私は・・・、

●神田昌典『60分間・企業ダントツ化プロジェクト 顧客感情をベースにした戦略構築法』が一番のおすすめです。これはもうバイブルですね。

●スティーブン・R. コヴィーの『7つの習慣』のファンも多いですね。私はあまり好きではないのですが…

こういう情報を募集しますっ!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 基本的に各ビジネス書誌は、ほとんど信用していませんが、ピーター・ドラッガーに関しては、読む価値があると思っています。



 彼の書なら何でもOK。

 自己啓発なら、斉藤孝。ただ最近はちょっと調子にのりすぎ。 
    • good
    • 0

こんばんわ。


 やはり私は
  ・段取り力 斎藤孝
  ・働く気持ちに火をつける ミッション・パッショ    ン・ハイテンション  斎藤孝
 あたりでしょうか。他にもいいのがあれば知りたいですね。森永卓郎、和田秀樹などの著書に興味あります。
  
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昆虫の自然治癒力

不思議に思うことがあります。

→昆虫は傷を負った時、治るんでしょうか?

獣医とかがあっても、昆虫を手当てしている場面を見たことがありません。
傷を治すことは可能なのでしょうか?寿命が短くて、治る前に命が尽きてしまうだけなのでしょうか?

疑問が浮かぶと頭から離れない性格なので、なるべく早い回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

 昆虫類は堅い外殻を持っていて、脱皮により成長します。脊椎動物では、皮膚は柔らかく、傷がついても修復(皮膚細胞の再生)が可能です。昆虫類の脱皮は普通は5回(6齢で成虫)ですから、途中で傷つけば、脱皮修復が可能です。成虫は無理です。血液は、銅を主成分としたヘモシアニンで酸素運搬能力を有しますが、血液凝固作用ははっきりしてきません。ので、
>昆虫は傷を負った時、治るんでしょうか?
 は、成虫では無理、幼虫では可能でしょう。

Qねるねるねるね

こんにちは。
皆様は、「ねるねるねるね」というお菓子を食べた事がありますでしょうか。
私自身は子供の頃結構好きだったのですが、
私の周囲ではあまり評判が良くありませんでした。
そこで皆様にお聞きしたいのですが、このお菓子はお好きですか、それともお嫌いですか。
御回答お待ちしております。m(__)m ペコ

Aベストアンサー

先日スーパーのお菓子売り場を物色してたら、
偶然ねるねるねるねが売られてるのを発見しました!
すごくなつかしい気分になりました。
私はあれが味も含め大好きだったのですが、
親が「こんなのはダメ!」と言ってなぜか買ってくれず、
祖母の家でこっそり食べた思い出があります。
子供ごころをくすぐるお菓子だと思いますね~。
魔女が「うまい!」っていうCMも強烈でした。
でも食品表示の原材料名を見ると、やはりというか
添加物のオンパレードだったので…
母の判断は正しかったかも(^^;

ちなみにメーカーのHPによると、
「ねるねるねるねを子供にすすめたくない人」は
アンケートで全体の57%だったとか…。
その理由の大半は「体に悪そうだから」だそうです。
(それに対するメーカー側のフォローもあります)

参考URL:http://www.kanebofoods.co.jp/nelnel/mama.html

Q昆虫はなぜ腹を見せて死んでいるの?

昆虫は、自力でひっくりかえることができない(本当?)というのに、なぜ死骸は
ほとんどひっくり返っているのでしょうか?
風ですか?または最期の力で何か頑張るのでしょうか?
それとも私が目にするただの偶然なのでしょうか?

Aベストアンサー

 
  すでに多くの方の回答が出ていますが、何か見逃しているような気がします。それは端的に言いますと、昆虫は身体が小さく、体重が非常に軽いということです。
 
  昆虫の場合、平べったいごきぶりなどは、脚がなければ、比較的に安定しているとも言えますが、脚があり、また、蝶などになると、複雑な大きな羽があるので、安定しません。しかし、身体が軽いのに較べると、昆虫の顎の噛み切りの力とか、脚の把握力などは、相当強いです(顎の強さは、きりぎりすに噛まれた経験があると、一生忘れないでしょう。文字通り、指先に穴が開きます)。
 
  昆虫は、この身体の軽さに比較して強力な力を持った脚で、樹木とか草とか、地面の小石とか、床の繊維とかにしがみつきながら行動しているのだとも言えます。何かにしがみついた昆虫を離そうとするのは、力がいります。それだけ強い力で脚先の鈎などで、しがみついているのです。
 
  ごきぶりが安定した姿勢で生前行動できるのも、その脚の強さでしょう。昆虫は、自分ではひっくり返れないというのは間違いで、ひっくり返る行動をする理由がないのでひっくり返らないので、天井などにしがみついているごきぶりを見ますと、自力で簡単にひっくり返ることが可能だと思います。ただ、ひっくり返ると、元に戻るのに、何か脚の鈎をかけられるものがないと、力の出しようがないので、元の姿勢に戻りにくく、それ故、あえて、ひっくり返るような、戻るのが困難な姿勢は避けているのでしょう。
 
  昆虫が自然死すると、すでに先の方が述べておられるように、脚を、縮めたような形にします。これは、脚の筋肉が、普段は開いている方向に意図的に力を入れているのが、死ぬと、力がなくなり、自然に、曲がった内向きの方向になるのでしょう。(脚を開いて、常に何かを掴んで、姿勢を維持しているのが昆虫ですから)。
 
  昆虫の脚の力が強く、これで色々なものにしがみついているというのは、実は、昆虫が軽いので、そうしていないと、風などで吹き飛ばされるからですし、ひっくり返ったりもしますし、何かしっかりしたものを掴まないと、自在な、高速な運動ができないためでしょう(ゴキブリなどが、大変速い速さで走るのは、床の繊維などを次々に掴んでいるのです)。
 
  こういう事実から、昆虫が死亡すると、脚が腹側で丸くなる。そうすると、腹側を真下にした姿勢というのは不安定で、必ず横に傾いた姿勢になる、と言えます。昆虫は軽いので、死んで、掴む力がなくなると、わずかな風や、何かの刺激で、ひっくり返った姿勢になる可能性が高いです。時間がたつと、乾燥して来て、ますます軽くなり、不安定な姿勢を維持するか、仰向けになって安定した姿勢になるかというと、確率的に、仰向けになって安定した姿勢の方が数が多いと言えます。
 
  こういう理由で、仰向けの昆虫の死体がよく目につくのだとも言えます。ただ、野外だと、死ぬ時に、地面の繊維などに、脚先をからめて死ぬと、十分に強く地面などに固定されるので、仰向けでない死体が、屋内などの場合と較べてより多い可能性があります。屋内だと、ごきぶりが典型的に、生きているあいだは、床の繊維のわずかな突起を掴んでいたのが、死んで、こういう細かいことができなくなると、脚先は床に引っかかることができず、結果的に、何かの拍子で仰向けになってしまい、そのままということが多いのだと思います。
 

 
  すでに多くの方の回答が出ていますが、何か見逃しているような気がします。それは端的に言いますと、昆虫は身体が小さく、体重が非常に軽いということです。
 
  昆虫の場合、平べったいごきぶりなどは、脚がなければ、比較的に安定しているとも言えますが、脚があり、また、蝶などになると、複雑な大きな羽があるので、安定しません。しかし、身体が軽いのに較べると、昆虫の顎の噛み切りの力とか、脚の把握力などは、相当強いです(顎の強さは、きりぎりすに噛まれた経験があると、一生忘れないで...続きを読む

Qねるねるねるね

ねるねるねるね

昔、「ねるねるねるね」というお菓子がありましたが(今でもあるのかな?)

あれって、美味しかったですか???

Aベストアンサー

印象的なCMでつい何度か買いましたねぇ。

あれって練ってるのは楽しいんですが、美味しいとは思えませんでした。
多分完食できたこともないはず。
でもまた欲しくなって、親に「この前も食べれなかったでしょ」等と怒られたもんです。

Q素晴らしい特技のある昆虫、または動物を教えて下さい!

 人間から見れば驚異的な力、特技を持つ昆虫や動物を教えて下さい。
例えば、「ホタル 光る」なんてものです。

Aベストアンサー

ベニクラゲ

なんと不老不死!まあ、若返るんだから不老ってことはないですね。

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~moozoo41/

Qこんにちは。質問です。神、が付いた曲を教えてくださいね。例、神田川。よろしくお願いします。

こんにちは。質問です。神、が付いた曲を教えてくださいね。例、神田川。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

中森明菜「1/2の神話」(*^_^*)

Q【昆虫の進化】昆虫が人間の口の高さで飛行するように進化した理由を教えてください。 人間の口に昆虫が入

【昆虫の進化】昆虫が人間の口の高さで飛行するように進化した理由を教えてください。

人間の口に昆虫が入って昆虫にどんなメリットがあるのでしょう?

Aベストアンサー

昆虫には人間の口という障害は
遺伝子に組み込まれていないだけの話でしょう

メリットだけの進化というのはありません

QWikimediaプロジェクトと関連プロジェクトの知名度

1. 以下のWikimediaプロジェクトと関連プロジェクトをいくつ
 知っていますか?

各言語版のあるWikiプロジェクト
・Wikipedia(WP)
 http://www.wikipedia.org/
・Wiktionary(Wikt)
 http://www.wiktionary.org/
・Wikibooks(WB)
 http://www.wikibooks.org/
・Wikinews(WN)
 http://www.wikinews.org/
・Wikiquote(WQ)
 http://www.wikiquote.org/
・Wikisource(WS)
 http://wikisource.org/
・Wikiversity(WV)
 http://www.wikiversity.org/

言語毎に別れていないWikiプロジェクト
・Wikimedia Meta-Wiki(Meta)
 http://meta.wikimedia.org/
・Wikimedia Commons(Commons)
 http://commons.wikimedia.org/
・Wikimedia Incubator(Incubator)
 http://incubator.wikimedia.org/
・Wikispecies(species)
 http://species.wikimedia.org/
・Wikimedia Foundation(Wikimedia)
 http://wikimediafoundation.org/
・MediaWiki(mw)
 http://www.mediawiki.org/

その他。
(実際にはもっとたくさんありますが数が多いので省略します)

2. 上記、各プロジェクトに参加していますか?または参加したいと
 思いますか?

3. その他、自由にコメントをお願いします。

1. 以下のWikimediaプロジェクトと関連プロジェクトをいくつ
 知っていますか?

各言語版のあるWikiプロジェクト
・Wikipedia(WP)
 http://www.wikipedia.org/
・Wiktionary(Wikt)
 http://www.wiktionary.org/
・Wikibooks(WB)
 http://www.wikibooks.org/
・Wikinews(WN)
 http://www.wikinews.org/
・Wikiquote(WQ)
 http://www.wikiquote.org/
・Wikisource(WS)
 http://wikisource.org/
・Wikiversity(WV)
 http://www.wikiversity.org/

言語毎に別れていないWikiプロジェクト
...続きを読む

Aベストアンサー

1.
1つです。
2.
参加していないと思います。参加したいと思いません。
※これらのプロジェクトが提供しているものを用いて、検索などする事を参加とは認めないとして。

Q昆虫食の件について聞きたいことがあります。

それで、身近な昆虫(バッタやセミ、コオロギなど)が減少、絶滅しないか心配しています。

「昆虫はおいしい、昆虫食は世界を救う」というツイートやブログをよく見かけます。
それで、将来的に昆虫がいなくなるのか、昆虫食が流行らないか心配しています。

どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

一部の人だけだと思いますよ

食卓に昆虫料理が並んでも 食欲湧かないし・・流行らないでしょうね・・

Qお年玉をあげるのは、いい習慣? それとも悪い習慣?

もうすぐお年玉です!
私はもうとっくにもらえる年代ではありませんが、子供にとっては年に一度の臨時収入で、これをアテにして欲しいものを買う子供もいるでしょう。
貯金する堅実な子供もいるかも知れません。
一方、親にとってはなかなか大変な出費ですね。
自分の子供のみならず、親戚の子供にもあげないわけにはいけません。

さてそこでいろいろ考えて、お正月にお年玉をあげるのは、いい習慣だと思いますか? 
それとも、悪い習慣だと思いますか?

Aベストアンサー

いい習慣だと思いますが、渡す側になるとある程度の歯止めがあったらいいなあと思います。
結婚してから、嫁さん側の親戚に、会ったこともない相手側の従兄弟の子ども達(総勢30人くらい)にもあげることになりました。嫁さんの従兄弟達も年頃になって結婚してその子ども達も増え、年々お年玉をあげる金額もふくらむ一方です。(4~5万円位の出費ですよ)
私の考えだけど、特に親しい関係にあるお互いの両親(既に年金生活者)と、甥っ子や姪っ子(自分たちの兄弟の)に手厚くしてあげたいのですが…。
従兄弟関係は、親の世代で止めてほしいなあと思っています。
ちょっと愚痴になりました…。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報