のIP アドレスにはPC2 のIP ドレスを、
 送信先のMAC アドレスにはルータのMAC アドレスを入れ、
 ルータにデータを送信します。
4)ここで、ルータのARP テーブルにPC2 のIP と
 MAC アドレスが登録されていれば、
 そのままPC2 に送されます。
 登録されていない場合は、ルータがPC2 にARP リクエストを送信します。

こんにちは
>1
大多数のルータは、ネットワークのオーバーラップを避けるため、
警告メッセージを出します。


>2
基本的にはできても通信異常が起こりえるため、
設定できないのと同じ状況です。

--------------------
以下余談ですが、、、
仮にI/F1 で172.17.1.1/16 を設定した場合、
I/F1 が所属するNW アドレスは、172.17.0.0/16 になります。
この状態で、I/F2 に172.17.2.1/16 を付与できたとすると、
I/F2 の所属するNW アドレスも、172.17.0.0/16 になります。

そして以下のような...続きを読む

QNTPで同期が始まらない

こんにちは。
度々すみません、NTPの設定をしましたがどうも同期が始まりません。

「ntpdate 130.69.251.23」と手動同期は成功します。
しかしntpデーモンを起動し1時間以上放置しても同期されません。
※外部タイムサーバー参照としてます

ntp.confは下記のとおりです。
---------------------------------------------------
server 133.100.9.2 # clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
server 130.69.251.23
driftfile /var/lib/ntp/drift
---------------------------------------------------

でntpq -pの結果は下記となります。

remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
133.100.9.2 .INIT. 16 u - 64 0 0.000 0.000 4000.00
130.69.251.23 .GPS. 1 u 27 64 377 8.015 -99970. 17262.6

同期ができれば「remote」列に「*」が表示されると思っています。
何か設定が足りないでしょうか?。
尚、「/vat/log/message」をtailしてますが特にエラーは無さそうです。

よろしくお願いします。

こんにちは。
度々すみません、NTPの設定をしましたがどうも同期が始まりません。

「ntpdate 130.69.251.23」と手動同期は成功します。
しかしntpデーモンを起動し1時間以上放置しても同期されません。
※外部タイムサーバー参照としてます

ntp.confは下記のとおりです。
---------------------------------------------------
server 133.100.9.2 # clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
server 130.69.251.23
driftfile /var/lib/ntp/drift
---------------------------------------------------

でntp...続きを読む

Aベストアンサー

#4のqaaqです。

○ntp.conf 関連
server 行に "iburst" を付けておきましょう。
server ntp.nict.jp iburst <--こんな感じになります。

ntp サーバ起動時の時刻調整の収束時間が早くなります。
http://www.jp.freebsd.org/cgi/mroff.cgi?subdir=man&lc=1&cmd=&man=ntp.conf&dir=jpman-5.4.0%2Fman&sect=0

○ntpdate での時刻調整
ntpdate -b -u [サーバ名] を複数回実行して、"offset の値が0.1以下"になるまで、強制的に時刻調整して下さい。

○ハードウエアclockの修正
hwclock -w コマンドでハードウエアclockを合わせます。
http://www.linux.or.jp/JM/html/util-linux/man8/hwclock.8.html

○ntpdの動作
ntpによる時刻調整は、調整幅が通常128mSと小さいので、1時間は様子をましょう。
2時間程度経過しても、時刻修正の兆候が見られない場合ハードウェアの不良も考えられます。

時刻調整の兆候としては、
・logファイルに 一時間毎に調整したメッセージが書かれる。
Jan 7 21:57:40 ntpd[91145]: offset 0.000994 sec freq -190.802 ppm error 0.000076 poll 8
・ntpq -p の出力の最初の桁に"*,+"が付く。また、reach が377になる。
% ntpq -np
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
+192.168.0.102 GPS_NMEA(0) 2 u 3 32 377 0.926 -0.330 0.023
*192.168.0.192 GPS_NMEA(1) 2 u 10 32 377 0.747 -0.336 0.023
192.168.0.9 PPS(1) 2 u 3 32 377 0.757 6.559 0.161


○その他
・PC起動時には、システムクロックを計測してその後の動作の基準にしていますが、
CMOSバッテリ不足やハードウェアに何らかの異常があるととんでもない時刻を示すことがあります。(要修理です)
・BIOSの時計も起動時の初期時刻として使われてしまうので、ある程度合わせておいた方がいいです。

#4のqaaqです。

○ntp.conf 関連
server 行に "iburst" を付けておきましょう。
server ntp.nict.jp iburst <--こんな感じになります。

ntp サーバ起動時の時刻調整の収束時間が早くなります。
http://www.jp.freebsd.org/cgi/mroff.cgi?subdir=man&lc=1&cmd=&man=ntp.conf&dir=jpman-5.4.0%2Fman&sect=0

○ntpdate での時刻調整
ntpdate -b -u [サーバ名] を複数回実行して、"offset の値が0.1以下"になるまで、強制的に時刻調整して下さい。

○ハードウエアclockの修正
hwclock -w コマンドでハ...続きを読む

Q【CCNA】という資格は、就職に役立ちますか?

再就職の為に、Office系は(Excel,Powerpint,Access)を使いこなせるようにと思い、パソコン教室に行きました。
求人はIT関連企業が多いので、できれば最終的にはネットワークも理解できるようになりたいと希望を伝えたところ、【CCNA】の取得コースを進められました。
ブラインドタッチの受講やらなんやらで、全コース合計料金が、約60万近くになりました。果たして【CCNA】の資格は再就職に役立つのでしょうか?

Aベストアンサー

CCNAはネットワーク機器最大手のシスコ社が主催するネットワーク系資格では一番メジャーな資格です。

但し、事務系のオフィス系とは全く異なった資格です。
謂わば、ルーターやスイッチの設定を行ったりLANケーブル引いたり、サーバーの管理したり。

ネットワークエンジニアとして働くのであれば、最低必須資格として認識され、これが無いとはじまりません。無くても働ける会社もあるでしょうけど。

ネットワークエンジニアとしては登竜門的な資格な訳で、他に上位資格も存在します。一昔前までは非常に簡単な資格だったのですが、年々難易度が上がり、代わりにCCNAの下位の資格もできました。

個人的に、あまりお勧めできる資格ではありません。

理由としては以下

・3年で資格が失効し新たに更新取得しなければならない(新製品、新技術の発展がITは速いので致し方ないにしても費用対効果が非常に悪いですね)。

・シェアの大きな資格であるが故にシスコ社は受験料を大幅値上げしたり(今は3万円程です。国家試験じゃあるまいし・・・決して安いとは言えませんね。しかも3年で失効するし)。
謂わば殿様商売やりたい放題。と言った印象を受けます。

・他にもこの資格検定試験は委託されたスクール内PCで行うのですが、資格検定プログラムのバグが毎度毎度、どの試験にも非常に多くプログラムが物凄く粗末です。大袈裟ではなく大多数の受験者がバグを体験する始末(プログラムの操作性も視認性も非常に悪い)。
3万払って、こんなクオリティの試験なのかよと激怒する事間違い無しです。

・アメリカの資格が故に、試験内容の日本語訳が稀に変な箇所があり論外。



以上、私としてはネットワークエンジニアの資格は業界にとって必要だと思う半面、以上で述べた問題点によりCCNAの資格の存在儀意に疑問を感じます。国産の代替資格の普及が望まれます。

また、スクール受講料ですが、60万円は取り過ぎです。
CCNAは確かにシュミレーション問題といった実機の設定を擬似的に行う試験があり、その配点が非常に高い事もあり、独学での受験は難しいかと思いますが、60万円はあまりにも高過ぎです。

ネットの取得体験者や評判としては、シスコ社の下位資格で登竜門的な資格に間違いはありませんし、簡単な方だと言った意見が多数を占めますが、Office系、ブラインドタッチのような資格と比較した場合、断然に難しい資格(特に昔のCCNAとは違い)だと理解して下さい。

そのスクールは考え直した方が良いかと思います。

CCNAはネットワーク機器最大手のシスコ社が主催するネットワーク系資格では一番メジャーな資格です。

但し、事務系のオフィス系とは全く異なった資格です。
謂わば、ルーターやスイッチの設定を行ったりLANケーブル引いたり、サーバーの管理したり。

ネットワークエンジニアとして働くのであれば、最低必須資格として認識され、これが無いとはじまりません。無くても働ける会社もあるでしょうけど。

ネットワークエンジニアとしては登竜門的な資格な訳で、他に上位資格も存在します。一昔前までは非常に...続きを読む

Qアドレッシング スキーム?  URI?  URL? URN? など

Addressing Schemes(アドレッシング スキーム?)
URI? と URL? と URN?
と、とのかくその・・・
おもしろそうなんですが
なんだか一部しか良く分からない・・・
いや全くよく分かっていないので・・・

とりあえずその・・
ブラウザ の アドレス 欄 に入れて使える
http:やftp: ....(このくらいは以前から知っている)
あるいは view-source とか mailto: など

これらの コマンド(スキーム?) の一覧と
その使用方法が 日本語で ←これ重要!!
そう、日本語で説明してあるところなんかは
無いでしょうか?
英語でのページ http://www.w3.org/Addressing/schemes 
なんかは一応、見させていただいたのですが
もう一つ、よくわかりませんでしたので
ぜひ、ご存知の方 おいででしたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

↓ここはどうでしょう?

参考URL:http://www.alib.jp/html/uri.html

Qネットマスクとサブネットマスク区別して使っていますか?

pingのルータ越えと言うことで、okwebへ質問していまして、ふと気づいたのですが、私はネットマスクとサブネットマスクを全く区別しないで使っていました。

運用上は全く支障がないのですが、意識して使っている方もいらっしゃるかと思います。

そこで、どのようなケースでネットマスクとサブネットマスクを区別しているのか、知りたく思っています。
経験者の方宜しくお願い致します。

尚、Bクラスの場合を例に取ると、
172.17.1.1がアドレス(例)。
255.255.0.0がネットマスク。
255.255.192.0がサブネットマスク(例)と理解しています。(間違っていたらご指摘下さい。)

Aベストアンサー

言葉として、ネットマスクとサブネットマスクは全く区別していません。又、区別している人を見たこともありません。アドレスのクラスで決まるネットマスクをいうときは、ナチュラルマスクといいます。

でも、ネットとサブネットは区別することがあります。その場合、良く知っている相手で、文脈から理解して貰えるであろうとき(例えばRIPバージョン1絡みの問題)を除き、区別する旨を初めに断っておくことが多いです。ネットのことをメジャーネットと言うこともあります。

ネットとサブネットは区別する必要がある場合として以下が思いつきます。
(1)RIPバージョン1やIGRPやBGP3が絡んでいるとき。
(2)シスコルーターのauto-summary機能がトラブルの原因かもしれないと疑っているとき。
(3)得体の知れない古い機械を相手にしているとき。ちなみに、数年前、メジャーネットが異なる場合に限って性能が5%ぐらいダウンするというトラブルに遭ったことがあります。

Qスイッチングハブとハブ(バカハブ)の違い

ハブを購入しようとしましたら、店頭にはほとんどが「スイッチングハブ」という製品ばかりです。
そこで、ルータとPCを接続する場合、スイッチングハブとストレートLANケーブルを用意し接続しても問題ないのでしょうか?
スイッチングハブとハブの違いをいろいろな説明を読みまして、バカハブ(ダブハブ)というものが必要だと思っていたのですが...?

Aベストアンサー

HUB(ハブ)の説明をしますと、
一般的にHUBにはリピーターハブとスイッチングハブがあります。
リピーターハブはクライアントPCのリクエストに対してすべての端末にデータを流し、その回答をするのはかくPCが判断します。スイッチングハブはリクエストに対してハブ自体がどの端末あてにデータを流すのかを判断しその端末にしかデータは流しません。
言い換えると、リピーターハブは会社で言う館内放送のような物で、誰かを呼び出したいのに会社内全部に放送してしまう方法。スイッチングハブは内線電話のような方法で用事のある人の内線電話に直接電話を掛けて呼び出す方法です。
リピーターの場合データの行き先の制御を行う必要がないのでハブ自体を安く簡単に作れますが、全端末にデータを同時に流しますから、ネットワーク自体の負荷があがり大規模なネットワークでは通信が遅くなります。一方スイッチングハブはハブ自体が宛先を制御しますからハブ自体の構造が複雑になり高価になりますが、必要な端末にしかデータを流しませんので、ネットワークの負荷は軽減されます。
以前はスイッチングハブは数万円~数十万円もしましたが近頃は数千円で買えるぐらいまで落ちてきましたので、スイッチングハブしか売っていないのです。
わざわざ同じぐらいの値段で機能の劣る製品を買う人はいないですからね。
ただ、貴方が言うルーターとPCを接続するだけならスイッチングハブはいりませんが・・・
1台だけなら全くいりませんし、今時ならルーターにハブ機能が内蔵されていますから通常4台程度はルーターだけで良い接続できます。ただ、ADSLのレンタルモデムのルータータイプの場合LANポートが1つの場合がありますので、この場合はスイッチングハブが必要です。

HUB(ハブ)の説明をしますと、
一般的にHUBにはリピーターハブとスイッチングハブがあります。
リピーターハブはクライアントPCのリクエストに対してすべての端末にデータを流し、その回答をするのはかくPCが判断します。スイッチングハブはリクエストに対してハブ自体がどの端末あてにデータを流すのかを判断しその端末にしかデータは流しません。
言い換えると、リピーターハブは会社で言う館内放送のような物で、誰かを呼び出したいのに会社内全部に放送してしまう方法。スイッチングハブは内線...続きを読む

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

QARP は L2 と L3 どちらのプロトコル?

プロトコル「ARP」の位置づけについてお尋ねいたします。

ベンダー資格である、Cisco CCNA に対応した問題(集)がいくつかの Webサイトで提供されています。そのうちの1つで、「ARP は OSIモデルのどのレイヤーで動作するプロトコルか?」といった問題がありました。解答は「(正しいかどうかはともかくとして)データリンク層」でした。

ネットワーク関連の Webサイトや書籍を見ますと、ARP は L2 のプロトコルと位置づける場合と L3 のプロトコルに位置づける場合があり、著者により見解はまちまちです。私が見た限り、多くは L3 相当のプロトコルと定義しているようです。

個人的には、IP アドレスと MAC の橋渡しということで、L2.5 相当のプロトコルと勝手に解釈してますが、敢えてどちらか一方に属させよと問われたら...。

皆様のご見解をお聞かせ頂けますか。

Aベストアンサー

ARPはL3による通信のインフラ(?)を提供するわけなので、L2のプロトコルと解釈しますが、いかがでしょうか。

OSI参照モデルのそもそもの精神とはちょっと異なるかもしれませんが、個人的には物理層でつなぐからL2プロトコルで通信でき、ARPでIPとMACアドレスが対応するのでL3通信が可能になり、IPでつながっているからTCP/UDPの通信が可能になる、というふうに階層間の関係を理解しています。


人気Q&Aランキング