『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

競馬初心者です。わからない事を質問します。

(1)ハンデ戦のハンデはどのように決めるの?
(2)ハンデのおもりはどこにつけるの?
(3)ハロンとメートルの使い分けは?統一したほうがわかりやすく思えるのですが、なぜ両方使うの?
(4)ゲートに入る順番は決まりはあるのですか?
(5)ディープインパクトは今度いつ走るのですか?
(6)日曜日のフジテレビの競馬中継に若槻千夏さんが出演していなかったのはなぜ?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

2から5までは今まで答えてくださった方たちの言う通りですが、1のハンデの決め方について詳しくお答えします。

ここではJRAの競馬についての説明なので地方競馬(各地方自治体主催の競馬)は除きます。
ハンデはJRAの職員であるハンデキャッパーというその担当職の方々が会議で決めます。
それぞれの馬を担当する調教師は距離やレース間隔、相手関係などから馬主や騎手の意見も参考にしてどのレースを使うかを決め、出走意思のあるレースに登録を行います。レースの種類の中で、だいたい土日で全競馬場合わせて5レース前後ぐらいのハンデ戦が行われ、他はそれぞれの規定で自動的に斤量は決まっています。ハンデ戦に対してはハンデキャッパーがまず登録メンバーの中で一番強い馬のハンデを決め、そこから力関係(距離の向き不向き、それまでのレースの斤量やタイム、勝ち馬との着差、調子の上下、成長や衰えなどさまざまな角度を総合して判断する)を類推してハンデをつけていきます。
騎手の体重の関係上、下限は48キロとほぼ決まっていてこれ未満ということはありません。ですから、逆算して上の馬たちの斤量を増やしたり、全体的にレベルが高かったり低かったりすれば全部の馬に1キロ足すとか引くとかということもあります。
90年代後半以降は60キロを越えるハンデをつけられるようだと負担の大きさから来る故障を恐れて出走をやめる(回避といいます)ことが多いようです。
また、大昔は上下の力の差が大きく、62キロとかでもトップハンデの馬がぶっちぎりの圧勝をしたりしましたが、最近は出走すら見られませんし、ハンデのつけ方もだいぶ差が小さくなってきました。それだけメンバーのレベルが底上げされたりした証拠でしょう。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 3

(2)


ハンデに限らず、負担重量の調整は騎手の身体(勝負服の内側)や鞍におもりをつけることで行います。

(3)
1ハロンは1マイルの1/8の長さを表しますが、
1マイルは実は正確に1600mではなく(約1609m)、したがって
1ハロンも本当は正確に200mではなく、約201.17mです。

英国や米国の競馬では正式にマイルとハロンを距離の単位として使っていますが、
この場合は上記のように換算されます。
従って、たとえば英国ダービーは1マイル4ハロンのレースですが、
これは正確に2400mではなく、約2415m。

日本では1600mのことを「1マイル」と呼ぶのと同様、
習慣的に200mのことを「1ハロン」と呼んでいます。

>(4)ゲートに入る順番は決まりはあるのですか?

ルールとしての決まりはないはずです。
日本では習慣的に奇数枠の馬→偶数枠の馬→いちばん外の枠の馬とされていますが、
ゲート入りをてこずらせることが予想される馬を先に入れたり、
ゲートで落ち着けないことが予想される馬を最後に入れたり、ということもあります。

基本的にはスターターの判断でしょう。
    • good
    • 0

(1)登録している馬の力関係等も考慮されるので、同じ馬でもレースによって斤量が異なるケースもあります。


(4)8頭立ての場合は馬番8
9頭立ての場合は馬番9
17頭立ての場合は馬番17
18頭立ての場合は馬番18
というふうに出走馬が何頭の場合でも基本的に大外の馬が一番最後に入ります。
    • good
    • 0

(1)ハンディキャッパーが過去のレースぶりなどを見て決めます。


(2)騎手の体や、馬の鞍につけます。
(3)慣習です。
(4)まず内枠から奇数番の馬が入り、続いて偶数番の馬は入るのが原則です。
(5)5月29日の日本ダービーに出走予定です。
(6)わかりません
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q競馬のハンデレースって何?

競馬にて、ハンデレースがあると思うのですが、
ハンデレースと書いてなくても、騎手によって体重が違うので、
結局背負う体重が違うのではないかと思うのですが、
それはハンデレースとはいわないのですか???

たとえば、明日の7Rでは、

「サラ系4歳以上 4歳以上500万円以下 (混合)[指定] 定量」

とありながらも、騎手は、

牡4/鹿
56.0kg
三浦 皇成

牡5/鹿
57.0kg
江田 照男

で、体重が統一されているわけではないですよね?

ハンデ戦と普通のレースの違いを教えてください。

Aベストアンサー

この場合のハンデ、というのは、負担重量のことですね。
競馬の負担重量は、「定量」「別定」「ハンデ」という3種類があります。

定量というのは、馬の年齢、性別によって機械的に背負う重量が決まるレースのことです。
例えば、4歳の牡馬であれば、どの馬でも同じ重量。牝馬であれば……というような形で決まります。

別定というのは、その通り、各レースごとに重量の測定方法が決まっているレースです。
これは、いくつかパターンがあるのですが、G1レースを勝っていると+2キロ、G2を勝っていると+1キロのような、過去の勝ったレースの格によるものと、収得賞金が1000万円増える毎に+1キロ、のような形の賞金額によって決まる、というようなパターンに分かれます。

で、この「定量」「別定」戦というのは、予め、どのくらいの斤量を背負うのかわかる、という特徴があります。
「定量」であれば、年齢、性別で決まっているので明らかですし、「別定」にしても、上のような形で機械的に決まるので最初から「このレースに出すと57キロ」「こっちだと58キロ」みたいなものはわかります。

一方、「ハンデ戦」というのは、出走馬が全て互角になるよう、ハンデキャッパーという係の人が斤量を調整するレースです。
例えば、G1レースを何勝もしているようなAという馬が出走するとします。
もし、他のメンバーが、やはりG1勝ち馬とかが多いなら、それなりに拮抗したメンバーなので、ハンデも他の馬と比べて突出して重くなることはないでしょう。
一方、他のメンバーがG1はおろか、重賞すら勝っていないような馬しかいないと、そのAという馬は圧倒的に強いと考えられます。そうすると、Aは他の馬と比べ、重い重量を背負うことになります。
そういう風にして、互角になるようにしているわけです。ですから、他の馬との関係になるため、どのくらいの斤量になるのかわからない、ということが言えます。


ちなみに、負担重量というのは、騎手の体重、鞍の重さ込み、です。
例えば、56キロの負担重量の場合、
騎手の体重が50キロなら、騎手は鞍と重しを6キロつけてレースに挑みます。
騎手の体重が49キロなら、騎手は鞍と重しが7キロになるようにします。

馬としては、負担重量が増えると大変です。
でも、騎手にとっては、負担重量が少ない方が減量などが大変となります。
負担重量が49キロとかだと、体重と鞍を併せて49キロにしないといけないわけですから。

この場合のハンデ、というのは、負担重量のことですね。
競馬の負担重量は、「定量」「別定」「ハンデ」という3種類があります。

定量というのは、馬の年齢、性別によって機械的に背負う重量が決まるレースのことです。
例えば、4歳の牡馬であれば、どの馬でも同じ重量。牝馬であれば……というような形で決まります。

別定というのは、その通り、各レースごとに重量の測定方法が決まっているレースです。
これは、いくつかパターンがあるのですが、G1レースを勝っていると+2キロ、G2を勝っていると+1キ...続きを読む

Q降級馬について

質問です 
1 そもそも降級馬とはなんですか システムを教えてください
2 なぜ降級馬がひつようなんですか
3 降級馬って上のクラスから下がるわけだから 勝つ可能性は高いんですか
すいませんおねがいします

Aベストアンサー

先に降級馬は、一度そのクラス(以上)を勝ったことがあるため
(もしくは重賞競走で2着になったため)
年齢的な衰えや故障がないとして、次も勝つ可能性は高いです
(競馬のクラスは勝ったら次にあがります)

降級が必要な理由は
1 ギャンブルとして成立するためには同じような実力の馬で
  レースを  組む必要があるため、たまに上位のクラスで
  負けている馬と下位のクラスで勝ちきれない馬に混ぜたほうが
  競馬番組の魅力が上がるため
2 馬主・調教師の立場として、上位クラスにあがって入賞できなく
  賞金が入ってこないと経営上成り立たないので、
  救済措置としてあります。

Q競馬のボックスって?

先日初めて競馬を見に行ったら馬券で「ボックス」っていう買い方がありましたが、意味が判らないので買えませんでした。どんな馬を当てるのでしょうか?詳しい方教えて下さい。 また、馬連や枠連に対してどのようなメリット、デメリットがあるのですか?

Aベストアンサー

馬連で説明します。
買いたい馬が3,4,8,9番だとします。
でどれも甲乙つけがたいの全ての組み合わせを買いたい。
そんなとき「ボックス」の登場です。
3,4,8,9の4つをマークするだけで
3-4,3-8,3-9,4-8,4-9,8-9
と計6通り一気に買えます。
メリットはマークする手間が省けること。
デメリットは金額が均一でしか買えないこと。
あと頭数が増えると点数も増えるので(5頭ボックスだと10点)窓口で
あわてないようあらかじめ購入金額を確かめた方がいいでしょう。
ちなみに今週はじまる3連複、連単でもボックスはあります。

Q斥量とは?

競馬初心者なんですが斥量というのが何の事かわからないので教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

負担重量のことです。
競馬では出走各馬に負担重量を課してレースを行い、負担重量はレースによって定められています。
出馬表の騎乗騎手に「57」や「55」等が書いてあるのが各馬が背負う負担重量です。

負担重量によるレースの分け方は以下のようになります。

<定量戦>
性別や年齢で定められた重量でのレース
<賞金別定戦>
性別や年齢等で決められた重量に、獲得賞金で細分化された重量を加算した重量でのレース。
<ハンデ戦>
出走各馬の実績等を考慮して、ハンデキャッパーが負担重量を決めるレースのことです。

例えば、ディープインパクトが出走した凱旋門賞は、4歳以上牡馬は59.5kg、3歳牡馬は56kg、牝馬はそれぞれ1.5kgのマイナスと定められた「定量戦」です。
3歳と4歳以上で3.5kgの差があるので、3歳馬に有利とされています。

負担重量に含まれるのは、騎手の体重・騎手が身につける馬具(鞍・プロテクター・勝負服など)です。
定められた重量に足りない場合は、鉛などの重りを装着して調整を行います。
オーバーしてしまう場合は騎乗できませんので、騎手は体重を調整しています。ハンデ戦の場合は実績が劣るほど負担重量が軽くなるので、騎手は過酷な体重調整を強いられます。

レース前とレース後に1kg以上の誤差が生じると、失格とされます。

負担重量のことです。
競馬では出走各馬に負担重量を課してレースを行い、負担重量はレースによって定められています。
出馬表の騎乗騎手に「57」や「55」等が書いてあるのが各馬が背負う負担重量です。

負担重量によるレースの分け方は以下のようになります。

<定量戦>
性別や年齢で定められた重量でのレース
<賞金別定戦>
性別や年齢等で決められた重量に、獲得賞金で細分化された重量を加算した重量でのレース。
<ハンデ戦>
出走各馬の実績等を考慮して、ハンデキャッパーが負担重量を...続きを読む

Q3連単で1.2頭軸マルチとは??

題名の通りなのですが、BOX買い、フォーメーション買いなどいろいろあると思いますが、1.2頭軸マルチというのはフォーメーション買いとどのように違うのでしょうか?

3連単BOX買いは不要に点数が増えてしまいちょっと勇気がいるので、もっと効率の良い買い方が軸マルチなのかなぁと思いました。

1.2頭軸マルチとはどのような意味の買い方なのでしょうか?

またフォーメーションのメリットデメリット、軸マルチのメリットデメリットを教えてください。

回答いただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

フォーメーションは
1着 A、B、C
2着 D、E、F
3着 G、H、I

と買えばそれぞれの着順に買ってある馬がくれば当たりです。
まずマルチという言葉の意味ですがこれは順序が違う馬券も買うかどうかのときに使います。
馬単、3連単のみです。
馬単でA→Bと買ったときにマルチにマークをするとA→B,B→Aの2点買いになります。
3連単も同じです。

フォーメーションのいい点は頭や2着が固いだろうと思う馬が3着になる3連単を買わずにすむことです。またきても3着だろうという馬が1,2着になる馬券を買わずにすむこともあります。
マルチは逆で仮にきたときに取りこぼしがないですね。その分点数は多くなりますが。
3連単1,2頭軸でマルチにマークすると同じ馬券を3連複で買ったときの6倍の点数になると思ってください。

個人的にはフォーメーションです。

Qハンデ戦について教えてください

ハンデ戦について教えてください
1そもそもハンデ戦のハンデ基準はなんですか 僕は強い馬=ハンデがきついと思っててつまり斤量が重い馬を買ったら良いと思うんですが
2 予想のポイントを教えてください

Aベストアンサー

まず基礎から
ハンデはハンデキャッパーという人が斤量を決めます。
(その他レイティングやWSJSの出走馬のランク付けなどもしています)
トップハンデ馬を最初に決めてその他の斤量をその馬をものさしにして決めます。
上限はないのですが、斤量の幅は、実質、48~63kgです。
(1)について
斤量が重いということはそれだけ強いと言えるのですが、何せ重い物をしょっているのですから、能力の均衡化がなされることになります。
統計的に(科学的実証がなされている保障もなく定説として言われていることは)
1kgにつき0.2秒つまり1馬身の差が出るとのことです。
また、ハンデ差は長距離ではさほど影響はないのですが、短距離など、レース展開が6、8Fの競馬になるとより影響するといわれています。
(2)について
基本的には馬の実力(その他個人の予想スタイル)と斤量の兼ね合いでしょう、
まぁ、ハンデ戦特有の馬券法があるのも事実ですが、
簡単に言うと、
前走鉄砲で叩いて今走ハンデ、前走レースに出て惨敗したケース、
こういうのをハンデ貰いと言います、
前走惨敗でハンデを軽くしようとする方法です。
他には自厩舎の馬を複数頭同じハンデ戦に登録(1頭ははハンデ戦に出るような馬ではないほど強い)
基礎のところでも言いましたが、ハンデ戦は先にハンデの頭を決めます、
この頭をその強い馬に取ってもらって、その他の馬の斤量を軽くするという方法、これもハンデもらいと言います。
これらの作戦を取ってきた馬は厩舎の勝負度合いが高く(つまり調子がよいことが多い)、
好走する例が多々あります。
参考までに

まず基礎から
ハンデはハンデキャッパーという人が斤量を決めます。
(その他レイティングやWSJSの出走馬のランク付けなどもしています)
トップハンデ馬を最初に決めてその他の斤量をその馬をものさしにして決めます。
上限はないのですが、斤量の幅は、実質、48~63kgです。
(1)について
斤量が重いということはそれだけ強いと言えるのですが、何せ重い物をしょっているのですから、能力の均衡化がなされることになります。
統計的に(科学的実証がなされている保障もなく定説として言われていることは)
1k...続きを読む

Q競馬の秒差って、何馬身差になるのでしょうか?

競馬新聞等で、1位の馬との秒差が表示されていますが、これを、何馬身差という表現にするとしたら、コンマ何秒が一馬身になるのでしょうか?皆さんの物差しのような物教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

一般的には、
『0.2秒=1馬身』と言われています。
    

Q競馬における連対率と複勝率

 最近、競馬を見るようになったんですが、連対率と複勝率ってナンですか?
 ちょろっと調べた結果
 連対率=2位まで 
 複勝率=3位まで
 に入った確率だと思うんですが合ってますか?

Aベストアンサー

ほぼ、それで正解です。

連対というのは、2着までに入ることを指します。
連、つまり、馬番連勝、枠番連勝の馬券に絡む率、ということです。

複勝率は、複勝馬券に絡む率を言います。
基本的には3着以内、ですが、競馬の場合、出走馬が8頭以下のときは、2着以内、ということになります。

Q競馬の調教データが無料で見れるとことありませんか?

最近競馬の調教を参考に馬券を購入したいと考えているのですが、競馬新聞を毎日買うのは高いのもあり、気が進みません。どこかサイトで調教データやタイムをきちんと見せてくれるところは無いでしょうか?
(無料が一番のぞましいのですが、有料でも内容がしっかりしていればかまいません)
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

全馬載っているというわけではありませんが、各コースの上位20位まで載っています。

http://www.nifty.com/keibafan/fan/kurih.htm

Q馬券のオススメな買い方

競馬初心者です。
僕は5頭ボックスのワイド全10通りを各100円で1000円にして
馬券を買っています。
大勝負をしたこともありません。
友達からはそんなちまちました買い方は男らしくないと
馬連をすすめられています。

ひとまず負けてはいないので、楽しく遊んでいるといった感じです。

そこで、人それぞれ買い方があると思いますが、
みなさんの勝負方法を教えて欲しいのです。
買い方の分かっていないヤツに最低限知っておけ!という
程度でも構いません。

どうぞ、先輩方のお言葉をお待ちしております。

Aベストアンサー

競馬歴まもなく20年の者です。
私の場合は、馬連2、3点勝負です。
しかし、実際には1着からしんがりまで全着順を予想します。
そして、自分が予想した1着の馬から2、3着の馬へ流し、
ひょっとしたら1着と予想した馬は消えるかもしれないなあ。
というときには、2、3着と予想した馬の馬連も買っています。
さらに肝心なのは、自信が無い時には絶対に買わない。
ということでしょう。
そういった買い方をするものですから、競馬場に1日いて、
1回も馬券を買わないなんてこともよくあります。

まあ、馬が好きで馬を見るために競馬場に行っているので、
儲けようという発想が無いので出来る事だと思います。
ですから、ウインズなどでは決して買いません。
競馬場へ行って、パドックを見て買っています。

以上が私の馬券の買い方ですが、かなり変わっていると思います。
まあ、あまり人にお勧めできるものではありません。

その代わりといっては何ですが、私のお勧めの買い方を一つ。
1レースから複勝1点勝負。
勝ったら、それを全額次のレースの複勝へまたつぎ込む。
負けたら、1レースに賭けた額と同じだけ賭ける。
それの繰り返しです。
同じことを単勝でも出来ますが、リスクを考えると複勝が良いでしょう。
額の上限を決めておけば、少ない額で1日遊べますし、
上手くいけば、大儲けです。

でも、1番肝心な事は必ず小遣いの範囲内でやる事です。
借金をしてまで、ギャンブルはやるものではありません。
競馬に限らずギャンブルの楽しみ方は人それぞれで良いと思いますが、
自分1人で責任が取れる範囲で楽しみましょう。

競馬歴まもなく20年の者です。
私の場合は、馬連2、3点勝負です。
しかし、実際には1着からしんがりまで全着順を予想します。
そして、自分が予想した1着の馬から2、3着の馬へ流し、
ひょっとしたら1着と予想した馬は消えるかもしれないなあ。
というときには、2、3着と予想した馬の馬連も買っています。
さらに肝心なのは、自信が無い時には絶対に買わない。
ということでしょう。
そういった買い方をするものですから、競馬場に1日いて、
1回も馬券を買わないなんてこともよくあります。
...続きを読む


人気Q&Aランキング