この前、リバーブ搭載のマルチエフェクタを買いました。しかしそのエフェクタのリバーブはただ残響してるだけなんです(そりゃ、そうですが…)

もしかすると「リバーブ」というエフェクトを勘違いしているかもしれませんが、私が欲しいのは、たとえば個室で録音した楽器の音を、ホールで演奏しているような音にしたいんです。

ホールシミュレーターみたいなリバーブ(?)を探しています。情報よろしくお願い致します。

A 回答 (3件)

ホールの残響というのは、音源から発せられた音がホールのいろいろな方向の壁、天井から反射して、ディレイがかかって、直接来る音より遅れて、またエネルギーが減少して来るので、包み込まれるような感じがするわけです。


その反射の具合をいかに心地よくするかが、ホール設計のポイントになるわけです。

エフェクタのリバーブはこの残響をシミュレーションして、原音データに加工した残響データを付加して、ホールでの残響のようにするもので、高い機器ほど、この残響をつくるディレイの数と質が多数あるわけです。多数あれば、ホールの多数の方向の壁をシミュレーションできるので、残響も本物に近づきますが、安い機器では、ディレイの数が限られているので、つるつるの壁が数枚しかないようなホールしかシミュレーションできないのです。

おすすめはスタジオで使うようなリバーブ専用機を使用することです。
    • good
    • 0

プリセットの音で満足行かないのでしたら、エディットで少しいぢってみたりされたらいかがですか?


それでもイマイチでしたらディレイを加えてみるとか。実際市販のCDで聴いている音楽は、残響系だけでもリーバーブ+ディレイ+ステレオコーラスとか複数のエフェクトを使っているケースが多いみたいです。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/index.html
ちなみに、このページの掲示板は、周辺機器に関してはかなり参考になる会話が見れますよ。

参考URL:http://www.soundhouse.co.jp/shop/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど…。重ねるんですね。ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/25 13:17

マルチエフェクターにもよりますが,


リバーブエフェクターにはさまざまなリバーブ環境をシミュレートしていますが,
大抵のリバーブには「ホール」や「ルーム」等のプリセットセッティングがあるんですが…。

この回答への補足

はい、HALL、ROOM、PLATEがありますが、どうもホールっぽくないんです。ただ反響してるだけのような…。

もっと、ホールで聞く、包み込むようなリバーブが欲しいんです(コーラスじゃないです)

やっぱりもっといいのを買わなくちゃいけないんでしょうかね?(ZOOMのRFX-300、8000円…(汗))

補足日時:2001/10/25 02:17
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【ギター用エフェクタ】コーラスとリバーブ

質問というか、エフェクタを紹介して頂きたくて投稿しました。

現在ジャズギターをやっていまして、

 ギター
   ↓
 リバーブ&コーラス
   ↓
 フェンダー系アンシミュ
   ↓
 リバーブなしのハイファイ系アンプ

このように繋ぐことがほとんどです。

で、リバーブとコーラスは現在bossのコンパクトを
2台使用しているのですが、
これを一台で制御できれば便利だなぁと思ってます。

浅く補助的にかけるだけなので
それほど音にこだわりはないのですが、
そんな製品はないでしょうか?

現行品でご案内頂けると助かります。

Aベストアンサー

フェンダー系アンシミュというのがよくわからないのですが、

・Fenderアンプ一発というのはいかがですか。リバーブに強いアンプを持っていますよね。
・「ギター」→「空間系も気に入るアンシミュ」→「アンプ」
というのではどうでしょう。

持ち運びに便利、セッティングに便利というメリットが産まれると思います。

Qエレキギタ-の離弦の残響音のミュ-トについて

色々な方が質問されていますが、回答の中に一度に離弦するのではなく(プリングオフ状態)ではなく、少し浮かし消音後離弦すればよいとの回答がありました。でもそうすればスタッカ-トの様な音になってしまいます。スタッカ-トの様な音にならずミュ-トするなんて出来るのでしょうか?
複数弦を上下する場合さほど気になりませんが、スケ-ルの様な低音部から高音部へ行ったら(又はその逆)なかなか戻って来ない場合、雑音がひどくてどうにもなりません。その場合は上(低音)から下(高音)へ右手のブリッジミュ-トを移動して消音するしかないのでしょうか?カッテイングの右手ミュ-トの紹介は多々ありますが、単音のミュ-ト紹介は見たことがありません。
どなたかよい方法をご存じありませんか。宜しくお願いいたします。
ちなみに、私はサムピックを使ったフィンガ-ピッキングです。

Aベストアンサー

40年近くギター弾いてます。
逆の練習をすると良いと思いますよ。
音を鳴らさない練習。
確実に弦をヒットさせるのですが、音はミュートされてる。という練習。
主に右手の腹ミュート練習ですね。
ただ、サムピックプレイヤーという事ですのでどうしても高音部(123弦)がかなり難しいですが、親指と人差し指のみで弾くという事の限定で有れば難易度は上がりますが、通常のピック持ちの時と変わらずに腹ミュートは出来ます。
心がける事は小指をピンと伸ばす事です。
コレで腹から小指にかけて長いタッチ領域を確保出来ます。
6~1~6弦までスケールを弾きながら、何度も弾いて完全にミュート出来るまで。
長年やってると自然に身に付く技術なので気にした事は無かったですが、多少手首位置が上下(3弦分位の幅1~2cm?)はしますが右手首の返しだけでピッキング出来る様になります。

実際に私が無意識でやってる事ですが、ミュートに関して解剖すると、1~3弦のスケールでは左手の親指と右手腹、更に中指、薬指、小指などで鳴っている音(延ばす音など)の場合、危うい場面では人差し指をバーポジションにしてミュートしていました。
しかし、早いフレーズなどはそうも行かないので、そうした時に上記の腹ミュートが役に立ちます。
また、234弦などでは1弦が腹ミュートでは出来ませんので、左手人差し指の腹が常に高音部をミュートしています。
56弦のミュートは常に腹ミュートとポジションにも寄りますが左手親指がミュートしてるので問題は皆無です。
低音部456弦のフレーズでの123弦などは左手人差し指がバーポジションになってミュートしていますし、6弦では手首を浮かせる為に右手小指で支持して尚且つ小指腹を123弦にタッチさせるなどしています。
この様に無意識ですが、解剖するとへぇ~と思う様な細かい事をしてるんですね。
恐らく長い経験の中でのライブや練習でのミスが自然とそうさせたのだと思います。
勿論、皆んなが皆んなこういう風にしているとは思ってないので、1つの参考として役に経てばと思います。
>右手のブリッジミュ-トを移動して消音するしかないのでしょうか?
ブリッジミュートというか右手の位置はサドル上かそれよりも前(弦の上)に手を置きます。サドル寄りも後ろには置きません。
玉にその様な人も居ますが、ミュートが完全では無いと思います。

始め経ての中学の頃はむしろちゃんと押えられなくて音が出ない時の方が多かったです。
ミュートとか全く考えて居ませんでした。
中級になりバンドする頃になると左手寄りも右手のリズムや左手とのコンビネーションとシンクロなど右手の方が難しくなってきてコチラの方が長く時間が掛かりました。
上級位になるとつくづくギターはリズム楽器なんだという事を思い知らされました。
やっぱり音楽=リズム&グルーヴです。
道のりは長く終わりは有りませんが、続ける事に意味が有ると思います。
頑張って下さいね。^^

40年近くギター弾いてます。
逆の練習をすると良いと思いますよ。
音を鳴らさない練習。
確実に弦をヒットさせるのですが、音はミュートされてる。という練習。
主に右手の腹ミュート練習ですね。
ただ、サムピックプレイヤーという事ですのでどうしても高音部(123弦)がかなり難しいですが、親指と人差し指のみで弾くという事の限定で有れば難易度は上がりますが、通常のピック持ちの時と変わらずに腹ミュートは出来ます。
心がける事は小指をピンと伸ばす事です。
コレで腹から小指にかけて長いタッチ領域...続きを読む

Qギターアンプのリバーブユニット(リバーブタンク)の交換

ギターアンプのリバーブユニットを交換しようと思っています。
機種はVoxのpathfinder15rです。
現在のリバーブの効きが浅めなので、もっと深く効くユニットに交換しようと考えています。
現在のユニットには、入力が600Ω、出力が2.2KΩと表記されています。
交換する際もこの数値があっていなければならないのでしょうか?
また、この数値と効き具合には関係があるのでしょうか?

Aベストアンサー

抵抗値は大体で良い。
各ユニットの特徴(音色傾向、感度等)によるところが大きい。
付加的な機能なので程ほどで良い、現状で十分の筈。
現在ではエフェクターでも機能させられるので、特に「やってみたい」以外は一考を。
現状回路をいじるだけでも、ある程度、変えられます。

Qアームの残響音

ギターのアームスプリングに音が伝道して
残響音が起こります。
違和感があるため、なんとかしたいのです。

買った当初は、こんなことは無かったのですが
弦交換の際に、いじってしまたためだと思います。

今まで、レスポールタイプしか持っていなかったので
アームのセッティング方法がわかりません。。

初歩的な質問かもしれませんが、ご教示のほどお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

リン直ですが、どうぞ。
http://music.geocities.jp/m32plus/bimi/trespring/trespring.htm

Qリバーブは個別にかけた方がいい音がするでしょうか

DTMで、オーケストラをやっています。

トラックすべてをエフェクトセンドに送って、そこにリバーブをかけています。つまりトラック全体にリバーブをかけています。

最初、FREEVERB TOOを使っていたのですが、SIRの存在を知って使いはじめたのですが、全体にかけると音がぼやけてしまいます。それでトラックひとつひとつにかけたらどうだろうと思ったのですが、トラックひとつひとつにかけたら、音は全体にかけるより良くなるでしょうか?

Aベストアンサー

答えとしては
「ケースバイケースです」
です。
マジで、これしか言いようがないです。

ただ、オーケストラ的に音場感を出すなら、全体にリバーブを掛けるのが基本形といえば基本形。
むしろ「全体にリバーブを掛けるが、音がぼやけないギリギリを狙う」というのが、一つのミックスダウン上のワザですね。

トラック一つ一つに掛けると言うよりは、細かいワザとして、「前の楽器群」「中程の楽器群」「後ろの楽器群」的にグループ分けして、グルーブ毎にリバーブを掛ける量(エフェクト送り量)を細かく調整するとか、大音量を出す楽器(群)は、大音量時にはリバーブ少なめ、通常時は普通…というように、曲中でも個別にリバーブ量を増減させるとか、そういった小技の集合体にしていくことも考えてみるべき。

そういう「リバーブの小回り確保」のために、個別もしくはグルーブ毎にリバーブを掛けるのは、有りといえば有りです。
が、あんまりやりすぎると、また複数のリバーブユニットを据えると『リバーブ音同士がケンカして、全体のボケ味が制御不能になる』ということもありますので、そこんとこはやりすぎは禁物です。

あと、音源使っておられるなら、音源音色によって、オリジナル元音状態で音自体に残響感があるもの、無い物、大きい物、タイトなもの…が有ると思いますから、音源音色に応じたリバーブ送り量というものもしっかりチェックしていく必要はあります。

また、近距離に置きたい楽音は、リバーブではなくショートディレイで処理したり、アーリーリフレクションだけ調整して、最後の最後に全体に薄くリバーブ掛けて一体感を出す…なんて手法もありますね。

とにかく、一つ一つにリバーブを掛けるのは、利点もないではないですが、ミックスは足し算なので、単音で調度良い感じに仕上げても、全部混ぜると「ウヲンウヲン」唸って収拾がつかなくなる危険性がつきまといます。
個別でも全体でも、「総合ミックスの結果がどうなるか」ということは、絶えず念頭に置く必要があります。
その意味では、リバーブは非常に手間の掛かる「魔物のエフェクト」です。

答えとしては
「ケースバイケースです」
です。
マジで、これしか言いようがないです。

ただ、オーケストラ的に音場感を出すなら、全体にリバーブを掛けるのが基本形といえば基本形。
むしろ「全体にリバーブを掛けるが、音がぼやけないギリギリを狙う」というのが、一つのミックスダウン上のワザですね。

トラック一つ一つに掛けると言うよりは、細かいワザとして、「前の楽器群」「中程の楽器群」「後ろの楽器群」的にグループ分けして、グルーブ毎にリバーブを掛ける量(エフェクト送り量)を細かく...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報