人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

どなたか現代語訳を教えてください。又はサイトがあれば教えてください。

中ごろ、六の葦毛といふあがり馬ありけり。
いづれの御室にか、大法をおこなはせ給ひけるに、
引き進ぜられにけるを、ある房官にたまはせてけり。
あがり馬ともしらで、のりありきける程に、ある時京へいでけるに、
しりたる人道にあひて、この馬を見て、
「いかにさしもあがり馬の名物、六のあしげにはかくのり給へるぞ」
といひたりけるに、臆して手綱をつよくひかへたりけるに、
やがてあがりてなげけるに、てんさかさまに落ちて、かしらをさむざむに
つきわりにけり。をかしかりけることなり。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 助詞とか敬語とかを無視すれば、そんなに難しい話ではないのですが。



 辞書をひかないと分からないのは、「中ごろ」「御室」「あがり馬」など、固有名詞です。

 形容詞などは、いまでも時々使う言葉なので頭を柔らかくして、情景を考えつつ訳してみることをお勧めします。


●中ごろ、六の葦毛といふあがり馬ありけり。

 それほどではないが昔のこと、「六の葦毛」という駻馬(暴れ馬)がいた。

●いづれの御室にか、大法をおこなはせ給ひけるに、

 いずれの代の御室(仁和寺住職)のときか、大法の儀式を行われなさったのだが

●引き進ぜられにけるを、ある房官にたまはせてけり。

 (その駻馬を)進上されたのを、ある房官(僧坊担当官)に下げ渡した。

●あがり馬ともしらで、のりありきける程に、

 暴れ馬とは知らずに乗って回っていたのだったが

●ある時京へいでけるに、

 あるとき、京へ出たときに

●しりたる人道にあひて、この馬を見て、

 (事情を)知った人が道で出会って、この馬を見て、

●「いかにさしもあがり馬の名物、六のあしげにはかくのり給へるぞ」

 「なぜそほれほどの有名な暴れ馬の『六の葦毛』にそんなふうに乗っていらっしゃるのですか?」

●といひたりけるに、

 と言ったので、

●臆して手綱をつよくひかへたりけるに、

 (乗り手の房官は急に)怖くなって、手綱を強くひいたので、

●やがてあがりてなげけるに、

 (馬が二本足で)すぐ立ち上がって(乗り手の房官を)振り落としたので

●てんさかさまに落ちて、かしらをさむざむにつきわりにけり。

 (房官は)まっさかさまに落ちて、頭を、ゾッとするほどぶつけて切ってしまった。

●をかしかりけることなり。

 いぶかしかった(不審な)ことだ。


※ 割る は、頭蓋骨を割った=死んだという激しいものではないと思う(それだったら後続の内容が変わるだろう)ので、勝手に「切った」にしました。血が出た程度だろうと思います。

※ 「をかしかりける」は、「興味深い」と訳してもいいかもしれませんし、筆者の感情しだいで現代同様「おかしい」と訳してもいいかもしれません。

 私は、「落馬するなんて、わらっちゃったよ」というよりは、「それまではうまく乗りこなしていたのに事実を知ったら急に乗りこなせなくなるなんて一体どうしたことだ」という気持ちを優先して、いぶかしいと訳してみました。

 
    • good
    • 3
この回答へのお礼

こういうことあります!たぶん緊張したのでしょうか。。。
ありがとうごさいました。

お礼日時:2012/06/24 06:09

古今著聞集の現代語訳を掲載したサイトはないようです。


たまたま、この部分を取り上げて中学生向きの問題にしているサイトがありましたので、
御紹介します。
http://blog.z-abc.com/?eid=1053617
ここまで書いてあれば、十分でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなサイトがあったんですね。ありがとうございました。

お礼日時:2012/06/24 05:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古今著聞集に収録されている【塞翁が馬】現代語訳

色々なサイトを見たのですが、漢文の訳が多く、あっても意訳だったりと、思ったとおりの現代語訳が見つかりませんでした;
意訳でない現代語訳を教えていただきたいですvv*

唐土に北叟といふ爺ありけり。かしこく強き馬をなんもちたりける。これを、人にも貸し、我も使ひつつ、世を渡る便りにしけるほどに、この馬、いかがしたりけん、いづちともなく失せにけり。聞きわたる人、いかばかり嘆くらんと思ひて訪ひければ、「悔いず。」とばかり言ひて、つゆも嘆かざりけり。
あやしと思ふほどに、この馬、同じさまなる馬を、あまた具して来にけり。いとありがたきことなれば、親しき疎き、喜びを言ふ。かかれど、また、「喜ばず。」と言ひて、これも驚く気色なし。
かくて、この馬あまたを飼ひて、さまざまに使ふあひだに、爺が子。今出で来たる馬に乗りて、落ちて、右の腕を突き折りて、聞く人、また驚き訪ふにも、なほ、「悔いず。」と言ひて、気色変はらず。
さるほどに、きはかに国に戦起こりて、兵を集められけるに、国の内にさもある者、残りなく戦に出でて、皆死にけり。この爺が子、この中に洩れにければ、片手は折れども、命は全かりけり。これ、かしこき例に言ひ伝へたり。唐土のことなれども、いささかこれを記せり。

色々なサイトを見たのですが、漢文の訳が多く、あっても意訳だったりと、思ったとおりの現代語訳が見つかりませんでした;
意訳でない現代語訳を教えていただきたいですvv*

唐土に北叟といふ爺ありけり。かしこく強き馬をなんもちたりける。これを、人にも貸し、我も使ひつつ、世を渡る便りにしけるほどに、この馬、いかがしたりけん、いづちともなく失せにけり。聞きわたる人、いかばかり嘆くらんと思ひて訪ひければ、「悔いず。」とばかり言ひて、つゆも嘆かざりけり。
あやしと思ふほどに、この馬、同...続きを読む

Aベストアンサー

ズバリ、回答そのものです。「塞翁が馬」は有名な故事ですのでそれもまた時間のあるときに調べて勉強してみて下さい。本文の訳は以下の通り。

唐土(もろこし)に北叟と言うお爺さんがいた。そのお爺さんは優れた強い馬を持っていた。その馬を人にも貸してやり自分でも乗っては使いながら生きていく手段(つまり馬を貸して少しのお金をとる、また馬で荷物の運搬などをして稼ぐことで、生計を立てていたということです)にしていたところ、この馬はどうしたのだろうか、どこへともなくいなくなってしまった。それを聞いた人は、お爺さんがどれほど嘆いているだろうと思って訪ねていってみると、お爺さんは「惜しくはないよ」とばかり言って、少しも嘆いていなかった。不思議だなぁと思っていると、この馬が同じような立派な馬をたくさん連れて戻って来た。たいそう珍しくありがたいことなので、親しい人も疎遠な人もみなおじいさんにお祝いの言葉を言う。しかしお爺さんはこの時もやはり「うれしくない」と言って、このおめでたい出来事にも心を動かされる様子がない。こうして、そのたくさんの馬を飼って色々なことに使ううちに、お爺さんの息子が、ちょうど出て来た馬に乗って落ち、右の腕を突き折って、それを聞いた人は、また驚いてお見舞いに訪れたのにも、やっぱり、「かまわないのだ」と言って顔色も変えない。そうしているうちに、突然、国で戦争が起こって兵隊を召集されたので、国内の若く健康な男子は一人残らず戦争に出て、皆死んでしまった。ところがこのお爺さんの息子は、怪我をしていたために召集されなかったので、片手は折ったけれども命は失わずに済んだ。これをすばらしいことのたとえとして中国では語り伝えられている。よその国のことではあるが、ほんの少しそのことを記した。

ズバリ、回答そのものです。「塞翁が馬」は有名な故事ですのでそれもまた時間のあるときに調べて勉強してみて下さい。本文の訳は以下の通り。

唐土(もろこし)に北叟と言うお爺さんがいた。そのお爺さんは優れた強い馬を持っていた。その馬を人にも貸してやり自分でも乗っては使いながら生きていく手段(つまり馬を貸して少しのお金をとる、また馬で荷物の運搬などをして稼ぐことで、生計を立てていたということです)にしていたところ、この馬はどうしたのだろうか、どこへともなくいなくなってしまった。そ...続きを読む

Q書き下し文を教えてください。

故事 両頭の蛇(蒙求)の書き下し文を、教えていただけませんか?
お願いします。

Aベストアンサー

 孫叔敖、嬰児たりしとき、出遊して還り、憂えて食らわず。その母、その故を問ふ。泣きてこたえて曰く、「今日吾、両頭の蛇を見たリ。恐らくは去死すること、日無からん」と。母曰く、「今、蛇いずくに在る」と「吾、両頭の蛇を見るものは死すと聞き、吾、他人のまた見るを恐れ、吾、すでにこれを埋めたり。」と。母曰く、「憂ふるなかれ、汝、死せず。吾、これを聞く。陰徳あるものには、天、報ゆるに福をもってす」と。人、これを聞き、皆、その仁たるを諭(たとゆ)るなリ。令尹となるに及び、いまだ治めずして国人これを信ず。

参考URL:http://www.hum.ibaraki.ac.jp/kano/peper/8.htm

Q古今著聞集の訳を教えてください!

古今著聞集の「衣のたて」の現代語訳を教えてください!!

Aベストアンサー

 こんにちは。
 どうやら学校の古文の教材に取り上げられているようですね。以前にも別の質問サイトで同じ内容のものがありました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412638559
ただ、残念ながらこの回答で紹介されているページは既にありません。
 代わりに簡略な注記がある本文ページを見つけましたから、そちらを参考にしてください。
http://oak.zero.ad.jp/teru/gakusyu/kokontyo/kinu/index.html
青字になっている部分は注記があるので、解らないと感じたら参照してみましょう。
 これ以上は全文の現代語訳も収録されている本があります。大方の図書館にはどれか1冊程度はあると思いますから、そちらに訊ねてください。

Q「あらむ」の文法的意味は?

古文に出てくる「あらむ」の文法的な意味を教えてください。動詞の「あり」+助動詞「む」だと思うのですか、「む」の意味のうち推量・意志・可能・当然・命令・適当・仮定婉曲のどれにあたるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは。
理系のおっさんです。

>>>動詞の「あり」+助動詞「む」だと思うのですか

そのとおりです。


>>>「む」の意味のうち推量・意志・可能・当然・命令・適当・仮定婉曲のどれにあたるのでしょうか。

「む」の意味は、基本は、推量・意思・勧誘の3つと考えればよいです。
推量から発展して、ときに、可能・当然・適当・仮定婉曲の意味になり、
意思・勧誘から発展して、ときに、命令の意味になります。
どれになるかは、文を見て、あるいは、文脈を見て判断するしかないです。

「明日は晴天にあらむ」 → 「明日は晴天であろう」 ・・・ 推量

「さあらむと欲す」 → 「そうありたい(なりたい)と思う」 ・・・ 意思

「ともに義を重んずる武士であらむ」 ・・・勧誘
(「武士であらむ」よりも「武士たらむ」の方が普通かも)

勧誘の場合は、話しかけている相手が主語、というシチュエーションなので、ほかとの見分けは付きやすいかと。

Qこのプリントに書かれている戦国策の書き下し文と現代語訳を教えてください今日中がいいですよろしくお

このプリントに書かれている戦国策の書き下し文と現代語訳を教えてください
今日中がいいです
よろしくおねがいします

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1470550809

Q古今著聞集の口語訳について!

今ちょうどこの内容をやっているのですが、口語訳はあったのですが内容がよくわからないのでどのような話なのか教えてください!このような分です→和泉式部が、保昌の妻として丹後の国に下ったときに、京で歌合があったが、小式部内侍は、歌合のよみ手として選ばれてよむことになったが、定頼の中納言が、からかって小式部内侍に、「丹後へおやりになったという人は戻って参ったか。」と声をかけて、局の前を通り過ぎなさったところ、小式部内侍は、御簾から半分ほど出て、直衣の袖を引き止めて、
  大江山・・・大江山、生野という所を通って行く、丹後への道が遠いの  で、まだ天橋立を訪れたことはございません。そのように、母のいる丹  後は遠いので、まだ便りもございません。
とよみかけた。思いがけないことであきれて、「これはどういうこと。」とだけ言って、返歌にも至らず、袖を振りきってお逃げになってしまった。小式部は、このことから歌人としての世の評判が出て来たそうだ。 です。

Aベストアンサー

別の本によれば(「和歌威徳物語」)当時「小式部が歌のよきは、母の和泉式部によませて、ぬしになる」(小式部の歌の傑作は、母の和泉式部に作らせて、自身の歌としたものだ)という噂が広まっており、小式部は悔しい思いをしていたのです。そこに中納言が噂を真に受けて「小式部は自分でろくに歌が詠めないし母親の代作を頼もうにも遠い丹後にいるので代作が間に合わないだろうと気が気でないだろう」と邪推してからかったのです。

>これはどういうことといったのは誰なんですか?あ>と袖を振り切ったのは誰ですか?

原文をきちんと読んで下さい。
中納言が「つぼねの前を過ぎられけるを」とあり、さらに「思はずにあさましくて、こはいかに、かかるやうやはあるとばかりいひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられにけり」とあります。つまりこの文中に尊敬の助動詞「らる」が使われているのは中納言のみ。従って、「これはどうしたことだ、こんなことがあるものか」とうろたえたのも、逃げたのも中納言です。

>なぜ逃げたのですか?

原文に「思はずにあさましくて、こはいかに、かかるやうやはある」とあります。つまり小式部が即座に見事な自作の歌を詠んで返したことがあまりに意外だったので驚きあきれていたたまれなくなったということでしょう。

>最終的に小式部は母の代作をそのまま歌ったのではなく自分でアドリブでうたったのですか?

その通りです。

別の本によれば(「和歌威徳物語」)当時「小式部が歌のよきは、母の和泉式部によませて、ぬしになる」(小式部の歌の傑作は、母の和泉式部に作らせて、自身の歌としたものだ)という噂が広まっており、小式部は悔しい思いをしていたのです。そこに中納言が噂を真に受けて「小式部は自分でろくに歌が詠めないし母親の代作を頼もうにも遠い丹後にいるので代作が間に合わないだろうと気が気でないだろう」と邪推してからかったのです。

>これはどういうことといったのは誰なんですか?あ>と袖を振り切ったのは...続きを読む

Q公務員に向いている学部は?

現在高校3年の女子です。今まで将来の事をあまり考えずに
興味が湧いたからというだけで慶應と早稲田の文学部を志望してたのですが、
改めて将来のことを考えると、結婚する気がなく、できれば生涯働きたいと思っているので
公務員を目指してみようかなという気持ちが出てきました。
そこで公務員試験について調べたら、経済や法律からの出題が多いようなので、
志望学部を変えようかなと思い始めました。
こういった観点から考えると、経済学部と法学部だったらどちらの方がよいのでしょうか?
親に相談したら、「お前はやりたくないことに向けて努力できる性格じゃないから興味のある学部にした方がいい」と言われてしまいましたが…
この時期に学部に迷ってるというのはあまりいい事ではないと思うので、
なにかいいアドバイスがあったらお願いします。

Aベストアンサー

 「公務員」というのは役所に勤める行政職ですよね?
でしたら、よく有利と言われるのは、仰るとおり、法学部と経済学部です。が、この2学部において公務員試験受験に当たってどちらが有利かといえば、どちらも大差ないです。ただ、経済学部は数学を使う場合があるのでその点は考慮する必要があるでしょう。意外に見落としがちなのですが。(また、以前こちらで見かけた回答では「法学部」の方を薦めている方もいらっしゃいました。一つの考えということでご紹介しておきます。その方は、民法の勉強が大変だったそうです)法律か経済か、興味のあるほうでよいでしょう。邪道ですが、単に公務員を目指すのならば、入試段階で入りやすいほうの学部でも良いのかもしれません。

 それから、ひとつ注意点を。
 お調べになったとおり、行政職の公務員採用試験、特に「専門試験」と言われる物は法学や経済学、政治学といった分野からの出題が圧倒的です。なので、「とっかかりやすさ」で言えば、法学部や経済学部の方が有利なわけです。しかし、「とっかかりやすさ」はあるにしても、大学の講義がそのまま採用試験に結びつくか、というと必ずしもそうではないそうです。公務員試験の受験者は公務員試験用の予備校に通う場合が多いです。

 なので、もし文学部の方に興味があるのならば、文学部へ進学した方が良いでしょう。文学部から公務員になる人も多いです。No1の回答者の方のお話の通り、4年間も勉強するわけですから、自分がより興味のある方を選択するのが良いと思います。

 以上です。何か疑問点あれば補足してください。

 「公務員」というのは役所に勤める行政職ですよね?
でしたら、よく有利と言われるのは、仰るとおり、法学部と経済学部です。が、この2学部において公務員試験受験に当たってどちらが有利かといえば、どちらも大差ないです。ただ、経済学部は数学を使う場合があるのでその点は考慮する必要があるでしょう。意外に見落としがちなのですが。(また、以前こちらで見かけた回答では「法学部」の方を薦めている方もいらっしゃいました。一つの考えということでご紹介しておきます。その方は、民法の勉強が大変だっ...続きを読む

QNIKEでおなじみの【JUST DO IT】とは・・・

NIKEのキャッチフレーズ?でよく聞く、

【JUST DO IT】

とは、和訳すると、どんな意味なのでしょうか?

どうぞ宜しくお願い致します☆

Aベストアンサー

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このJust do it!はやらなくてはいけない人に向かって「グツグツいわないでやれ」と言う意味で使われ、フィーリングとしては「やれば俺は黙るから」「愚痴は聞きたくないね」「言い訳は通用しないよ」等が含まれて使われることが多いですね。

それに似て「何を躊躇しているんだよ、早くやれよ」と言うフィーリングでも使いますね。 ちょっと高いところから飛び降りない臆病者なんかに言える表現ですね。

また、準備をあれこれして「そしてやるだけさ」とか「行動に移すだけ」と言う意味合いにも使います。

さてNikeですが、私の知っているコマーシャルは野球場で4人の観衆の表情を見るだけのものと「いわくつきの物」があります。

画面が変わるたびに画面の中央にある小さな年も距離計みたいに変わります。 やるけのことさ、をこのように何年もやってきた、と言いたいのではないかなと思います。

余談が次の「いわくつき」のものです。 1990年になる前に(もうないキーをストップするものはいない」と言う時代ですね。 そのときに、アフリカの土着民に靴を見せているシーンなんですが、(マーケティングとしては、靴を履いていないから売れない、ではなく、靴を履いていないから売れる!!!と言う観念を引っ掛けていたんだと思いますが) その画面で土着民の一人が彼らの言語で何かを言います。 その字幕として、Just do itが使われたんですね。 いくつかのシーンをもちろん撮ったわけですがこのシーン自体が一番よかったのでしょう。 しかし、後になって、その土着民がしゃべってのはJust do itを彼らの言葉で言ったのではなく、これは大きすぎるよ、と言ったと言うのが事実らしかった、と言うことでその時分はかなり話題となりました。 (ネットで検索すればまだその頃のことが残っているんじゃないかな)

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このJust do it!はやらなくてはいけない人に向かって「グツグツいわないでやれ」と言う意味で使われ、フィーリングとしては「やれば俺は黙るから」「愚痴は聞きたくないね」「言い訳は通用しないよ」等が含まれて使われることが多いですね。

それに似て「何を躊躇しているんだよ、早くやれよ」と言うフィーリングでも使いますね。 ちょっと高いところから飛び降りない臆病者なんかに言える表現ですね。

また、準備をあれこれして「そし...続きを読む

Q10進法で表された数0.12を5進法で表せ。

整数を10進法から5進法にするのは出来るのですが少数を変換するのが、
できません。どうすればいいか教えてください。

Aベストアンサー

1回5倍して1になる量は五進法で表すと  0.1
2回5倍して1になる量は五進法で表すと  0.01
3回5倍して1になる量は五進法で表すと  0.001

0.12 × 5 = 0.6  ・・・  五進法の小数第一位は   0(1回5倍して0)
0.6 × 5 = 3.0  ・・・  五進法の小数第一位は   3(2回5倍して3)
 ※これ以降は、小数点以下がすべて0なのでこれ以上は変化がないため、これで終了。

 従って、  0.03  がこたえです。

Q中島敦さんの「山月記」についての質問です。

山月記の中の月の役割を教えて下さい!
主題にもかかわっているらしいのですが、全く解らなくて。
ところどころにでてきて微妙に変化している月の意味?を教えて下さい。
6月15、6日ごろまでにお願いします。

Aベストアンサー

旧友との再会の場面は、「残月」つまり明け方近く、月が日の光に見えなくなってしまうまでの、ほんのわずかな間の物語です。
出立時にはまだ暗く残月とはいえはっきりと見える。これは意識の大部分を占めつつある虎の野生を日の光とするなら、それがない間だけ人の心がわずかな光を放てるということを表現していると思います。それも現れるのが暗い闇の中でだけというのが、人の心のある時間彼をとりまいている絶望と対応しています。
最後の「白く光を失った月」が何を表しているかは説明はいりませんよね?
さらには、旧友と話している間、主人公は決して姿を見せようとしません。これも、太陽の前に姿を表せない月にかけての表現だと思います。旧友との立場の違いを主人公がどう感じているかがわかりますね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング