こんにちわ
今週のエリザベス女王杯に登録しているテイエムオーシャンですが、本質的にはマイラーですよね?
エリザベス女王杯とマイルCSを比べたら、やはり牝馬しか出てこないエリザベスの方が勝てる可能性が高いということでこちらに駒を進めてきたのでしょうか?
マイルCSにトライしても勝てそうな気がするのですが、みなさんはどう思われますか???
また、ローズバドもマイラーという見解については?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

秋華賞」に関するQ&A: 秋華賞

A 回答 (3件)

私はテイエムオーシャンは稀にみる名牝だと思います。

この馬の祖母のエルプスは桜花賞馬ですし、しかも母親のリヴァーガールが凄い配合で父マグニテュードのエルプスにリヴリアを付けていて、意識して強いクロスの配合馬を作ってそこにダンシングブレーヴを付けたという考え抜かれて生産された傑作がテイエムオーシャンなのです。だからスピードの違いがありすぎるがゆえに掛かってマイラーだと思われがちですが距離に関しては万能だと思います、オークスも鞍上のミスさえなければ勝ってたレースであったと今でも思っています。
ですから牝馬最強を求めるためにも今年で引退する古馬の大将格トゥザヴィクトリーに勝たなければならない。そのためにもエリザベス女王杯に進んで当然だと私は思います。このレースに勝ってテイエムペラオーに挑んで欲しいです。
ローズバドはサンデーの血を濃く受け継いだ根性娘で瞬発力ではナンバー1でと思います。ただサンデーだけにその瞬発力はマイルよりむしろ中距離でしょうね。

この回答への補足

今回は血統面からいろいろ語っていただきありがとうございました!

補足日時:2001/11/07 14:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
なるほど、エリザベス女王杯は、現在の古馬の最強牝馬のトゥザビクトリーを破るという意味があるのですね!
これに勝ったらやはり、次は有馬になるんでしょうかねぇ
さすがにグランプリは男馬でも強い馬揃いなので、キツイかもしれませんががんばってほしいものですね!
またお願いします

お礼日時:2001/11/07 14:20

まず、テイエムオーシャンの父はダンシングブレーヴですが、基本的にはマイラー志向が強い血統と言えます。

折り合いがつく馬(例えばエリモシック、レオリュウホウ、タガジョーノーブル)はむしろ長い距離が向くのですが、気性の強い馬はことごとく短距離向きになります。例えばキョウエイマーチ、キングヘイローなど、能力が高くなればなるほど、短距離志向が強くなります。ダンシングブレーヴと言えば、中長距離レースでの末脚の持続力が最大の武器だったのですが、ヨーロッパに比べるとテンが速い日本では、逆にマイル以下での距離で、その持続力が最大限発揮できるのだと考えます。またテイエムオーシャンの祖母のエルプスが典型的なスピード馬で、この母系から出た産駒は、総じて距離面に限界があります。少なくとも血統面からはマイラーであると言わざるを得ません。しかし牝馬同士であれば話は別で、基本的にスタミナに欠ける牝馬同士の戦いならば、適正はなくても能力差だけで押しきってしまうありえます。
基本的にはマイラーですが、現状でマイルCSに出て好勝負出来るとは思えません。キョウエイマーチが2着に入ったことはありますが、キョウエイマーチのように絶対的なスピードを持っているようには思えないからです。ですからエリザベス女王杯を選んだのは正解と思っています。

ローズバドは、桜花賞トライアルでの勝利が鮮やかだっただけに、マイラー、マイラーだと言われますが、母はオークス4着のロゼカラーで、母の父はシャーリーハイツ、母の母の父はリファールでむしろ長距離は向くタイプでしょう。叔父のロサードも1800mm~2400mmで良成績を上げていますが、こちらよりも距離の融通性は高そうです。テイエムオーシャンと違い折り合いに苦労しない分、むしろ長距離での末脚勝負にもってこいのはずです。この家系(ロゼカラー、ロサード、ローズバド)は折り合いを苦にしない分、距離適正の幅は広いですが、全体に小柄なので最後のひと押しが効かない傾向にあります。
しかしローズバドは母譲りの、馬群に怯まない根性があります。母もデイリー杯3歳Sでは馬群を割って快勝しましたし、ローズバドも馬群を割って秋華賞は2着まで上がってきました。エリザベス女王杯は母ロゼカラーがレース中に故障発生し13着に敗れ、そのまま引退してしまったレースです。その初仔であるローズバドが母の無念と、自分のこれまでの鬱憤を晴らす可能性は非常に高いと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
テイエムオーシャンはキョウエイマーチに劣るのですか?
現時点の戦績を比べてみると遜色ないと思われますが・・・
マイルの強い馬不在の今年こそはねらい目と思いました。
血統からの詳しい解説はありがとうございました。
ダンシングブレーヴ産駒はやはり気性的な面もあってか、日本では短距離のほうが活躍してますね。
ローズバドはたしかに中距離向きな気がします。(友人がマイラーと言っていたので)
いつも惜しいので、今度こそはがんばってほしいですね!
今年はテイエムオーシャン、トゥザビクトリーが相手でしょうか。
またお願いします

お礼日時:2001/11/06 19:54

こんにちは。


これまでの戦績から考えると、私はテイエムオーシャンは2000m程度の中距離がもっともよいように思えます。それは古馬の一線級と比較して末脚の力が今ひとつという印象があるからです。一線級のマイラーが集まるMCSに出走するとまちがいなく直線失速という感じがします。ためて末脚を出すというこれまであまりやっていない走り方をしたときの能力は未知数ですが。
ローズバドについては、距離的な融通は利きそうですが、こちらの方が本質的にはマイラーという感じがします。末脚を爆発させる乗り方を会得していて、乗り方如何によっては古馬一線級のマイラーとも遜色ないと思います。ただし、前半置いていかれなければの話しです。^^;
私の感想としては3歳牝馬(牡馬も一部を除きあてはまると思いますが)が古馬一線級と対決したときにはまず勝負になりません。
それだけ海千山千の古馬の力はすごいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
なるほど、やっぱりマイラーが集まるマイルCSでは無理ですかねぇ・・・
でも、最近マイル路線には傑出した馬が不在だと思うので、今年あたりは狙えるかな~と思ったんですが・・・
今のマイル路線だと、ダイタクリーヴァ、ジョウテンブレーヴ、マグナーテン、ブラックホーク(引退?)、クリスザブレイヴあたりしか思い当たらず・・・
来年はミスキャスト(マイラー?)の復帰を期待しております。
ローズバドはやはり前半で置いて行かれるのが心配ですね(笑)
マイルの早い流れになったときに前半だけで、相当な遅れをとるとやばそうですね。
またお願いします

お礼日時:2001/11/06 19:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエリザベス女王杯観戦ツアー

「ブリティッシュスタイルで競馬をたしなむ」という企画を
JRAとコラボでやっているところがあります。
http://www.veritacafe.com/live/071003/

簡単に言えば、海外の競馬場によくある貴族っぽい服装で、VIP気分を味わいながら競馬を楽しむという企画で、春に「ヴィクトリアマイル」を観戦するという内容のものを実施したそうです。今回第2弾として「エリザベス女王杯」を観戦するというものらしいのですが、なぜか観戦場所が「東京競馬場」なんです。(エリザベス女王杯は京都競馬場で行われます)

たしかに説明文に「実況中継でレース観戦いただけます」と書いてあるのですが、競馬を知らない人にとっては、エリザベス女王杯は生で見れないとは思わない人も多いと思います。
ちょっと紛らわしいと思うのですが、こういうのはアリでしょうか?

Aベストアンサー

個人的にはこれはなしだと思いますよ

私みたいにどろどろ競馬をやっていれば
東京競馬場と京都競馬場が別だと思いますが
東京競馬場内に京都コーナー
(これだけ書いていると馬場内のコーナーの名前みたい)
があってそこで開催するのかと
素人さんが誤解してもしょうがないと思います
少なくとも当該競馬場で実施するレース以外を
うたい文句にするあおりはおかしいですよ
この広告なら府中牝馬Sをメインにしなくちゃ

Qエリザベス女王杯(2007)のあなたの予想

エリザベス女王杯(2007)のあなたの予想を教えてください。

企業秘密の部分もあると思いますので、公開できる範囲で、予想の根拠や理論のあるものに限ります。

ちなみに私は馬連、
3.ウォッカ
4.スイープトウショウ
5.ローブデコルテ
の三頭BOXです。しかし、ダイワスカーレットが怖いのでパスします。

以上、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ウォッカが沈むと予想していた自分にとって、ウォッカの出走取り消しは残念でなりません。

◎はダイワスカーレット。距離うんぬんが囁かれたりしているが、200M距離が伸びたところで所詮牝馬特有のスローである。最後に脚があがる姿は想像出来ない。
もし万全の体調でオークスに出走出来ていれば間違いなく完勝してた器だ。そういった意味を含めて、むしろこの距離で一番強い競馬を見せつける可能性すらある。絶好のタイミングでアサヒライジングを捕えて、後は安定した二の脚で一人旅だろう。

○はディアデラノビア。本馬はマイラーのイメージだが、2000M以上は一応(1.0.3.0)であり、距離適性はこのメンバーでも上位である。今年1月の京都牝馬Sで決定的な力の違いを見せつけた勝ち方をしているとはいえ、成績が去年ほど安定していないので不安視してる方も多いだろうと思われるが、これは今年は中段待機の競馬が目立ち、本来のキレを殺してしまっている感があったゆえの不振だろうと推測出来る。
しかし今回は豊への乗り代わりなので、中団より後ろ気味の【豊ポジション】から本来のディアデラノビアの競馬を試みると思われる。なので、今回はギューンと伸びてくる姿が想像出来る。

馬券は
ダイワ1着、ディアデラノビア2着の三連単総流し
ダイワ1着、ディアデラノビア3着の三連単総流し
この24点で勝負したいと思います。

余談ですが、ローブデコルテの福永は「秘策がある」と言っているが、ひょっとして逃げるのですかね・・?

ウォッカが沈むと予想していた自分にとって、ウォッカの出走取り消しは残念でなりません。

◎はダイワスカーレット。距離うんぬんが囁かれたりしているが、200M距離が伸びたところで所詮牝馬特有のスローである。最後に脚があがる姿は想像出来ない。
もし万全の体調でオークスに出走出来ていれば間違いなく完勝してた器だ。そういった意味を含めて、むしろこの距離で一番強い競馬を見せつける可能性すらある。絶好のタイミングでアサヒライジングを捕えて、後は安定した二の脚で一人旅だろう。

○はディ...続きを読む

Qエリザベス女王杯の競馬予想を教えてください!

皆様!いつもありがとうございます!
先週は3連単を取らせて頂きました。皆様のおかげです!
今週も宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

追伸:雨がきつくわずか20分足らずの淀まで出かける気になれず、
PCで9Rからの参戦。
京都メインは、7・12の2頭軸で勝負、フミノが全く動かず、
最後は内を突くという太宰がダサいになってしまい惨敗。
東京も予想通りイジゲンが出遅れたのに異次元の走りで完敗。
京都・東京の両メインで大2枚半が雨に溶けました。
写真は妻の馬券です。私が作ったデータで予想しているのに
この差は ? 次週からは私の予想より妻の予想をメインにお送りします。
夫権復活は遠いです。

Qエリザベス女王杯の予想をお願いします。

こんばんは。
JBCクラシック(3連単)と京王杯2歳S(3連複)を的中。マイ予想を晒さないレースは絶好調です…。
今週はエリザベス女王杯。皆様の相馬眼と予想力をお借りして的中を目指します。

予想と併せ、馬券の券種も明記していただけますと非常に助かります。購入点数と配当をBA進呈の基準とさせていただきます。

ではマイ予想。
◎ヴィルシーナ…実力最上位。雨予報で展開も有利
○ホエールキャプチャ…スランプ脱出。距離がやや不安?
▲メイショウマンボ…3歳勢の筆頭。まだ余力ある
△ハナズゴール…距離微妙も差脚堅実。3着候補
△オールザットジャズ…鞍上プラス。まだ見限れない
△アロマティコ…この馬も差脚強烈で

逆神・境和樹の指名馬はエディンでした。狙ってましたが買い目から除外です。
デニムは内田博の絶不調(JBC3レース&今日のファンタジーSで人気馬をぶっ飛ばす)が気になり、現時点では軽視しています。

3連複BOXが本線。
◎○▲軸の3連複フォーメーションで、皆様の推奨馬を買い目に入れる予定です。

Aベストアンサー

こんばんは。
先週は見事に外しましたが、「競馬は最終レース」です。

配当が思ってる以上に安く出ましたが、馬単1点買いで全ての負けを取り返し、プラスに転じる的中でした。
その前を当ててれば上乗せしたのに…。

たら・ればはさておき。エリザベス女王杯。
◎ヴィルシーナ
叩き2戦目は強い馬です。牝馬GI実績も問題ないので、文句なしの本命です。

○メイショウマンボ
秋華賞で印をつけましたのでやっぱり注目。
この馬京都に抜群の相性ですかね。

▲ラキシス
大外ですが、このレースで一発爆発しそうな穴馬です。デビュー以来二千以上しか経験させていないディープ産駆。ここで来なくてどうする。本命買いが別質問にも大きい顔で回答できそうです。

△デニムアンドルビー
オークス、秋華賞は共に1番人気に応えられず残念でしたが、今年最後のチャンスです。

馬券は◎ヴィルシーナからの馬連○▲△への3点と▲の複勝。
4歳-3歳、または3歳-4歳で決まると予想します。

Qエリザベス女王杯でのトゥザビクトリ-の取り捨ては?

トゥザビクトリ-のドバイでの好成績、武豊騎乗、やっぱり買っといた方がいいんだろうけど、7ヵ月半の休養とG(1)ではあと一歩の成績・・・
皆さんはどうします? 

Aベストアンサー

3歳馬が人気ありますけど、やっぱり古馬もあなどれませんよ。第一、人気の3歳馬は3頭とも古馬と対戦してませんからね。
古馬ではやはりトゥザビクトリ-。ドバイでの2着、フェブラリ-Sでの3着が示すと通り、世界レベルでもあり、牡馬にひけをとりません。牝馬限定戦は昨年重賞3勝してますし、今回は負けられないでしょう。
あとティコティコタックも良化傾向で〇です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報