最新為替レート(今はドイツマルク)について表示しているホームページを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

東京三菱銀行の「金利外国為替情報」は


どうでしょうか?
ドイツマルクの販売、買い取りレートが
出ています。

http://www.btm.co.jp/cdocs/list_j/kinri/index.htm

参考URL:http://www.btm.co.jp/cdocs/list_j/kinri/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

目的は達成されました。
ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分りやすいホームページでした。
ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q骨髄穿刺(マルク)ついてですが・・・

骨髄穿刺(マルク)についてですが
ここでも何回か相談させて頂いているのですが、白血球が上がったり下がったりで
最高に高い時は白血球が9800までいっており、こちらの回答者様や今通ってる病院の先生からも多分問題ないとの事で一先ずは安心したのですが、やはり色々検索していく内に不安感が増してきまして、本日某大学病院の血液内科を受診しました。

(いままで通っていた病院は血液内科が無かった為)

そこで再度採血をしまして検査結果は色々複合的に検査するみたいで10日位かかるそうです。
今の所タバコが原因じゃないかなぁ~?ともおっしゃってました。
そこで結果が悪ければ骨髄穿刺(マルク)をやるかどうか決めましょう。
という事で帰って来たのですが・・・悪ければって言う意味がどういう状態を指してるのでしょう?
仮にまた9800位の数字が出れば骨髄穿刺(マルク)はやるのでしょうか?
それとも2万位にならないとやらない物なのでしょうか?
正直かなりビビってます。
かなり痛い検査と先生がおっしゃってたので結果が分かるまで落ち着かず、ここで教えて頂きたいとおもいまして・・・。
詳しい方、回答よろしくお願いいたします。
38歳・男・一日10~15本の喫煙者です。

骨髄穿刺(マルク)についてですが
ここでも何回か相談させて頂いているのですが、白血球が上がったり下がったりで
最高に高い時は白血球が9800までいっており、こちらの回答者様や今通ってる病院の先生からも多分問題ないとの事で一先ずは安心したのですが、やはり色々検索していく内に不安感が増してきまして、本日某大学病院の血液内科を受診しました。

(いままで通っていた病院は血液内科が無かった為)

そこで再度採血をしまして検査結果は色々複合的に検査するみたいで10日位かかるそうです。
今の...続きを読む

Aベストアンサー

白血球数は関係ありません。異型性をみたり、bcr-ablがあるかどうかを見ていると思います。その結果次第でしょう。小学校低学年の子供でも慣れると泣かない子もいます(かえって、かわいそうになりますが)。

Qドイツマルク対円の過去の為替相場

1985年からユーロが導入されるまでの各月の平均ドイツマルク対円の為替相場を調べようと思いましたが、検索サイトで「過去」「ドイツマルク」などで検索しまくりましたが古すぎるのか、ヒットしません。
どなたかよいサイトをご存知の方がおられれば教えていただければ嬉しいです。

Aベストアンサー

過去の為替レートを調べる場合、私は以下のサイトをよく使っています。カナダのブリティッシュコロンビア大学のものです。利用はありがたいことに無料で登録なども必要ありません。
http://fx.sauder.ubc.ca/data.html

米ドルやユーロ、日本円といったメジャー通貨のみならず、普段まず名前を聞かないようなマイナー通貨まで網羅されていて大変重宝します。しかも任意の2通貨間のレートを直接計算してくれます(対米ドルレートを経由して換算するような手間がない)。
ユーロ圏旧通貨についてのデータもちゃんと収録されています。ドイツマルクやフランスフランはもちろん、ギリシャドラクマやポルトガルエスクードのデータもあります。

データの時間的な刻みは1日/1週間/月平均から選べます。1日ごとと1週間ごとの場合は一度に取りだせるのは最大4年分ですが、今回のご希望は月平均とのことですからこの制限はないですね。

早速(西)ドイツマルクの対円レートについて試し、1985年からのデータが得られることを確認してあります。どうぞご活用下さい。
(ユーロ導入以降についても、公定レートでユーロ→ドイツマルクの換算を行って、形式的にではありますが数字を出してくれるようです)

参考URL:http://fx.sauder.ubc.ca/data.html

過去の為替レートを調べる場合、私は以下のサイトをよく使っています。カナダのブリティッシュコロンビア大学のものです。利用はありがたいことに無料で登録なども必要ありません。
http://fx.sauder.ubc.ca/data.html

米ドルやユーロ、日本円といったメジャー通貨のみならず、普段まず名前を聞かないようなマイナー通貨まで網羅されていて大変重宝します。しかも任意の2通貨間のレートを直接計算してくれます(対米ドルレートを経由して換算するような手間がない)。
ユーロ圏旧通貨についてのデータもちゃん...続きを読む

Q持参金のマルクの価値

トーマス・マンのブデンブロークに娘の持参金を相手に交渉している場面がありました。大商人が自分の娘を嫁にやるときに”うちは原則7万マルクだけど1万マルク上乗せして8万マルクでどう”、みたいな話を婚約者にして、相手が”まあいっか”みたいな応答だったのです。
19世紀の中ごろでこのお金ってどれくらいの価値だったのでしょうか?

Aベストアンサー

wikiの情報ですが、

マルク(Mark)は、本来は金や銀の質量を量る単位で、広く西欧で使われていたそうなので、どの国かにもよるのでしょうが、ドイツということで計算してみました。

19世紀=1800年代ですから、金マルクを参照します。
これによると、1マルク=純金358mgだそうです。

ここからはざっくりになりますが、
現在パチンコの景品の金は、1g=5000円で計算されています。
これが、景品の金の純度はどうか、市場価格とどれほど差があるか、当時と今の金の価値、物価の違いなどは除外させてもらいます。

5000(円/1g)×0.358(g/1マルク)=1790円

となり、
1万マルクは17,900,000円ということになります。

話に合わせるとつまり、通常1億2530万円のところ、1億4320万円の持参金でどうだ、ということになるようです。
すごいですね。

Q今でもドイツマルクの両替は出来るでしょうか。

タイトル通りなのですが、タンスから820ドイツマルクが出てきました。
日本ではもう両替できないと色々なサイトで言われているのですが、日本で両替をする手段はもうないのでしょうか。

Aベストアンサー

おばさんです。
ドイツ連邦銀行の東京支店では 半永久的にマルクを両替してくれます。
その他の情報は そこに電話して聞けばよいでしょう。

Qレンテンマルク以前のマルクは?

ドイツでハイパーインフレが起こってレンテンマルクになったことは知っているのですが、ハイパーインフレが起こる前はなにマルクだったんですか?調べても金マルクとか紙マルクとしかわかりませんでした。正式名称を知っている人いたら教えて下さい。

Aベストアンサー

単に「マルク」ではなかったのでしょうか。
インフレがすさまじくなってパピエンマルクという超高額紙幣が発行されましたが額面は「マルク」です。

Q為替レート・SPレートについて

この前初めて海外旅行へ行きました。
両替の際レートが120円くらいで両替したつもりでしたがレシートを見たら136円くらいで取引されていました(>_<)見るとSPレートと書いてあったのですが、
SPレートというのはいつ、どこで両替しても付いてくるものなのでしょうか?
私としては一般に表示されているレートで両替されると思っていたのでとても損をした感じでした。
なるべく損をしないで両替をする方法などありましたら教えてください。・゜・(*ノД`*)・゜・。

Aベストアンサー

それはEUROを日本円に交換したのではありませんか、
それなら特に損と言うことはありません、
もしドルを日本円に交換したのなら銀行の間違いです
明日レシートをもっていけば計算し直してくれます、
銀行ならば交換レートはほぼ同じです、東京三菱は
わずかながら手数料が安いです。
本日のレートを参考にして下さい。貴方が
$100-買いで(=\12,103-)$100-売りで(=\11,523-)です、
Euro100-買い(=\15,069-)Euro100-売り(=\13,569-)です。
Euroは手数料が高いですが、しかたがありません、
日本の主な銀行はどこも同じです。
120円と思ったと言うことはドルの事ですね、
それなら銀行の間違いです、銀行にはSPレート
なるものはありません。
とにかく、一般人が銀行で両替すれば特に損得はありません。

Q1マルクは日本円でいくらですか?

1マルクは日本円でいくらですか?

現在、1マルクは日本円でいくらですか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

紙くずにはなりませんが、ドイツに行かないと両替が出来ないと思います。ドイツ各州の中央銀行(日本でいう日銀)でのみ取り扱いです。ドイツの市中銀行では 取り扱いを止めました。

Qドルと円の為替レート表示が一番早いサイトは?

Yahooファイナンスはロイターからドルと円のレートを
とってきているようです。では、ロイターはどこからとってきているのでしょうか?
あるいは、一番早くに表示してくれるのはどこなのでしょうか?

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%A4%96%E5%9B%BD%E7%82%BA%E6%9B%BF%E5%B8%82%E5%A0%B4
にあるような主要な取引所ではないでしょうか?ロイターがどちらを採用しているのかはちょっと分かりませんでした。また、一番早くとなると、その取引所から直接データを売って貰うしかないのではないかと思います。
もっと言えば、そのデータセンターから物理的に近い場所の方が早く最新のデータを見られると思います。
国際電話が遅延するように、電気の速度も離れていれば表示が遅れますからね。コンピュータを使えばその遅延時間の間に何億円以上物取引が出来ますからね

Q造血幹細胞と骨髄幹細胞の違いと分離は可能

メディアが下記のような内容を報道しています。

埼玉医科大の許教授と五条理志(さとし)講師らのチームが骨髄細胞を用いた心臓再生治療を実施。…中略… 治療は、患者本人の骨髄を採取。骨髄有核細胞を遠心分離器で分離し、カテーテルを使って壊死(えし)していた心臓の左心室の冠動脈に移植した。… ただ、今回のケースで効果が上がった理由は許教授らも分からず、今後メカニズムを解明するという。

そこで,これは一種の骨髄移植と同じようなものかと思い骨髄移植を検索しますと,骨髄には造血幹細胞と骨髄幹細胞があり,一般的な骨髄移植とは造血幹細胞移植とするものと骨髄幹細胞移植とするものがあります。

ここで質問ですが,造血幹細胞と骨髄幹細胞の違いとはどのようなものなのでしょう。造血幹細胞は呼んで字のごとしと思いますが,骨髄幹細胞は確か他の組織細胞にもなれるものですよね…?。

白血病の治療等は,造血幹細胞移植でしょうか,それとも骨髄幹細胞移植なのでしょうか。素人考えでは造血幹細胞があればよい気がしますが… 医学は無縁の人間ですので手元に成書もなく,ネット検索しても医学界でも混乱があるのでしょうか違いがよく分かりませんね。

心臓の再生医療は,造血幹細胞ではなく骨髄幹細胞でないと意味がないのではと思いますが…

それとも造血幹細胞と骨髄幹細胞を分離できないか,その必要がないために,一般的な骨髄移植は両幹細胞を移植しているのでしょうか。
ご教示ください。

メディアが下記のような内容を報道しています。

埼玉医科大の許教授と五条理志(さとし)講師らのチームが骨髄細胞を用いた心臓再生治療を実施。…中略… 治療は、患者本人の骨髄を採取。骨髄有核細胞を遠心分離器で分離し、カテーテルを使って壊死(えし)していた心臓の左心室の冠動脈に移植した。… ただ、今回のケースで効果が上がった理由は許教授らも分からず、今後メカニズムを解明するという。

そこで,これは一種の骨髄移植と同じようなものかと思い骨髄移植を検索しますと,骨髄には造血幹細胞と骨...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
造血幹細胞の分離はつい最近までは出来ませんでしたが、今日では、CD34 という細胞表面にある物質を標識にして自動的に分離するシステムが出来ています。
http://www.nihonkohden.co.jp/iryo/products/cell/01/300i.html

ただし、これは純粋な意味での「造血幹細胞」ではありません。
同ページの注意書きにもありますが、血管内皮前駆細胞という血管の元の細胞もこの CD34 を持ってます。
今回はこれが有効に働いた可能性がかなりあるでしょう。

また注意書きにもある通り、0.1% の他の細胞が混入しますので、「完全に分離」ではなく、「濃縮した」が言葉の意味から言えば正しいわけです。

こういったシステムで分離(濃縮)した細胞を用いた移植を「造血幹細胞を用いた」と表現してるのだと思われます。

簡易的に骨髄液の濃縮に用いられる遠心分離では、造血幹細胞と骨髄幹細胞の分離は出来ないので、この場合は両方が入ってる物を入れたという事になります。

一般的な骨髄移植では、造血幹細胞と骨髄幹細胞を区別する意味はないので、特に区別してやる事はないと思いますが、自家移植の場合の腫瘍細胞の除去や他家移植の場合のリンパ球除去などは、再発防止やGVHDなどの副作用防止に有効なので、ある程度分化した細胞を除去する為に、先のような機材を用いた治療も行われています。

こんにちは。
造血幹細胞の分離はつい最近までは出来ませんでしたが、今日では、CD34 という細胞表面にある物質を標識にして自動的に分離するシステムが出来ています。
http://www.nihonkohden.co.jp/iryo/products/cell/01/300i.html

ただし、これは純粋な意味での「造血幹細胞」ではありません。
同ページの注意書きにもありますが、血管内皮前駆細胞という血管の元の細胞もこの CD34 を持ってます。
今回はこれが有効に働いた可能性がかなりあるでしょう。

また注意書きにもある通り、0.1% の他の細...続きを読む

Q為替レートについて教えて下さい(初歩)

 詳しい方には、あまりに簡単な質問かと思いますが全くわからず困っています(汗)
 今、ネットでカードを使って買い物をしようとしています。
 そこで質問なんですが、
☆注文金額10.605円 
☆クレジットカード決済額126.40 
☆本日の為替レート83.90
☆オーストラリアドルにて計算

 これで結局支払いはいくらになるんでしょうか?
 12.640円!?そんな馬鹿な第一、点のある場所が違うので計算の仕方があるんでしょう。
 為替レートであちこちサイトを検索しましたが、難しすぎてちんぷんかんぷんです(涙)

 私としては1万円を超える買い物は高額な部類に入るので失敗したくありません。
 怖くて注文フォーム送信できません。どなたか教えて下さい(泣)

 やさしく教えてくれるサイトなどもありましたら合わせて教えていただきたいです。お願いします。

Aベストアンサー

恐らく、決済額が 126.40 AU$(オーストラリアドル)で、仮に本日のレート(1AU$=83.9円)で計算すると、日本円になおして10,605円です、ということです。
実際はカード会社が請求書を起こす日のレートで換算する上、わずかながら手数料を上乗せするのが常です。 日本円で実際にいくらかかるのかは、請求書(明細書)が届いてみないことには分かりません。
しかしいくら手数料上乗せとはいっても、5円も乗せればいいところでしょうから、仮に1AU$=90円で計算したところで、126.4×90=11,376円ですね。
その間ではないでしょうか


人気Q&Aランキング

おすすめ情報