最新閲覧日:

もうすぐ40に手が届こうとしている独身男性です。
もともと他人にはあまり興味がないので、無理に結婚などしない方が良いと思っています。周囲に親しい友人も男女ともいますし寂しいとも思わないのですが、何か欠陥人間のように思われるのが嫌なのです。
幸い勤務している会社では配偶者の有無が昇格に影響しませんので、順調に昇格は出来ています。
気にしないというのが最善の解決策なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中11~12件)

もうすぐ40に手が届こうとしている独身女性です ( 笑 )


毎日、一人の時間を充分に楽しんでいます。
家族持ちには独身貴族の優雅さはわかるまい。
もちろん、こちらもファミリーの幸福は知りませんが。
メリットもあればデメリットもあります。
人間的に魅力があれば、欠陥人間だなんて言われないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お互いもうすぐ40ですか(笑)。率直なご意見ありがとうございます。
「独身貴族」という言い方にはやっかみもあるようです。
外車を乗り回し、家を持ち、優雅に暮らしている様子に「家庭持ってないから贅沢して!」と思うのでしょうか。正直家族持ちの方には同情さえ覚えます。
家族持ちに比べて、はるかに高額の納税をさせられるのには正直腹が立ちますけどね。

お礼日時:2001/11/03 00:10

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=155816
以前、このような質問をさせていただいた者です。

 実は私も若い頃は全く気にしなかったのですが、もっと爺になったら、不幸になるかもと思っていました。しかし、考えてみると身の回りにも、首相をはじめとして意外と多いんですよ、独身のおやじ。ある統計によると、男女とも2割以上が結婚を経験せずに生涯を終えるという時代だそうです。そう、気にしないというのが最善の解決策です。結婚と幸福は関係ないというのは普遍的な法則です。

 そういえば先日インドの方(男性)とチャットをしてて、40すぎて独身で彼女もいないなどど口を滑らせてしまいましたら、アッチの方はどう処理してるんだ(原文はもっと露骨)と聞いて来るではありませんか。私はブッダのような心境で過ごしてるんだ、と答えますと大笑いをされてしまいました。

 同じようなことを昔同僚に聞かれて、そんなもんなきゃないでいっこうに困らないんだ、と説明しても分かってもらえず、逆に相手の偏見に辟易してしまったことがあります。今は、いろいろと当たり障りのないウソでごまかしますが、このあたりが一番いやなところではあります。

 ところで、私の手元に小谷野敦著「もてない男」(ちくま新書)という本があります。私はこの本を泣き笑いしながら読みましたが、まぁ参考になります。全部が賛同はできませんが、力づけてくれることは間違いありません。(もちろんmygooさんがもてない男だと言ってるわけではありません、誤解なきよう。)

 「もてない・・・」の全部が賛同できないと言いましたのは、恋愛不要論のところでして、やはりいくつになっても恋ができるのはいいことだと思いたいのです。そして万一間違って幸福な結婚などをしようものなら、そのときは自分はなんて幸せなんだと思いたい、結果、結婚してもしなくても幸福でいられるわけです。

 どうでしょ、この理屈。

(経験者・自信なし のところに迷わずチェックを入れてしまう自分が悲しい・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ユニークなアドバイスありがとうございます。
とても楽しい方のようですね。
「もてない男」は読んだ事はありませんが、一度読んでみるとしましょう。

お礼日時:2001/11/02 23:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報