最近、ホラー小説にはまっているのですが。
なかなか当たりが見つかりません。
お勧めの小説がある方、教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

こんにちは。



下記URLでも回答いたしておりますが
〔綾辻 行人〕さんの〔殺人鬼〕です。

貧血を起こした方がいらっしゃるというのは納得できます。
私はこの本は封印してあります;

参考URL:http://virus.okwave.jp/kotaeru.php3?q=1343854
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
殺人鬼読みました。
オチにびっくりしました。
怖いというより、グロイですね。
でもなんかハマってしまいました。
今は、殺人鬼II読んでます。
またおすすめがあったら、教えてください

お礼日時:2005/11/10 13:01

遠藤徹「姉飼い」岩井志麻子「ぼっけいきょうてい」とかはいかがでしょうか?あとホラーではないですが、天童荒太「家族狩り」も私は結構怖かったです。

基本的に普通の人の仮面をかぶった人が一番怖いと思うので。あと同じジャンルで雫井しゅうすけ「火の粉」も一気に読んじゃいました。
    • good
    • 0

英国のクライブ バーガーの「血の本」確かハヤカワ文庫から出ていると聞きました。

    • good
    • 1

どんな小説が「あたり」と思えるかは、人によって違います。


ですから、アンソロジー(多数の作家が参加している短編集)で好みのタイプを把握するのが一番でしょう。
日本の作家が良ければ、〈異形コレクション〉がホラー・アンソロジーとして一番充実しています。各巻ごとに特定のテーマがあるのも良いし、参加している作家の人数も多く、多彩な作品が楽しめます。
全て、そのつど書き下ろしの作品ばかりですから、作品としても新しく斬新なものが多く収録されています。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handl …

より文学的な香りの高いものが良ければ、創元推理文庫から出ている『日本怪奇小説傑作集』が良いでしょう。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4488564 …
現在、これは第2巻まで出ています。

また、海外作品が良ければ、同じく創元から出ている『怪奇小説傑作集』が、国別にまとまっていて、興味深いと思います。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4488501 …
    • good
    • 0

朱川湊人「都市伝説セピア」


これは怖い、短編集でほのぼのとした話も載っているのですがそのうち2,3篇は本当に怖い。天才的なストーリーテラーです。
    • good
    • 0

小林 泰三(やすみ)さんの本がお勧めですね。

(人獣細工など)
ホラー小説で、うまいなぁと思いました。
    • good
    • 1

こんにちは。

。。


恐怖。この言葉にぴったりの小説があります。
筒井康隆の『鍵』という短編集です。

本来、著者筒井はミステリーや未来小説、そして笑いを含めた小説をかくことが多いです。
しかしこの短編集に限っては、全編ホラーでまとめてあり、
人間の本質部分の怖さといいますか、薄ら寒さが詰まっておるのです。

単行本でもありますし、怖い話が沢山入っていますので是非必読していただきたいです。
参考にならばこれ幸いです^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます!
早速買いにいってきます!

お礼日時:2005/11/08 18:08

『記憶の食卓』 牧野修(著)をどうぞ。



 “名簿屋”に勤める男が、偶然自分の名前が載った正体不明の名簿を発見する。しかしその名簿は、あるおぞましい目的のために作られたものだった・・・。
 という内容です。

 読めば鳥肌が立ちます。
    • good
    • 0

荒俣宏のシム風水シリーズはいかがですか。


角川ホラー文庫で発売されています。
個人的にはこの作家では「帝都物語」が一番好きなのですが、ホラーからはちょっとはずれるのかなと思いますので。

板東真砂子「死国」
これも結構怖かったです。映画よりは原作の方が怖い!

鈴木光司「リング」「らせん」
ホラーの定番かな?原作の方が想像力ふくらんで怖いです。
完結編(?)の「ループ」については、もうひとつかな・・・と思ったのであまりお勧めしません。
    • good
    • 1

貴志祐介「黒い家」


胸がつかえるというか、ず~んと暗い気持ちになります。
映画化もされていますが、小説の方が断然面白いです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041979 …

少々古いですが、横溝正史シリーズも面白いですよ。
「犬神家の一族」は、映画もオススメです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041304 …
「八つ墓村」「悪魔が来たりて笛を吹く」「本陣殺人事件」などなど。題名からしておどろおどろしいものばかりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
黒い家読みました。
かなり怖いですね。人間の怖さというか、ああいう人間もいると思っただけで、くらーい気持ちになっちゃいました。
また、おすすめあったら教えてください

お礼日時:2005/11/10 12:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最近海外文学の小説にはまっています。そこで、お勧めの本を教えてください

最近海外文学の小説にはまっています。そこで、お勧めの本を教えてください。

読んだ本↓
ヘッセ「車輪の下」「郷愁」「春の嵐」「デミアン」「シッダールタ」
トーマスマン「魔の山」
カフカ「城」「変身」
カミュ「異邦人」

どれも面白かったです。感動とかはあまりいらないので、考えさせられるような作品をお願いします。もちろんタイプの違う小説でも結構です。

なお、箇条書きで何冊もあげられてもよくわかりません。似たような質問に答えていた方は何冊もあげてられていたので、余計迷ってしまうので。
そこで1~5、6冊選んで、その本に少しだけ説明を加えてもらえればありがたいです。説明は1~2行くらいで結構です。

Aベストアンサー

たぶんこれなら外さない、ということで。

幻影の書/ポールオースター
失った家族や恋人、名声や友人、そういった人生の無力感や虚無を乗り越える人々のお話です。
乗り越え方も、もう一度手に入れるから、見なかった事にするまで、まぁいろいろです。

西の果ての年代記1~3/アーシュラ・K・ル=グィン
思い出したのが「人間は平等なはずなのに人生には勝ち負けが有るよね、それ考えたら勉強しようよ」(学問のすゝめ冒頭部意訳)なんてお言葉。
んでこの作者が言うには、運命に隷属するか自ら自由を手に入れるか、自由とは知の力で新しい選択肢を手に入れるという事だ。

シェークスピア全般
おまけとして。
あっちこっちの文章で引用されて、小粋な会話のネタにされています、押さえておいて損は無いかも。

Qお勧めミステリー・推理・ホラー小説教えてください

急に活字が恋しくなりました。
ネットではなく本で読みたいのです。
お勧めのミステリー・ホラー・推理小説を教えてください。

貴志 祐介さんが大好きで、彼の小説は全部読んでいます。
ただ悲しいかなごくたまにしか出さない上今までの数も少なくて…
ライトノベルでは赤川次郎さんも息抜きのときに読みます。
リングの鈴木 光司さんのもすべて読みました。

逆に苦手なのは同じライトノベルでも山田 悠介さん。
軽すぎて頭が痛くなります(好きな方すみません)。
あとは宮部みゆきさんも3冊ほど読みましたが、
どうしても私には合わないようでダメでした。

最近はネットばかりで小説からもずいぶん離れていたので、
お勧めがありましたら教えてください。よろしくお願いします。
以前自分で選んで大外れを引いてしまったので…

Aベストアンサー

 今読み終わったばっかりなんですが、朱川湊人さんの「赤々煉恋」はいかがですか?ミステリーというよりホラー系だと思います。ただ怖いというより切なくて怖いし、怖いけど美しい情景を浮かびます(今読み終わったばかりでこの程度しか説明できなくてすみませんm(__)m)。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31739807
 同じく朱川湊人さんの「都市伝説セピア」(第130回直木賞候補作)も良いです。「昨日公園」は亡くなった親友を救う為に主人公が奔走するんですが、最後は・・・ちょっと意表をついた終わり方になっています。怖いというより、ちょっと切なくなります。「フクロウ男」は手紙というか独白形式になっていて、ちょっとぞっとする感じです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31684443
 原田宗典さんの「屑籠一杯の剃刀」と「優しくって少しばか」もおススメです。原田さんは爆笑エッセイで有名ですが、小説は全然エッセイと違って重いテーマや、重苦しくて切なくなる内容が多いです。特に「優しくって少しばか」に入っている「西洋林檎ワイン煮」は男女の愛憎劇とホラーが混じってますが、決定的な所は読者に想像にまかせられます。こんな女の人が彼女だったら相当怖いです(^_^;)。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30569949
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/06558622
 ご参考までに。 

 今読み終わったばっかりなんですが、朱川湊人さんの「赤々煉恋」はいかがですか?ミステリーというよりホラー系だと思います。ただ怖いというより切なくて怖いし、怖いけど美しい情景を浮かびます(今読み終わったばかりでこの程度しか説明できなくてすみませんm(__)m)。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31739807
 同じく朱川湊人さんの「都市伝説セピア」(第130回直木賞候補作)も良いです。「昨日公園」は亡くなった親友を救う為に主人公が奔走するんですが、最後は・・・ちょっと意表をついた...続きを読む

Qお勧めの小説教えて下さい。ジャンルはミステリ・ホラー・感動系など好きです。

こんにちは。

好きな作家は、江戸川乱歩、横溝正史です。

彼らの作品は数も多く、面白くて、何度読んでも飽きないせいか、難しくてあまり理解していない為、何度も読まないと分からないためか、どっちの理由からか分かりませんが、今まではほとんど同じものを繰り返して読んでいました。

だから、他の作家の人にはあまり詳しくなく、読むときは、タイトルと裏表紙の短いあらすじで決めると言う感じです。それ故、買ってみたら期待はずれということも少なくありません。

そこで、事前にお勧め情報などがあれば積極的に読んでいこうと思っています。

好きなジャンルは、ミステリやホラーで、たまに感動系も読みます。角川ホラーシリーズは結構好きです。ブレアウィッチやバイオハザードは、いずれもノベライズですが、面白かったです。

海外物では、キング・スティーヴンは好きです。あと、アガサ・クリスティーやポーは昔読んだことがあり、面白かった記憶があります。

ハリーポッターシリーズや指輪物語も読みました。中世ヨーロッパの御伽噺とか、魔女とか魔法とか出てくるものも結構好きですが、あまりにもファンタジー色(?)の強いものはちょっと・・・。冒険ものも好きですが、SFは苦手です。舞台は地球がいいです。

恋愛ものも苦手です。まあ、物語の中で、多少の恋愛じみた感じはあってもいい、いやむしろあるべきなのですが、あまりに恋愛メインだと自分にはちょっと退屈なのです。

長々とすみませんでした。こんな感じですが、ぜひアドバイス下さい。よろしくお願いします。

こんにちは。

好きな作家は、江戸川乱歩、横溝正史です。

彼らの作品は数も多く、面白くて、何度読んでも飽きないせいか、難しくてあまり理解していない為、何度も読まないと分からないためか、どっちの理由からか分かりませんが、今まではほとんど同じものを繰り返して読んでいました。

だから、他の作家の人にはあまり詳しくなく、読むときは、タイトルと裏表紙の短いあらすじで決めると言う感じです。それ故、買ってみたら期待はずれということも少なくありません。

そこで、事前にお勧め情報など...続きを読む

Aベストアンサー

ラブクラフトのクトゥルー神話系はいかがですか?
横溝正史がお好きなようですしダークな世界観もお好みに合うかもしれません

アガサやポーを読まれているなら是非、エラリークイーンの悲劇4部作は読んでみて欲しいです
Yの悲劇が有名ですがX・Y・Z・最後の事件 共に名作です

Q「湖」の推理小説かホラー小説をお教え下さい

こんにちは。

「宮ヶ瀬湖」、「津久井湖」、「相模湖」、「奥相模湖」、「丹沢湖」(どれか1つでOKです)が出てくる推理小説かホラー小説をお教え下さい。湖で殺人が起こったり、アリバイの場所だったり。

この間、湖に行きました。雨が降り、幻想的だったので、「湖の小説が読みたい」と思いました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

被害者発見場所::多摩湖(村山貯水池) ≪ ご希望の湖ではありません。OKでなければスルーして下さい。

書名::多摩湖畔殺人事件
著者::内田康夫
出版社::光文社

TV放送予定::
7月18日(水) 午後9時、テレビ東京、「水曜ミステリー9」にて「多摩湖畔殺人事件」
刑事の設定が原作とは若干異なるようです。本作品は5年ほど前にもTVドラマ化されています。
詳細は、http://www.tv-tokyo.co.jp/mystery9/#top

Q私の小説歴から推理し、お勧めの小説を紹介して下さい

かなり暇人かと思われるかもしれませんが、以下に記載した私の中の小説批評を参考にし、私が気に入るかもしれない小説家または小説をお勧めして下さい。

■良かった作品
・安部 公房:「壁」、「箱男」

・サリンジャー:「ライ麦畑でつかまえて」翻訳(野崎 孝)、「フラニーとゾーイー」

・フランツ・カフカ「城」翻訳(前田 敬作)

・村上春樹:「羊をめぐる冒険」、「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」、「ノルウェイの森」、「ダンスダンスダンス」、「ねじまき鳥クロニクル」、「海辺のカフカ」、「1Q84」
※私は2巻以上の作品のみ良いと思ってます。短編は、いまいちです。

・村上龍:「コインロッカー・ベイビーズ」、「半島を出よ」
※両方とも2巻以上の長編であり、かなり面白く読み進めました。短編は、いまいちです。

・京極夏彦:「姑獲鳥の夏」~「陰摩羅鬼の瑕」
※百鬼夜行シリーズは、ある程度読みました。「陰摩羅鬼の瑕」移行の作品は、どれも読んでません。

・吉川英治:「三国志 全10巻」

・寺山修司:「書を捨てよ、町へ出よう」
※小説ではありませんが、かなり良かったです。

■まあまあ良かったもの
パウロ・コエーリョ:「11分間」翻訳(旦 敬介)
ドストエフスキー:「罪と罰(上下)」
伴野 朗:「元寇」
余 華:「兄弟(上下)」翻訳(泉 京鹿)※上の文革篇は、かなり良かったです。

■読んだが、あまり面白くなかったもの
ヘミングウェイ:「老人と海」
三島由紀夫「金閣寺」

■難しかったもの
谷崎潤一郎とか、そこらへんの時代に生きた小説家の作品
※これは、やはり文体が過去のものなので、理解するのに時間がかかり、読み飛ばしたりもしましたことが原因でしょう。

----------------------------------------------------------------------------------

とりあえず、思い出せるので以上なかんじです。

どれが一番良かったのか決めるのは難しいですが、以下の3つが、私のベスト3です。

・安部 公房の「壁」
・サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」
・フランツ・カフカの「城」

最後に、私の読書歴と簡単なパーソナル情報を以下に記載します。

■読書歴
17歳の頃、プー太郎の放浪中に出会った英会話で働くアルバイトの人に、村上春樹のデビュー作「風の歌を聴け」をお勧めしてもらい、プー太郎なのに5日もかかりましたが、読破しました。

その後、20歳まで、ちょくちょくと小説を読むようになります。

20歳の頃、工場での事故により1年半の入退院とリハビリ生活をし、そこから読書にかなりはまりました。

25歳くらいから仕事が順調になり、ほとんど小説は読まなくなりました。
※ちなみに、当時は営業職です。ビジネスや経営の本を読むよう変化しました。

ちょうど25歳の時に仕事しながら通信大学に通うようにになり、完全に小説は読まなくなり、経済や経営の本だけを読むようになりました。
※あっ!でも、通信在学中に、サリンジャーだけ読みました。

30歳で通信大学を卒業し、久しぶりに小説を読みました。それが、余 華の「兄弟(上下)」です。

以上です。


ここまで読んでくれた方、お付きあいありがとうございました。

是非とも、こんな私が感動するだろう小説、もしくは何かしらの本を紹介して下さい!!

かなり暇人かと思われるかもしれませんが、以下に記載した私の中の小説批評を参考にし、私が気に入るかもしれない小説家または小説をお勧めして下さい。

■良かった作品
・安部 公房:「壁」、「箱男」

・サリンジャー:「ライ麦畑でつかまえて」翻訳(野崎 孝)、「フラニーとゾーイー」

・フランツ・カフカ「城」翻訳(前田 敬作)

・村上春樹:「羊をめぐる冒険」、「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」、「ノルウェイの森」、「ダンスダンスダンス」、「ねじまき鳥クロニクル」、「海辺のカフカ...続きを読む

Aベストアンサー

短編が駄目とおっしゃっていますが、私はあえて短編をおすすめしたいです。

村上春樹の訳で出ているレイモンド・カーヴァーはどうでしょう。
「Carver’s Dozen―レイモンド・カーヴァー傑作選」というのがあります。

それからロアルド・ダールの短篇集。
「あなたに似た人」ハヤカワから出ています。

この二つとは全く毛色の異なる日本の作家を。

経済的や精神的にコンプレックスを抱いたりして、ご苦労なさった経験がおありなのでしたら、西村賢太。
芥川賞を受賞した「苦役列車」をはじめ、いろいろあります。
内面的な暴力が理解できるのであれば田中慎弥。
「共喰い」ですね。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報