今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

私は裏千家の先生について八年になりますが、先生が高齢(77才)で腰が悪く、お茶会は一度もやった事がありません。(先生は始めからできないとおっしゃってましたが、始めは意味が分からず今の先生についてしまいました)
先生は基礎をしっかりやっておけばいつかできる時がくる、とおっしゃってますが、四ケ伝のお免除をもらってもう6年ほど経つことと、お話ばかりしてお手前がおろそかになることが多く高齢からか最近お手前を間違える事が為、先生を変えたいとおもっております。
社中の方は私を入れて3名、一人は高校の同級生で最近始めたばかりで、同級生もお話が多くて苦痛だと言っています。今妊娠中である為どちらにしても今すぐ先生を変えることができないのですが、この場合正直にお茶会などをやりたいですがどうしたらいいか、などと先生に直接聞いてみた方がいいでしょうか?
また、近くで先生を変える場合先生に紹介などして頂く方がいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私だったらこうする、ということで書かせて頂きます。



本当の理由(先生への不満)は言わない方がいいと思いますよ。
妊娠中とのことなので、「出産・育児のため」ということで通うのを止め、少し間をおいてから、別の教室を探すのが良いのでは。
新しい先生につく際には、「出産前に習っていた先生のところは稽古日が合わなくなり、通えなくなった」とか、「引越したし(ウソでもOK)子どもも出来たので、前の先生のところに通うのが困難」といった、物理的な(それじゃ仕方ないよね感のある)理由にした方が、誰にもカドが立たないでしょう。
四ケ伝程度なら、先生を変わってもそんなに抵抗ないのでは。

いずれにしても、先生への不満や意見は、ひかえた方がいいと思います。
また新しい先生は、自力で探した方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました(投稿したと勘違いしてました)
確かに、出産/育児の為に通えなくなる事は確実ですので、その理由で一時休止しようかと検討中です。
新しい教室にすぐ通えるわけではないので、変えるならじっくり探そうと思います。
アドバイスありがとうございました!

お礼日時:2005/07/09 00:30

30代、裏千家歴5年ほど、妊娠9ヶ月です。


社中が3人だけなんて羨ましいような、寂しいような。でも同じ社中で相談できる人が少ないとアドバイスもらえなくて、悩みどころのようですね…
先生にどう申し出てもお茶会は開けないんじゃないでしょうか?なので、さらに上を目指すのであれば、出産後に先生を変えられるのがベストかと。
出産がいいきっかけで、うまく休止できますし(私は8ヶ月まで通いました)。
ちなみに私も先生を変えようか大変迷っています(とてもいい先生だけど片道2時間、子どもを預ける当てもない、でも茶道を続けたいので…)。先生との相性は大事ですよね。普通習い始める時、一度は体験お稽古みたいに見学させてもらえるものなので、数カ所行ってみるくらいの気持ちで探されてはいかがでしょうか。
「今日庵」サイトに「お稽古場案内」みたいなのがありますし(うちの社中もそれで今年3,4名増えました。全体で3,40名の社中です)。でもこの案内に載ってない裏千家のお稽古場もたっくさんありますし(先日は地下鉄駅構内にお手製の広告?みたいなの見かけました)。はっきりした事は分かりませんが、「今日庵」で紹介してくれる先生はかなり上?というか、今日庵とか、家元とか、淡交会などに近い先生が多いのだろうと思います(そういう組織にアンチな人はほとんどいませんが)。私の先生も83と高齢ですが、年に4,5回は(関東から)京都へ伺ってる様、数年前に先生が名誉師範になられた記念のお茶会などありましたが、ご祝儀は1万円くらいとかで、それは別に高いと思いませんでしたが…。
長くなってすみません。先生にご不満を申し上げるのだけは差し控えた方がいいかと思います。お互い出産後もいい環境で茶道に触れていられるといいですね。

参考URL:http://www.urasenke.or.jp/textb/keikoba/index.php
    • good
    • 3
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございました!
私も妊娠8ヶ月、9月出産予定なのでもうそろそろ休止予定です。
社中3人といってもここ2年の間で、6年程はずっと1人だったのでわけもわからず続けておりました。
出産後、数カ所じっくり見学してみて新しいいい教室に巡り合えたら、と思っております。
女性は周囲の変化によって臨機応変に対応する必要がありますよね、出産をよい機会ととらえ、お互い好きなお茶を納得いく形で続けられたらいいなと思います!ありがとうございました☆

お礼日時:2005/07/10 23:32

No.2です。


それは、可哀そうにお茶の先生として失格ですね。
お弟子さんは古い方は、いらっしゃらないでしょうね!
私の社中には三十年以上の方や弟子がいる方来ています。
今の時代電気が当たり前ようないい方をする先生が多いようですが、
今度付く先生はお稽古でも、電気で無く掛物も毎月変えてくださって、
季節を感じさせるお道具や茶花も用意している先生を探してください。
後、禅の話をしてくださる素敵な先生に出会えると良いですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

本当によい先生にめぐり会いたいものです。
じっくり探します、ありがとうございました☆

お礼日時:2005/07/11 00:28

私は表を勉強していますが、お稽古の最終目的は茶事だと知っていますか?


お茶会は、明くまで割稽古の延長でしか有りません。
私の先生は八十三才で心臓も悪く緑内障で視力も。。。
でも、社中で自分達でお道具を用意して正午の茶事を年に三回くらいしています。 
本当は、弟子の事を考えてくださる先生でしたら。。。
でも、この世界は、とても世界が狭いので余り失礼が有ると御自分の為にも好く有りません。
出来たら先生の納得いくかたちで先生を変わられた方が良いと思いますよ。

でも、茶事を知らない先生もいらっしゃるようですが、
先生に正午の茶事の話をしては如何ですか?
それで、先生の格が判ると思いますよ。
でも、先生を変わられる時は慎重に、
先生に付いてお茶会に行ったりしないのですか?
後、最近は弟子が居ない先生が多いようですからお手伝いを頼む方も多いようですが、
でも、流儀が違いますが先生がお席を持たれるとご祝儀も大変ですよ!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御丁寧に、ありがとうございました!
一度投稿してから、「お茶事」の所を「お茶会」と書いてしまったことに気付いたのですが、訂正ができずそのままになってしまってました。
どちらにしても、昔はお茶事やお炭も全部やったけど今はできないと言われており、ましてやお茶会にも腰が悪くいけないとのことでついていった事はないです。
お席をもたれると御祝儀などが大変とのことですし、8年続けたお義理もあるのですが先生が納得してもらえるような理由(出産/育児)で一度休止しようかと検討中です。
ありがとうございました!

お礼日時:2005/07/09 00:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教室を代わりたいと悩んでいます

茶道教室に通って10年になります。
もうすぐ、名前も頂けそうな時期になりましたが
先生との性格が合わずに、段々とお稽古に行くのが楽しくなくなり
やめたいと思うようになってきました。
本音と建て前が分からず、いやな思いが続いています。
茶道の方は好きで続けたいのですが・・
ここまで続けて流派を変えるのも、もったいないと思います
先生が嫌だという理由で先生は変えられないと聞いたことがあります。
辞める理由も思いつきません。
何かよい対策があれば教えてください

Aベストアンサー

はじめまして、○十年茶道を続けている40代女性です
その間に先生は、3人ほど変わっております。
前半は卒業が、後半は先生のご逝去がきっかけでした。
引っ越しや卒業・進学・結婚でお稽古をやめられる方は多いです。
また、仕事が忙しいのでお休みさせて下さいと言われる方もいます。

でも、多分お悩みはお稽古当初には気づかれなかった裏側の気苦労がわかってきたということだと思います。
習い始めは先生も裏のことはおっしゃいませんし、ご本人も覚えることに必死でそれが楽しくて気づかないと思います。

数年くらい経つと一通りのお手前ができます。
そうなると先生は裏の手伝いや、気遣いのこともできて欲しい。
またわかって当然だろうということになってしまいます。
例えば、当然着物できてほしい会なのに、わざと「何でも良いのよ。」
と言って、現場に行ったら自分だけが洋服だったとか。
本音と建て前。これは経験値と人付き合いとでカバーできます。
教室を変えることは、今まで当然だったことが当然でなくなることもあります。
私の経験上からもそれはいえます。いくら手前ができても新人になるのです。
先生を変えることは可能ですが、それは今の環境も変えると言うことです。

はじめまして、○十年茶道を続けている40代女性です
その間に先生は、3人ほど変わっております。
前半は卒業が、後半は先生のご逝去がきっかけでした。
引っ越しや卒業・進学・結婚でお稽古をやめられる方は多いです。
また、仕事が忙しいのでお休みさせて下さいと言われる方もいます。

でも、多分お悩みはお稽古当初には気づかれなかった裏側の気苦労がわかってきたということだと思います。
習い始めは先生も裏のことはおっしゃいませんし、ご本人も覚えることに必死でそれが楽しくて気づかないと思い...続きを読む

Q茶道で入会を断られました

こんにちわ。教えてください。

私は表千家で20年近く、個人宅の先生にご指導いただいていました。
ただ、歴は長いのですが、仕事が遅くてお稽古に当てる時間も限られていたのと、
先生もご高齢であまり難しい(?)なお稽古をなさらなかったこともあり、
私自身はせいぜいお薄、お濃茶を通り一遍させていただいていたくらいです。
(お炭は1回だけ)

去年、先生がご高齢で亡くなり、
跡を継がれる方がお教室の再開を予定はしていますが
何年後かわからないということもあり、
他のお教室をさがそうかと思ったのですが。。。
まったくの初心者の友人も茶道を始めたいということだったので
ネットに載っていた教室に問い合わせをしたところ、断られてしまいました。

私としては、跡をつがれるお孫さんの教室に通うかはわからないし、
かといってまったく遠ざかっては忘れてしまってもったいないですし、
歴は長いけれど私自身は基礎もなっていないと思うので、
初心者の方とご一緒でいいので、
基礎のお薄、お濃茶のお稽古からお願いしたいとお伝えしたのですが。。。

芸事ですから、師事する先生が変わる場合は
たとえば表千家なら同門会などを通して紹介頂くのが確かに筋かもしれないのですが、
問い合わせをした教室の先生は電話口で
取り付く島もないという感じでして。
「お免状を持ってる方は扱いが違うから」
「長年他でやってきた方はちょっと難しいと思う」
「前の教室が再開されたらそちらへ戻るってことでしょう?」
と。
再開したところへ戻るかはわからないと説明したのですが、
とにかく「難しい」の一点張りで、それ以上の説明をしていただけず、
途中で一方的に電話を切られてしまいました。
なんだか、先生側に私のような立場の人間を嫌う理由があったみたいです。
ネットのお稽古ページに掲載されていたので、
文化センターのような気軽な扱いかと思ったのですが。。。

なぜそんなにも嫌がられたのでしょうか?
中途の人間はそこまで避けられるものでしょうか。
電話口の対応があまりにひどくて、さすがにショックでした。
どなたかご教授いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

こんにちわ。教えてください。

私は表千家で20年近く、個人宅の先生にご指導いただいていました。
ただ、歴は長いのですが、仕事が遅くてお稽古に当てる時間も限られていたのと、
先生もご高齢であまり難しい(?)なお稽古をなさらなかったこともあり、
私自身はせいぜいお薄、お濃茶を通り一遍させていただいていたくらいです。
(お炭は1回だけ)

去年、先生がご高齢で亡くなり、
跡を継がれる方がお教室の再開を予定はしていますが
何年後かわからないということもあり、
他のお教室をさがそうかと思った...続きを読む

Aベストアンサー

不快な思いをされましたね。お気の毒に思います。

過去に『私が習ったのと違う』等と仰る生徒さんに
苦い思いをさせられた先生なのかもしれませんが…

とりあえずその先生に『もてなしの心』が無いのは確実。
そんなお教室から学ぶことはなさそうです。

より良い先生に巡り合うまでのステップだと思って、
あまりお気にされませんよう。

Q茶道教室を辞めたいのですが。

裏千家です。月二回、小人数で花月と茶会のお稽古をさせて頂いております。二年前、先生の茶道の旧友が新しく参加されたのですが、稽古中、ずっと大声でお喋りなさるのです。内容は、家庭と社会の愚痴です。最初は、お話相手がいないのだろうと聞いて差し上げておりましたが、私は、緊張と静寂を求めてお教室に伺っておりましたので、日に日に足が重くなってしまいました。堪忍が足りなくてお恥かしいのですが、十年を機に辞める決心を致しました。何か特別のご挨拶等あるのでしょうか。

Aベストアンサー

他の皆様もおっしゃっていますが、もったいないです。できれば続けていただきたいと思います…。

もう辞めようとまで覚悟がおありならば、他の弟子仲間に御相談されたらいかがでしょうか。他の方への回答を拝見したら、周りのお弟子さんはかなりの御経験者で、まだこのことに関してはお話合いになっていないんですよね。先生への御挨拶など取り仕切っていらっしゃる一番弟子のような方はいらっしゃらないのでしょうか。うちの社中であればそのようなお稽古でのモメごとは、直先生ではなく、先輩弟子→一番弟子→先生 へと伝わると思います。もちろん先生までいかずに処理できてしまうことも多々あります。

せめて辞めてしまう前に一度、御相談されてみたらいかがでしょうか。何かの解決策がみつかるかもしれません。

Q裏千家のお教室

裏千家を習い初めてまだ3ヶ月の者です。
茶道を習いたくて気軽に個人の先生に入門してしまったのですが、思ったよりお金がかかってしまいこのまま続けようか、辞めようかとても悩んでいます。
先日、許状というものを申請するよう言われました。申請金額がわたしにとっては大金で、今回は支払ったとしても、今後またこのような万単位での支払いが頻繁に続くようでしたら、お稽古を続けることも困難です。
また、先生へのお祝い(お中元等)、同じお教室の方(会ったこともない人)へのお祝い(出産祝等)色々と万単位での出費がかさみ、このまま続けていく自身がありません。
でも、茶道自体は楽しいので続けたいと思っておりますが、お教室を変えても同じように出費がかなりかかるものなのでしょうか?
また、裏千家での許状の申請というのはどこの教室でも金額は一律なのでしょうか?
よく下調べもせずに気軽に入門してしまった自分が悪いのは重々反省しておりますが、他のお教室はどうなのか聞いてみて、裏千家そのものががわたしにとって続けることが可能なのか考えたいと思います。
お金の話ばかりで申し訳ないですがよろしくお願いいたします。

裏千家を習い初めてまだ3ヶ月の者です。
茶道を習いたくて気軽に個人の先生に入門してしまったのですが、思ったよりお金がかかってしまいこのまま続けようか、辞めようかとても悩んでいます。
先日、許状というものを申請するよう言われました。申請金額がわたしにとっては大金で、今回は支払ったとしても、今後またこのような万単位での支払いが頻繁に続くようでしたら、お稽古を続けることも困難です。
また、先生へのお祝い(お中元等)、同じお教室の方(会ったこともない人)へのお祝い(出産祝等)色々と...続きを読む

Aベストアンサー

単刀直入かつ嫌な言い方をしますと、「ぼったくり」の先生に当たってしまったと思います。

私もそれなりに長くお茶をやってますので、いろんな先生がいるということを知っています。
残念ですが、いい先生ばかりではありません。
お弟子さんたちから必要以上のお金を取る先生も知っています。

幸い私はいい先生にめぐり逢えましたので、お月謝とお中元・お歳暮以外はお金がいりません。
許状も強制ではありません。
許状の金額も先生へのお礼も、今日庵(裏千家の本部)で明確に規定されています。

特別なお稽古(上級のお稽古)をしていただく時も別月謝は不要です。
裏千家で規定された6千円のお月謝のみです。

カルチャースクールは気軽かもしれませんが、物足りない部分もあると思います。
今の先生は一旦辞められて、次はじっくり探されるといいと思います。
知り合いの人などを通じてお茶の先生を紹介していただけるかもしれません。

先生との相性はかなり重要です。

早く良い先生にめぐり逢えるといいですね。

Q単のきものにあわせる帯について

袷の時期には毎週、着物を着ています。
(着物も帯もいろいろそろっています。)
これまで単はあまり着なかったのですが、今年は着てみようと思っています。
一応、頂き物で、単の着物2枚と帯1本があります。
着まわしの点から言うと、後1本帯があればと思っています。
袷の時期に締めている帯で、色柄が丁度良いものがあるのですが、単の着物に合わせても良いのでしょうか。また、帯締め、帯揚げなどについてもアドバイスをいただけないでしょうか。
呉服屋さんで相談すればよいのでしょうが、「買え」といわれてしまいそうで。。。
出来れば手持ちですませたいと思っているものですから。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第という時代になっています。
春先は気候の変化も激しく年によっても差があるし、梅雨時には一時寒さが戻るような梅雨寒の日もありますね。
そのような気候の変化に合わせて着る物を選ぶのが面倒でもあり楽しみでもある時期です。

さて、本題ですが白っぽい袷用の帯、もちろん使えますよ。
6月も中旬を迎える頃には夏帯(絽や八寸)を合わせると程良いでしょう。
単衣に夏帯を合わせて一足先に夏姿というわけです。
もちろん真夏のように暑い日にはもっと早くでもいいですよ。
もっとカジュアルに着る場合は木綿の半幅帯なども重宝します。
冬のウールなどに合わせてもいい季節を問わない素材です。
ただし色柄や織り方で季節のあるものもあります。
ちょっと変わった物では櫛織り帯というのがあります。
レースのように透けているので夏物と思われがちですが夏帯ではありません。
袷用のものですが透け感が軽やかな感じで単衣向きの帯と言えます。
綴れ八寸も代表的な単衣向きの帯で普段着向き、フォーマル向きがあります。
絽綴れという絽目の入ったものは単衣から盛夏まで使えます。

帯締めは夏向きの色であれば袷用で結構です。
夏はレースでなければいけないと思ってる方も多いようですがそんな事はありません。
帯揚げは夏帯を締める時には絽のものを使いましょう。
半襟も同時に絽を使います。
それ以前で単衣に向く素材としては楊柳や絽ちりめんです。

着物は帯が要のファッションなので春単衣には早めに夏帯を、秋単衣には早めに袷用の帯を締めるのがお洒落です。
ちなみに秋口、薄物から単衣への切り替えは9月中旬からが適当です。

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第...続きを読む

Q茶道教室の選び方

茶道を習おうとお教室を探しています。
裏千家と表千家があり、さまざまな点で動作が異なるようですし

どういう基準でみなさんが選ばれたのか気になり、質問します。
初心者です(20代前半)が、先生を選ぶ際に気をつけること(?)などありましたら教えて下さい。
精進してお稽古すれば、一年ほどで資格を得られるのでしょうか?

Aベストアンサー

私の場合、知人の紹介で裏千家に入門しました。

質問者さんが仰るように、流派が違えば、お点前の作法も違ってきますし、目指そうとしている方向性によって、どんな先生に教えていただくかが異なってきますので、選ぶ基準は様々だと思います。

まず、先生を決める際も、お稽古場の立地、お稽古日、月謝等の経済面などという、自分の希望条件を踏まえたうえで決めなければなりませんし、趣味でやっていくのか、そうでないかによって、厳しい先生、そうではない先生に教わるかも決まってくると思います。
また、お金の話になっていやらしい気はしますが、お免状(資格)は、初級などは早いうちに簡単に取得できますが、それ以降も段階的に取得していくつもりなら、その都度「お免状取得にかかる費用+先生へのお礼」を捻出しなくてはならないので結構お金がかかります。

また、この流派に入門しようということが決まれば、自分で直接先生を探すのもいいですが、それぞれの流派から先生を紹介してもらうのもいいかと思います。
その際は、何名かを紹介してもらって、お稽古日に顔を出して、自分に合っていそうな先生を選ぶといいかもしれませんね。

裏千家やお免状のことについては、参考URLの方をよければ見てください。

参考URL:http://www.urasenke.or.jp/,http://www.geocities.co.jp/PowderRoom/9645/kyojou.html

私の場合、知人の紹介で裏千家に入門しました。

質問者さんが仰るように、流派が違えば、お点前の作法も違ってきますし、目指そうとしている方向性によって、どんな先生に教えていただくかが異なってきますので、選ぶ基準は様々だと思います。

まず、先生を決める際も、お稽古場の立地、お稽古日、月謝等の経済面などという、自分の希望条件を踏まえたうえで決めなければなりませんし、趣味でやっていくのか、そうでないかによって、厳しい先生、そうではない先生に教わるかも決まってくると思います。
ま...続きを読む

Q裏千家 茶名をいただくことについて

先日先生より茶名を申請できる時期だがどうしますかと声を掛けていただき,嬉しいのに困惑しています。

理由は,ここ数年,先生の入院と私の出産が続いて十分にお稽古できなかったこと。数ヶ月前に再開しましたが,そのブランクのせいで点前がおぼつかなくなってしまい,家に帰れば真っ先に教本を広げるなど歯がゆい思いをしています。

茶名をいただくとなると研究会での受講枠も変わってますます勉強が必要になりますし,このブランクと不安を埋めるためにはもう一年今のまま稽古に励み,自分の点前に対して自信を取り戻してからでも遅くないのでは・・・と思うのですが,
でも,茶名は目標でもあったし,これから育児と仕事の両立でどうなるか分からないので,取れる時期に取ってしまいたい。
先生が大丈夫だと判断して声を掛けてくださったのであればお言葉に甘えてしまいたい。
たまたま今の時期に重なっただけで,また別の理由でブランクができるかもしれないし,要は稽古に対する心の持ち様。
などなど,茶名をいただく方向に気持ちが揺れてしまいます。
難しく考えすぎでしょうか。
留まるべき,進むべき,アドバイスをお願いいたします。

先日先生より茶名を申請できる時期だがどうしますかと声を掛けていただき,嬉しいのに困惑しています。

理由は,ここ数年,先生の入院と私の出産が続いて十分にお稽古できなかったこと。数ヶ月前に再開しましたが,そのブランクのせいで点前がおぼつかなくなってしまい,家に帰れば真っ先に教本を広げるなど歯がゆい思いをしています。

茶名をいただくとなると研究会での受講枠も変わってますます勉強が必要になりますし,このブランクと不安を埋めるためにはもう一年今のまま稽古に励み,自分の点前に対し...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。私も裏千家です。

あまり深く考えなくてもいいと思いますよ。
先生が取って大丈夫と仰ってくれているのなら、それに甘えていいと思います。

私と同じ社中にやはり出産・育児でもう5年以上お稽古を休んでいる方がいますが、
昨年、先生に薦められて茶名を取りました。
キャリア的には十分な方だったので、先生も薦めたんだと思います。

お茶名を取るということは、それなりの出費も重なります。
なので、取れるときに申請することをお勧めします。

実際申請して、茶名をいただけるまで約2年かかります。
その間にしっかりお稽古すれば大丈夫ですよ!!

茶名をいただくと、また気持ちも変わってきますよ。

がんばってください。

Q茶道 もし先生から辞めるように言われたら

先生の方から「やめるように」と言われた場合も、後日、今までのお礼としてお菓子を持って挨拶に伺った方がいいのでしょうか?そのような場合は、後日行きづらいというのが本音ですし、伺うにしてもアポを取る時点で「来なくてもいいのに」というようなことを婉曲的にも言われてしまいそう。お手紙を添えて郵送という形では失礼になってしまうのでしょうか?こんな不安を抱えながらお稽古するなら自分からやめた方がいいのかなとも迷っています。こんな落ちこぼれな質問で申し訳ございませんが、茶道のしきたりとしてどうしたらいいのか教えてください。

Aベストアンサー

先生と気が合わなく ストレスを感じる様でしたら 
お稽古では ありません。
先生に尊敬の念を 感じなければ 縁が無かったと諦め 先生から言われる前に kachouさんから お辞めになったらいかがでしょう?
私でしたら 自分からはっきり言って辞めるか 自然消滅の形で辞めます。
でもね どんな 動機で 茶道を 始めたか わかりませんが 
せっかく 茶道を始めたのですから 先生を変えて お稽古してくださいな。
先生は 自分と相性が 合わなければ うまくいきません。
一生出来る趣味です。 
どうか 茶道を 諦めないで 「やっておいて良かった」と思う時がきっと 来ると思います。
頑張ってくださいね。

Q道行、コート、羽織について

桜の散る頃に脱いで、楓の色づく頃に着るという
慣わしがあると思うのですが
具体的に言うと
11月から4月上旬までは
道行またはコートを着て
帯を隠すというのがマナーなのでしょうか?
それ以外の
5月から10月までは帯付き姿でも良いのでしょうか?
単に寒いから着るものかと思っていましたが
わきまえないと、「帯び付き」という揶揄が
背後から来るそうなので
教えていただきたいです。

また、羽織はカーディガンのようなものといいますが
洋装では、コートの下にカーディガンも有りですが
和装では道行きやコートの下に羽織は有りなのでしょうか?
厚着になってしまい、変なきもします。

帯び付き姿の時に羽織るもののようなイメージです。
結構着物は暑いので、夜とか少し冷えたけれど
春だし、コートまではいかないでしょう、と言う時に
羽織る感じで良いのでしょうか?

どなたかアドバイス、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

羽織の上に道行きや道中着を着るのはアリです。
重ねる時は羽織が隠れる丈にしてくださいね。
コートの裾から羽織が見えているのはかっこわるいので・・・。

防寒だけでなく、羽織には「あらたまった服装にする」「ただのおしゃれ」、
道行きには「塵よけ」という役目もあります。

女性の正装には羽織は着ません。
だから留袖や喪服用の羽織というのはありませんよね。
礼装用のコートを着て、目的地で脱ぎます。

礼装するほどではないおでかけ(入学式の付き添いや盆暮のご挨拶など)の時に、
きちんとめの小紋に無地の一つ紋の羽織を着れば、服装を整えた感がでます。
アンティークの着物のお店で、夏生地の黒紋付の羽織を見かけることはありませんか?
これなどは明らかに防寒の役割ではありませんよね。

また、同じ小紋に友禅の絵羽の羽織を着れば、お正月やちょっといいレストランへのおでかけに。
小紋の羽織ならば普通のおでかけ着です。
これらは「ただのおしゃれ」の用途です。

ご存知のようですが、洋装で言うなら道行きはコート、羽織はジャケットやカーディガンです。
道行きは汚れを防ぐために着るものなので、よそのお宅に伺うなら玄関前で脱ぎます。
これは洋装でも同じことですね。
コートを着たままお座敷に座りません。
反対によそのお宅の応接間で、勧められてもいないのにジャケットを脱ぐ人がいますか?
そんなことをしたら、「この人なんだか馴れ馴れしい」って思われてしまいます。
ビジネスマンならお客さんが訪ねてきたら、スーツの上着を着て、ボタンを留めてから応対するのと同じです。

羽織や道行きもやはり季節のものがあります。

真夏は紗や絽などのシースルーの生地で単衣仕立にします。
4~5月、9月終わりから10月半ばは、夏生地以外で単衣仕立てにします。
秋から冬は透けない生地を袷仕立てにします。
さらに真冬には綿入れ羽織にもできます。
これは真綿をごく薄く入れたもので、ほんの少しふっくらしてあたたかいのです。
鹿の子絞りの羽織も空気の層ができるせいか、すっぺりした生地の羽織よりもあたたかいものですよ。

秋から春に帯付では・・・というのは、季節的に寒々しく見えておかしい、ということではないかと思っています。
洋服でさえ、寒い季節にコートを着ずに歩いていたらみすぼらしく見えます。
季節感を大事にする和装ならなおさらだと思いませんか。

おっしゃる通り、桜の季節、日差しが明るくなったら帯付で十分なのですが、
個人的にはGW前までくらいは薄いストールくらいは羽織った方がかっこいいと思っています。
洋服ならUネックのワンピースに春っぽいカーディガンでも体感は寒くないけど、
首周りがでていると寒々しく見えて物足りないので、ストールやスカーフをふわりとあしらうかんじ。

私の場合、単衣羽織や夏羽織は自分の楽しみですね。
だっておしゃれしたいんだも~ん!というワケです。
真冬にミニスカートの裏にカイロをたっぷり貼ったり、真夏に純白の編み上げブーツをはく若い女の子と変わりません。
もちろん暑いものを我慢して羽織を着たりする必要はないのです。
でも少しくらいなら我慢して、自分が素敵に見える(と自分が思う)格好をしたいだけなのです(^^;)ゞ
そんなことありませんか?

ここ5年ほどの間に羽織の人気も盛り返してきて、素敵な羽織紐なんかも手に入りやすくなりましたよね。
うれしいことです。
あとは羽裏なんかの種類が増えてくれればいいんですけど・・・。

羽織の上に道行きや道中着を着るのはアリです。
重ねる時は羽織が隠れる丈にしてくださいね。
コートの裾から羽織が見えているのはかっこわるいので・・・。

防寒だけでなく、羽織には「あらたまった服装にする」「ただのおしゃれ」、
道行きには「塵よけ」という役目もあります。

女性の正装には羽織は着ません。
だから留袖や喪服用の羽織というのはありませんよね。
礼装用のコートを着て、目的地で脱ぎます。

礼装するほどではないおでかけ(入学式の付き添いや盆暮のご挨拶など)の時に、
き...続きを読む

Q夏の着物を一式そろえるとしたら、単?絽?

こんにちは。

着物大好きな主婦です。もうすぐ35歳です。
手持ちの着物は全て袷です。

夏にも着物を着たい気分になってきたので、一枚だけ
買ってみようと考えています。

6月と9月は単、7月と8月は絽というイメージは
何となくあるのですが、おそらく自分としては
夏にはそんなに頻繁に着物を着ないと思います。
でも、ちょっとぐらいは着て出かけたくなると思うので、
もし、夏用の着物を一式、「ひとつだけ」そろえるとしたら、
何をそろえたら良いか、ご相談させてください。

まず、着物は単がいいか、絽がいいか、です。
6月や9月に絽を着てもおかしくないか、
あるいは、盛夏に単を着てもおかしくないか、など。

長襦袢は絽があればいいでしょうか?
半襟、帯揚げ、帯締めも絽があればいいでしょうか?

帯はどうでしょうか。

ちなみに、着るとしたら、ちょっとしたコンサートや
ショッピング、友だちとのランチなどですが、
もし6月~9月に結婚式があって着物で行くケースが
あった場合のために、付け下げなどにしたほうが
いいかもしれません、その場合のアドバイスなども
お願いいたします。

質問事項が多く、ご迷惑をおかけします。

よろしくお願いいたします。

こんにちは。

着物大好きな主婦です。もうすぐ35歳です。
手持ちの着物は全て袷です。

夏にも着物を着たい気分になってきたので、一枚だけ
買ってみようと考えています。

6月と9月は単、7月と8月は絽というイメージは
何となくあるのですが、おそらく自分としては
夏にはそんなに頻繁に着物を着ないと思います。
でも、ちょっとぐらいは着て出かけたくなると思うので、
もし、夏用の着物を一式、「ひとつだけ」そろえるとしたら、
何をそろえたら良いか、ご相談させてください。

まず、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。たしか以前にお会いしましたね?
着物生活を楽しんでおられるようですね。
夏にも着たい。こういう方はまだまだ少なくて着物マニアの私には嬉しいご質問です。
最初の夏ものは何が良いか?皆さん悩まれるところです。
そういう方が増えているせいでしょう。最近は単衣から盛夏まで通して着られる新製品が作られるようになりました。
まだ一般的に通るほどの流通量ではないため○○という製品ですとお答えするのは難しいのですが。
たとえば浜ちりめんの変わり織りなどがそれにあたります。

単衣は基本的に透けない着物です。盛夏の薄ものは絽や紗で知られるように透け感の強い着物です。
この「透け」の程度が単衣と薄ものを分ける要素ですが、最近は中間的な微妙な透け感の生地が開発されているのです。
透けるような透けないような、まさに単衣と薄ものの中間ですね。
それが変わり織りの夏物です。
他にはごく普段着になりますが綿シルクというものもあります。
名のとおり綿と絹の混紡です。これは自宅で手洗いできるメリットがあります。

また、絽ちりめんや竪絽(たてろ)は昔は単衣の時期と言われましたが、昨今は単衣から盛夏まで通して着られています。
絽ちりめんは絽目のあるちりめんです。竪絽とは、通常の絽が横に絽目が入るのにたいし縦方向に絽目の入った生地です。

以上にあげたものが単衣から盛夏まで着られる着物となります。
まず一枚目としては適したものになると思います。
またごくラフな用途であれば上等の浴衣を着物のように着るという方法もあります。

<6月や9月に絽を着てもおかしくないか、
あるいは、盛夏に単を着てもおかしくないか、など。

これは温暖化の事情もあり判断は人それぞれといったところです。
単衣の時期が前倒しされ5月くらいから着始めるのが最近の事情です。
そして6月でも真夏のように暑い日であれば絽を着る方もいます。
9月も残暑の残るうちは絽を着てかまわないでしょう。ただし下旬にもなれば避けたいところ。
紗は、やはり暑い盛りの着物ですから7、8月の限定にされたほうが、と思います。
普段着であれば麻や夏紬もおすすめしたいですね。
盛夏に単衣を着て悪いとは申しませんが、本当に暑い時期に単衣は着てられませんよ。
しかしフォーマルとなると、昨今は夏の結婚式でも袷を着る方が増えています。
空調のきいた場所であればそれも可能ですね。

<長襦袢は絽があればいいでしょうか?
半襟、帯揚げ、帯締めも絽があればいいでしょうか?

長襦袢は上に着る着物を考慮する必要があります。
正絹の絽や紗を着る場合にはやはり長襦袢も正絹の絽が良いでしょう。
とくに紗の着物は完全に長じゅばんが透けて見えますから気を抜けません。
麻や綿麻、夏紬などかたい着物を着る場合には何と言っても涼しさ一番の麻の襦袢がおすすめです。ほかに綿や綿麻の襦袢もあります。
これらは自分で洗えるのが魅力です。
麻にも絽麻と平織りの麻がありますが、平織りであれば夏以外の暑い日にも着られて重宝です。
下から薄くしてかまわないので単衣にも絽や麻の襦袢を着て差し支えありません。
半襟、帯揚げ、はやはり絽を用います。正絹、化繊、麻や綿麻などあります。着物にあわせて選びます。
帯締めは夏専用のものでなくてかまいません。
暑苦しさを感じない色や太さのものであれば袷と共用できます。
レースなど特別に夏用に組まれたものがありますが、それを使わなければいけないわけではありません。

帯は単衣には袷用の中から薄手のものを選んで締めますが、6月後半ごろからは夏帯に変えたほうが良いでしょう。
盛夏には夏帯です。夏帯とは絽や紗をはじめ素材が夏用に薄く織られたもので、袷同様にフォーマルとそれ以外があります。
ですから着物や場にあわせてどんな帯を締めるか考える必要がありますね。

また、附け下げにした方がよいか紬や小紋にしたほうが良いかは、やはり着る頻度で決めることだと思います。
フォーマルと普段着の共用ができないのは袷となんら変わりません。
普段には着ないからこそフォーマル、なのですから。
ランチやショッピングに着る着物と結婚式の着物は別にすることをおすすめします。

こんにちは。たしか以前にお会いしましたね?
着物生活を楽しんでおられるようですね。
夏にも着たい。こういう方はまだまだ少なくて着物マニアの私には嬉しいご質問です。
最初の夏ものは何が良いか?皆さん悩まれるところです。
そういう方が増えているせいでしょう。最近は単衣から盛夏まで通して着られる新製品が作られるようになりました。
まだ一般的に通るほどの流通量ではないため○○という製品ですとお答えするのは難しいのですが。
たとえば浜ちりめんの変わり織りなどがそれにあたります。

単...続きを読む


人気Q&Aランキング