人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

Wordで画像を左にいれ、その右に表を入れようとしたのですが。右側に表のあるところに、左に画像を挿入すると表が画像の下に移動し画像と表を同列にいれられません。どうすればよいのでしょう。画像をいろいろ動かしていたら、一応入ったのですが、今度は画像も表も動かせなくなりました。(図=犬マ-ク)が作動しません。すこし図と表を移動したいのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

画像を右クリック→図の書式設定→レイアウト→前面→OK


これで画像の位置は自由になります。なので、次のページなど適当なところに置いておきます。
そして、罫線の位置を調整して、左に空間を作ります。そこにさっき移動してあった画像を持ってきます。
    • good
    • 0

こんにちは。


>(図=犬マ-ク)が作動しません。
と言うことは、図の書式設定でも、レイアウト選択できない状態でしょうか?

表と図、両方に配置の設定があります。
表の配置も調べてみてください。
表の上で右クリック→表のプロパティ→表
で、表の配置、文字の折り返し(する)をお試しください。

ご質問のカテゴリXPから、Office2002,2003としてお答えしましたが、
それ以前でしたら(表のプロパティは無かった?ので)ご免なさい。
    • good
    • 0

ワードの表は配置の自由度がとても低いです(97ですが)。


わたしはテキストボックスの中に表を入れています。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QExcelで作ったグラフをWordに貼る

Excelシートで作った2つのグラフを
Wordに横に2つ並べて貼りたいのですが、
〔CTRL〕+C 〔CTRL〕+V で1つずつ貼り付けるとWord上で並列に並べられず困っています。
Excelシート上でグラフを横に並べて、セルごとコピーしたら
一応貼れたのですが、Word上に余計な線が入ったり、文字が見づらくなったりと
いろいろと不都合が発生しています。
何か良い方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

まず、Exelで作成したグラフをWordに貼り付けたい形にします。(グラフを横並びにする)
そして、2つのグラフを同時に選択(一方のグラフをマウスでクリックしてもう一方のグラフを〔Ctrl〕+クリック)
それからどちらかのグラフ上で右クリックしてコピーを選択し
Wordシートを出して貼り付けたい場所で右クリックして貼り付けを選択
あるいは〔Ctrl〕+Vで貼り付け。でどうでしょう?
参考になればいいですが。

Q相関係数についてくるP値とは何ですか?

相関係数についてくるP値の意味がわかりません。

r=0.90 (P<0.001)

P=0.05で相関がない

という表現は何を意味しているのでしょうか?
またMS Excelを使ってのP値の計算方法を教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

pは確率(probability)のpです。全く相関のない数字を組み合わせたときにそのr値が出る確率をあらわしています。

統計・確率には100%言い切れることはまずありません。というか100%言い切れるのなら統計・確率を使う必要は有りません。
例えばサイコロを5回振って全て同じ目が出る確率は0.08%です。そんな時、そのサイコロを不良品(イカサマ?)と結論つけるとわずかに間違っている可能性が残っています。ただ、それが5%以下ならp=0.05でそのサイコロは正常ではないと結論付けます。
それが危険率です。(この場合はp=0.1%でもいいと思いますが)
相関係数においても相関の有無を結論つけるにはそのrが偶然出る確率を出すか、5%の確率ならrがどれぐらいの値が出るかを知っておく必要が有ります。

>r=0.90 (P<0.001)

相関係数は0.90と計算された。相関がないのに偶然r=0.90 となる確率は0.001以下だと言ってます。

>P=0.05で相関がない

相関がないと結論。(間違っている確率は5%以下)だと言ってます。

エクセルでの計算ですが、まず関数CORRELを使ってr値を出します。xデータがA1からA10に、yデータがB1からB10に入っているとして

r=CORREL(A1:A10,B1:B10)

次にそのr値をt値に変換します。

t=r*(n-2)^0.5/(1-r^2)^0.5

ここでnは組みデータの数です。((x1,y1),(x2,y2),・・・(xn,yn))
最後に関数TDISTで確率に変換します。両側です。

p=TDIST(t値,n-2,2)

もっと簡単な方法があるかも知れませんが、私ならこう計算します。(アドインの分析ツールを使う以外は)

pは確率(probability)のpです。全く相関のない数字を組み合わせたときにそのr値が出る確率をあらわしています。

統計・確率には100%言い切れることはまずありません。というか100%言い切れるのなら統計・確率を使う必要は有りません。
例えばサイコロを5回振って全て同じ目が出る確率は0.08%です。そんな時、そのサイコロを不良品(イカサマ?)と結論つけるとわずかに間違っている可能性が残っています。ただ、それが5%以下ならp=0.05でそのサイコロは正常ではないと結論付けます。
それが危険率です。(この場...続きを読む


人気Q&Aランキング