詩の投稿をしてみたいんですが、自分のものと募集要項にあったところが
ありません。そういう時はどうすればいいんでしょうか?なるべく信用できる
所に送りたいんで、直接雑誌社とかに送ればいいんですかね。でもいきなり
そんな事していいんでしょうか。探し疲れました><

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

ごきげんいかがですか?hpでちょっと詩もやってますので


参考になればとも・・

1)詩人のプロになりたい・・とおっしゃるのでしたら
やっぱり出版社ですよね。
出版社の「募集要項」にあわない。
考え方をちょっと変えましょう。その「募集要項」は
出版社が出した「お題」と考えては如何ですか?
出版社はその募集要項という題で募集していると。
自分の作品を照らし合わせるのではなく、
そのテーマで自分の作品を書くんです!

2)力量を測る、でもって作品は外部になるべく公表したくない。
MLなんかどうでしょうか?確かにこれでもパクられる可能性は
あります。でもプロになろうという方ですからそれくらいのリスクは
やむをえません。以前私もメンバーでした「声の鍵」なんかどうですか?
アマチュアばかりですがほんとに素敵な詩を書かれる方が多いです。
「誰にも読まれない」詩ってなんか辛いでしょ。
おまけに人の詩も読めます自分の力量をはかるにもいいかも?
http://www.koekagi.com/

3)楽しみの延長で。本来ならこの行き着く先がプロなら
素晴らしいことなんですが、「詩人」ではなく「詩が好き」と
いう人が年に4・5回リレー・グリ-ティングといって
1つの詩を何人かがパートで作ります。また「詠み水晶」という
45文字の定型詩や、「My Greeting」というかなり短めの詩的な
フレーズを扱っているページもあります。

本来は1)ですが何か自信にぐらつきができたときに2)・3)も
役に立つかもしれません。頑張ってください!!
    • good
    • 3

自分の詩風に合った雑誌を見つけ、そこに投稿し続けたり、イベントに積極的に飛び込んでいくのがいいでしょう。

ユリイカ、詩とメルヘン、詩学、現代詩手帖、鳩よ、などがあります(つぶれてしまったのもあるかもしれません)が、ユリイカ・詩手帖は現代詩志向、詩学は近代詩志向、鳩よは大衆詩、詩とメルヘンはポエム、という風にすみわけができています。

かつては大学のサークルや同人から世に出る、というケースが多かったのですが、今は個人で投稿を続けながら次第に認められていく、というケースの方が主流のようです。そうそう、HPやコミケも有力な宣伝手段ですね。

或程度受賞歴ができたら、詩集を自費出版し、詩壇に売り込みます。後は政治力とかが関わってくるのでノーコメントとしますが、運がよければ大賞を受賞し、或程度詩で稼げるようになります。もっとも詩だけで食って行ける人は、谷川俊太郎や銀色夏生など、ほんの数人だそうですが。

以上はオーソドックスな登竜門でしたが、三代目魚武のように異色なやり方で詩の世界に入ってくることもあります。彼のやり方は文人というより、フリージャーナリストの売り込みかたに似ています。つまり、売れそうなセンセーショナルな詩を書きまくって雑誌に売り込むのです。詩壇からは邪道視されますが、それもまた一つの方法でしょう。

ただし、詩壇はかなり狭い世界で、かつ閉鎖的・カルト的であるので、本当に実力があるなら、詩壇に関係して人生を浪費するよりもっと別な世界に飛び込んだ方が実りあると思います。現に、私は以前ある賞をもらったのですが、それで妬まれて一年ほどずっと悪口をいわれ続けました(苦笑)。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変参考になりました。

お礼日時:2001/12/04 12:01

再び私です。

ごめんなさい。詩と同じ、行間を読んで頂きたかった。
潰そうという意識は全くありませんでした。
現在の、出版業界は不況で悲惨な状態にありあります。再版が出ないと儲からないわけです。
詩(詩の雑誌・詩集)などは元来それほど売れるものではない訳でして。たとえば、手作りでも良いし、自費出版でも良いのではと、お勧めしたかったのです。ここまで行間を読めという意味ではありませんけれど。
詩人は自分を中心にして世界が回っているのですから自分の作品に自信を持つのは当然のことで、私はむしろ、あなたを応援したつもりでおりました。
一瞬であれ嫌な気分にさせてしまいました。良い仕事をして下さい。
共鳴者は、一人いれば良いではありませんか!
    • good
    • 1

二度目の回答になります。


結局、applerさん本人が、何を求めているかで手段も限られてくるんじゃないでしょうか。

□ お金が欲しい。売れればいいなと思っている。
この場合は、どこかの出版社と顔を繋いで、定期的に自分を売り込むしかないでしょう。
そうでなければ、一般公募の条件に合わせた作品を作るだけです。

□ どの程度のレベルなのか、それが知りたい。
これこそ自費出版業界のプロに見てもらうのが手っ取り早いですね。
とにかく無料ですし、向こうは仕事でやっていますから。
普通の出版社では、売れる見込みがない限り、素人さんの作品を添削しません。

□ 誰かに読んでもらいたい。自分の作品に共感してほしい。
同人誌かホームページで披露しましょう。

知的所有権に関しては、プロでもアマでも同じです。
公共の場に作品を出す以上、必ず、パクリの恐れはあるんです。
多くの人が読み、認める人が増えれば増えるほど真似しようとする人も出てきます。
それを恐れていては、作品を世に出すことはできません。
反面、「これは自分の作品だ」ということを証明するためには、多くの人に読んでもらうことも大切です。
これは何月何日に作った自分の作品なんだ ―― という証明は、自分一人では難しいですからね。
私は素人だった頃、知人に作品を読ませまくりました。
知的所有権云々の警告も受けましたが、
たとえ誰かがパクったって、もっといい作品を書けばいいやと思っていました。
本家は私なんですから。

知人の編集者に聞きましたが、やはり詩は、なかなか難しいそうです。
私は詩は専門外なのでよく知りませんが、小説などに較べ、ニーズが少ないのは事実です。
現在、活躍されている詩人の方も、自力で本を出し、作品を書き溜めている人がほとんどではないでしょうか。
売りたいのか、向上したいのか、自分の内的世界に陶酔したいのか(どれも立派な理由です)
その優先順位を踏まえて、選択してください。
applerさんの好みに合う公募があれば、それに越したことはないですけどね。
    • good
    • 1

青土社の「ユリイカ」や思潮社の「別冊現代詩手帳」に読者投稿欄があったと思います(今手許にないので不確かですが)。

もう御覧になりました?
でも
>金子みすズ
風の詩だとすると、傾向が異なりますかねえ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とにかく本屋行って探してきます。

お礼日時:2001/11/06 11:01

ある程度まとまっているなら(一冊製本できるくらいの量があるなら)持ち込みも可能です。


でも、必ず事前に電話で確認をしてください。
いきなり送りつけては無礼者になってしまいます ( 笑 )
出版社によっては、詩は専門外というところもありますから、
じっくり腰を据えて、捜してください。

自分のレベルを知りたいだけなら、
自費出版の会社に送ってみるという手もあります。
無料で原稿を見てくれます。
ただ、こちらも売れそうもない作品には乗り気にはなりませんので、
辛口批評は覚悟してください。
こちらも事前に連絡を入れておくのは常識です。
以下、ご参考までに(自分で利用した事がないので、システムは知りませんが)

http://www.kenyukan.co.jp/

http://www.bungeisha.co.jp

http://www.boon-gate.com  ←ここは、Web作家も募集しているそうです。

では。頑張ってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
全部見させて頂きました。一番下のURLは現在開けませんでしたが。
私もネットで自費出版の会社のHP見ましたが、そこまで大量ではないので
。それにそれは自分でもあまり乗り気では無いので。
本屋さんで文芸誌を探しても、なんだか良さそうな文芸誌はあまり無い気がする
のは気のせいでしょうか。文芸誌全般把握してませんが。
金子みすズの頃の雑誌があればいいんですけど・・・。  >へ<

お礼日時:2001/11/05 12:17

誌名は忘れましたが投稿(文学作品、ネーミング、標語など)専門の月刊誌が2-3種類あります。

書店で調べればすぐ分かるはずです。
インターネット上にも投稿欄はあります。(参考URL)


http://village.infoweb.ne.jp/~poem/hanabira.html

http://isweb9.infoseek.co.jp/novel/kikakusi/

参考URL:http://www.poet.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
結構書店渡り歩いたんですが、大きい書店でないとないですかねぇ。

参考URL全部拝見させて頂きました。
私が不安なのは、インターネット上で投稿して掲載された場合、著作権って自分ですよね。では万が一パクられても、自分の力ではどうにもならないって事ですよね。
なんだか生意気な口をきいてすみません。でも私にとって大事なモノなので、慎重に
なってしまうというか…。

お礼日時:2001/11/05 12:23

募集要項に該当しなければ相手にされないだけです。


雑誌社の意味は結社のことではなくて月刊誌などの出版社を意味しているのでしょうか。そこへ直接送っても全く構いません。相手にされないだけです。
ただし、あなたの作品が恐ろしく優れたものであれば、掲載してくれるかも知れません。相当な自信を、お持ちの人のようですね。真摯に、行動して下さいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そんな潰し方をしなくても・・・

お礼日時:2001/11/05 11:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qめざましテレビの「ありがとうの詩」

27日放送のめざましテレビでDef Techの新しいテーマソングが発表されていましたが、タイトルを忘れてしまいました。
覚えている方、いらっしゃいましたら教えて下さい。

発売の予定なども分かりましたら合わせてお願いします。

Aベストアンサー

ビデオで確認しました。
「Irie got ~ありがとうの詩~」です。
ちなみに読み方は「アイリガット」です。
「アイリ」というのは、ジャマイカの地元の言語パプア語で、
「ありがとう、おはよう、楽しい」という意味です。
日本語の「ありがとう」とパプア語の「アイリ」の意味が同じなんて、
素晴らしい偶然ですね。

ちなみに、多分まだ発売は未定だと思います。
目覚ましTVで何も言ってなかったので。

Qこの詩なんの詩?どんな意味?

図書館にある、不要になった本を配っているコーナーで
英語の詩が載っている本をもらってきました。
そのなかで気になる詩がありました。
Beauty is but a flower
Which wrinkles will devour;
Brightness falls from the air,
Queens have died young and fair,
Dust hath clos'd Helen's eye:
I am sick, I must die.
Lord, have mercy on us!

たぶん、詩の一部だとおもうのですが、
(解説文らしきものの間にこれだけが
はさまっていました。)
最初の1行目で「えっ、これはどんな意味!?」
と気になって仕方がありません。
たぶん、作者はThomas Nashという人だと思います。
しらべてみても、翻訳がでていないようなので
相当マイナーか昔の人だと思います。
この詩はどういう意味なんでしょうか?
また、作者はThomas Nashという人で正しいんでしょうか?

ちなみに、私ががんばって訳してみると

美しいものはしわがよって
ほろびてしまうであろう花ではない
光が空気の中からおちてくる
女王たちが若く美しいまましんでしまった
塵がヘレンの目を(hath clos'd がわかりません;;)
わたしは病気になった、きっと死んでしまうだろう
殿様、(have mercy on usがこれまたわかりません;)

こんな感じです。。。
ご存知の方、どうか教えてください!!

図書館にある、不要になった本を配っているコーナーで
英語の詩が載っている本をもらってきました。
そのなかで気になる詩がありました。
Beauty is but a flower
Which wrinkles will devour;
Brightness falls from the air,
Queens have died young and fair,
Dust hath clos'd Helen's eye:
I am sick, I must die.
Lord, have mercy on us!

たぶん、詩の一部だとおもうのですが、
(解説文らしきものの間にこれだけが
はさまっていました。)
最初の1行目で「えっ、これはどんな意味!...続きを読む

Aベストアンサー

この詩は知りませんが・・・(ごめんなさい)
詩の最後にある「Lord, have mercy on us!」は
「神よ、私たちにご慈悲を!」っていう意味だと思います。
冒頭の「Beauty is but a flower
    Which wrinkles will devour」は
「美しいものはしわがよって
 ほろびてしまうであろう花ではない」というよりは、
「美とは所詮しわしわになって滅んでいく(枯れていく)花のようなものに過ぎない」という感じかな・・・と思います。(すんごい意訳ですが^^;)

「hath」は「haveの三人称単数直説法現在形」だそうです。(何だそりゃw)
どうやら古語表現のようです。
「clos'd」はなんなんだかさっぱり・・・。
「closed」が変化したものなんですかね???
あたしには予想しかできません・・・。
でもそう考えたら訳せそうですね☆

Q笑える詩、ありますか?

笑える詩、ありますか?
面白い詩を探しています。
明日の学校の授業で詩を朗読することになったのですが、
私は今まであまり詩に対して興味がなかったので
どのような詩があるかよく分からないでいます。

どなたか面白い詩を知りませんか?
できれば皆が笑えるような詩がいいです。

ググレカスなどと言わずに笑える詩を教えてもらえると幸いです。

Aベストアンサー

工藤直子さんの『のはらうた』、いかがでしょう? シリーズになって何冊か出ています。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%82%89%E3%81%86%E3%81%9FI-1-%E5%B7%A5%E8%97%A4-%E7%9B%B4%E5%AD%90/dp/492468421X

学校図書館や、お近くの公共図書館でもたいてい見つかるかと思います。

Q日本近代詩が受けたフランス詩の影響

レポート課題のテーマで、何でフランス詩が他の国の詩より日本の近代詩に影響を及ぼしたのか?と、フランス詩を受容したことによって日本近代詩はどんな完成の表現が出来るようになったか?について調べています。

いろいろなワードで検索したのですがなかなか思うようなサイトが見つかりません。
上に書いたような内容についてご存知の方、または詳しいことが載っているサイトをご存知の方は教えていただけるとうれしいです!

Aベストアンサー

回答とはいえないので悪いのですが、投稿します。
他の国よりもフランス詩が日本の近代詩により強く影響した、という言い分自体よくわかりませんが、それはやはり「内容」ではないでしょうか。つまり、何を表現したか、だと思います。それでいくと、近代詩というのは、歴史的に叙事詩から個的な抒情詩への流れがあって、要するに「近代人の自我が社会的な存在としての葛藤をどう表現するか」という課題に挑んできたわけです。この考えは、自我の近代化というバックボーンを持っています。
たしかに近代詩はフランスで花開いた感がありますし、深化したともいえそうです。しかしなぜフランスかと問われれば、それは文化的背景と言語(音楽的要素としての)の違いによる、ということになるでしょう。じっさいフランスでは詩が思想・哲学に深く影響を及ぼし、その実質的な関係もかなり密なように思えます。たとえば現役の思想家や哲学者が自著に詩人を登場させるなどです。思想を形作ることに詩が関わっている、ということです。
学問としての体系的なことは分かりませんが、やはりランボーがメルクマールだろうと思います。
なお個人的には、フランス詩を受容したことで詩を書いたのは中原中也だと思っていますので、たとえばランボーやヴェルレーヌに影響を受けた中原中也の詩、というふうにひとつのケースで考えてはどうでしょう。
苦言ですが、レポートを急ぐ余り詩の鑑賞がままならないのなら、それは悲しむべきことだとあえて申し上げます。

回答とはいえないので悪いのですが、投稿します。
他の国よりもフランス詩が日本の近代詩により強く影響した、という言い分自体よくわかりませんが、それはやはり「内容」ではないでしょうか。つまり、何を表現したか、だと思います。それでいくと、近代詩というのは、歴史的に叙事詩から個的な抒情詩への流れがあって、要するに「近代人の自我が社会的な存在としての葛藤をどう表現するか」という課題に挑んできたわけです。この考えは、自我の近代化というバックボーンを持っています。
たしかに近代詩はフラ...続きを読む

Q詩が嫌いな人に質問です

詩を好きな人ではなくて、嫌いな人にお聞きします。

1.どのくらい詩が嫌いですか?
(回答例:詩見るなら~した方がマシ)
2.詩の何が嫌いですか?
3.2の問題が解決したら詩を好きになることはありますか?
4.趣味で詩を書いていると言われたら引きますか?

僕は詩を趣味で書いてるので1には答えられませんが、
2.長い詩や冗長的な詩は一行で見るのを断念します。
その一行が物凄いインパクトがあれば見ますが。
3.これ以外の詩なら、まぁ・・・。
4.詩を見せてもらってからですかね。自分も書くので。

あと全く関係無いんですが、たけのこの里ときのこの山どっちが好きですか?
今日久しぶりに買いまして、ちょっと聞いてみたいなと思いました。
僕は前者のたけのこの里です。

今時間に余裕がある方で詩が大嫌いな方、よろしくお願いします。
ポイントは1から3までを重視しようと想います。

Aベストアンサー

女の学生です。私は文章を読むのが大嫌いです。
小学生の時から国語が大嫌いで真剣にやっても
間違ってたりしてイライラします。
小学生の時の国語の本に書かれてある物語以外の、
小説本を、最後まで読んだことがありません。

1.詩は小説と同じ分類と考えてしまいます。
短いものもありますが、読みながら考えないといけないのが
苦手です。でも考え方を書いている随筆とかは好きです。
しゃべっている感覚なので、長くても読んでしまいます。
詩見るなら嫌いな食べ物食べた方がマシです。
2.随筆のようにストレートに伝わらないからです。
長文は絶対読みません。
3.もちろん好きになれると思います。でも内容によるのですが、
つらい思いをただつづっている詩は嫌いです。
前向きな詩だったら好きになれると思います。
4.引きはしません。私が嫌いな分、尊敬というかすごいと思います。

たけのこの里ときのこの山だったら、絶対たけのこの里ですね!
高いので買いませんが、安かったら毎日食べたいです。

Q英詩、金魚鉢で溺れ死んだ猫を嘆いた詩の作者

英詩で、友人の飼っていた猫が金魚鉢の鉢のなかで溺れ死んだことを唄った詩があると聞きました。誰のなんという詩なのでしょうか?

Aベストアンサー

金魚鉢 溺れ 猫 詩  で検索

「金魚鉢で溺れた愛すべき猫の詩」 トマス・グレイ  がヒット

http://de.wikipedia.org/wiki/Thomas_Grayで調べたら
原題は
"Ode on the Death of a Favourite Cat,
Drowned in a Tub of Gold Fishes" ? ?

詩は
http://www.thomasgray.org/cgi-bin/display.cgi?text=odfc

Q良い詩とはなんでしょうか?

黒田三郎と宮沢賢治の詩ばかり読んでいる者です(範囲狭っ…

ストレート過ぎるのですが、一般的に「良い詩」とはなんなのでしょうか?
どういった詩を人は「良い詩」と思うのでしょうか?

また、私は詩の書かれているブログやホームページを廻ったりするのですが、その時にランキングとかを見ると、上位にいる人は「幸せ」「希望」「愛」などの明るい、プラス的な詩が多いなぁ~と思いました。
暗めの詩が好きな自分としては、あまりいい詩とは思わないことがあるですが、一般的に暗い詩というのはあまり評価されないのでしょうか?

回答お願い致します。

Aベストアンサー

これまでいろんな詩を愛読してきた中年男です。

>ストレート過ぎるのですが、一般的に「良い詩」とはなんなのでしょうか?
>どういった詩を人は「良い詩」と思うのでしょうか?

まず、「良い詩」の「良い」の基準をはっきりと定めないことには、簡単に回答しづらいのではないでしょうか。
さらに、「良い」の基準を定めたにせよ、その基準の拠り所なり、根拠なりを曖昧にしたままでは、その基準も結局は恣意的でしかないということになりかねませんよね。

で、私としては、ある詩が「良い詩」かどうかは、それは小説でも、戯曲でも、絵画でも同じだと思いますが、結局、その詩がどれほど写実的であるかで決めるしかないと思います。
その点、よそ行きの韻文の衣装を着せられたり、きらびやかな比喩をちりばめられたりした詩が、はたして本当に「良い詩」なのかと問われれば、私としては、それは「良い詩」どころか、「悪い詩」にも及ばない、単なる虚飾に装われた擬似詩、つまりウソとしか呼びようがないところです。

思うに、詩に限らず、あらゆる芸術の価値、その存在理由はとなると、つまり「良い芸術」であるための基本条件とは、とにかく写実的であること、つまり世界なり、現実なり、人間なりの真相、正体をできるだけあるがままに捉えていること以外にはありえないと思います。
だって、写実的でない芸術が人間の心を根本から揺さぶり、感動させることができるとは、とても信じられませんからね。

>暗めの詩が好きな自分としては、あまりいい詩とは思わないことがあるですが、一般的に暗い詩というのはあまり評価されないのでしょうか?

いや、題材、テーマの「明・暗」とその詩の「良い・悪い」とは全く無関係だと思います。
たとえば、賢治の有名な「春と修羅」だって、題材レベルでは決して明るくはないですが、本当に「良い詩」だと思います。

ということで、「良い詩」というのは、詩人が《言葉》の有する能力を最大限発揮して、世界や人間の真相、正体をできるだけ正確に捉えようともがき苦しんだ末に詠み出されたものだと思います。

これまでいろんな詩を愛読してきた中年男です。

>ストレート過ぎるのですが、一般的に「良い詩」とはなんなのでしょうか?
>どういった詩を人は「良い詩」と思うのでしょうか?

まず、「良い詩」の「良い」の基準をはっきりと定めないことには、簡単に回答しづらいのではないでしょうか。
さらに、「良い」の基準を定めたにせよ、その基準の拠り所なり、根拠なりを曖昧にしたままでは、その基準も結局は恣意的でしかないということになりかねませんよね。

で、私としては、ある詩が「良い詩」かどう...続きを読む

Qこの詩の意味を教えてください(英詩)

学校の課題でSnow towards Eveningという英語のポエムの意味を解釈する課題が出たのですが
正直言うと私には作者のMelville Caneが何を言いたいのかさっぱり分かりません。
下のページに載っている詩です。
http://www.joycesidman.com/poemofmonthjan06.html

1.題材は何か
2.テーマは何か
3.ムードはどんなか、またどのように変化するか
4.どんなテクニックが使ってあるか

です。どうかよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

Snow Toward Evening

Suddenly the sky turned grey.
突然空が灰色に変った
The day,
その日は、
Which had been bitter and chill,
さすような寒さだったが
Grew soft and still.
なごみ、静かになった

Quietly
静かに
From some invisible blossoming tree
どこか、見えない花盛りの木から
Millions of petals cool and white
何百万という冷たく、白い花びらが
Drifted and blew,
さまよい、吹き
Lifted and flew,
巻き上がり 飛んだ
Fell with the falling light.
夕闇の帳とともに降りてきた
by Melville Cane

題材:夕方近くに雪が降り出し、あたり一面がシーンと
   なってきた情景を絵画的にあらわした詩
ムード:
・雪が降り始めると、シーンとなります。その静寂のなかで
 雪が何百万の花びらのように降り続ける。そしてだんだんと
 夕闇の帳がおりてくる
読み方、下記は関連性あり
grey- day
bitte and chill - soft and still
quietly - tree
drifted and blew - lifted and flew

Snow Toward Evening

Suddenly the sky turned grey.
突然空が灰色に変った
The day,
その日は、
Which had been bitter and chill,
さすような寒さだったが
Grew soft and still.
なごみ、静かになった

Quietly
静かに
From some invisible blossoming tree
どこか、見えない花盛りの木から
Millions of petals cool and white
何百万という冷たく、白い花びらが
Drifted and blew,
さまよい、吹き
Lifted and flew,
巻き上がり 飛んだ
Fell with the falling light.
夕闇の帳とともに...続きを読む

Q中学 国語の詩

中学の国語で習う詩には、口語詩、定型詩、叙情詩、散文詩、口語自由詩・・・のように、種類や名前がたくさんあったと思うのですが、それを全て知っている方、教えていただけませんか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www13.plala.or.jp/hosonag/shi%20shurui%20giho.htm
というページで中学受験(ということは小学生か)で覚えるべき詩のタイプが書いてある。
もしくはここか。
http://study-japanese.hp.infoseek.co.jp/hp/verse/verse-2.htm
入試目的ならこれでいいのかも。

Q文語詩と口語詩の立てわけとは何なのでしょうか?歴史的仮名遣いが使われて

文語詩と口語詩の立てわけとは何なのでしょうか?歴史的仮名遣いが使われていても口語詩と言われたりしますよね?よく分かりません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>歴史的仮名遣いが使われていても口語詩と言われたりしますよね?

まずは『新旧仮名遣いの違い』と『文語口語の違い』が別のお話であるのをご理解ください。

新仮名遣いが採用されたのは太平洋戦争後です。
それ以前は、文語詩も口語詩も『歴史的仮名遣い』で書かれていました。


>文語詩と口語詩の立てわけとは何なのでしょうか?

"文法の上で"文語の文法で書かれたのが文語詩、
口語の文法で書かれたのが口語詩です。

仮名遣いとは直接関係の無いお話です。
口語の文法については、今我々が日常で使っているような文法です。
文語の文法についてはご自身でお調べください。

ちなみに文語詩の代表格が『若菜集』です。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000158/files/1508_18509.html

口語詩の代表格は……サッと出てきませんが、取り敢えずこれでもどうぞ。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000011/files/9_20331.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報