話の端々に思わず食べたくなるような料理が
出てくる小説を教えて下さい。

・ディナーで殺人を(上・下)
・赤毛のアン
・大草原の小さな家シリーズ
・料理人
・黒後家蜘蛛の会シリーズ

辺りを読みました。
海外作家で、クリスティ・児童文学・エッセイ以外で
お願いします。

心当たりのある小説をご存知の方、教えて下さい。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中11~15件)

「CHOCOLAT ショコラ」ジョアン・ハリス 那波かおり訳


読みながらおいしいチョコレートが食べたくなります。料理ではないかな…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うわ~盲点でした。
映画になったショコラの原作ですよね?
あんなに有名なのに小説を読もうとは考えもしなかったです。
お菓子の描写も好きなので(漫画だと「西洋骨董洋菓子店」とか)。
ぜひ読んでみたいです!

お礼日時:2005/09/20 18:07

有名どころでハリー・ポッターシリーズ。


ホグワーツの食事(特にパーティーのとき)がおいしそうでおいしそうで・・・。

お菓子作りの好きな私は思わず「糖蜜ヌガー」の作り方を調べてしまいました。
・・・まだ作ってませんが、レシピは印刷して保存してあります。

魔女かぼちゃジュースとか、魔女大鍋ケーキ(でしたっけ?)など、一風変わってるのに、なんとなく想像のつく料理がたくさん出てきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ハリポタシリーズは持っています。
書き忘れてしまいました。ごめんなさい!!
クリスマスのパーティシーン本当に美味しそうですよね。
私も「糖蜜ヌガー」作ってみたいです☆

お礼日時:2005/09/20 18:06

こんなサイトがあります。


http://homepage3.nifty.com/tosyokukan/
ここに「小説に出てくる料理」というのがあり、場面紹介とレシピがあります。
    • good
    • 0

海外で言えば、リリアン・J・ブラウンのシャム猫のココシリーズ(ミステリー)で食事の風景がよく出てきます。


主人公である、ココの飼い主がグルメという設定をしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
こういうのを探していました!
ミステリーで食事描写ありとはまさにうってつけです。
シリーズで何冊か出ているんですね。
早速書店で探してみます。

お礼日時:2005/09/20 18:04

池波正太郎の小説にはおいしそうな食事の場面がよく出てきます。


鬼平犯科帳や剣客商売などですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
今回は海外小説で探していましたが、
amazonで検索してみた所、食事描写が美味しそうという
レビューがいくつも載っていましたので、
池波正太郎の小説もいずれ読んでみたいと思います。

お礼日時:2005/09/20 18:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパソコンで、インターネットの動画サイトの、″YouTube″という動画サイトの動画をダウンロードして

パソコンで、インターネットの動画サイトの、″YouTube″という動画サイトの動画をダウンロードして、パソコンにある、ダウンロードしたファイルで、ダウンロードした、インターネットの動画サイトの、″YouTube″という動画サイトの動画を観る場合、どこのサイトでダウンロードするのが、1番、インターネットの動画サイトの、″YouTube″という動画が綺麗に見えますか?


※インターネットの動画サイトの、″YouTube″という動画サイトで、ダウンロードしたい動画で、画質を選択する所で、360pを選択した場合。

Aベストアンサー

保存したファイルをパソコンで観たいならパソコンのスペックで変わってきますし

360pを選択した場合 360pの画質ですので
どこのサイトでダウンロードするのが綺麗に見えるとか無いと思いますよ

Q推理小説探してます(探偵・シリーズ・本格)

下記のような推理小説が好みの私です。これ以外で、できれば男性が探偵役の本格モノを教えてください

高田崇史「QEDシリーズ」  篠田真由美「建築家探偵桜井京介」
藤木稟「朱雀十五」      森 博嗣  「犀川と萌絵」
栗本 薫「伊集院大助」    法月綸太郎
有栖川有栖の長編       綾辻行人  「館シリーズ」
霧舎 巧 「開かずの扉シリーズ」

すみません海外ミステリーは苦手です。
単発でもOKです。(一覧はシリーズものが多くなってしまいました。同じ系統だと安心できるのでつい)

Aベストアンサー

お奨めしたい作家のほとんどはもうお名前が挙がっているか、すでにお読みになっているか、のようなのですが、京極夏彦さんの「妖怪?シリーズ」がまだ出ていませんね。
色々読まれているようなので、京極堂の薀蓄にもお付き合いできる方と思います。嵌ったらこの薀蓄話が面白くなってきますよ。
軽いものからの方がよろしければ、同シリーズの番外編というか、おちゃらけ編?(笑)の「百器徒然袋」シリーズをお奨めします。「妖怪?シリーズ」にも出てくる奇想天外なキャラ「榎木津礼ニ郎」が主役のシリーズです。こちらは本編に比べて事件も軽く明るい雰囲気ですが、謎解きはしっかりしています。

Qパソコンで、インターネットの動画サイトの、″YouTube″という動画サイトの動画をダウンロードして

パソコンで、インターネットの動画サイトの、″YouTube″という動画サイトの動画をダウンロードして、パソコンにある、ダウンロードしたファイルで、ダウンロードした、インターネットの動画サイトの、″YouTube″という動画サイトの動画を観る場合、どこのサイトでダウンロードするのが、1番、インターネットの動画サイトの、″YouTube″という動画が綺麗に見えますか?

Aベストアンサー

全部一緒。
Dailymotionと同じ。

Q富士見二丁目交響楽団シリーズについて&なぜシリーズ小説の挿絵が途中で変わるのか?

だいぶ前に買った小説です。
著者秋月こお、ルビー文庫、富士見二丁目交響楽団シリーズなのですが、第4部から挿絵が変わってますよね?私は第1部しか持ってないのでわからないのですが、なぜイラストレーターをかえたのでしょうか?このイラストレーターの大ファンなのでがっかりです。

この小説にかぎらず、シリーズもので途中で絵が変わってしまうものってありますよね。ああいうのは何ででしょう?読者としてはイメージが崩されとてもいやなのですが・・・。私の場合、絵を書いてる人のファンでその人のものはつい買ってしまって、小説にもはまるってことがあるのでショック倍増です。
理由ご存知の方、同じように不満を持っている方ご意見ください!
ちなみに絵が変わってがっかりって小説自体も良かったら教えてください。
ちなみに私は「富士見シリーズ」と、「炎のミラージュ?シリーズ(もうなれましたが、最初は嫌でした)」
でした。両方ともだいぶ前に挫折しましたが・・・(絵のせいもあるけど、長すぎて・・)。

Aベストアンサー

 変わる場合について、作者の方のあとがきなどによると・・・・

 1,留学その他で、仕事を引き受けられない事情がある場合
 2,イラストレーターが挿し絵を引き受けたがらなくなる
 3,出版社やレーベルの変更に伴って交代する
 4,特別事情説明なしで不意に変わる

 が、思い当たります。

 1の場合は、引き受けられるようになると、また引き受けられることがあります。(再び、書かれることはごくまれですが・・)藤本ひとみさんの「花織」シリーズが、これに当たります。もっとも、藤本さんも思い入れがあったらしく新作は出ず、「新花織」として、舞台以外を一新して再開されました。

 2の場合で、有名なのは天野喜孝さんでしょうか?アメリカ移住後は、挿し絵や表紙はほとんどされていません。以前からのシリーズもよほど懇意な作家でない限り、新しい方になっています。
 「グイン・サーガ」シリーズは、最初の方が亡くなり(違ったかな?)、2番目の天野さんから現在は3人目か4人目の方が書かれています。(少なくとも二回代わっています。)

 3の場合、田中芳樹さんの「アルスラーン戦記」が、挙げられると思います。以前は角川書店から天野さんのイラストで出ていましたが、今は新しい出版社とイラストレーターで出版されています。

 4は、今月新作がでた、風見潤さんの「幽霊事件」シリーズですね。全く説明がないのでびっくりしました。
 藤本桂介さんの「宇宙皇子」も最初は全ていのまたむつみさんのイラストでしたが、いつの間にか表紙だけになり、最終的には表紙も違う人になっていました。

 例外として、菊池秀行さんの「魔界都市・新宿」を舞台にした小説があります。舞台や登場人物は基本的に大きく変わらないのですが、シリーズがいくつかあり、また同じシリーズでも出版社が違ったりするため、イラストレーターが複数になります。一番有名な登場人物の一人、「メフィスト」を、5人か6人ぐらいの方がイラストとしてかかれています。ですが、似た雰囲気の方で、なおかつそれぞれに個性的なイラストを描かれているので、どれを読んでも違和感を感じることはありません。

 以上、取り急ぎ知っている理由について書き込みました。参考にしてくださいね、これで失礼します。

 変わる場合について、作者の方のあとがきなどによると・・・・

 1,留学その他で、仕事を引き受けられない事情がある場合
 2,イラストレーターが挿し絵を引き受けたがらなくなる
 3,出版社やレーベルの変更に伴って交代する
 4,特別事情説明なしで不意に変わる

 が、思い当たります。

 1の場合は、引き受けられるようになると、また引き受けられることがあります。(再び、書かれることはごくまれですが・・)藤本ひとみさんの「花織」シリーズが、これに当たります。もっとも、藤本...続きを読む

Qパソコンで、インターネットの動画サイトの、″Dailymotion″という動画サイトの動画をダウンロ

パソコンで、インターネットの動画サイトの、″Dailymotion″という動画サイトの動画をダウンロードして、パソコンにある、ダウンロードしたファイルで、ダウンロードした、インターネットの動画サイトの、″Dailymotion″という動画サイトの動画を観る場合、どこのサイトでダウンロードするのが、1番、インターネットの動画サイトの、″Dailymotion″という動画が綺麗に見えますか?

Aベストアンサー

大元は一つなのだから全部一緒。

※質問する時は投稿する前に一度文章を確認するようにしませんか。

Qアガサ・クリスティのお勧め

最近初めて『そして誰もいなくなった』を読んだ者です。非常に面白く、他のクリスティ作品を読んでみたくなったのですが…書店で見たところ、ものすごく作品数あるのですね。ありすぎて、何から読めばいいのかさっぱり見当もつきません。

ということで、皆さんのお勧めするクリスティ作品を教えていただきたいです!また、作品選びのコツのようなものもあったら知りたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

クリスティ、大好きです。クイーン派の人からは非論理的と言われることもありますが、トリックと言うよりアイデアの秀逸さが素晴らしいです。「そして誰もいなくなった」もそうですが、推理小説を面白く読ませるアイデアのネタは殆どがクリスティの発案だと思います。

#1さんが挙げられているものは古典となっている代表作ですね。
亜流を多く生んだと言う点では、「ABC殺人事件」を追加しておきたいです。「オリエント急行」「アクロイド殺し」「ABC殺人事件」の3冊はあまりに有名過ぎてトリックのネタばらし本では必ず引用されてしまうので、もしwat_1987さんがまだこれらのトリックの情報を持っていないのであれば、一刻も早く読まれることをお奨めします。この3冊を予備知識無しに読めると言うのは幸運きわまりないことです。(うらやましい!!)

追加のお奨めとしては・・・
「鏡は横にひび割れて」
ミスマープルのシリーズで一番好きです。映画化もされました。いわゆる「Why dunit?:何故その人が殺されなければならなかったのか?」と言うテーマ。最後に動機が解明された瞬間に全ての構図が明らかになり、地平が一気に開けるような陶酔感が得られます。

「三幕の悲劇」
こちらはポワロが出てくる有名なWhy dunit?物。読後の納得感では「鏡は横にひび割れて」の方に軍配が上がりますが、亜流が多く生まれたと言う点ではこちらですね。

「予告殺人」は、昔のハヤカワミステリ文庫では致命的な誤訳があったことで有名。(私も読み終えて怒りました。)修正されていればマープル物のお奨めに入るんですが・・・。

「シタフォードの謎」はポワロもマープルも出ない初期のシリーズですが、冒頭のオカルト的な殺人予告の謎がきっちり論理的に解決される佳作です。

クリスティ、大好きです。クイーン派の人からは非論理的と言われることもありますが、トリックと言うよりアイデアの秀逸さが素晴らしいです。「そして誰もいなくなった」もそうですが、推理小説を面白く読ませるアイデアのネタは殆どがクリスティの発案だと思います。

#1さんが挙げられているものは古典となっている代表作ですね。
亜流を多く生んだと言う点では、「ABC殺人事件」を追加しておきたいです。「オリエント急行」「アクロイド殺し」「ABC殺人事件」の3冊はあまりに有名過ぎてトリックの...続きを読む

Q動画サイト

動画サイト
自分で動画サイトをつくりたいんですけど。
自分でサイトを作ってそこに、他のユーザーが動画とかupできるようなことはできますか?

Aベストアンサー

どの程度のものを作りたいのかによる
ニコニコ動画やYOU TUBEみたいなのを作りたいならPHPやPARLの知識が必要だし動画のアップロードや観覧は動画サイトに任せてサイトでそれを見れるようにするだけならHTMLだけで十分 HTMLの知識がなくてもビルダーとかあるけど

そうでなくてブラウザで見れなくても動画を完全にダウンロードして専用のプレイヤープログラムで再生するなら無料のアップローダーのスクリプトがあちこちにおちてる ただパーミッションの勉強が必要
ちなみにここまでサーバーをレンタルすることを前提で書いたけど自分のPCをサーバーにする場合さらにサーバーに関しての勉強も必要

Q「黒後家蜘蛛の会」文庫本未収録作品について

アイザック・アシモフの推理シリーズ『黒後家蜘蛛の会』は、創元推理文庫から現在5巻まで出されています。カバー折り返しのところも「既刊5巻」であって「全5巻」ではありません。
どうやら、まだ文庫本に収録されていない作品があるようなのですが、その作品を教えていただけないでしょうか。掲載誌などもわかれば幸いです。また、それがもしどこかで訳出されていたら、そこまで教えていただけるとたいへん有り難いです。

Aベストアンサー

私もこの話題には興味があるので検索してみました。
『黒後家蜘蛛の会 5』の原著であるPuzzles of the Black Widowers以後は以下の作品があるようです。
日本語になっているかはまだ調べていません。
それにしても良いサイトがあるものですね。

Northwestward
First Published In: The Further Adventures of Batman, Martin H. Greenberg, ed. Bantam Books, Jul 1989, pp. 247-265
Reprinted In: Alfred Hitchcock's Mystery Magazine, April 1990, pp. 97-111
Collection: Magic
Anthologies: Tales of the Batman, Martin H. Greenberg, ed. MJF Books, 1995, pp. 103-122

Yes, But Why?
First Published In: The Armchair Detective, Spring 1990, pp. 132-141
Collection: DOES NOT APPEAR IN ANY COLLECTION

Lost in a Space Warp
First Published In: Ellery Queen's Mystery Magazine, March 1990, pp. 81-93
Collection: DOES NOT APPEAR IN ANY COLLECTION

Police at the Door
First Published In: Ellery Queen's Mystery Magazine, June 1990, pp. 137-150
Collection: DOES NOT APPEAR IN ANY COLLECTION

The Haunted Cabin
First Published In: Ellery Queen's Mystery Magazine, October 1990, pp. 52-64
Collection: DOES NOT APPEAR IN ANY COLLECTION

The Guest's Guest
First Published In: Ellery Queen's Mystery Magazine, August 1991, pp. 102-112
Collection: DOES NOT APPEAR IN ANY COLLECTION

参考URL:http://www.clark.net/pub/edseiler/WWW/short_fiction_bw_index.html

私もこの話題には興味があるので検索してみました。
『黒後家蜘蛛の会 5』の原著であるPuzzles of the Black Widowers以後は以下の作品があるようです。
日本語になっているかはまだ調べていません。
それにしても良いサイトがあるものですね。

Northwestward
First Published In: The Further Adventures of Batman, Martin H. Greenberg, ed. Bantam Books, Jul 1989, pp. 247-265
Reprinted In: Alfred Hitchcock's Mystery Magazine, April 1990, pp. 97-111
Collection: Magic
Anthologies: T...続きを読む

Q動画サイトで、YOUTUBE以外に、どれだけありますか?

動画サイトで、YOUTUBE以外に、どれだけありますか?
どんな動画サイトがあるか教えてください。

Aベストアンサー

次当たりで。
http://www.popxpop.com/archives/2006/11/post_24.html

Q戦国武将真田幸隆・昌幸・信幸・信繁(幸村)が主役の小説でオススメの作品

戦国武将真田幸隆・昌幸・信幸・信繁(幸村)が主役の小説でオススメの作品を教えてください。
歴史書・研究書ではなく、小説がいいです。
史実に忠実でもいいですし、『花の慶次(一夢庵風流記)』や『影武者徳川家康』ぐらい作者の創作が織り交ぜられていてもかまいません。
また、かっこよかったり、光っていたりするなら主役ではなくても結構です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

池波正太郎さんの真田太平記(前12巻)以外ありえないかもしれませんw
長いですが良くある幸村ヒーロー者とは違い本能寺~大阪の陣までを
真田家(昌幸・信幸・信繁)を中心にしつつも、信長~家康への天下の
情勢の移り変わり、それに対抗する昌幸、信繁親子が魅力的書かれています。
残念ながら真田幸隆は名前が出る程度ですが...


人気Q&Aランキング