日本では、毎年12月になると、クリスマスだとか言って、国中が大騒ぎ状態になりますが、クリスチャンでもない人が、キリストを祝うのは滑稽に見えてしまうのです。(マスコミに踊らされているイメージがあるんです)
私は、キリスト教をまったく信じていませんから、不思議に感じています。皆さんの意見をお聞きしたいです。
1.プレゼントをする理由
2.クリスマスがなぜ特別なのか
3.クリスマスを祝い、初詣に行くのなぜ?
4.その他感じた事や意見

削除されない事を祈りつつ・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

似たような意見になりますが、イベントなんでしょう。


私は特に宗教とは関係なくそういうの好きですよ。
それにかこつけて日頃のお礼をしたり・・・ダメでしょうか?
特にクリスマスは色からして煌びやかで、何となくあたたかいイメージもあります。

1.イベントに流されてるのもありますが、日頃のお礼や大好きな人へその時にしかできない何かをしてあげたいから。

2.子供の頃のまま、ずっとイメージが残ってるからです。
クリスマスていうとカップルってイメージが強くすぎるのでは?

3.これは宗教の問題に拘ってる人意外はどっちも参加するわけです。

4.やっぱ1年通しての行事はどれもいいですね。
私は夏祭りが一番好きですけど。
    • good
    • 0

私もただのイベントとして騒いでいるのだと思います。


企業などに踊らされている面もあるでしょうが、楽しければそれでいいのではないですか。

1.プレゼントをする理由
ちょうどいい口実になるから利用しているだけでは?
贈り物が苦手な人でも、クリスマスだから、という口実があれば・・・

2.クリスマスがなぜ特別なのか
なにか、あこがれがあるのではないでしょうか。

3.クリスマスを祝い、初詣に行くのなぜ?
一般の人にとってはどちらも単なるイベントです。
クリスマスも、初詣も、あれも、これも、・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

プレゼントをする口実ですか・・・使われそうになった事がありますが、丁寧にお断わりしました。誕生日と然程離れていませんから。
単なるイベントで片付けてしまう日本人って一体何なんだろう?
そりゃ、イベントはあったほうが良いけれど、クリスマスは宗教が絡んでますからね。私にとっては、無理があるだけど。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/11 22:10

こんにちは。


クリスマスの質問をして、大削除された本人です。
私はこの時期私の樅の木と欅と桜をイルミネーションします。
プロに頼みますので、結構な支出となります。
それでも、子供達の一瞬の目の輝きを大切にします。
私の場合宗教とは一切関係ありません。
理由なんていらないです。こういう行事が他にもあればそれに参加します。
純粋に子供達の幸せを望みます。
私はある神社の干支を作ってます。ただ皆様の幸せを願いまして。
大晦日は除夜の鐘を聞きすぐさま初詣です。
大袈裟なことを言うつもりはありませんが、家族の幸せそれと、世界の幸せを願う一平民であります。

メリークリスマス!!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

キリスト教とは無関係に、プロに頼んで電飾するのですか?そして、神社で干支作り・・・あ゛。(+_+)

何も言う事はありません。書き込みありがとうございました。

お礼日時:2001/12/11 22:04

えー、ただのイベントなんだと思います。


マスコミに踊らされている、というのはちょっと違うように思います。
マスコミはどちらかというと「後追い」なのではないでしょうか。

もともとは商業的な理由によるイベント化だったと思うのです。
バレンタインデーなどもそうですが、こういうイベント日を受け入れる素地が日本にはあったという事だと思います。

ただ、タイミングやイベント参加の楽しみなどにインパクトがないと、いくら喧伝しても黙殺されてしまう事もあったと思います。

本を送るサンジョルディーの日、なんてのはまったく失敗ですよね。
キリスト教がらみではハロウィンやサンクスギビングデーなどはあまり商業化に成功していないと思います。

精神的な宗教色皆無のイベントですから、花火大会やお祭り気分で騒いでいるだけの事で、クリスマスを祝って初詣でに行く、というのも年中行事として全く違和感がないのではないでしょうか。
お正月にはお寺の鐘を聞いて神社に初詣でに出かけますが、神社とお寺とを混同している人も少なくないと思います。多くの日本人は神道と仏教もあまり区別していないのではないでしょうか。

いろんな宗教が渾然一体となった年中行事を受け入れられる、宗教心の希薄な人が多いというのが日本人の特徴といったことなのだと思います。
昨今、ダイエットブームが続いておりますので、もしかするとラマダンなどといって断食する日がカレンダーに載る事もありえないとはいえない、なんていうのは無茶かもしれませんが。

敬虔なキリスト教徒、といった人たちは、世間のバカ騒ぎとは隔絶したところで真摯にクリスマスを送られるのだと思いますし、あるいは初詣でなどには行かれないということもあるのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>年中行事として全く違和感がないのではないでしょうか。

花火と同位なんですか?信じられません。
やはり、連合軍が完璧に日本から宗教を取り払ってしまったようです。しかし、神道は宗教じゃないのにね。あれは、神社ですよ・・寺と違う。地図だって区別しているのにね。

お礼日時:2001/12/11 22:00

個人的な意見で申し訳ないのですが、私は典型的な仏教徒なのでキリスト教とは全くえんがありませんし、個人的にキリストさんをお祝いしているつもりもありません。

では、何故にキリスト教でもない人達がクリスマスを祝うのか。これはきっと
サンタクロースに関係があると思います。キリストさんがどうのこうのではなくて
ただ単にサンタクロースが子どもたちにプレゼントをくれて夢を感じさせてくれるからだと思います。子を持つ親がサンタになりきり子どもに夢を見させているのであってキリスト生誕を祝っているのではないと思いますよ。キリスト教信者の方には申しわかないですが、きっとクリスマスはサンタがプレゼントをくれる日とかデートをするのに特別な感じを受ける日などしか考えていないと思いますよ。初詣は年の始まりですからねぇそれに仏教徒も多いですし。そもそも日本人の宗教感覚自体おかしな物で教会で結婚式を挙げる(キリスト教)葬式にお経を上げる(仏教)
こんなもんですよ。あまり深くお考えになられないことをお勧めします
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サンタさんか。気付きませんでした。

>個人的にキリストさんをお祝いしているつもりもありません。

クリスマスはキリスト教の祭りである事には変わりは無いと思うんですね。でも、「夢」という言葉で、納得するしかないのかな?

お礼日時:2001/12/11 21:53

単純に、日本人がお祭り好きだからじゃないでしょうか。


理由は何でも良くて、騒げる口実が欲しいだけなんだと思います。
だからそれがキリスト教の祭りであろうが仏教の祭りであろうが、花見だろうが月見だろうがなんでもいいんです。
みんなマスコミに踊らされてるって自覚していても、このご時世ですから少しでも憂さを晴らし、気分転換できる祭りを欲しているのではないでしょうか。

ちなみに私のクリスマスは、ケーキを食べるくらいでしょうか。知人がケーキ屋に勤めていて、ノルマの為にうちにも売りつけに来るので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

騒げる口実が欲しい・・・ですか。
それでは「のんべぇ」となんら変わりませんね。(~o~)

お礼日時:2001/12/11 21:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q祈りたいです。クリスマスに叔父が死にました。

12月25日に叔父が死にました。
警察の方が発見して下さったのですが、道路で倒れていたそうです。
事件ではなさそうですが、死因もわからないそうです。

あっという間に死んだのか、苦しんで死んだのかもわかりません。
でもその瞬間は、一人で寒くて、きっと寂しかったんじゃないかなと思います。
どうして、そばにいてあげられなかったんだろう、と、悔しくて悔しくて、涙が止まりません。

どうして、クリスマスに死んでしまったのでしょうか。
どうして、イエス様の誕生日に死んでしまったのでしょうか。
キリスト教の方、考えられる意味を教えてください。

叔父は、私が赤ちゃんの頃からすごく大切にしてくれていて、大学へも行かせてくれました。
なのに、私はお礼らしいことを何ひとつしていないのです。
悲しいです。悲しくて辛くて、ずっと涙が止まりません。

どう祈ればよいですか。

毎年、年末は親戚で集まって、みんなで一緒に過ごしていました。
今年の年末も、もちろんそのつもりでした。
あと数日で会うものだと、思っていました。
こんな形で叔父と年末を迎えるなんて、悲しすぎます。

これから遺体を確認したり、遺品を整理したりと、
もっとつらい現実に向き合わなければなりません。

イエス様の誕生日に叔父が死んでしまったのは、
何か意味があったからだと思わなければ、現実を受け入れられません。
どう祈れば心が落ち着きますか。

悲しくて悲しくて辛くて、何も手につけられません。

12月25日に叔父が死にました。
警察の方が発見して下さったのですが、道路で倒れていたそうです。
事件ではなさそうですが、死因もわからないそうです。

あっという間に死んだのか、苦しんで死んだのかもわかりません。
でもその瞬間は、一人で寒くて、きっと寂しかったんじゃないかなと思います。
どうして、そばにいてあげられなかったんだろう、と、悔しくて悔しくて、涙が止まりません。

どうして、クリスマスに死んでしまったのでしょうか。
どうして、イエス様の誕生日に死んでしまったのでしょうか。
キ...続きを読む

Aベストアンサー

私は洗礼こそ受けていませんが、もしもイエスの誕生日に叔父様が亡くなったことに意味があるのだとしたら、それはきっと、確実にイエスが天国まで導いてくださるようにだと思います。

もう少し現実的なことを言えば、もしも質問者さんが、叔父様の死とクリスマスに何か関連性をお感じになるのなら、教会に行かれるといいと思います。大きめで歴史のある教会などなら敷居も低いでしょう。

そこで司祭に相談するなり、信者と話すなりすれば、仲間ができます。仲間がいれば慰め合えますし、気もまぎれるでしょう。

祈りは、何も考えずに、ただただ手を合わせるだけでもいいと思います。あるいは、「主の祈り」などの有名な祈りの言葉をご存知なら、それを唱えるだけでもいいでしょう。

悲しみはしばしば、何かの始まりにもなります。明日はいい日でありますように。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E3%81%AE%E7%A5%88%E3%82%8A

Q欧米人はクリスチャンじゃなくてもクリスマスカードを送るのか?

フランス人、スペイン人と文通しています。
私はクリスチャンじゃないのですが、クリスマスカードを送っても不自然じゃないでしょうか?他に強い信仰を持っているわけではないので、自分自身は違和感を感じないのですが、仏教徒が教会で結婚式を挙げるような印象を与えるでしょうか?
 クリスチャンじゃない欧米人はクリスマスカードを送らないのでしょうか?
相手からは送られてくるし、年賀状みたいな感覚かなとも思います。
そういう事情に詳しい方、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

rolottaさんこんにちは
クリスチャンじゃない人がクリスマスカードを送ることに関しては特におかしくはないと思います。
私もクリスチャンではありませんが、欧米人の友達(一応クリスチャン)にクリスマスカード送ります。
みんな私がクリスチャンじゃないことを知っていますが、別に気にしてないし、その人たちからもクリスマスカードをもらいます。
以前アメリカ人の友達(ユダヤ教徒)とかタイ人の友達(仏教徒)からクリスマスカードもらったこともありましたよ(^^;
やはり欧米の人たちはクリスチャンじゃなくてもその時期にカードを送り合う習慣があるようで(日本の年賀状みたいな感覚で)
さすがに大学の先生とか会社のお偉いさんとか年配の人からは
「SEASON GREETING」と書かれたカードが送られてきます。
これはやはり私がクリスチャンでないことを気遣ってのことだと思います。
日本でも売ってますよね、そういうふうに書かれたカードが。
もし、気になるのでしたらそういうカードを送ってみてはいかがでしょうか?

Qクリスチャンがクリスチャンと結婚したくない理由

正直いま教会へ通っていてクリスチャンは押し付けが強いし
こういう風になりたくないな・・と思ってしまいます。


普通に社会生活の中では憧れる人がたくさんいますが
クリスチャンは逆に大丈夫かな。。って方が正直多いです。


常識から逸脱してるというか、正しさばかりを押し付けて
嘘つかないとことか神さまを信じていて感動することも
多いのですが、人として。。。って思うことが多いです


以前はクリスチャン同士が結婚したほうがいいと思っていたのですが
リスクが高く感じています。


信仰は持っているのですが、教会の人を見ていると
常識を逸脱しているところや話が通じないところ
人の意思を尊重できないところ、冷静に見てしまいます。
常識がない人のことを常識ない人に伝えても伝わらなく
困るなぁということや誤解をとこうとしても、こじれるので
周りの人に言ってもこじれるので、表面上話す分には
いい人なので深入りしないようにしています。


イエス様を信じているとこうなっていくのか
教会だけで社会と関わらないようにしててこうなるのか
(皆こぞってクリスチャンとなるべく過ごしてノンクリスチャンと
交わらないほうがいいといいますが・・そんな風になりたくないし
心の病を抱えてた人には有効だったのかもしれませんが
私はそういうことはないので不安や心配の中で生きたくないので
流して聞いています。人をそんな風に判断しながら苦しく生きたくないです)


もちろん健全なクリスチャンもいるのかもしれませんが
正直なんだか違和感がある人が多く、クリスチャンであることに
恥ずかしさも感じてきました。神さまを盲目的に信じることは
可能ですが、盲目的に社会を生きれるはずないしそのように生きたくはありません。



もちろん信仰が一緒のほうがうまくいくとは思うのですが
私自身教会へ通っている人たちのようになりたくない、でも
神さまは信じている。でも信じているとこんな風になるのか。。?と
怖さがあります。


人が集まるとどんな信仰も宗教のようになるのでしょうか?


結婚は一大事なので正直考えさせられます。
大きな間違いをしてしまう前に経験談や参考になる
アドバイス、URLなどあれば参考にしたいです。

正直いま教会へ通っていてクリスチャンは押し付けが強いし
こういう風になりたくないな・・と思ってしまいます。


普通に社会生活の中では憧れる人がたくさんいますが
クリスチャンは逆に大丈夫かな。。って方が正直多いです。


常識から逸脱してるというか、正しさばかりを押し付けて
嘘つかないとことか神さまを信じていて感動することも
多いのですが、人として。。。って思うことが多いです


以前はクリスチャン同士が結婚したほうがいいと思っていたのですが
リスクが高く感じています。


信仰は持ってい...続きを読む

Aベストアンサー

なるほど、クリスチャンでいらっしゃるのですね。
信仰を持ちつつも盲信を避け、理性を保って客観視できるとは素晴らしいことです。尊敬できる形で信仰を持っておられますね。
イエス様、ということは、聖書を学んでいらっしゃるんですね。神様の存在と聖書の記述には感銘を受けるが、人を見ると…ということですよね。

まず大前提ですが、聖書にも「人間は不完全である」と書かれているはずですね。誰も聖書の勧めを100%その通りに実行することは土台無理な話なんです。それを受け入れた上で「如何に理想に近づこうと自分を客観視して努力しているか」がポイントになるでしょう。質問者さんの所属する教会の方はいかがですか?聖書には何と書いてあるでしょう。
「隣人を愛しなさい」
「口を閉じていなさい(余計なことは言わない)」
「他の人が上であるというような、謙遜な気持ちを持ちなさい」
「噂話を退けなさい」
「自分の見解に頼ってはならず…」
さて、仲間のクリスチャンの方はどれくらい当てはめて生活しているのでしょうか。もし質問者さんが客観的に見て、『あまりにも当てはめてなさすぎるし、まとめる立場の人もそれを改善しようともしていない…』と思われるのなら、厳しい言い方ですが、それはそのグループ自体誤った有り方なのでしょうね。本当に本気で聖書を学ぼうとしているなら、謙遜に自分に当てはめるはずですから。
質問者さんが、そのグループではなく、神様や聖書そのものを信じているなら「やがて偽物の宗教ががたくさん出てくる」という記述にも興味を引かれるのではないでしょうか。

あまり唆すのも良くないですが…質問者さんが求めるような気質を持つ人たちを、教会の外に探してみるのも一つの手段かもしれません。つまり「同じ聖書をベースにして学んでいる別のグループの人たち」に接触してみる、ということです。本当に自分が納得できる宗教のグループを探すのも一つの手段でしょう。まぁ…よく気を付けて探すべきだとは思いますがw

それと、結婚の話でしたね。
確かに同じ信仰を持っていた方がずっとうまく行くでしょう。でも質問者さんが納得のできない今の状態のまま、今のグループ内で相手を探して結婚したとしても、あまりうまく行かないような気がします。今後も信仰を持ち続けるおつもりであるなら、
「納得できるグループを探して、その中で相手を見つける」か
「今のグループの中で何とか納得して相手を探す」か
「特定の宗教に属すことを止め、自分の中だけで信仰し続ける。結婚相手には宗教観は求めない」か
このあたりのどれかがベターじゃないかと思います。あくまで個人的な憶測ですけどねw

質問者さんの仰る通り、結婚は一大事なので軽く考えるべきではありません。客観視といい、質問者さんの感覚は本当に素晴らしいと思います。
もし質問者さんが本当に神様を信じているなら、探せばきっと正しい道を示して「私はここにいるよ」と教えてくださるかもしれませんね。

なるほど、クリスチャンでいらっしゃるのですね。
信仰を持ちつつも盲信を避け、理性を保って客観視できるとは素晴らしいことです。尊敬できる形で信仰を持っておられますね。
イエス様、ということは、聖書を学んでいらっしゃるんですね。神様の存在と聖書の記述には感銘を受けるが、人を見ると…ということですよね。

まず大前提ですが、聖書にも「人間は不完全である」と書かれているはずですね。誰も聖書の勧めを100%その通りに実行することは土台無理な話なんです。それを受け入れた上で「如何に理想に近づこ...続きを読む

Q水道代が高い...............。

親と2人暮らしだった当時、水道代は1万円台でした。
今は妻と息子(幼児)も加わって4人で暮らしています。
なんと水道代が3~4万円台です。
風呂は毎日入っています。親だけは3・4日に1回程度です。
洗濯は1日に1~2回です。
外に置いている洗濯機のホースがポタポタ水漏れしており、親がそれに気づかず何日も放置していることがあります。
それにしても高すぎると思うんですが.....。
1度、見てもらったほうがよいですかね??
前に、水道代が急に跳ね上がったので、水道屋が点検に来た事があるのですが、親が断ったそうです。

Aベストアンサー

漏水の点検は、ご自分でできます。

全ての蛇口を閉めて、水道メーターを見てください。
水道メーターのところに、キラキラした物か、赤い星型をした樹脂があります。
それが動いていれば、漏水しています。
何も動いていなければ漏水していません。

水道代は、高い所と安いところでは、とんでもなく違いますが、3万というのは高すぎるように思えます。

Qクリスチャンの方に質問です。その他宗教をお持ちちの方のご意見も聞かせて

クリスチャンの方に質問です。その他宗教をお持ちちの方のご意見も聞かせて下さい。
私は約2年前にクリスチャンになったのですが、
付き合う友達が結構変わってきました。
その変化に正直ついていけない事も多く、戸惑う日々が続いています。
自分には3人、一生付き合っていきたいと思う友人がいるのですが、
彼らは宗教に対しての理解もあり、本当の私を知っている子達だったので
特に問題は起こってこなかったのですが、
それ以外の友達といると少しストレスを感じてしまう事が多くなったのです。
神様を中心として話をするとどんな中でも平安があるというか・・・
クリスチャンの仲良しの子達と話しているときは最終地点までたどり着ける気がするのですが、
ノンクリスチャンの友達といると最終的な解決までたどり着かない気がするのです。
正直に言ってしまうと、心からの平安を感じられません。
教会のリーダーに話すと、それは仕方がない変化だと言われますが、何か違和感を感じます。
ひょっとして自分は間違ったスタイルの信仰を持っているのではないかと思うのです。

皆さんもこういった変化を感じられた事ってありますか?
今の自分は好きですし、今までのどんな時より深い付き合いができる友達が沢山できたので
喜ぶべきことだとは思いますが、反面本当の自分ではないような気さえするのです。

もし同じような経験をお持ちの方がいたら教えて下さい。
また、よろしければノンクリスチャンのお友達との付き合い方なども教えて頂けたらうれしいです。

変な質問で申し訳ありません。
どうぞ宜しくお願いいたします。

クリスチャンの方に質問です。その他宗教をお持ちちの方のご意見も聞かせて下さい。
私は約2年前にクリスチャンになったのですが、
付き合う友達が結構変わってきました。
その変化に正直ついていけない事も多く、戸惑う日々が続いています。
自分には3人、一生付き合っていきたいと思う友人がいるのですが、
彼らは宗教に対しての理解もあり、本当の私を知っている子達だったので
特に問題は起こってこなかったのですが、
それ以外の友達といると少しストレスを感じてしまう事が多くなったのです。
神様を中心...続きを読む

Aベストアンサー

私は、厳密に言えば、クリスチャンとはいえませんが、多く経験してきていることですから書かせていただきます。

>皆さんもこういった変化を感じられた事ってありますか?

私は、あったのかもしれませんが、忘れてしまいました。そういうことは、いっときの間のような気がします。しかし、人との関係は、宗教がその人に影響を与えていることと、根本的には違う種類のものだと思っています。宗教も、それは人と交流しあうための場の提供であって、人との本質的な関係は、そういうことを越えた部分にあるのだと信じています。また、そうであってほしいと常々思っています。

ノンクリスチャンの間では、
>最終的な解決までたどり着かない気がするのです。

私は、そのご相談されたリーダーさんとは、違った言い方をします。

私は、宗教は絶対的なものとは考えていません。だから、信仰も、それだけでは、人の本質的なものは変えることは出来ないような気がしています。宗教が変えたように思えるのは、そういうキッカケが、そうさせたのだろうと思います。それは、その人が持っている内在的なチカラだと思います。

でも、残念なことに、宗教は、大きく言えばイデオロギーで、人は一緒になったり、離れたりすることが多いと思います。昨日の敵は今日の友のように、卑近な言い方をすれば、利害関係に基づいてしまいます。そういうことは、人として、とても哀しいことなのですが、それが人のサガ(性)なのでしょうね。

キリスト教は、キリスト教としての壁を作ってしまいます。仏教は仏教の壁を作ってしまいます。また、同じクリスチャンでも、右派と左派もあるし、反進化論を唱える原理主義の人もいれば、日本文化に寛容な人もいれば、親米国文化の人もいます。聖書を英語で読めなんていう人さえもいます。異端の人もいれば、まして、違う宗教や今はニューエイジのような人たちもいます。そういう、それぞれの人たちの主張が、ノン信者には、重苦しく、うっとうしく感じられます。

また逆に、ノン信者との人たちの心ない一言が、自分たちの信じているものを傷つけ、それはひいて人間関係を壊してしまいかねません。概ね、相手の人は深い意味でも相手を傷つけるつもりでもない、軽く言った言葉が、宗教では「絶対的な意味」があったりします。

本当は、「宗教という教え」、つまり自分が「教わったこと」が正しいと信じていることが、人の言葉によって自分の人格や人生を否定するのに等しく思えるので、激しく嫌悪するわけです。キリスト教の中では、キリスト教の教団内部で、その教えが違います。

ある所では、「人と争うなかれ、すべての人と調和せよ」と教えている所があります。しかし、自分の教えの正しさを主張するために、人の心をないがしろにしていることに気がつかない、自分は良いことをしていると信じている人には幸せです。しかし、そういう所にはノン信者との本当の人間関係など、構築することなどできないと私は思っています。

そうしたことは、信仰か、それとも人との関係かということが、もう曖昧になってきてしまっているのだろうと思います。そのために、多くの人たちを言葉で傷つけたり、時には、暴力を使ってでも、自分の信仰や立場を守るということに終始する人たちもいるわけです。それは、やっぱり間違っているとしか言いようがないのです。

私は、若い時の遠藤周作さん(狐狸庵先生)の随筆を読み、その後、10年近く経って晩年の遠藤さんの宗教や自分の死に直面した随筆を読み、180度とは言わないまでも、大きく考え方が変わっていることに気がつきました。若い時の遠藤さんの考え方は受けいられなかったものが、病気をし、いろんな経験をした晩年の遠藤さんの著書は、とても考え深いというか、ご本人の言い方では、「醤油味」のキリスト教と言っていたと思います。その後、何十年後かに、この遠藤さんの考えは、彼自身のものではないということを知りましたが、キリスト教はキリスト教自身の中で、それを捨てずに、日本という文化の中で、そうでない人たちと共存し生きていく方法を見出さないといけないのでしょうね。そうしないと、カルトになってしまいます。他人との違いをあげつらうよりも、共有点や共感できる部分でもって社会生活をしなければならないし、それは、同じ教会内でも、別の意味で同じことが言えるような気がします。

私は、厳密に言えば、クリスチャンとはいえませんが、多く経験してきていることですから書かせていただきます。

>皆さんもこういった変化を感じられた事ってありますか?

私は、あったのかもしれませんが、忘れてしまいました。そういうことは、いっときの間のような気がします。しかし、人との関係は、宗教がその人に影響を与えていることと、根本的には違う種類のものだと思っています。宗教も、それは人と交流しあうための場の提供であって、人との本質的な関係は、そういうことを越えた部分にあるのだと信じ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報