『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

牡馬=男馬
牝馬=女馬
ということはわかります。
テレビ中継のアナウンサーが、これを使い分けているようです。
牝馬と言ったり、女馬と言ったりしています。
この使い分けの状況がよく(まったく)わからないのですが
どういう意味合いがあるのでしょう。
また、パドックを下見所と言い分けていもいます。
もちろん、同じモノを差していることはわかるのですが
それを状況で言い分けるのがわからないのです。
違う人が、それぞれの言い方をするのならかまわないのですが
同じ人、しかもプロのアナウンサーが言い分けるにはなにか意味があると思うのですが・・・
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

それはアナウンサーの好みの問題ですよね。

ヒンバ・ボバというのがわかりづらいと思えば男馬、女馬というし、雄馬、雌馬と言ってもいいですよね。パドックを下見所というのは知りませんでしたが、どれを使わなければとか、意味の違いはない筈です。
 ただ、番組が競馬のファンというより一般人が見る可能性の高い番組では易しい言い方を選んでいるのかも知れませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そうですね、オス、メスでも良いんですね。でも、競馬の場合、必要以上に馬を人格化しますからね。彼や彼女と呼んだり・・・これ、あまり馴染めません。わざとらしくて・・・

お礼日時:2007/07/15 18:02

お書きになられているように、全く同じものです。


使い分ける意味はあり得ません。

恐らく、アナウンサーの気質として、違う単語を並べボキャブラリーを豊富に見せているのか、
または、厩舎や業界関係者がどちらも良く使う言葉なので、取材などで会話するうち、自然にその言葉の癖が身に付いたのでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

意味はないのですね。なんか、ちゃんとしたデータとか読むときには牡馬とか言って、フリートークで女、男って言ったりするのかなと想像していたのですが。ボキャブラリを見せびらかすって言うのもあり得ることですね。ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/15 18:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメスは牝馬・オスは?

馬の場合,オスはなんて呼ぶんでしたっけ?また馬のほかに変わった呼び名がある動物ってご存知ですか?

Aベストアンサー

牡馬(ぼば)ですね。
去勢された牡馬は、せん馬といいます。

http://www.nikkei.co.jp/keiba/nyumon/nyumon02.html

参考URL:http://www.nikkei.co.jp/keiba/nyumon/nyumon02.html

Q読み方を教えてください

ちょっと恥ずかしい質問なのですが…。
ジェンティルドンナとドナウブルーに関する記事で詰まってしまいました。

「全姉」は何と読めばいいのでしょうか。「全妹」は「ぜんまい」と読めました。

Aベストアンサー

全兄・・・ぜんけい
全弟・・・ぜんてい
全姉・・・ぜんし
全妹・・・ぜんまい

だと思います。

Q雄馬と雌馬

雄馬と雌馬はどちらが早いのですか?

Aベストアンサー

読みかじり・聞きかじりの知識(競走馬の獣医さんから聞いた話しも含みます)ですが、人間と違ってスピードだけなら牝馬が上とされています。

牝馬特有の”キレ”と称されていて、よく耳にされることと思います。
ただ、レースではスピードを維持する持久力・持続力も必要で、牝馬は持久力・持続力に欠ける(鍛えてもあまりUPしないのだそうです)ため、牝馬がスピードで押し切れるのは1600mが境とされています。

短距離戦では牝馬の活躍(優勝・連対)が如実です。
もちろん馬齢・季節等様々な状況によって差異があることは大前提ですが、ハンデ・別定戦で斤量が厳しい状態であっても牝馬が高連対率を誇れるのは短距離戦たるが故だと思います。

一方、1600mを超えるレースでは牡馬・牝馬の連対率がガラッと変わってきます。
中・長距離では持久力・持続力を兼ね備えた牡馬が強いです。
(着順・時計的には速いということになりますが、敢えて”強い”と表現させて頂きます)

近年ではヒシアマゾン・エアグルーヴ・メジロドーベル・スイープトウショウのような女傑や、メジロランバダのように長距離戦で活躍した牝馬もいますが、血統・調教技術のなせる業で、例外的な存在だと思います。

一般的に、天皇賞で牝馬が勝つ・連対すると驚きですが、スプリンターズSや高松宮記念で牝馬が勝つ・連対しても驚かれないのは牝馬のスピード上位を競馬関係者・マスコミ・ファンが納得しているからではないでしょうか。

読みかじり・聞きかじりの知識(競走馬の獣医さんから聞いた話しも含みます)ですが、人間と違ってスピードだけなら牝馬が上とされています。

牝馬特有の”キレ”と称されていて、よく耳にされることと思います。
ただ、レースではスピードを維持する持久力・持続力も必要で、牝馬は持久力・持続力に欠ける(鍛えてもあまりUPしないのだそうです)ため、牝馬がスピードで押し切れるのは1600mが境とされています。

短距離戦では牝馬の活躍(優勝・連対)が如実です。
もちろん馬齢・季節等様々な状況...続きを読む

Q馬の性別で・・・

「牡」と「牝」以外で「セン」とか他にも性別不明な馬がいるんですが、これらはいったい何者なんですか?

Aベストアンサー

牡馬(ぼば)
牝馬(ひんば)
騙馬(せんば)

の3種類ですね。

騙馬は「気性」の悪い牡馬を去勢した後の呼び名です。効果は「馬がおとなしくなる」とのことですが、個人的には「あまり効果がないのでは?」とも思っています。睾丸を取ってしまうので種牡馬になることはできません。また、騙馬は天皇賞やクラシックレースに出走できないというルールがあります。

ジャパンカップに出走予定のマグナーテンは騙馬です。岡部幸雄騎手が騎乗予定です。シンボリクリスエスに乗ると思っていたのに意外でした。ジャパンカップはレガシーワールドやマーベラスクラウンなどの騙馬が優勝した過去がありますよ!

Q馬の性別について

競馬中継を見ていると牡、牝の他に難しい漢字でセンという種類があるのですが、雄でもなく雌でもないこの種類は何なんでしょうか? まさかオカマではないでしょうし…。ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

セン馬といいます。去勢された馬です。
効果には、気性難の改善、体質の改善など様様なメリットがあると言われています。
簡単に言うと、オスでなくなるため、人が扱いやすくなったり、生殖にエネルギーが消耗されないので、体が丈夫になったりします。
(ほんとはホルモンの動きや骨などにも強い影響があるとされていますが、ここでは略します)

特に若駒の時期の去勢効果は絶大で、オーストラリアではポピュラーです。
香港などは、生産を彼地で行なわないため、どんなに評判馬でも、すぐ去勢しますね。

デメリットとしては、種馬になれない、ダービーや天皇賞などに出られないということです。
どうせ良血馬以外は、そこそこの成績じゃロクな種馬になれないんだから、
やれるうちに取っちゃうのも、結果的に馬のためになることもあります。
何勝かしてれば乗馬の目も出てきますからね。
運良く乗馬として生き残った馬も、結局玉は取りますから。
それなら早いうちからとった方が、効果的です。

Q俳句と短歌の総称

俳句と短歌を総称する言葉はありますか?

goo 辞書で思いつく言葉を調べた限りでは、
和歌(わか、やまとうた)は、 現在では短歌をさす。
歌(うた)は、 和歌、特に、短歌。
どちらも俳句は、含まれないようです

よろしくお願いします。

goo 辞書
http://dictionary.goo.ne.jp/

Aベストアンサー

違うかもしれませんが

「詩歌」しいか   ?


人気Q&Aランキング