こんばんは。
学生のころにコバルト文庫の「炎の蜃気楼」を読んでいたのですが、途中で購入を止めてしまいました。
最近、大分前にそのシリーズが完結したときいたのですが、各キャラクターはどんな結末をむかえたのでしょうか。
九州編のおわったあとあたりまでしか読んでいませんのでそのあとを読む根性と時間がなく、しかしどうしても気になるのです…。

1夜叉衆たち
2信長と蘭丸
3高坂
4高耶さんの妹とゆずるくん

がそれぞれどうなったかを教えていただきたいです。
できれば、もし死んだならどのような状況で、だとか、こんな名台詞をいっていた、などもあると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

コバルト文庫」に関するQ&A: コバルト文庫

A 回答 (1件)

3日ほど前に読んだものです。


流し読みなのであまり自信はないのですが、参考程度に・・・。

九州編より後ですが、高耶は鬼八一族の怨念を直江と共に調伏しますが、怨念をその身体に受け人を見るだけで殺せる邪眼になってしまいます。

そのため直江を共に山にこもり誰にも会わない生活を始めますが、
自分の毒が直江を殺してしまう事を恐れた高耶は直江の元をさり、四国の山林に身を潜めます。

そんな中であった武藤潮と出会い、ほとんど無理やりのように赤鯨衆という、前世を問わない怨霊達の自立集団の仲間になることに・・・。

赤鯨衆は裂命星という強力な力を発する物を使い、今ある四国結界をひっくり帰そうとします。

高耶は今後怨霊達が力を増していくことを見越して、
肉体の奪い合いをなくそうと四国結界の裏「裏四国」を成します。

裏四国を成すことで「今空海」となった高耶はある日四国に流れ着いた熊野の那智の者と出会います。

那智の者とは、国家繁栄の為生贄として海に流されたヒルコがもし返って来た時、殺す役目を持つものです。

しかし、ヒルコ流しは禁止され、那智の者の役目も終わったはずでした。

しかし、ヒルコ流しは行われてしまいました。

流されたヒルコは、怨霊と感応しやすく、国家沈没を企む怨霊や神と感応し、
今ある神社の神を黄泉の国へ送り、入れ替わりを企みます。

最後のヒルコ「かおる」こそ、信長の「かんしょうした身体」でした。(「信長」=「かおる」=「斯波」)

信長は「強き者が身体を得る」世の中を世界中に広げようとします。
闇戦国を起こした張本人は信長だったのです。

これに対抗する夜叉衆達は他の武将達と、弥勒が目覚めた成田譲と共に信長と戦いました。

信長がアマテラスと取り変わろうとし、それを成した時、それを阻止しようと高耶は全身全霊をかけ、信長の野望を砕きました。

しかし、全力を出し切った高耶の身体は死に、魂核死目前になります。
身体を無くした高耶は直江の身体に入り、信長との最後の戦いになります。

戦いの末、信長は妹「市」の霊に抱かれ、消えてしまいます。
そして高耶も直江の体の中で思考能力すらなく、うっすら存在がある・・・・程度です。
きっと直江の中で魂核死したのでしょう。

その後、直江は浄化だけは拒み高耶を思い、魂核死を迎えるまでかんしょうし続けます。
千秋はこの戦いの後始末をし、今生を終えると浄化・・・するでしょう。
綾子は戦いで負った傷の回復をまって浄化すると言っていて、色部のおじさんは信長との戦いが終わり、役目を終えたと浄化します。

成田譲は高耶の身体が神木になった横に添うように岩になり、
妹、美也は母と共に兄を案じて・・・。

高坂は元々1200年前、目覚めた弥勒を殺した本人で、その時弥勒の見せた未来(信長が作る世界)を阻止するために「かんしょう」し続けていたので、浄化・・・・したんだったと思います。


・・・・・いろんな登場人物を省いているので、本当に簡単に・・・ですが、
長くなってしまいました。(^^;)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

大変丁寧におしえていただき、
ほんとうにありがとうございました。
映画のダイジェスト版をみるように場面が想像できました(感涙)

…直江の中で魂核死…
うーん、その場面は盛り上がったでしょうね…
想像しただけでちょっと泣けそうです

最後にもういちど重ねてお礼もうしあげます。

お礼日時:2005/03/11 22:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコバルト文庫

です。
高遠さやの「姫君と婚約者」という作品が現在13冊私の手元にあるのですが、・・・・これってもう完結してるんですか?
本屋でも見かけず、もしかして、作者さんの中では完結されてしまっているのでしょうか??

お暇でしたらご回答願います。

Aベストアンサー

 手元の目録を確認してきました。既刊はお持ちの物で全てのようです。また、ひとくくりで紹介されていますので、完結扱いのようです。

 もっと詳しい事情などが、お知りになりたければ、下記のサイトで質問されてみてはいかがですか?詳しい人たちの回答があるかもしれません。

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。

参考URL:http://www.sugurono.com/index.shtml

Q1990年に出版されたコバルト文庫全部、というよう

 ここ30年ぐらいの少年少女・青年向け文庫小説の動きみたいなものを調べたくていろいろな本の検索を調べているのですが、これというものがありません。

 1980年代頃から現代まで、一年ごとにしらべる方法を探しています。
 図書館の検索が比較的欲しい上方を抽出しやすいのですが、全部を網羅しているわけではないので、困っています。

 なにかしら良い方法はないでしょうか。
 何卒よろしくお願いします。

Aベストアンサー

コバルト文庫全点目録

http://alisato.web2.jp/book/cobalt/index.htm
はチェック済みですか?

Qコバルト文庫・ユメミと銀のバラ騎士団

昔、コバルト文庫で、ユメミと銀のバラ騎士団というものがでてましたよね。
確か、作者は、藤本ひとみさん?だったような。

そのシリーズの最後にでたのは、
天使のカンタレラ・・・でした(と、思う)
その後は、続きはでてないのでしょうか?

久々に思い出して、本屋へ探しにいきましたが
コバルト文庫自体が、なんか、昔と違う・・・ような。
で、いくら探しても、何軒本屋まわっても
見つかりませんでした。

どなたか、このシリーズはどうなったのか
ご存知でしたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

銀バラは「緋のチェイカー」が今のところ新しいものです。
(月光のピアス、星影のブレス、オンディーヌの聖衣、黄金のダガー、天使のカンタレラ、銀のメサイア、緋のチェイカー)
「緋のチェイカー」も、15年近く前に書かれたものですね。
(番外編などの短編もいくつかありますが)

とあるところで読んだのですが、藤本ひとみさんはもうコバルト系(いわゆる少女小説)はもう書かないということのようです。
当時、コバルトから出ていた本(マリナ、銀バラ、新花織など)はすべて未完なんですよね・・・・
読者としては、きちんと最後まで読みたいのですけれどね。

リンクは藤本ひとみの公式サイトです。

参考URL:http://www.fides.dti.ne.jp/~hitomimc/

Q積ん読している本の読む順番

書店に行っては読みたい本を買い、ブックオフに行ってはついつい買ってしまい、ネットサーフィンをしては本を買ってしまいます。
常に積ん読している本が10冊は下らない状況です。

本好きの方はついついこのような状況になってしまいがちだと思います。

積ん読している本をどの様な順番で読みますか?
・古い物から
・新しい物から
・読みたい物から
・手に取った物から
・永遠に積ん読
などが考えられますが、
どのような順番で読むのが積ん読を減らせるのか参考にしたいと思います。

もちろん積ん読がなくなってから新たに本を購入するのが一番なんですが(笑)

Aベストアンサー

積ん読はなくなりません。あるのに買ったり、図書館で借りたりしてしまいます。一度読んだ本を再読することも。読みかけで放置して違う本を読むことも。

そして、読む順番は読みたい物からです。

積んである本がなくなるが怖いので、多分このままこのパターンだと思います。

Q本を読んでも読んでもどんどん忘れていってしまいます。

本を読んでも読んでもどんどん忘れていってしまいます。
それでも読んだ本から得た知識や考えは私たちの成長につながっていますよね?
(願わくば、潜在意識下ではちゃんと全部覚えていますよね?)

Aベストアンサー

「忘れている」のではなく「思い出せない」だけですよ。
読んだ本を片っ端から覚えているほうが特殊です。読んでしまった本をまた読み返したら「あ、見たことある」と思われるのなら、問題ありません。

読んだ本の内容で印象に残る部分だけ覚えていたりすることはあるでしょうし、読んだ本の中で全く内容が思い出せない本もあるでしょう。
それは、今の自分に特に必要な箇所だけが印象に残るからちらほらと思い出せるのだと思います。
人は潜在的に、自分に必要、必要でない、例えば何かを目標にして努力しているとき、その情報にでくわすことが多いと思います。それは、脳が潜在的にその情報をキャッチするように活動しているからだということを本で読んだことがあります。

また、年齢によって記憶力に差が出てくるという問題もありますし、経験が浅いと(年齢が若いと)、経験していないことに関しての情報が記憶として定着しにくい面もあります。
例えば、語学を学ぶときや美しい詩を読むことなど、若い人より年老いた方のほうがより内容を理解しやすいです。記憶力は若い方がレベルが上ですが、年老いた方は経験による理解力ははるかに上です。
私も語学をやっていますが、若い時苦労した文法をやりなおして、目からウロコの経験がたくさんあり、経験って大切なんだなぁ…とつくづく感じました。
その前は、法律の勉強をしていて、10代の頃はまったくわからなくて記憶力だけに頼っていたものが、年をとって法律の勉強をすると感じることができる(理解をしやすくなる)ようになりました。そんなものです。
まぁ、幼稚園児に夫婦とは何かを説いても、経験していないからさっぱりわからない、聞いた言葉を連呼することはできるけれど内容が理解できていないというのと同じですね。

でも、将来的に「あ、こういうことだったんだ」と思いだし、いつでも引き出せる記憶として定着していくものです。
大丈夫、ちゃんとあなたの糧になっています。

「忘れている」のではなく「思い出せない」だけですよ。
読んだ本を片っ端から覚えているほうが特殊です。読んでしまった本をまた読み返したら「あ、見たことある」と思われるのなら、問題ありません。

読んだ本の内容で印象に残る部分だけ覚えていたりすることはあるでしょうし、読んだ本の中で全く内容が思い出せない本もあるでしょう。
それは、今の自分に特に必要な箇所だけが印象に残るからちらほらと思い出せるのだと思います。
人は潜在的に、自分に必要、必要でない、例えば何かを目標にして努力している...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報