はじめまして。初めてここで質問させてもらいます。
質問は2つあります。

1.初歩的な事?で申し訳ないんですが、ネックがディープジョイントだと
  サスティーン?が良いとかよく言われてるんですが、
  サスティーンとはどういった物(感じ)なのでしょうか?
  なぜディープジョイントの方がいいのかもできれば教えてください。
  よくわかりません。宜しくお願いします。
  現在所有しているギターは1本で、1989オービルバイギブソンLPCです

2.この度、一生を共にしていくレスポールを買おうと思っていて、
  色々と調べていますが、ギブソンのヒストリックモデルレスポールで
  57、68とかあるんですが、違いがよくわかりません。
  57と68では、具体的にどんなところが違うのでしょうか??
  58.59は価格が手に届かないんですが、
  57.68とかならなんとかなりそうなんです。
  詳しい方がいたら、回答おねがいします。

A 回答 (2件)

 一応弦楽器デザイナですので、とりあえず専門家とさせて頂きました。



1-1.サスティン
 サスティンとは、音の伸びですが、物理的には加振された弦が減衰して停止するまでの長さを言います。
 サスティンがよい、とゆぅ事は弦振動が持続する時間が長いとゆぅ事です。

1-2.ディープジョイント
 糊付けネックのうち、ネック側のボディに入り込む部分(=ヒールブロック)を墓石(?)の様に大きく取り、対するボディ側の穴を、墓穴(??)の様にザックリえぐってネックを接着する方法です。
 接着面積が大きく取れるので接着強度・剛性がかなり高くなり、この部分での振動減衰が小さくなるのでサスティンも長くなるワケです。
 この方式はレスポールならスタンダードやカスタムで採用されており、同じレスポール一族でもスペシャルやジュニアはここまでヒールが巨大ではありません。
 ネックジョイント以外全く同じギターなら、サスティンはディープジョイントの勝ちですが、条件によっては必ずしもそぅとは言えません。
 サスティンはネック剛性やボディの質量、ブリッジやテールピースの剛性と質量などへの依存度が高く、単純に「ディープジョイントだからサスティンいっぱい」とも言い切れません。
 レスポールの場合、まずあの極端に短いネック(=ボディからあまり突き出していないネック→短い分だけ高剛性)の寄与度が大変高いと思われます。
 リペアマンによっては、「例えばスルーネックで24フレット・ダブルカッタウェイのギターよりも、レスポールの方がサスティンが長い」と断言される方もいらっしゃいます。

2.レスポールの57と68の違いは・・・・ここで挙げられているヒストリックモデルとは、最近の復刻モノ?或いはオリジナルでしょうか? 
 オリジナルなら、ヘッドアングル、ネック幅やヘック厚、ボディトップのアーチ形状など木工が既にかなり違うのではないでしょうか・・・・更にペグ、マイク、ブリッジ/テールピースなどハードウェアもほとんど違い、そぅなりますと勿論音もかなり違い、どちらかとゆぅと「似て非なるモノ」と言ったところだと思いますが、如何でしょう?
 復刻モノなら、現物を見たことがないのでどこまで復刻されているのか判りませんが、ただ、最近のギブソン社の復刻モノのデキから想像しますと、オリジナルにかなり忠実だと考えられます。そぅしますと、57と68の違いは上記致しました様な事になっていると思いますが・・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい説明をありがとうございました。
サスティーンは、色々な要素から成立している事が理解できました。
ヒスコレ57と68は、復刻モデルの購入を検討しています。
見た目が同じような感じなので、どう違うんだろうか?と思ってましたが
似ているけど全く違う物とは知りませんでした。
御回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/15 12:48

サスティーンとは音の伸びのことです。

同じようにピッキングしても、「ペン」としか鳴らないギターより「ぺ~ン」と鳴るギターの方が一般的には良いとされています。(もちろん用途によって違いますが)
そのサスティーンを決めるひとつの要因がネックとボディーの接合方法です。極端に言ってレスポールなどのセットネック(ネックとボディーが一体になっているものはサスティーンが良いです。もちろんディープジョイントだとサスティーンはぐっと良くなります。逆にストラトのようなデタッチャブル・ネック(ネックとボディーがネジ止めになっていて、取り外せるもの)はサスティーンがあまり効かないと言えるでしょう。
ですがサスティーンをキープするのはあくまでも演奏者のテクニックに関わってくるので、ハンドビブラートやチョーキングビブラートなどをうまく弾きこなせればそれだけサスティーンも良くなるということです。
2.はマニアの方に聞いてみて下さい。ただしいくらビンテージ物でも自分の手にしっくり来ないものはただの飾り物になってしまうので注意して下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

解りやすく丁寧な回答ありがとうございます。
雑誌や本を見ても詳しく記載されいないので、疑問に思っていました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/09/14 11:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTOKAI楽器のレスポールスペシャルと、Gibsonのレスポールジュニアスペシャル

新しく楽器を購入しようと思うのですが候補を二つに絞りました
東海楽器のレスポールスペシャルと、Gibsonのレスポールジュニアスペシャルです
この二つの楽器をお持ちの方、もしくは弾き比べたことのある方、音がどのように違うか教えていただければ幸いです

Aベストアンサー

P-90のピックアップのついたギターが欲しくて、以前引き比べたことがあります。
正直なところ、音はそれほど違いません。セッテイングや弾き方でいくらでも変わるからです。
しかし一番大事なところですが、ネックの太さが違います。
そしてギターとしての出来からいえばトーカイの方が丁寧に作ってあります。
実際に楽器店で弾き比べをされることを強くお勧めします。

Q島村楽器に15万ほどでレスポールピースというギターが売られていますが、このモデルは他のレスポールと比

島村楽器に15万ほどでレスポールピースというギターが売られていますが、このモデルは他のレスポールと比べて弾きやすいですか?

Aベストアンサー

60年代に流行ったピースマークを施し、斬新な色合いで売り出された物と認識しています。特に演奏面で変わった所はありません。限定品であるので、50年位持っていたら値が上がるかも。

Q1956年ヒストリックレスポールについて

P90付きのヒスコレ購入を考えていますが、実際にその音の参考になるようなCDをご存知の方はみえませんでしょうか。オリジナルでもかまいません。
また、使用している方がいればセールスポイントや、やられている音楽のジャンル等を教えていただけませんか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

マウンテンというバンドのレスリーウエスト
が弾いていた様な気がするんです。
フィルムで見た記憶が。
小生は90年代に再生産されたレスポールスペシャル
を所持しています。
ネックが薄くて弾きやすいです。
軽いのも魅力。P90は結構パワーあります。
唯一の難点はペグ。
2万円くらいかけて取り替えました。

オフコースの人が弾いているのをDVDで見ました。
松尾一彦?
メインの鈴木康博氏は今でも使っているのかな?

勘違い回答だったらごめんなさい!

参考URL:http://godlee.hp.infoseek.co.jp/lpjrtop.htm

QMacにサスティーンペダル

MIDIキーボード(KORG microKEY 37鍵)でLogic Pro/GarageBandを使っています。
サスティーンペダルを接続したいのですが、
色々検索して商品の説明を見る限りでは、音楽用のペダルでUSB接続のものが見つかりません。
Macにサスティーンペダルを接続して使うにはどうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的にサステインペダルはUSBでMacと繋ぐものではありません。

お持ちのキーボードにサステインペダル用のポートが無ければ、、、、キーボードを新しく買うという手が一番手っ取り早いですね。
海外には一応あるみたいですが、$149くらいしました。

usb sustain pedal とタイプして画像検索すると出てきます。

そういうものがあってもいいのかと思いますが、これってオンオフのスイッチのみなので、USBポートがもったいない・・・という考え方を持つ方がほとんどだと思います。

参考URL:http://dtm.logicproschool.jp

Qギターのサスティーンを向上させたい。

CharvelのModel Bを使っています。
ピックアップはダンカンのハムバッカーが2つ、ブリッジはフロイドローズです。
サスティーンの伸びが悪いです。ビブラートをかけても音が消えてしまいます。
調整するのはピックアップを上げる位しか知識が無くて、他にも方法がありますか?
どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

う~ん・・・やはりピックアップのような気がするのですが・・・

昔、ピックアップをビルローレンスに変えて出力が下がった上にサスティーンが伸びなくなった(でも音がクリアになった)って友人がいました。逆もあるかと。

フロイトローズですが、構造的に弦振動をある程度フローティング状態のトレモロユニットに食われるのは仕方ないですね。

うちにもその手のギターが2本ありまして・・・
もちろんレスポールなんかに比べたらサスティーンはぜんぜん足りないですが、もともとレスポールのサスティーンが気色悪いほどあり過ぎなのでフロイトローズだからといって特に不自由を感じることも少ないと思うのですが・・・

クリケットやらないならこんな補助ツールを付けることで気持ち変わりますよ。
http://www.guitarworks.jp/item.php?lg=1024
もともとそういう目的のものではないのですが、トレモロユニットを半固定にして完全にフロートさせない分、ボディに伝わる振動の増加が若干ですが期待できます。(気に入らなければはずすのも簡単。価格も3000円とお手頃。試す価値ありと思います。)

私はフェルナンデスのサスティナーとロック式トレモロがついたギターにこいつをとりつけています。(あくまでもチューニングを安定させるためですが。)

ちなみにフェルナンデスのサスティナーユニットですが、これはエフェクター的に音を伸ばすのではなく、リアピックアップで拾った弦振動を電気信号に変えて出力するのと同時にフロントピックアップに送り、フロントでは通常の挙動の逆、つまり電気信号をコイルにもどし、磁界を揺らすことで弦を振動させ続けるというものです。半永久的反則的なサスティーンを得られます。しかも弦が振動して鳴っているので不自然さがありません。(いや・・ずっと鳴り続けるだけで十分不自然か・・)
http://www.fernandes.co.jp/products/sustainer.html

でも通常、極端なサスティーン不足を感じることは少ないので、こいつをONにすることはほとんどないですね。(サンタナやれ!って言われたら使いますけど・・・)

まあこれは最終手段ですね。9Vの電池を格納するスペースが必要です。詳しくはショップにご相談を。

う~ん・・・やはりピックアップのような気がするのですが・・・

昔、ピックアップをビルローレンスに変えて出力が下がった上にサスティーンが伸びなくなった(でも音がクリアになった)って友人がいました。逆もあるかと。

フロイトローズですが、構造的に弦振動をある程度フローティング状態のトレモロユニットに食われるのは仕方ないですね。

うちにもその手のギターが2本ありまして・・・
もちろんレスポールなんかに比べたらサスティーンはぜんぜん足りないですが、もともとレスポールのサスティ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報