プロが教えるわが家の防犯対策術!

はじめまして。二眼レフカメラ初心者のものです。

この前ヤシカの二眼レフカメラを手に入れて現像にだしたのですが。(いわゆる普通のカメラ屋です)
6×6の正方形でなく、普通の写真のサイズ(長方形)で現像されて戻ってきました。

フィルムなどは間違いのない選択もしましたし、カメラの設定も6×6で設定したんですが・・・・

写真もなんか引き伸ばされた感じでいまいちでした。

6×6の現像をしてもらうためにはなにかこちらで説明して渡さないといけないんでしょうか?

なにせ初心者なもので教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 確認させてもらいます。


 現像されたフィルムには、6x6の正方形になっていますか。
 6x6になっていなければ設定ミスかカメラの故障です。
 故障の場合多分お持ちのカメラはかなり古いものなので購入された店にもしくは中古カメラ専門店に相談することになります。また古いカメラでも修理をしている業者も有ります。
URL:http://www.hir-net.com/link/photo/repair.html

 フィルムには6x6で記録されているのにプリントが一般的サイズだった場合。
 その店の対応は一般的なお店の対応かもしれません。
 フィルムのサイズと同じサイズにプリントしてもらいたい場合は「べた焼き」を頼みましょう。何コマかずつフィルムと同じサイズでプリントされてきくるので自分で切る必要があります。
 正方形で大きくプリントしたい場合はやはり店に相談しましょう。一般的な写真店ならば他の方がお答えのようにノートリミング(画像を全てプリントただし余白が多い)は受けてくれます。
 まれにお店によっては正方形の印画紙にプリントを受けてくれます。

 知識として
・フィルムの大きさと同じサイズでプリントするケースはまれです。
・フィルムに写っている画像と縦横比が同じプリントサイズは最近認識されだしました。
 写真の歴史と言うと大げさですが、昔は印画紙も高価なものだったので元の印画紙から裁断した回数でプリントの大きさは決まったようです。
 近年ではここの現像所によって独自のプリントサイズが生まれ、
最近は独創的なお店によっては独自のプリントサイズを作っている場合も有ります。
 これは写真に限らないようです。カードサイズと言っても多少の違いはあるようですし、衣料のS,L,Mは経験済みでしょう。

 したがって、フィルムに記録された画像の一部はカットすることを前提に撮影することが必要です。
 一般的な135ミリフィルムでは縦横比は2対3です。一般的プリントサイズのL判は89x127ミリ、2L判は127x178ミリ、KG判は102x152ミリです。 KGだけが2対3です。大きなサイズはお店よって多少違ってきますが、6切り203x254、6切ワイド203x305、4切り254x305、4切ワイド254x318と言った感じです。(感じです。)

 二眼レフの記録が6x6の正方形なのは聞いた話ですがカメラの形状上カメラを90度傾けて撮影することが困難なのが理由のようです。
撮影する時にプリント時に上下もしくは左右をカットすることを想定し撮影するカメラです。ファインダー内に目安になる線があるカメラもあるようです。
 プリントはまずべた焼きを依頼して希望のプリントサイズのプリントサイズの縦横比を念頭に置きプリント範囲を指定してプリントを依頼することになります。この時に明るさや色の調整の希望も説明します。
 残念ながら6x6のカメラは少数派なので知識の有る写真店も少数です。知識の有るお店か、親切なお店を探してください。
 
 正方形のプリントは特殊なのでお店によってかなり価格差があると思います。

 余談ですがデジカメの一般的記録縦横比はビデオカメラやモニターと同じ3対4です。一般的な紙のA4は210x297ミリ、B5は182x257ミリです。規格は色々あって面白いですね。
    • good
    • 0

Lサイズ付近のプリントに関して若干コメント


外注を受けて処理しているラボなどでは、カットされた印画紙ではなくて、短辺幅のロール状の印画紙に連続してプリントし裁断する事が多いようです。
この手の機械なら、長辺の長さは割と自由に設定できるので、正方形のプリント依頼も楽に処理されるようです。(プリントの値段も同じだったような)

(私が出しているところだと、ロール紙の都合か、何枚かに1枚の割で少し余白の多いプリントが混ざってきます。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさま詳しい回答ありがとうございます。
大変よくわかりました。
返事遅くなりましたがこの場を借りてお礼を言わせていただきます。

お礼日時:2005/09/02 18:36

現在、ほとんどのDPEサービスでは、


デジタルプリンターが導入されているため、
同じプリントサイズなら、35mmと画像精度は同じです。
中判で撮っても、特別綺麗になる訳ではありません。

中判の画質がほしい場合には、
手焼き、アナログプリントのサービスを行っている、
DPE店を探す必要があります。
    • good
    • 0

プリント処理しているところに大きく依存するようですね。



私が出している写真屋(ブローニのLプリントは富士フィルム系のラボへの外注処理)では、6X6で撮影したフィルムを「Lプリント」と指示すれば、10cm角位の正方形のプリントがもどって来ます。(価格は67をLプリントしたときと同じだったような)

もう一度、「正方形のプリント」と指示されては如何でしょうか。
    • good
    • 0

「カメラのキタムラ」では、ノートリミング指定で、プリント出来ます。


用紙サイズは、DSC(89×119mm)~ワイド四切(249×365mm)で、フロンティア(店内処理)によるデジタルプリントです。
ちなみに、私が利用する店では、DSL又はL版で1枚37円です。
    • good
    • 0

「ノートリミングでプリントして欲しい」と伝えればいいです。


が、普通の長方形のサービスプリントより割高になりますし
カメラ店によっては面倒くさいので「出来ない」という店もあります。

どのみち店内での処理はできませんから外注になりますので
個人で経営している店よりも大手の店のほうが融通が利きます。
ある程度カメラ店選びも必要になってきます。
    • good
    • 0

現像する場合はそのまま渡せばOKですが、ネガフイルムの場合は同時プリントにするかと思いますので、その時に6x6で撮影した事とトリミングをしない事を伝えます。


プリントだけすることも出来ますので、再度カメラ屋に持っていって試して下さい。
アルバイトの店員は詳しくない人も居ますので、注意してください。
    • good
    • 0

>6×6の正方形でなく、普通の写真のサイズ(長方形)で現像されて戻ってきました。


■現像ではなくてプリント(焼付け)が普通の写真のサイズ(長方形)ということでしょう。6×6(ブローニー判)のマスクが付かない焼付け機しかないところでは6×6では焼けませんので普通に出すとそうなります。

>写真もなんか引き伸ばされた感じでいまいちでした。
■35mmフイルムサイズ面をのみがプリントされたのでそう見えるのでしょう。

>6×6の現像をしてもらうためにはなにかこちらで説明して渡さないといけないんでしょうか?
■フイルムに合わせて真四角なプリントにして欲しい場合はそのようにして欲しいと言った方が良いです。装置を持っている所へ廻したり、価格も高くつくので言わないと今回のようにされてしまいます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2眼レフのカメラを頂いたのですが...

古い2眼レフのカメラを頂き、是非使ってみたいのですが、モノクロ写真をとる場合、自分で現像、プリントをしないとならないのでしょうか。一般の35ミリと違って、フィルムも高いし、簡単にパレットプラザのような店に出せないような気がします。現像はともかく、プリントとなると場所もお金も時間もかかるので、なかなかふみきれません。手軽にモノクロ写真を2眼レフで楽しめる方法を教えて下さいませんか?なお機種はローライのメーターなしf3.5です。古いものですが、十分使えるようです。

Aベストアンサー

お礼をありがとうございました。

◆暗室確保の件

夜、暗幕を張って部屋(現像液をこぼすという粗相が不安ならば、風呂場が望ましいですが)で作業という手もありますよ。モノクロならオレンジの暗いランプの下で作業できますので、不自由とは言えまだましだと思います。

◆補足

ローライは、コードであれフレックスであれ、今でこそ手ごろな価格になりましたが、超高級品出身です。

古くは、携帯カメラとしてスプリングカメラと二眼レフがそれぞれ競争していた時期もあります。私が生まれる前に大流行していたカメラですが、数台が家にありましたので、使用経験があります。
#前玉回転式の普及版二眼レフなどは実用性こそ疑わしいですが、郷愁豊かな代物です。

私が写真を少々かじりだした頃は、まだ国産のミノルタ・ヤシカ・マミヤの二眼レフが細々と生産されていた時期でした。ミノルタやヤシカの製品はローライの模倣ですが、マミヤはとんでもないレンズ交換式でした。今は、もうそれぞれが骨董品です。

最高級品として愛されたローライだけが、世紀を越えて生き残りました。

使ってみて驚くのは、やはり左右逆像であることです。使い道は、静物にあたる人物写真(無理してもスナップまで)や風景写真に限られると思います。その代わりに、一眼レフのようにファインダーから画像が消える瞬間が一瞬たりともありません。

構図を決めた時点で即時にピントと露出調整が終わり、シャッターを落とし込めばすべてが完了してしまう最近のオートカメラとは違い、ゆったりさを満喫しながら写真を撮ってみてください。

露光計(露出計)の入手も必須ですが、モノクロなら勘で撮れるようになれますよ。今の昼間ならISO100で1/125のF8とか……。ISO800ならもっと余裕が出ます。

お礼をありがとうございました。

◆暗室確保の件

夜、暗幕を張って部屋(現像液をこぼすという粗相が不安ならば、風呂場が望ましいですが)で作業という手もありますよ。モノクロならオレンジの暗いランプの下で作業できますので、不自由とは言えまだましだと思います。

◆補足

ローライは、コードであれフレックスであれ、今でこそ手ごろな価格になりましたが、超高級品出身です。

古くは、携帯カメラとしてスプリングカメラと二眼レフがそれぞれ競争していた時期もあります。私が生まれる前に大流...続きを読む

Q自分でフィルムを現像する方法

35mmのフィルムで撮った写真を自分で現像・プリントしたいと考えているのですが、薬品や機材はいくらぐらいするのでしょうか。また、暗室を作るのにはどうしたらよいのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要りません。

保存タンク:薬品を保存するためのタンクです。専用のものがよさそうです。これも数百円程度、停止液は使い捨てなので、フィルム用に2つ在ればよいです。

計量カップ:得に専用のものでなくても、料理用などで十分です。ただし2Lまで量れるものが便利。薬品は粉末や濃縮状態のもの
が多いので、これで薄めます。これは1000円しないとです。

温度計:上記の薬品はお湯で溶かすことが多い上に、薬品の温度で現像などの時間が異なるため必須です。
100度まで計れるものであればなんでもいいです。

漏斗:これも何でもいいです。薬品をタンクに戻すときに使うだけ。いざとなればなくてもよいです。

ダークバック:これも暗室があれば不要です。明るいところで作業するためのもので、首の穴がない長袖シャツみたいなものです。

フィルムであればこれぐらいあればよいかと。


プリント
印画紙:これは必須です。必要に応じて購入してください。数千円単位ですが全紙サイズになると結構高いです。
表面にコーティングのないバライタ紙、コーティングありのRC紙があります。通常はRC紙でよいかと。

バット:薬品を入れてこれに印画紙を漬けます。現像、停止、定着、水洗の4つがあるといいです。

引き伸ばし機:スライド映写機のように。フィルムの画像を印画紙に焼き付けるものです。値段はばらばらで安くても3万円程度
はします。レンズとタイマーは別売りなのでさらに各1万円はプラスになります。
引き伸ばせるサイズとカラーへの対応で値段が異なります。高いものは数十万円しますね。

イーゼルマスク印画紙を綺麗に平面に固定するためのものです。相場は3000円前後でしょう

ピンセット:薬品に触れずにやるにはこれが必要。竹のものとプラスチックのものが在ります。数百円程度ですね。薬品が混ざら
ないように薬品ごとに用意してやるのが普通です。

各種薬品&ポリビン:フィルムとは薬品が違うので、プリント用に用意してやる必要があります。値段は大体同じです。停止液は同じです。

フォーカスルーペ:熟達した人には不要ですが、普通は必要です。引き伸ばしの際、ピントがちゃんと合っているか確認するため
のものです。安いやつで十分なので2千円程度です。

セーフライト:テレビとかのシーンに出てくる赤いやつです。モノクロの印画紙は赤色に反応しないので、これを使って作業します。
ないと暗くて難しいです。フィルムはしっかり赤色にも反応するのでフィルム現像のとき使うとフィルムが死にます。3000円程度です。

まあ、おそらくこのぐらいだと思います。

ただ、ここで述べているのはすべて「白黒フィルム」の現像とプリントの話です。

カラーは、それぞれの値段が高い上に、温度管理などが厳密なので非常に難しいです。素直にお店に出しましょう。

暗室ですが、一番よいのは風呂場ですね。光を遮断しやすい上に現像時に大量に必要な水が確保しやすいですから。

水洗のみ外でやるのであれば押入れでもいけます。
必要なのは、光を遮断すること、水があること、電気が使えることです。
ただし、現像液とかのにおいはかなりきついので、密閉すると危ないです。

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要り...続きを読む

Q二眼レフカメラに使用するフィルムと露出について

カテゴリ選択間違っていたらすみません。
二眼レフカメラについて、いくつかご教示頂きたく投稿させていただきました。

(1)適正な絞り・シャッタースピードの目安を教えて下さい。
フィルムの感度はISO400、使用しているカメラはフレクサレットVIです。
晴れている屋外での撮影時、室内での撮影時等、基本的ないくつかの場合で結構ですので、教えて頂けると嬉しいです。

(2)ISO400とISO100、どちらが使いやすいのでしょうか。
フィルムカメラ初心者で全く分からないのですが、ISO400のフィルムは使いづらいのでしょうか?
ネットで二眼レフカメラについて調べていると、露出について「ISO100のフィルムの場合~」と始まっている説明が多くみられるような気がします。近所には現在所有しているISO400のものしか売っていなかったので何も考えずに買ってしまったのですが、明るいところで撮った写真が飛び過ぎたり、暗いところで撮った写真が荒くなってしまうのなら、ネットなどでISO100のものを購入した方がいいのかな、と思うのですが……。
また、勉強不足でISO100、ISO400以外にも販売されているのか知らないのですが、他におすすめ等ありましたらお教え願います。

(3)露出計は買うべきでしょうか。
趣味で撮影し現像するだけで、ネットに上げたり人に見せたりするようなこともなく、完全に自分だけで楽しむための写真なのですが、勘で露出の調整をするのは難しいのでしょうか。
趣味の範囲でも、露出計は買うべきでしょうか。

以上の3点、ご教示頂きたく思います。
簡潔な文章に出来ず乱筆で申し訳ありません。宜しければご回答お願いします。

カテゴリ選択間違っていたらすみません。
二眼レフカメラについて、いくつかご教示頂きたく投稿させていただきました。

(1)適正な絞り・シャッタースピードの目安を教えて下さい。
フィルムの感度はISO400、使用しているカメラはフレクサレットVIです。
晴れている屋外での撮影時、室内での撮影時等、基本的ないくつかの場合で結構ですので、教えて頂けると嬉しいです。

(2)ISO400とISO100、どちらが使いやすいのでしょうか。
フィルムカメラ初心者で全く分からないのですが、ISO400のフィルムは使いづらいので...続きを読む

Aベストアンサー

私の書いた「セコニック・スタジオデラックスL-398」は、
入射光・反射光、どっちの計測も出来ますよ。ある程度
高価な露出計なら、どっちも計測できるのが普通ですし。

NDフィルターは、持っておいた方が良いことは確かなん
ですが、そもそも論として「装着できるかどうか」の方が
問題です。確かフードもバヨネット装着の専用の物だった
筈ですし、レンズ径も小さく、写真で見る限り、フィルター
をねじ込む余裕すらなさそうな気がします。

大体このころのフィルムって、NDが必要になることが
無かったですからね。欲しくても「無い」ってことはあり得
ますよ。

むしろ、12枚で撮りきってしまう事を前提に、被写体に
よって一旦撮りきってフィルムを換えていく方が正解だと
思いますけど。つか、昔持ってたMAMIYA C220でもそう
してましたから(こいつも専用以外のフィルターが使え
なかったです)。

ちなみに、感度100未満の低感度フィルムも、今は手に
入らないと思います。白黒なら「減感現像」という奥の手が
使えますが、カラーだとそれは無理ですし・・・。

Qフィルムを巻取る前にフタを開けてしまった。

トイカメラを使用しています。
初めて使うアナログのカメラで、、
失敗しました。

初めて使うカメラで、、
散歩中フィルムがなくなったので
巻取ろうとしましたが、
巻とれないな?と
フタを開けてしまいました。

その後すぐに下のボタンを押したままだったら
巻きとれることに気付きました。

フィルムが光に当たったら
ダメになると聞いたことがありますが
フタを一度開けたら、
とった写真全てが、ダメになるのでしょうか?

(まだ巻取ってない時に開けたので
もしだめなら、現像にだすのを止めようかと思います)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

開けていた時間と光の当たり方によりますが、最後まで撮りきった状態で開けたのなら、フィルムの最初の方は助かる可能性が高いと思います。(フィルムが何重にも重なっていますから、中心部まで光が届きにくいからです)

ダメもとで現像に出してみてください。多少の光線引き(赤や白いもやもやしたもの)が見られますが、そんなに支障はないと思います。


人気Q&Aランキング