再度、掲載させて頂きます。
DC3Vの電圧をDC1.5Vで使用したいのです。
皆さんからのアドバイスで3端子レギュレータ(LM-317)が入手出来ました。
組み立て回路はあります。
3端子レギュレータを使った場合、
入力DC3V、出力1.5Vの使用部品の規格、容量、耐圧等について教えて下さい。以下に書きました。
C1(入力側コンデンサー)
R1(固定抵抗)
R2(可変抵抗)
C2(出力側コンデンサー)
また、1.5V固定ですのでLM-317以外でも使用できるものがありましたら
合わせてお願いします。

関連URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=167993

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

National Semiconductorのサイト(

http://www.national.com/JPN/)からLM317を検索して(参考URL1)、データシート(日本語)(参考URL2)をご覧になってください。

コンデンサの値はデータシート1ページの図のとおりでよいでしょう。C2の電解コンデンサの耐圧は一番低い6.3Vで大丈夫です。C1はセラミックコンデンサです。セラミックコンデンサの耐圧は普通は50V以上あるので問題ありません。

抵抗値は

    Vout=1.25×(1+R2/R1)+(Iadj×R2)
(Iadj=約50μA)

の式から求めればいいのですが、手に入りやすいE24系列の抵抗からぴったりの組み合わせを見つけるのは面倒なので、R1を1kΩ、R2を500Ωの半固定抵抗とし、出力が1.5Vになるように調節してください。計算上はR2は約200Ωです。1/4Wまたは1/8Wの抵抗で大丈夫です。

出力電流によって放熱器の必要な大きさは変わるのですが、一応大きめのものをつけてください。


[なお、二重質問になりますのでNo. 167993の質問は閉じるなどしてくださいね。]

参考URL:http://www.national.com/pf/LM/LM317.html, http://www.national.com/JPN/ds/LM/LM317.pdf
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変親切に教えて頂きまして有難う御座いました。
これで判断できます。
勉強にもなりました。これでFMトランスミッターの基板に同居させることができます。その基板からDC5Vの出力がでていますので加工したかったのです。
いいものが出来そうです。
本当に有難う御座いました。

お礼日時:2001/11/14 14:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDC5VからDC1.5Vへ電圧変換

再度、掲載させて頂きます。
入力電圧は5Vでした。
DC5Vの電圧をDC1.5Vで使用したいのです。
皆さんからのアドバイスで3端子レギュレータ(LM-317)が入手出来ました。
組み立て回路はあります。
3端子レギュレータを使った場合、
入力DC5V、出力1.5Vの使用部品の規格、容量、耐圧等について教えて下さい。
以下に書きました。
C1(入力側コンデンサー)
R1(固定抵抗)
R2(可変抵抗)
C2(出力側コンデンサー)
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

下のURLデータシートがありますのでご覧ください。p7の回路図と算出式が参考になると思います。

放熱設計についてもデータシートに載っていますが、前回の投稿にお書きになった使用目的を見る限りでは、発熱は通常のヒートシンクで押さえられるレベルだと思います。

コンデンサーは本来ならリップル率に合わせて算出する必要がありますが、3300μF以上の容量であれば十分で、出力側のコンデンサーは入力側よりも小さくても良いです。また、コンデンサーの耐圧は両方とも必ず25V以上のものを用意してください(出力は小さくても調整ミスなどで高い電圧が加わった時のためにかならず耐圧を守ってください)。あと、ICの入力側と出力側にICにできるだけ近い位置に0.1μF程度のセラミックコンデンサーをGNDと並列に合計2個挿入し、入力にチョークコイルとZNR(サージ吸収素子)などで簡単なフィルターを用意してください。用心のために入力側のコンデンサーの前に逆接防止ダイオードの挿入もお勧めします。抵抗は余りこの回路では電流が流れないので小さいものでOKです。


回路の順番がわかりにくいですが、流れる順番は

入力端子→ヒューズ→逆接防止ダイオード→フィルター回路→入力コンデンサー→パスコン(0.1μFセラミック)→IC周り→パスコン→出力コンデンサ→出力端子

参考URL:http://www.national.com/JPN/ds/LM/LM317.pdf

下のURLデータシートがありますのでご覧ください。p7の回路図と算出式が参考になると思います。

放熱設計についてもデータシートに載っていますが、前回の投稿にお書きになった使用目的を見る限りでは、発熱は通常のヒートシンクで押さえられるレベルだと思います。

コンデンサーは本来ならリップル率に合わせて算出する必要がありますが、3300μF以上の容量であれば十分で、出力側のコンデンサーは入力側よりも小さくても良いです。また、コンデンサーの耐圧は両方とも必ず25V以上のものを用意...続きを読む

QLM317LZ使用24V車にてLED使用の?

下記の内容で困っております。
解決策がありましたら御教示戴けませんでしょうか?
24Vのトラックに知人に頼まれてLEDマーカーを作ったのですが
時間が経つと(30秒位)明暗を繰り返してしまいます。
車はエンジンをかけた状態で28.8Vの電圧でしたので
■LM317LZ=3V
■LED VF2.8V-IF70mAhX8ヶ(直列)=22.4V
■整流ダイオードX1ヶ=0.9V
■電流調整抵抗27Ω1/6WX1ヶ
上記でIF50mAhで約0.25Wとして計算をして組んだのですが・・・
317の保護回路が働いたのでしょうか?

Aベストアンサー

回路は以下のようなものでしょうか。

 28.8V ─┐
       ▼ ダイオード
       │┏━━━┓OUT
       └┨ 317 ┠┬─┐
       IN┗━┯━┛│ 27Ω
        ADJ├ R1 ┘  │
           R2      ▽ LED×8
 0V ─────┴────┘

上の回路で電圧降下が
  ダイオード 0.9V
  LM317LZ 3V
ということなのでしょうか?もしそうならLEDに流れる電流は、バッテリーの電圧が28.8Vのとき93mA程度になるはずです。LM317の入出力間の電圧が3Vなら保護回路が働く電流は100mA以上です。LM317の温度上昇も50℃くらいなので問題ないと思います。27Ωの許容電力は1/6Wより大きくしたほうがいいです。抵抗R1とR2の値はいくつですか?

Q通販で 耐圧1000V 0.01uFのコンデンサーが売っている店を教え

通販で 耐圧1000V 0.01uFのコンデンサーが売っている店を教えてください。

Aベストアンサー

http://www2f.biglobe.ne.jp/~furovisu/radio.html
[0.01μF 1000V]で検索すれば沢山出てきます。
お調べ下さい。

Qバイクのバッテリーから三端子レギュレータで5V

バイクのバッテリー(12V、5Ah)から三端子レギュレータを使って5V500mAのUSBバスパワーを取り出したいのですが、回路がいまいちよくわかりません。
このような回路で合っていますか?
コンデンサを3番ピン側に2つ繋ぐ回路図と、1番ピンと3番ピンのそれぞれに繋ぐ回路図の2通りが出てきて混乱しています。
またコンデンサの容量はどの程度を選べば良いのでしょうか?

他にもアドバイスがあればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

三端子レギュレーターを使うのであればレギュレーターのIN側とOUT側の両方にICに出来るだけ近い位置に0.1μFの積層セラコンを取り付けてください。そして平滑用のケミコン470μF~1000μF程度でいいでしょうけれど、これも両側につけましょうね。あと、三端子レギュレーターの内部損失にも注意しましょう。
最大出力電流がOKでも、内部損失が足りないとダメですよ。この場合はバッテリー電圧をエンジン動作中で14Vとすると14-5×0.5で4.5Wの内部損失が生じます。使うICの内部損失がこれを下回るのはもちろんダメですし、放熱などを考えると10W程度の内部損失に耐えられるもので無いと無理があります。もちろんヒートシンクも必用です。

参考までにスイッチング方式の電源回路のキットがありますのでURLを載せておきます。三端子レギュレーターのようなシリーズ型レギュレーターよりも、スイッチング方式の方が効率が良く電源容量の小さいバイクなどではこちらの方がお勧めです。

参考URL:http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-02190/

三端子レギュレーターを使うのであればレギュレーターのIN側とOUT側の両方にICに出来るだけ近い位置に0.1μFの積層セラコンを取り付けてください。そして平滑用のケミコン470μF~1000μF程度でいいでしょうけれど、これも両側につけましょうね。あと、三端子レギュレーターの内部損失にも注意しましょう。
最大出力電流がOKでも、内部損失が足りないとダメですよ。この場合はバッテリー電圧をエンジン動作中で14Vとすると14-5×0.5で4.5Wの内部損失が生じます。使うICの内部損...続きを読む

Q3端子レギュレータ

pic用の安定した5Vを供給するための電源回路を3端子レギュレータ(78L05)を使って作ろうと考えています。
回路設計をしたことがないのでレギュレータのデータシートの参考回路を元に以下のように回路を設計しました。

・レギュレータの入力部分にセラミックコンデンサ0.33μFとノイズ対策に電解コンデンサ16V10μFを接続
・出力部分にセラミックコンデンサ0.1μFを接続

出力側に接続されている部品はpic、LCD、タクトスイッチと抵抗ぐらいなので多くても全体で約10mA程度の消費電流になります。

実際にブレッドボード上で回路を組んで9Vの電池を入力につないで出力電圧を測定してみたところ、ほぼ5Vとなったのですが、
1分ほどで0.01Vほど電池の電圧が下がっていくので、2~3日電池につないだまま放置していると5Vが供給できないどころか、電池がなくなってしまいました。
それから一度回路から外して電池を数日放置しておくと、元の電圧値とまではいかないものの6V程度電圧が回復しました。
そこで今度は単三電池3本を直列につないで約4.5Vにしてレギュレータを介さず同じ回路に直接つないだところ、
2~3日経過後もほぼ4.5Vのままちゃんと動作していました。なので電源回路部分に問題があると思うのですが、
なぜこんなに早く電池が消費されるのかまったく原因がわかりません。
消費電流に対してこの電池の減り方は異常だと思うのですが、何が原因だと考えられるのでしょうか?
0V近かった電池が、回路から外した後回復するという挙動もまったく意味がわかりません。
全体の回路図が載せられないので回答しづらいと思うのですが可能性でもいいので指摘していただくと助かります。

pic用の安定した5Vを供給するための電源回路を3端子レギュレータ(78L05)を使って作ろうと考えています。
回路設計をしたことがないのでレギュレータのデータシートの参考回路を元に以下のように回路を設計しました。

・レギュレータの入力部分にセラミックコンデンサ0.33μFとノイズ対策に電解コンデンサ16V10μFを接続
・出力部分にセラミックコンデンサ0.1μFを接続

出力側に接続されている部品はpic、LCD、タクトスイッチと抵抗ぐらいなので多くても全体で約10mA程度の消費電流になります。

実...続きを読む

Aベストアンサー

まあ,無負荷でもレギュレータが電気食ってますからね.
typ で 2 mA,max で 5 mA くらいか.
9V の電池ってのがマンガンの 006P なら,L05 を動かすための 7V くらいまでの放電として 50mAh くらいがキャパでしょうかねえ.5mAなら10時間,2mA でも1日で終わりですw
ま,ざっとした見積もりですが,異常でも何でもないってことでしょうね.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報