外国の友人に、神社とお寺の違いは何かと聞かれたのですが、
神道と仏教の違いだという程度しかわからず、うまく説明できませんでした。
神社とお寺、神道と仏教の違いについて、
外国の人にもわかるような回答をいただけると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 


  「お寺」は、Temple of Buddhism と説明します。「神社」は、Shrine of Shinto (Shintoism) と説明します。
  では、Buddhism, Shinto(Shintoism) とは何かということになります。
 
  相手の方が、アメリカの人などなら、Buddhism については大体聞いているはずです。ただ、そうでない場合もあり、どちらも説明すると次のようになります。
  (日本語で書きます)。
 
  仏教は、インドで生まれ、アジアに広く伝わった世界宗教で、日本には、5世紀頃に、朝鮮半島や中国から伝わり、日本国内でも大いに信仰され、たくさんの仏教の寺院が建築されました。また、日本でも、教えの研究が進み、日本独自の教えを持つ仏教もあります。
 
  インドで生まれた仏教は、元々、人生の悩みや苦しみ(例えば、人は病気になって苦しんだり、年老いて楽しくなくなったり、最後には死んで空しくなってしまう。また人間関係もたいへん難しい)などについて、何か解決の方法はないかと、釈迦族という部族に属する、普通、釈迦と呼ばれている人が、修行して、これが答えであると、「覚り」を開き、この覚った内容を教えとして弟子に伝え、それが、インドから東アジアに伝わったものである。
 
  釈迦は何を教えたかというと、人が病気にかかったり、年老いたり、死ぬことは、人間に定まった運命である。歳を取りたくない、死にたくないというのは、よく分かるが、それは、「自分」が、何時までも若々しく、死ぬこともない存在でありたいという希望であり、慾である。「自分=わたし」というものを考えると、それは、刻々変化しており、昨日のわたしはもう今日いない。こういうことが人間の本当の姿で、何時までも変化しないという自分=私や、何時までも変化しないもの・世界などはない。すべてが変化し、この変化のなかに病気も歳を取ることも死ぬこともある。世界や自分とは、変化しているものであり、そのことを知って、いまを有意味に生きるのが重要である。このように教えたのである。
 
  釈迦の教えは、段々変化して来て、壮大な寺や華麗な儀式ができてきて、死後に行く極楽や地獄などがあるという考えも出てきた。これも仏教であるが、釈迦の教えには、元々地獄や極楽などはなかったのである。仏教の根本の教えは、宇宙を創造した絶対の神などはいないということである。世界は無限の過去から無限の未来まで、変化しつつ存在している。しかし、釈迦の教えを知り、すべてが変化し、「無常」(変化しないものはない)ということを覚れば、「覚りの境地」に入ることができ、この時、普通に考えていたのでは分からない、世界の「真実」が分かる。
 
  この真実の覚りに入ることを、仏教の信徒は理想としている。仏教では、また人はみな平等で、誰でも、覚りの救いにあずかれることが可能である。人には、身分の区別などないと教える。また、平和主義であり、教えのために、イスラム教のように「聖なる戦い(ジハード)」を行うなどということもない。人のいのちも、動物のいのちも大事なもので、みだりに生き物のいのちを奪ってはならない。仏教徒は、原則として、肉は食べないし、生き物を殺すようなことは避けることとされている。
 
  これが仏教の大体の説明です。
  お寺というのは、キリスト教の教会というより、修道院に近く、覚りを目指す修行者が共同生活をし、修行する場所に立てられた建物や、この共同体のことです。しかし、大きなお寺になると、非常に豪華なものがあり、また日本では、葬式を仏教の修行者つまり「僧」が行うようになっていて、葬式などの場所として、お寺を利用することがある。
 
  神道は、日本の伝統的な宗教で、多神教であり、自然崇拝の面もあり、シャーマニズムの一種だという説もある。地域地域に、その地方の豊作や、幸福を祈願する神社があったが、明治時代になって、地域の神社をまとめて、「神道の教義」というものを統一的に作成し、国家神道というものを日本は造った。
 
  神道の神々は、多く、自然現象を神の技と見て、自然を神と考えたものが多く、神道で、もっとも崇められている神は、天照大神であるが、この神は、女神で、更に太陽のめぐみの象徴である。仏教では、人間の死後は、釈迦の教えでは、世界の変化のなかに帰り、釈迦より後の教えでは、極楽に行ったり地獄に行ったりした後、またこの世に生まれてきて、輪廻転生する。神道では、死後、人の魂は、祖先のいる世界に行き、そこで、段々、祖先の霊の一部になって行く。しかし、祖先の世界から、また此の世に生まれて来る人も多数いる。この点、北米インディアンの宗教に似ている。
 
  神道の神社は、そこで、神道の神官(神主・巫女と呼ぶ)などが修行する場所でもあるが、自然の神に感謝したり、祖先を慰めたりする儀式を行っている。天照大神を祭った、伊勢神宮のような、非常に大きな神社では、日本の国の守護を神に祈っている。などなど。
 
  また、仏教と神道は、シンクレティズムを起こし、日本人のなかでは、二つで一つの教えのように感じている人が多くいる。などでしょう。
 
  長すぎますが、纏めると:
 
  1)仏教も神道も、キリスト教・ユダヤ教・イスラム教のような絶対超越神は考えられていない。仏教はヒンドゥー教によく似ているが、人間が努力して、開祖である釈迦にならって、「覚り」を開けば、人生の苦しみが解決し、心が平静になるという教えである。原則的に、神々に祈ったりしない。仏教の神々に見えるのは、覚りを開いた優れた修行者か(これを、覚者とか、仏陀という)、または覚りを事実上開いている修行者(これを菩薩という)であり、仏教以外の宗教の神々が、仏教の信者となっているものである。仏教には、原則的に神も神々いない。また仏教では人は平等で、生き物も独自のいのちを持っており、生き物を殺してはならない、肉食は避け、菜食すべきと教える。
 
  2)神道には多数の神々がいるが、それらは太陽や月や、嵐などの擬人化で、自然を象徴する神々である。多神教とも言えるが、ヒンドゥー教のような、神ではなく、ギリシアやローマの神とも違い、普通、「姿がない神々」である。また、世界は、水が流れるように変化しており、季節の変化のように、時間の経過と共に、また同じことが来り返される。人は死ぬと、「祖先の国」に行き、祖先という神にもなる。神道では、天照大神を中心にすべての神が、結局、日本人の祖先であり、祖先を神だと考えて崇拝しているのが神道である。自然もまた、人の祖先になり、自然に神や祖先が宿っているという考えて、シャーマニズムである、日本の天皇は、日本のシャーマンの最高者と考えられている。
 
  などなどですが、簡単に説明できないですね。
 
  更に要約すれば、よいのかと思いますが、要約し過ぎると、他の文化の宗教とどう違うのかが分からなくなります。
 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございました。お礼が遅くなってしまってすみません。
日本語で説明していただけて良かったです。英語等だと私がわからなくなって
しまうので(^^ゞ)

>仏教には、原則的に神も神々もいない。また仏教では人は平等で、
生き物も独自のいのちを持っており、生き物を殺してはならない、
肉食は避け、菜食すべきと教える。
何となく知ってはいたんですが、教えていただくまで思い出せませんでした。
仏教の生まれや釈迦の教えの変化などについても詳しく説明していただき、
勉強になりました。

>神道には多数の神々がいるが、それらは太陽や月や、嵐などの擬人化で、
自然を象徴する神々である。多神教とも言えるが、ヒンドゥー教のような、
神ではなく、ギリシアやローマの神とも違い、普通、「姿がない神々」である。
私は神道については馴染みがなかったのですが、丁寧に説明していただいて
ありがとうございました。

やはり、宗教というのは簡単には説明できないですね。でも最後の
纏めのところが非常に分かりやすかったです。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/17 13:26

お寺は仏教(ブッディズム)を修行する為の社(やしろ)です。

仏教は奈良時代に大陸(中国)の方から入ってきた外来の宗教ですが、政治に利用されて日本全国に大きく広まりました。
けど、日本にはそれ以前から地域ごとに信仰されていた、土着の神様がたくさんいました。それはキツネなどの動物であったり、山そのものであったり、その多くは自然の力を崇拝するものでした。それらを祭る社が神社です。神社の多くは、入り口に「鳥居」と呼ばれる大きな建造物を設置しています。

しかし、今は日本人の多くは信仰に対して熱心ではありません。彼ら自身も「寺」と「神社」を明確に区別して考えてはいないですし、双方とも日本を象徴する文化であると認識されています。

こんなんじゃダメかな。。。(*^-^*)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。お礼が遅くなってしまってすみません。

>仏教は奈良時代に大陸(中国)の方から入ってきた外来の宗教ですが、
政治に利用されて日本全国に大きく広まりました。
やはり政治によるところがあるんですね。そういえば歴史の
教科書にあったような…(^^;)

>神社の多くは、入り口に「鳥居」と呼ばれる大きな建造物を設置しています。
神社といえば鳥居ですよね。聖域を示すものだと聞いたことが
あるのですが、それはどうなんでしょうか?

>彼ら自身も「寺」と「神社」を明確に区別して考えてはいないですし、
双方とも日本を象徴する文化であると認識されています。
なんだか、私のことを言われているようで恥ずかしい限りです。
自分の国のことをもっと勉強しなければ、という感じです。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/17 13:39

 悩むこともなく、これは、


 まず、本尊、拝む対象が違います。
 名称も違います。神道では、神主、宮司、巫女等といいますが、仏教では、僧侶、坊主、出家等といっています。
 それに、教えが、違います。教義になると、難しくなるのですが、神を根本としているか、釈尊を根本としているかということでしょう。詳細は、省略させて戴きます。
 これ位で、如何でしょうか?
 ただ、今の神社は、邪鬼魔神の棲家となっており、金儲けの手段となって、人々の、幸福を叶えるなんという力はありません。逆に、不幸になるばかりであります。
 その証拠に、交通安全祈願に行ったにもかかわらず、事故を起すケースが実に多いでしょ。何の為に、参ったか分かりません。
 こういった内容の回答は、すでに、致しておりますが、読解されておられないようですね。悪しからず。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お礼が遅くなってすみません。

>名称も違います。神道では、神主、宮司、巫女等といいますが、仏教では、
侶、坊主、出家等といっています。
そうですね、言われてみれば確かにそうです。

>今の神社は、邪鬼魔神の棲家となっており、
今はそこまでひどくなってしまったんですか?ちょっと悲しいです

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/17 12:59

hideyoshi2さん、こんにちは。



神社・・神様を祭ってある建物
お寺・・僧が住んで、仏像をまつり仏道を修行し、また仏事を行う所。

と、辞書に載っていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

辞書的な意味も良さそうですが、
外国の人にはちょっとわかりづらいかな、と(^^;)

でも、わざわざ調べていただいてありがとうございました。

お礼日時:2001/11/16 17:42

外国の方にわかるように簡単にしますと・・



神社は、ギリシャ神話のゼウス、アポロンやエジプト神話のイシス、オシリス等と
同様に、日本に古代からある土着の神話の神を祀った神殿。

お寺は、紀元前5世紀にブッダ(ゴータマ・シッダルタ)が創始した
ブッディズム(仏教)の神々を祀った神殿。

神道は日本という国が成立した頃からある日本固有の土着宗教であり、
仏教は紀元6世紀半ばに中国大陸から伝わってきた宗教である。

特徴は、どちらも多神であること。
とすれば、第一段階として外国人の方にもわかりやすいのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

そうですね、具体的に名前を出すとわかりやすそうですね。
ギリシャ神話やエジプト神話を例に出すのも良さそうです。

仏教も多神だったんですか!?これは全く知りませんでした。
勉強になります。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/16 17:39

寺院は世界的宗教である仏教の礼拝施設であり、神社は日本固有の宗教である神道の施設である、ということですよね。

神道について馴染みがないから分からないのでは。仏教について知らないような人はそもそも寺社仏閣に興味持たないでしょうから。神道は日本固有の宗教である。世界の趨勢とは異なり多神教である。仏教の神仏についても神道の多神のひとつとして受け入れて寛容に共存してきた。日本人は神社と寺院双方に参拝・参詣するが、不信心なわけではなく、こうした神道の影響が日本人のメンタリティーである。といったところですか。説明してほしいのは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございました。

おっしゃる通り、神道にはあまり馴染みがないために分からない点も
多数あります。鏡開き等の行事自体はは毎年のようにやってるんですが…(^^; )

>仏教の神仏についても神道の多神のひとつとして受け入れて寛容に共存してき
た。日本人は神社と寺院双方に参拝・参詣するが、不信心なわけではなく
こうした神道の影響が日本人のメンタリティーである。
なるほど。多神のひとつとして受け入れたというのは知りませんでした。
キリスト教などの宗教を信仰している外国の方から見ると、
神社にもお寺にも行くのは相当不思議な事だというのは聞いた事がありますが、
これで分かってもらえそうな気がします。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/16 12:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神社のお参りの仕方  手水の作法について

明日神社にお参りに行こうと思っているのですが、手水での作法で質問したいことがあります。

手水のときに、右手をゆすぎ、左手をゆすいだあと、左手に水をためて口をすすぐとのことですが、すすいだ後の水はどうすればよいのでしょうか。吐き出すのも汚いように思いますし、左手にすすいだ水を吐いたら穢れてしまうように思います。普通に地面に吐き捨てるべきでしょうか。だとしたら、石段の上に吐き捨てては駄目だとかいう作法はあるのですか。水のたまっているところに吐くのは最もよくないことですし。

細かいことかもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 設備の整った神社では水盤の周囲に堀が刻んであって、水が流れています。このような神社では、そこに流してください。
 水盤の周囲を砂利で敷き詰め、水が流れている場合は、少量の水を口に含み、砂利の上に流しましょう。

これらの設備が無いか、水が流れていない場合は形式だけにします。
 杓から直接ではなく、右手で杓を持って左掌に水を受けて口に入れます。
 形式だけ整える場合は水に唇をつけるだけで含みません。そのまま流す所作だけ(軽く顔を横に背ける)をして終えます。
 口をすすぐとは嗽ではなく、ごく僅か口に含んで流すだけです(念のため)

手水の基本的な全体の流れは参考URL参照。

参考URL:http://jinja.jp/faq/answer/11-01.html

Q寺と神社の違い

「寺と神社は、どう違うの?何が違うの?」と、外国人のお友達に聞かれ、適切に答えることが出来ませんでした。
詳しくご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

寺は仏教、神社は神道の施設です。
仏教は紀元前5世紀頃に釈迦が開いた宗教で、アジア地域に広まっています。

神道は日本古来のものですが、「神道」という言葉自体は仏教が日本に伝来してきた際これと区別するために作られたものです。

そもそも宗教とは、教祖、教義、教典の3つが揃ったものとされており、他の神を否定し、信じる者のみが救われるこことなっています。
これに対し、神道は、教祖、教義、教典といったものがなく、他の存在を認め、信じるものも信じないものも区別ぜす共存共栄を願うことを基本としています。
我々日本人の一生の節目節目で行われる儀式や年中行事は他の国には見られないものであり、宗教というより日本土着の風習といってもよいでしょう。

外国人の方であれば、宗教については知識があると思いますので、神道について説明すればよいと思います。

参考URL:http://www.jinjahoncho.or.jp/

Qおじいちゃんの神社お参り

こんにちは。私は今年34になる男です。最近好きでいろんな神社やらお寺をお参りすることがあり、ふと思った疑問について質問させて下さい。

それは私の祖父の神社へのお参りの作法についてです。
もう亡くなりましたが、私の祖父(明治43生まれだったかと)は、一般的に正式と言われる「二礼二拍手一礼」とは全く異なる作法でお参りをしていました。
そのやり方は、次の通り。

1.鐘を鳴らす
2.2回拍手
3,1礼(と、ともにお祈り)
4.2回拍手
5.1礼

毎日のように近所の神社(八幡さんと氏神さん)へ犬の散歩と共に出かけ、それについていっていた幼い私は、いつのまにかその作法がしっかりと身についていました。うろ覚えなのですが、この作法について私が尋ねたとき、「まず神様を(鐘の音)起こして、”私がお参りしますよ”と伝え(拍手)、願って、ありがとうの拍手を最後にする」という理屈を教えられ、妙に納得した覚えがあります。
作法のことですし、もう少し私の祖父に関することをお伝えしますと、
・姫路出身(祖父、私とも)
・本家は商家(祖父の兄が継いでます。祖父は結婚までそこにいました)
・戦争では満州にも行っていたようです(中尉だったかと)
というところです。

このやり方が正しいかどうかを問い糾すというよりは、「私も一般のやり方とちがうお参りの仕方をする」とか「私の~も似たようなことしてた」など皆さんのいろんなお話が聞けたら面白いな、と思っています。もちろん「それは~という礼儀にのっとったもの」といったお答えも戴けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。私は今年34になる男です。最近好きでいろんな神社やらお寺をお参りすることがあり、ふと思った疑問について質問させて下さい。

それは私の祖父の神社へのお参りの作法についてです。
もう亡くなりましたが、私の祖父(明治43生まれだったかと)は、一般的に正式と言われる「二礼二拍手一礼」とは全く異なる作法でお参りをしていました。
そのやり方は、次の通り。

1.鐘を鳴らす
2.2回拍手
3,1礼(と、ともにお祈り)
4.2回拍手
5.1礼

毎日のように近所の神社(八幡さんと氏...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.ichigayahachiman.or.jp/shinto/sahou.html

参考URLにあるように、神道と言っても、流派が分かれていて、それぞれ、お参りの仕方は、違うようですね。

普通、眼にする作法は、標準的な作法というべきなのかもしれませんね。

ちなみに、仏教でも、その宗旨に拘れば、各宗派で、まったく違うほど、ならばらです。

おじいちゃんの納得される方法で、お参りされれば、良いとおもいますが。。。

参考URL:http://www.ichigayahachiman.or.jp/shinto/sahou.html

Q神道と仏教について

いつもお世話になっています。

恥ずかしながら、先日、外国人の友人から、
「日本には神道と仏教があるよね。どう違うの?
また、比率はどれくらい?」と聞かれて、答えられませんでした。

また私自身、どうして首相が靖国神社をお参りすることが問題になるのかもよく分かっていません。
また、普段信仰心が薄い私のような人物でも、
「私は仏教よ」なんて言っていいのでしょうか?

よろしかったら優しい言葉で教えて頂ければ幸いです。
お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

日本神道と言うのはこの国開闢以来の独自の宗教で、竈の神様、商売の神様、天狗や狐も神様、戦の神様、学問の神様、安産の神様などほぼ何でもありの八百万(多いという意味で文字通りの数ではない)の神々がおわします。イナバの白ウサギとかヤマタノオロチとかアマノイワトなどは日本神話を元にした民話です。太平洋戦争終結時の昭和天皇の人間宣言まで、天皇家は神の末裔であると言うことになっていたので、天皇家と日本神道は切っても切り離せません。神様がまつられているのは神社です。
一方仏教はインド古代ヒンズー教から派生した外来の宗教で、その意味ではキリスト教と同じです。但し歴史が半端ではないので、我が国独自の仏教文化も生まれています。仏をまつるのはお寺です。
そもそも我が国の民族は宗教に対しては古来いい加減で、奈良時代に仏教が伝来した時に、多生のごたごたはあったものの、結局折り合いを付けて「どっちもあり」にしてしまいました。これは他の国では考えられないことです。仏教とがクリスマスを祝う土壌は1000年前から養われていたわけで、一軒の家に神棚と仏壇があることは珍しくもありません。
首相が靖国神社を参拝すると問題になるのは、憲法で「政教分離の原則」(要するに政治に宗教が介入してはいけない・逆もまた真)が謳われているからです。

以上とても大雑把ですが。

他の回答者の方、訂正、追加をお願いします。

日本神道と言うのはこの国開闢以来の独自の宗教で、竈の神様、商売の神様、天狗や狐も神様、戦の神様、学問の神様、安産の神様などほぼ何でもありの八百万(多いという意味で文字通りの数ではない)の神々がおわします。イナバの白ウサギとかヤマタノオロチとかアマノイワトなどは日本神話を元にした民話です。太平洋戦争終結時の昭和天皇の人間宣言まで、天皇家は神の末裔であると言うことになっていたので、天皇家と日本神道は切っても切り離せません。神様がまつられているのは神社です。
一方仏教はインド古...続きを読む

Q神社参拝作法通り参拝していますか?

先日、今までできなかった事が出来るようになった事に対する感謝の気持ちから、近所の神社に参拝しました。
なぜか、いつからか、出来るだけ、神社に行く機会があった時はお願いごとばかりではなく感謝の参拝をしようと思っています。
以前から気になっていたのですが、
参拝する所に参拝作法について説明が書いてあります。2礼2拍手等。拍手は小さくしていますが、礼の部分がどうしても恥かしくて今まで、作法どおり参拝した事はありません。
おじいさんおばあさん方はきちんとされてます。
やはり神様に失礼?
神社に立ち寄る気持ちが大切?
参拝に気持ちがこもっていればよい?
作法どおりでない参拝についてどう思いますか?

Aベストアンサー

手水舎で、手を清める事は出来ますが、
口をすすぐ事がどうも出来ないです。
水道があればします。
手水舎が見当たらない神社がありますので、
そのまま拝礼しますが、
作法通りにお参りできます。

混雑している時は、丁寧にゆっくり出来ないですね。

感謝・祈願など、言葉は浮かびますが、
観光などで出掛けてお参りする時
願い事をするのも、申し訳ないな~と感じてしまうので、
”又お参り出来る機会をください”と、
お願いします。

>>神社に立ち寄る気持ちが大切?
>>参拝に気持ちがこもっていればよい?

神仏へ畏敬の念、信心などによって、いずれでも
仕方がないかなと、感じはします。
個人的にはその拝礼の儀は、守った方が良いと思います。
大して難しい技をする訳ではないですから。

参拝して気が重くなるのでは残念な事です。

礼の部分が恥ずかしい・・何となくわかります。
私は、作法と言うより、”こんにちわ”と言う感じで
お辞儀をして慣れるようにしました。

Q仏教・神道にでてくる仏・神について詳しい本

仏教・神道関係に出てくる仏や神について詳しく書いてある本を教えてください。

お願いします。

あまりにもありすぎて、どれがいいのかわかりません。

ネット書店だとよく中身がわからない半面、近くの本屋はあまり品揃えがよくありません。

所望しているのは、如来や菩薩、閻魔などの仏教に出てくる仏関係、天照大神や猿田彦などの

八百万の神について詳しく書いてある本です。

情報不足で申し訳ありませんが、本屋で探したものがあまりにも情報不足で仏や神の歴史を

ただ書いている、というものだけでした。

正直薄ぺらっかったです。

情報お待ちしております。

Aベストアンサー

ちょっと高目の本ですが、新紀元社のTruth In Fantasyシリーズをお勧めします。
記述が詳細でかつマイナーなものも取り上げていて、もしこの内容に物足りない
のであれば、専門の研究書を当るしかないというほど充実した本です。

新紀元社トップ
http://www.shinkigensha.co.jp/index.html
Truth In Fantasyシリーズ目録
http://w3.shinkigensha.co.jp/cgi/shinkigen.cgi?act=search&isbn=&skgdomcode=01&mx=20&rp=3

Q夜に神社にお参りしてはいけませんでしょうか。

毎週、土日の早朝に散歩を兼ねて近所の神社にお参りに行きます。

平日は仕事のために夜に散歩をするのですが夜に神社にお参りしても良いのでしょうか?

Aベストアンサー

神仏への参拝を夜行なうのは良くないと言われていますし、その様な場所へ夕暮れ以降の時間に立ち入ることは、悪鬼羅刹を呼び込むことになるという類の説が根強くあります。

古人の言には理があるものです。

Q神社やお寺の作り方

都市開発がされて、ビルや家が立ち、街が出来ていきますが、そこにお寺や神社はありません。
新しくお寺や神社を作る為にはどうすればいいのでしょう?

新興宗教ではなくて(決して否定している訳ではありません)昔からある日蓮宗とか浄土真宗とか、何処にでもある宗派で説明して頂くとわかりやすいと思います。

また、神社は、厄除けとか、学業とか、安産とか、いろいろありますが、例えば学業のご利益がある神社を作ろうと思ったらどうすればいいのでしょう?
誰でも勝手に作っていいのでしょうか?
役所に届は必要でしょうか?
他にどんな手続きが必要でしょうか?

教えて下さい。

Aベストアンサー

 ただし、宗教法人格を有さない個人所有の宗教施設で問題になるのは、税金と相続ですね。宗教施設って所有する土地面積に対して、収入は微々たるものがほとんどだし(宗教法人に対して固定資産税が優遇されるのもそのような理由ですね。そればなければ都心部の寺院や神社・教会なんか税金だけで破産してしまいますよ)、所有者の死後はだれがその宗教施設を相続するかで、問題が起きやすいですね(宗教法人格を有している場合だと、施設や財産は法人のものであって、住職、神職、神父・牧師などの個人のものではありませんから。その辺、誤解されているも面も多いでしょうね)。もちろん宗教法人格を有しても維持・運営する人がいなければ最悪の場合、法律の基づいて法人が解散させられますし。
 ですから現実問題でいうと、法律上・制度上では宗教施設を個人で作るのは自由であっても、それを実際に維持・運営していくのであれば、よほど熱心な信者が多数いないかぎり難しいですね。特に「高野山真言宗○○寺」とか「浄土宗△△院」みたいに伝統的宗団に包括されて運営していくとなれば、なおさらですね。つまり新興宗教のように“突飛な行動”を取って信者獲得がしにくいですからね。もちろん特定の宗教団体に所属しなくても宗教活動を行うのは「自由」ですから、そのように運営していくこともできますが、それだといわゆる“新興宗教”と大差がなくなるし… 難しいですね。

早い話、箱ものを作っても拝む人がいなけりゃあ無意味ってことですね。

 ただし、宗教法人格を有さない個人所有の宗教施設で問題になるのは、税金と相続ですね。宗教施設って所有する土地面積に対して、収入は微々たるものがほとんどだし(宗教法人に対して固定資産税が優遇されるのもそのような理由ですね。そればなければ都心部の寺院や神社・教会なんか税金だけで破産してしまいますよ)、所有者の死後はだれがその宗教施設を相続するかで、問題が起きやすいですね(宗教法人格を有している場合だと、施設や財産は法人のものであって、住職、神職、神父・牧師などの個人のものでは...続きを読む

Q神社のお参りについて

お世話になります。
最近神社参りが趣味になっているのですが、神社をたくさんお参りしないほうがいいとか、稲荷神社は鳥居をくぐらないほうがいいなどと聞くのですが実際のところどうなのでしょうか?
神社に行くと落ち着くし癒しを求めてお参りするのですが沢山の神社に行かないほうが良いのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私は神社の写真を撮るのが趣味なので、一日に幾つもの神社を訪れます。
肝心なのはお願い事をしない事。
先輩などにお願い事をする場合、何人もの人に同じお願いをすると「自分だけじゃ頼りにならないのか」とへそを曲げてしまう事がありますが、その辺から発生した謂れなのでしょう。
神社を訪れたら「お邪魔します」「お陰様です」など感謝すれば良いのです。
呼吸は吸ってばかりでは、二酸化炭素で肺が一杯になってしまいます。吐き出したあとに新鮮な空気が自然に入ってくるのと同じく、感謝の言葉を出した後の空になった身体に、神気が自然に入ってくる。
そんな心構えでよいでしょう。そうすれば複数の神社でも構いません。

鳥居をくぐらないという事は、家に窓から入るのと同じです。また、神域に穢れたまま入るのと同じで、相手にとって大変失礼な事です。
稲荷に参るなという説は、多くの稲荷が本来の神様でなく、眷属の狐を祀ってしまっているからです。キチンと祭神を祀っている稲荷なら大丈夫です。

但し、荒れている神社や祭礼がちゃんとされていないなど、放置されている神社は出来るだけ避けましょう。ちゃんと大切にされている神社なら稲荷でも大丈夫です。

私は神社の写真を撮るのが趣味なので、一日に幾つもの神社を訪れます。
肝心なのはお願い事をしない事。
先輩などにお願い事をする場合、何人もの人に同じお願いをすると「自分だけじゃ頼りにならないのか」とへそを曲げてしまう事がありますが、その辺から発生した謂れなのでしょう。
神社を訪れたら「お邪魔します」「お陰様です」など感謝すれば良いのです。
呼吸は吸ってばかりでは、二酸化炭素で肺が一杯になってしまいます。吐き出したあとに新鮮な空気が自然に入ってくるのと同じく、感謝の言葉を出し...続きを読む

Q仏教とは?仏教の聖典とは?

仏教とは?仏教の聖典とは?
良いか悪いかは別として、キリスト教には、新旧約聖書、イスラム教にはコーラン、という、それぞれ、宗教をある程度つかむための代表的な聖典(半分、聖人と呼ばれる人の生きてきた昔話みたいな)、共通の理解すべき分かり易い対象があり、人々の間にも文化として根付いていると思います。それに対して、仏教には、なぜ、代表的聖典というものが無いのでしょうか。庶民には、およそ意味の分からぬ、頭ごなしに有難がるしかない、お経を聞くことぐらいしか、身近に接することはありません。
(1)仏教とは、サルにもわかるように言うと何でしょうか?
(2)仏教に、これ一冊が大方の人に読まれてますよ、という聖典はあるのでしょうか?、新旧約聖書に相当するような昔話のようなタイプの聖典もありますか?サルにも分かるような聖典もありますか?
(3)日本の庶民の文化として、仏教は息づいてい無いと思いますが、なぜですか?外国で庶民文化として仏教が息づいている国はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

1)仏教とは、サルにもわかるように言うと何でしょうか

七佛通解ゲというお経に書いてあります。
「諸悪幕作 衆善奉行 自淨其意 是諸仏教」「諸悪を作すことなかれ、衆(もろもろ)の善は奉行し、自らその心を浄くせよ、是れ諸仏の教えなり」これは過去七仏通解と云われ、根本仏教より仏教が道徳の根源となっていることを説いていることを表すものです

良いことをしなさい。悪いことをするな。これが仏教です。(筆者訳)

2)仏教に、これ一冊が大方の人に読まれてますよ、という聖典はあるのでしょうか
仏教聖典と言って、世界各国語に翻訳されてます。日本語版は、200円くらいで、手にはいります。聖書と同じですね。
http://www.bdk-jp.org/buddhism/book01.html

ここでは、525円となっているようですが。。


3)日本の庶民の文化として、仏教は息づいてい無いと思いますが、なぜですか

一応、信教の自由ってことですので、本来、日本人に合ってはいるのですが、気がついていない人が多いのでしょう。

外国で庶民文化として仏教が息づいている国はあるのでしょうか
たくさんありますよね。タイとか、仏教が国の宗教ですから。
中国も、チベット仏教とかは、そうなんですが、漢民族が、認めてませんね。

1)仏教とは、サルにもわかるように言うと何でしょうか

七佛通解ゲというお経に書いてあります。
「諸悪幕作 衆善奉行 自淨其意 是諸仏教」「諸悪を作すことなかれ、衆(もろもろ)の善は奉行し、自らその心を浄くせよ、是れ諸仏の教えなり」これは過去七仏通解と云われ、根本仏教より仏教が道徳の根源となっていることを説いていることを表すものです

良いことをしなさい。悪いことをするな。これが仏教です。(筆者訳)

2)仏教に、これ一冊が大方の人に読まれてますよ、という聖典はあるのでし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報