『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

馬は、賢い動物だそうです。
レース中の競争馬は、「ケツ叩かれるからただ走る」のではなく、
「オレは今勝負している」「アイツには負けたくない!」というような
「勝負」という概念を理解しているのでしょうか?

「そんなこと馬に聞いてくれ」なんておっしゃらず、予測でも
構いませんので、ご意見願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

こんばんは。


面白い質問ですね。

「今、自分は勝負してる」事を理解してますか?
これの理解はないと思います。

ただ、
1頭でも前の馬を抜こうとか、先頭に立とう とかの意識はあると思います。
(それが捕食者に追われているケースだけでなく)これは野生の馬でも。

競走馬は調教されていますから下記の認識はあるでしょう。
・ムチを使われたら → 一生懸命走らなけらばいけない。
・なだめられたら → あわてて走ってはいけない。
それと経験上下記の認識はあるでしょう。
・最後のコーナーを廻ったら、一生懸命走って、あと少しで終わるのだから。
・で、なんとなくあの辺がゴールかな、ぐらいは。

ただ、勝負については
犬の調教のように良く出来たらすごく褒めてあげるように、
一番先頭でレースが終わった時やはり同じようにべた褒めして上げれば、
習慣づいて勝負と言う認識はなくても
1頭でも前の馬を抜こうとか、できれば一番先頭にとか。(そうすればあとでほめてもらえる)
と馬も考えるのだと思います

馬と人間の歴史は長いですから(競馬は最近のこと)、当初家畜から次に戦争の時の道具に。
このあたりから人間は速い馬を目標に育ててきていると思います。
ですからものすごく闘争本能の強い馬の遺伝子が受け継がれ、
勝負を意識している馬がもしかしているのかも知れません。

-----以上
    • good
    • 5
この回答へのお礼

馬の事がとても勉強になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/03/21 20:09

馬は賢いです。


周りの人たちの顔色を伺って、ある程度は分かっているのだと思います。
そうあって欲しいという想像なんですけどね。
計算が出来る動物の話を思い出しました。
犬には臭いで目印を、馬は世話係の目線と周囲のどよめきだったと記憶しています。

今週もがんばりましょう!
    • good
    • 0

勝負とか勝負根性って言う感覚は無いでしょう?


下の方の意見にもあるように、群れで暮らす草食動物の悲しい性、
少しでも前に行かないとオレがライオンに食われる!というような恐怖感で走っているのじゃないかと。

まぁ、中には賢い馬もいて、自分で走るペースを考えてる、なんていう名馬もいましたけど。

全速で走ることは馬も嫌いだと思います。危険ですから。
のんびり草食って、砂場でゴロゴロしたりしてるほうが幸せですよね。
    • good
    • 1

こんばんは。



No.5のyurisukeyoさまも書かれているディープインパクトや、シンボリルドルフの逸話がWikipediaに載っていて、前から馬って面白いなーと思ってました。(リンクの”競走馬の性質・癖”の項目です。)

きっと、何回か勝っていると、頑張れば後でいいことがあるとわかってくるんじゃないかなと思います。
あと、いつも一緒に走っていたら馬同士も顔見知りになって、「今度は負けない!」と闘争心も沸くのかもしれません。

シンボリルドルフはカメラもなんとなくわかっていたそうなので(これもWikipediaに載ってました)、今日はカメラ多いなー、GIかな?とか思ってたんですかね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B6%E8%B5%B0% …
    • good
    • 3

すべての馬が分かっているとは思いませんが、菊花賞で最近話題になった三冠馬ディープインパクトが、一周目のゴールラインのある直線コースで(菊花賞は2周します)騎乗の武騎手の鞭を待たず、ゴールが近いと勘違いしてラストスパートをかけようとして、騎手があわてて馬をなだめたシーンがありました。


 またレース前のパドックで、レース前になると、普段以上に汗をかく馬もいます。
 馬自体が今日のレースは賞金が高いからぜひ勝ちたい、とは思わないでしょうが。北海道の引退した競走馬がのんびりと過ごしている牧場で、子供たちと遊んでいた時、子供が走る姿を見て数頭の馬が突然走ってきたことがあります。本能なのか、訓練によるものなのか分かりませんが、動くものの前に出ようとする意思を感じて、これがよく聞く馬の勝負根性というものなのかと思ったことがあります。
    • good
    • 1

理解していると認識されていると思いますよ


以下は 憶測ですが
馬=草食動物で 
特徴 逃げ足の速さ 但し捕食者に対して特段の反撃(攻撃)方法を持たない 故に 最後尾に成ると危険で その逆も有りですよね
性格は臆病で カラスにさえ反応した事例も有り 常時 見えない恐怖に曝されて居ると言われています
その為 群れで暮らす生き物で有る以上 群れのリーダー(先頭を走る)
事を目指す者だと思いますよ
ゴールと言う安全地帯を目指して
    • good
    • 1

併せるとその馬よりも前に行こうとする馬はいます。

ただ馬にはゴールが分かりませんので勝ったか、負けたかは分からないでしょうし、勝ち負けの概念もないでしょう。
    • good
    • 0

先日のスポーツニッポンの競馬欄のコラムに書いてましたね。


外国人騎手の日本語の会話能力についてでしたが、
デムーロだったか?が「この馬は競馬を知っている。」と日本語で言ったとか。
つまり多くはケツを叩かれて走っているが、競争であることを認識して走っている馬がいることを騎手は感じているようですね。
    • good
    • 0

サラブレッドは走るために生まれてきた馬です。

競馬場に入ると競争後のおいしいニンジンを食べるために気合を入れて走ります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q競馬の馬は「これは競走なんだ!」と知って走っているの?

競馬には全く無知なものです。
テレビで競馬を見るといつも思うのですが、競馬の馬は、競走のとき、「これは競走なんだ!」とわかっていて走っているのでしょうか?
人間だったら、お金のためとか、名誉のために一生懸命になるでしょうが、馬にそれほどの動機があるとも思えませんし。
馬にも人間と同じような競争心があるのでしょうか?
ものすごく初歩的な質問ですみません。

Aベストアンサー

こんばんは。
競馬が好きでよく見に行くのですが、本当にどれだけのことを理解して走ってるのかな?って、確かに思いますね。
聞いた話だと、レースに負けると悔しさからか大暴れする馬もいるそうで。
洗い場で、ガンガン壁を蹴っ飛ばしたりするんですって。
悔し泣きしたことがあるのはナリタブライアンでしたっけ?
オグリキャップはあまりの悔しさに、レース後しばらく一歩も動けなかったというし。
調教や普段の生活でも、自分の前に他の馬がいることが許せない、という性格の馬はよくいるようです。

以前、世田谷の馬事公苑で流鏑馬を見学したのですが、そこではポニー、クォーターホース、サラブレッドが使われていました。
流鏑馬はご存知の通り、走っている馬の上から的を射るわけですが、当然スピードが出ていると射にくいんです。
でも、サラブレッドはそんなことお構いなしにガンガン飛ばしていました。
解説の方も「サラブレッドは走るのが大好きなので・・・」と説明されていました。
サラブレッドは競争することを目的として作られた動物です。
酷な言い方をすれば、「競争出来ないサラブレッドには価値が無い」ということになります(私的には賛成しかねるんですけどね)。
本能として「競争すること」が刷り込まれている動物がサラブレッドなのではないでしょうか?

こんばんは。
競馬が好きでよく見に行くのですが、本当にどれだけのことを理解して走ってるのかな?って、確かに思いますね。
聞いた話だと、レースに負けると悔しさからか大暴れする馬もいるそうで。
洗い場で、ガンガン壁を蹴っ飛ばしたりするんですって。
悔し泣きしたことがあるのはナリタブライアンでしたっけ?
オグリキャップはあまりの悔しさに、レース後しばらく一歩も動けなかったというし。
調教や普段の生活でも、自分の前に他の馬がいることが許せない、という性格の馬はよくいるようです。

...続きを読む

Q競走馬の気持ちは?

競馬で走っている馬たちは騎手に命令されているから
走っているのでしょうか?それともサラブレットたちは
実際に他の馬と勝負をすることを楽しんでいるのでしょうか?
馬がレースをどのような気持ちで挑んでいるのか教えていただけるとうれしいです。
それに関するホームページや書籍も紹介していただけるとさらに助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

競走馬は、産まれた時は、人間を乗せて走る、ということはしませんし、嫌がります。それを牧場で人間に慣れるように訓練され、鞍を着けることを訓練され、人間を乗せるように訓練され、そして、人間の指示通りに走るように訓練されます。
その意味では、少なくとも競馬場で走る馬は、人間に命令されているから走っている、ということになると思います。
それが馬にとって嫌なことなのか、楽しいことなのか…などは、わかりませんし、馬の性格などにもよると思うのですが…。

藤沢和雄調教師の著書『競走馬私論』など、面白いかも知れません。
藤沢師の調教などについて書いた本なのですが、「いかに気持ちよく競走馬が走れるように工夫しているか」というようなことが書かれています。

Q馬はムチでうたれるとすごく痛いですか?

競馬は本当に無知でど素人です。
馬をムチで叩いて早く走らせてますが、馬はそのムチがすごく痛いのでしょうか?
そのムチで叩かれてるところがとても痛々しいので質問させて頂きました。
今回、ディープも6回ムチで打たれていましたが。

Aベストアンサー

Micky17さん、こんにちは。
ムチはある程度は痛いと思いますよ。
それと「ムチを叩けば馬が早く走る」というのは少し違うみたいです。
武豊騎手が言ってましたが、ムチを打ったから伸びる(早く走る)馬は半分もいないみたいですよ、もちろん反応して伸びる馬はいますが。
あくまでムチは”まっすぐ走らせるための道具”、”ゴーサインの合図”という意識らしいです。手綱を押したときにゴーサインだと理解できる馬にはムチは不要ということでしょう。
ただ斜行(馬がななめに走っていくこと)を矯正するためにムチは必要です。

武豊騎手についてはムチを打つ回数は少ないジョッキーだとおもいます。勝てないと思ったらムチは打たないですし、最近のレースでも「直線でムチを1発入れたら馬が硬くなったから打つのを止めて、見せムチにした」と言ってましたし。イギリスのことに関して言えば騎乗停止になるのはわかってて、あえて打ったものですし。機会があれば、ゴール前を見てると分りやすいですよ、接戦のときでも打たないときありますから。無駄にムチを打つ騎手もいますけど…。これから競馬をもっと見ていけば、その違いがわかるようになると思いますよ。

Micky17さん、こんにちは。
ムチはある程度は痛いと思いますよ。
それと「ムチを叩けば馬が早く走る」というのは少し違うみたいです。
武豊騎手が言ってましたが、ムチを打ったから伸びる(早く走る)馬は半分もいないみたいですよ、もちろん反応して伸びる馬はいますが。
あくまでムチは”まっすぐ走らせるための道具”、”ゴーサインの合図”という意識らしいです。手綱を押したときにゴーサインだと理解できる馬にはムチは不要ということでしょう。
ただ斜行(馬がななめに走っていくこと)を矯正するためにム...続きを読む

Q馬の感情、自己認識

競馬に全く興味はありませんが、
さっきテレビでG1見てて、、、そこで質問です。
馬は頭がいいと言われます。
ならば、競馬の馬はどこまで
自分やらされていることを把握しているのでしょうか?
いやいややってるのでしょうか?
(たまに出走前にダダこねてる馬いますよね?)

また、この馬には負けたくないとか、出走前に
相手をちゃんと認識していると思いますか?
たとえば、「おまえだよ(馬です)、この前のレースで
お前にまけたからな、きょうは勝つぞ」とか。
動物には、今しか認識できないと言われてるようだから、
それはないかなと思ったりします。
そりゃ走り出したら、本能として一番前に出たいとは思いますが。

G1とかに勝ったりして、大勢の人間の前に引っ張り出されて
うざいな~と思っているのか、やっぱり、どうだ一番速く走ったぞ、
とか自己認識および満足出来ているのでしょうか?

もし、出走を敢然と拒否したり、練習(するんですよね?)を
あくまでも拒否したら、最悪の場合殺されたりするんでしょうか?

知識が無くてすみません。

競馬に全く興味はありませんが、
さっきテレビでG1見てて、、、そこで質問です。
馬は頭がいいと言われます。
ならば、競馬の馬はどこまで
自分やらされていることを把握しているのでしょうか?
いやいややってるのでしょうか?
(たまに出走前にダダこねてる馬いますよね?)

また、この馬には負けたくないとか、出走前に
相手をちゃんと認識していると思いますか?
たとえば、「おまえだよ(馬です)、この前のレースで
お前にまけたからな、きょうは勝つぞ」とか。
動物には、今しか認識できない...続きを読む

Aベストアンサー

>馬は頭がいいと言われます。

「頭がいい」といっても、哺乳類の中では標準くらいだと思います。
競馬騎手へのアンケートで「犬と馬、どちらが賢いと思う?」という質問があったところ、
武豊をはじめ、ほとんどの騎手が「犬」と答えていました。

>ならば、競馬の馬はどこまで
>自分やらされていることを把握しているのでしょうか?

どこまでかはわからないですが、
やはり褒められればうれしいのは犬と同じじゃないかと思いますから、
「こうすれば褒めてもらえる」「こうしないと叱られる」
ことは訓練の中で覚えていっているでしょう。

>また、この馬には負けたくないとか、出走前に
>相手をちゃんと認識していると思いますか?

それは可能性としては少ないでしょうね。
パドックで牡馬の前を牝馬が歩いていたりすると
「あ、女の子や」と思う馬はいるようですけどね(笑)
(そしてそれはばっちり外見に表れる)

>動物には、今しか認識できないと言われてるようだから、
>それはないかなと思ったりします。

犬で人間の3歳児程度の知能と言われていて、上記の騎手の感覚からすれば、
それより知能は低いでしょうから、まぁそうでしょうね。

ただ、習慣化したことは不思議に覚えているってことはあるかもしれません。

NO.1さんも紹介しているミホノブルボンは8戦目の菊花賞で初めて敗戦を喫しましたが、
小島貞騎手が検量所に戻ろうとしたところ、ウィナーズサークルのほうに自分で体を向けて
「いつもあっちに行くのに、なぜ今日は行かないの?」って態度だったとか。

引退式のために東京競馬場に降り立ったトウカイテイオーは、
競馬場に馬運車から降りた途端に「おーし、やったるでー」といわんばかりに
鼻息を荒くしていたそうです。

>G1とかに勝ったりして、大勢の人間の前に引っ張り出されて
>うざいな~と思っているのか、やっぱり、どうだ一番速く走ったぞ、
>とか自己認識および満足出来ているのでしょうか?

これは馬によりけりです。生き物ですからやはり個性がありますね。

かつて日本ダービーでハイセイコーを破ったタケホープは
「やったぜ!」といわんばかりに何度も雄たけびを上げていました。

一方、平成3年の有馬記念を全くの低人気で勝ったダイユウサクは
熊沢重文騎手がウイニングランをやろうとしているのに、大歓声におじけづいて
騎手に逆らって帰ろうとしていました。

>もし、出走を敢然と拒否したり、練習(するんですよね?)を
>あくまでも拒否したら、最悪の場合殺されたりするんでしょうか?

そういうことがあれば、たぶん。
(競走馬は競馬場で走ってナンボですから)

でも、実際はあまりないと思いますよ。
やはり競走馬は走ることを目標に徹底的に品種改良されているので、
基本的に走ることを嫌がりはしないものです。

>馬は頭がいいと言われます。

「頭がいい」といっても、哺乳類の中では標準くらいだと思います。
競馬騎手へのアンケートで「犬と馬、どちらが賢いと思う?」という質問があったところ、
武豊をはじめ、ほとんどの騎手が「犬」と答えていました。

>ならば、競馬の馬はどこまで
>自分やらされていることを把握しているのでしょうか?

どこまでかはわからないですが、
やはり褒められればうれしいのは犬と同じじゃないかと思いますから、
「こうすれば褒めてもらえる」「こうしないと叱られる」
...続きを読む

Q馬は距離がわかるのでしょうか?

明日のジャパンカップは2400メートルで行われますが、
リーチザクラウンなどは前走(菊花賞)より距離が600メートルも短くなりますね。
またウォッカなどは天皇賞より400メートル(もちろんマイルCSよりも800メートルも)も長くなります。

人間でしたら100メートル競走と1500メートル走と学校での10キロのマラソン大会でしたら、
それぞれペース配分して違った走り方をしますよね。

競走馬は、その距離の配分を調教過程(水曜日追いきりや
木曜日追いきり等)の中で覚えていくのですか?

それともまさかと思いますが、騎手や調教助手が馬の耳元で
今度は6ハロンだとか、2000メートルだぞとか繰り返して話しかけたら、
馬はその音感などで理解することもあるのでしょうか?
(よく馬の耳に念仏といいますが。)

厩舎関係者がよくこの馬は賢いからと話していますが(例えばディープインパクトなどは)、馬自身もレースの距離を理解しているこっとてあるのでしょうか?

2400メートルと1600メートルではあまりにもレース運びが違ってくるので
いつも疑問に思います。
騎手の手綱さばきやステッキによってエンジンがかかるというだけの話ではないような気がします。

これも恥ずかしい質問だと思いますが、よろしくお願いします。

明日のジャパンカップは2400メートルで行われますが、
リーチザクラウンなどは前走(菊花賞)より距離が600メートルも短くなりますね。
またウォッカなどは天皇賞より400メートル(もちろんマイルCSよりも800メートルも)も長くなります。

人間でしたら100メートル競走と1500メートル走と学校での10キロのマラソン大会でしたら、
それぞれペース配分して違った走り方をしますよね。

競走馬は、その距離の配分を調教過程(水曜日追いきりや
木曜日追いきり等)の中で覚えていく...続きを読む

Aベストアンサー

ゴール板の位置は分かるようです。
ダートで大活躍したブルーコンコルドなんかは、8歳にさしかかったあたりから、
坂路調教でゴール板が近づいてくると、自分からスピードを落とすようになって
助手さんがその点を嘆いているコメントを読んだことがあります。

距離まではさすがに分からないと思いますが・・・
ペースといっても騎手の指示で走るしかないでしょうからね・・・

>馬自身もレースの距離を理解しているこっとてあるのでしょうか

2500m以上のレースだと、スタートしてかなり走ってから
一回目のゴール板を通過することになりますが、まだゴールじゃないよって
認識させるのは、結構大変みたいです。
ディープのときでも菊花賞のときは調教、レースと相当苦労してました。

ディープはレースが近づくと、それを察知して自分から飼い葉を
食べる量を調整したりしていたと聞きますが・・・

Q競馬のボックスって?

先日初めて競馬を見に行ったら馬券で「ボックス」っていう買い方がありましたが、意味が判らないので買えませんでした。どんな馬を当てるのでしょうか?詳しい方教えて下さい。 また、馬連や枠連に対してどのようなメリット、デメリットがあるのですか?

Aベストアンサー

馬連で説明します。
買いたい馬が3,4,8,9番だとします。
でどれも甲乙つけがたいの全ての組み合わせを買いたい。
そんなとき「ボックス」の登場です。
3,4,8,9の4つをマークするだけで
3-4,3-8,3-9,4-8,4-9,8-9
と計6通り一気に買えます。
メリットはマークする手間が省けること。
デメリットは金額が均一でしか買えないこと。
あと頭数が増えると点数も増えるので(5頭ボックスだと10点)窓口で
あわてないようあらかじめ購入金額を確かめた方がいいでしょう。
ちなみに今週はじまる3連複、連単でもボックスはあります。

Q競馬用語で「掛かる」って?

競馬でよく、「敗因は道中掛かって~」とか聞くのですが、「掛かる」って何ですか?お教えくださいお願いします。

Aベストアンサー

手綱を引いて抑えていても馬が勝手に前前に行ってしまう事。
つまり、馬の前へ行く気を騎手が思うように押さえ切れない状態。
この状態になると最後に馬がバテテしまい追い込みがきかないことが多い。
掛かり気味、引っ掛かると等とも言います。

Q手前を変えるって?

よく直線を向くときに手前を変えるって言うじゃないですか、それって何ですか?
それと、その時の変えさせる方法ってあるんですかね?

Aベストアンサー

●手前を変えるとは
馬の駆歩は、半身に構えた肢勢で、左肢に比べ右肢が前に出た肢勢と、その逆の肢勢があります。前者を「右手前」の駆歩、後者を「左手前」の駆歩と呼んでいます。
右手前の襲歩では、次のようにして1完歩が完成です。
1.左前肢 
2.右前肢を上げこれを前方に送る。
3.右前肢を地面に着け、左後肢で地面を蹴る。
4.前方に伸ばした前肢を軸にして、体を支えながら前方へ送る。
5.四本の肢を宙に浮かし、後肢を前に運んで着地の態勢を整える。
6.左後肢を地面に着け、体を前へ送りながら、右後肢を地面に着ける。
馬は元々左利きで左手前の駆歩が得意だそうです。しかし、左前肢だけで走る癖をつけると、そっちにばかり負担がかかり、故障も起こり易いし、疲れて伸びがなくなります。適当に手前を変えることの出来る馬は、ラストで二の脚を繰り出します。テイエムオペラオーなどは、最後の直線で手前を変えるのがうまいそうです。また、コーナーを回るには、右回りなら右手前、左回りなら左手前で走らないと無理があるので、必ず調教されるもののようです。

●手前を変える方法
例は乗馬の場合で、右手前から左手前に変える方法ですが。
適切なタイミングで、扶助を与える、という方法になるるかと思います。
どういうことかというと、手前を変える最初の段階では馬は重心を僅かに右から左に移すそうです。なのでタイミングを見て、騎乗者が右足で馬を押して扶助してあげる方法がとられると思われます。
なお、手綱は左の手綱を十分譲って、右手綱を控えながら、押し手で馬の肩をちょっと押してあげるようです。

500kgの重さのものが、時速60kmの速さで前進しながら微妙に重心を移すわけですから、ちょっとしたズレから大きな故障が発生しやすくなるのではないでしょうか。サイレンススズカも、勝負どころで手前を変える時に故障が発生したものと思われます。

参考URL:http://dion.keibado.ne.jp/keibabook/000612/esc.html

●手前を変えるとは
馬の駆歩は、半身に構えた肢勢で、左肢に比べ右肢が前に出た肢勢と、その逆の肢勢があります。前者を「右手前」の駆歩、後者を「左手前」の駆歩と呼んでいます。
右手前の襲歩では、次のようにして1完歩が完成です。
1.左前肢 
2.右前肢を上げこれを前方に送る。
3.右前肢を地面に着け、左後肢で地面を蹴る。
4.前方に伸ばした前肢を軸にして、体を支えながら前方へ送る。
5.四本の肢を宙に浮かし、後肢を前に運んで着地の態勢を整える。
6.左後肢を地面に着け、体を前へ...続きを読む

Q「テン乗り」とは?

「テン乗り」という言葉を競馬関係の掲示板とかで
何度か見ましたが意味が分かりません。
騎乗のし方らしいっていうのはなんとなく
分かるのですが・・・。
どういう乗り方を言うのですか?
そしてこの乗り方をすることに、どんな意味が
あるのですか?
また、「テン乗り」が得意な、あるいは不得意な
騎手っているのですか?

Aベストアンサー

「テン乗り」とは騎乗の仕方ではなく、

騎手の乗り変わりで騎手がその馬にはじめて騎乗して出走すること

だそうです。
テン乗りに注目した勝ち馬予想のホームページがありましたので、一度見てみてはいかがでしょう。
(http://homepage1.nifty.com/keiba/)

下記URLは競馬用語解説のホームページです。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Colosseum/2512/t3.html

Q土日眠りっぱなし、これは病気なんでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。
 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。この症状は、ここ数ヶ月続いており、夜に“見舞い”に来る友達は“1人暮らしゆえの甘え”だと言い呆れています。
 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 ...続きを読む

Aベストアンサー

私は病気でした。
同じように月曜から金曜までは仕事に行くのですが
土日は寝たきりでした。
結局、うつ病による過眠とわかりました。
当時は精神的落ち込みなど感じませんでしたが。
一度、受診なさることをお勧めします。お大事に。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング