マンガでよめる痔のこと・薬のこと

昔の、フィギュアスケートを題材にした少女漫画を探しています。

1・主人公が4回転(クワドラブル)をする
2・途中でペアに転向

という内容なのですが、ずっと田中雅子の「虹色のトレース」だと思っていて、最近ヤフオクで購入して読んだら、少々記憶と違ったんです。
違う部分は

3・主人公は最初、北海道あたりの沼(湖?)で滑っている
4・最終回、ペアを組んだ二人が一糸乱れぬスケーティングをして、観客が驚く

です。上のシーンが無かったのです。
かなり昔の記憶なので、他のフィギュアスケート漫画と混同して覚えていたのでは…と思います。

特に4に当てはまる(もちろん1、2も含みます)漫画をご存知の方、良かったら教えてください。
よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中1~10件)

私も#7さんと同じく、上原きみ子さんの「青春白書」だと思いました。



でも、4に当てはまらないんですよね。

主人公は女の子です。
浅倉歩(あさくらあゆみ)っていう名前だったと思います。
ペアの相手の男性が、確か亡くなってしまうんです。
それでしばらくの間、歩ちゃんはスケート界から姿をくらますのですが、何年か経ってからストレートロングヘアの美人さんになって突然、試合に出てきます。
で、一人でペアの相手がいるとしか思えないスケートをします。(男性がいないとできない、デス・スパイラルだったかな、それも一人でやるんです)
それで観客が驚いていたシーンがあると思います。
それが最終回だったと思うんですが…

あともうひとつ古いスケート漫画があるのですが、タイトルも話の内容もよく覚えていなくて、皆さんの書き込みから見て、槙村さとるさんの『愛のアランフェス』なのかなという感じですが、条件に当てはまるかどうかもわかりません。
主人公のライバルに、確か「鈴子」という名の黒髪の女の子がいるのは覚えています。すごく貧乏な家庭の子で母子家庭だったと思います。それですごく苦労している子なので、美人なのだけど笑った顔を見たことがないくらい重い雰囲気の子だったと思います。

見つかるといいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなってしまって申し訳ありません。
青春白書を購入して、読み直してみました。
そうなんです!
1、2、3は「青春白書」にピッタリと当てはまるのですが、ラストが違うんですよね…
探しているのは、「ペアを組んだ二人が一糸乱れぬスケーティング」で、二人の動きがまったく乱れていないというシーンがコマひとつひとつで描写されている…というものなので…
でも前半は「青春白書」です!
読み直したとき、これだ!と思いましたので…(上原きみこには馴染み深いのもあるかも…)

『愛のアランフェス』も読みましたが、ANo.14さんが書かれていた「もうひとつ古いスケート漫画」とは違うようです。
まだここに出ていないスケート漫画があるのかな~…
なかなか記憶にあるものに出会えません(汗)
お答え頂き、どうもありがとうございました!

お礼日時:2006/02/22 05:07

#14です。



もうひとつのフィギュアスケート漫画の、鈴子という主人公のライバルが出てくる漫画が、参考URLの質問で、ひだのぶこさんの「銀色のフラッシュ」だとわかりました。
でも4回転ジャンプは出てこなかったように思います。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1923959
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わざわざありがとうございます!
ひだのぶこさんの「銀色のフラッシュ」は復刊されているのを先日コンビニで見かけてパラパラと見ました。
パラ見だったのでライバルには気づかなかったのですが(汗)
4回転は無いのですね~。
絵もだいぶ古めかしい感じといいますか…(笑)
また見かけたら今度はちゃんと読んでみようと思います。

お礼日時:2006/02/22 14:57

「青春白書」上原きみ子 に違いありません。


1,2,3までは当てはまります。
ちなみに、前の方が途中で男性が死んでしまうとありましたが、失明はしましたが、治って一緒に暮らしているところで終わりました。
コミックスでのお話ですが。

4の部分は 「愛のアランフェス」槇村さとる です。
まさしくペアを組んだ二人が一糸乱れぬ・・・というか、これ以上ないぞというくらいの見事なスケーティングに観客どころか選手たちまで驚いて、ものすごい完成ととともに終わります。

そして、このアランフェスには続きのシリーズのようなものがあり、アランフェスに出ていたアイスダンスのペアがコーチになり、新たにアイスダンスペアを育てる「白のファルーカ」という作品があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなってしまって申し訳ありません。
「青春白書」と「愛のアランフェス」を読み直しました。
ANo.16さんも書かれている通り、1、2、3は「青春白書」に当てはまり「コレだ!」とハッキリ言っても良いくらいで
「愛のアランフェス」のラストもかなり記憶に近いものがあったのですが…
「近い」だけで記憶とはちょっと違うのです…
「ペアを組んだ二人が“一糸乱れぬ”スケーティング」で、二人の動きがまったく乱れていないというシーンがコマひとつひとつで描写されている…のです。記憶では。
私の記憶違いなのかな…(と皆さんの答えを見て思い始めました…)

筒美夫妻は「白のファルーカ」にも出ているのですね。
情報ありがとうございます。そちらも読んでみようと思います。
お答え頂き、どうもありがとうございました!

お礼日時:2006/02/22 05:20

上原きみ子さんの「青春白書」でしょう。


ペアの相手の男性は目が見えなくなって、一度主人公の前から姿を消しますが
主人公が引退試合(女子シングル)の時、飛び入りで(男性は目が見えないまま)ペアで昔から念願のマラゲーニャを踊ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなってしまって申し訳ありません。
他の方の回答にも書きましたが、1、2、3は青春白書に当てはまるのですが、4だけが違うようなのです。
「ペアを組んだ二人が“一糸乱れぬ”スケーティング」
が無いのです…
やはり記憶の混同なのかな…
お答え頂き、どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/02/22 05:11

 今晩は。

20年ほど前の漫画ですが、佐々木潤子さんの「銀河」(りぼんコミックス)が、フィギュアスケートを題材にしています。ただ、質問者さんがお書きになった、2番・4番にしかあてはまらないようです。以前、このgoo!のサイトで、その漫画についての質問がありまして、私が質問にお答えしたことがあります。少々粗筋を書いてありますので、宜しかったら、下記のURLのページをご覧下さい。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1474282
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなってしまって申し訳ありません。
「銀河」は昔、立ち読みで読んだ気がしますが、参考URLにありました説明を読みましたところ、あまり記憶に無かったです。
ですが、4番に当てはまるとのことなので、見つけられたらぜひ読んでみようと思います。
お答え頂き、どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/02/22 04:47

こんにちは。



私も,♯2さんと同じく,槙村さとるさんの『愛のアランフェス』ではないかと思います。

1→クワドラブルについてははっきり覚えていません。ただ,ジャンプはすごかったような・・・。

2→シングルでしたが,途中でペアに転向します。

3→主人公の出身地が北海道で,元フィギュアの選手だった父親にコーチしてもらって滑っているシーンがあります。

4→「アランフェス協奏曲」を滑り終えた後,あまりの感動に観客を始めその場にいる人たちが息も忘れて凍り付いているような場面が描かれています。

あと,私がこの漫画で印象に残っているシーンを・・・。
主人公は恋人とペアを組んでいたのですが,一度挫折してペアを解消してお互いシングルに戻ります。そのあと紆余曲折を経て,またペアに戻るのですが,二人の再会の場所が,スペインでした。で,確か一緒にアランフェスに行ったような・・・。

参考になりましたら幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなってしまって申し訳ありません。
『愛のアランフェス』は読んだ事が無いと思い込んでいたのですが、この機会に購入して読んでみたら、読んだ記憶がありました…(昔は立ち読みできたので、立ち読みで読んだのかなーと思います;)
ラストのあたりはかなり記憶に近い感じがします。
ですが、「ペアを組んだ二人が一糸乱れぬスケーティング」の描写とはちょっと違いました…(二人の動きがまったく乱れていない、というシーンがコマひとつひとつで描写されていたので…)
残念です……
子供の頃は大人っぽすぎてあまり記憶に残らなかったのでしょうが、大人になったいま読んで見ると、とても面白かったです。
お答え頂き、どうもありがとうございました!

お礼日時:2006/02/22 04:38

ちゃおで連載されていた「ワン・モア・ジャンプ」ではないでしょうか?


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091358 …

主人公は男の子と女の子の双子でペアを組んでましたが、男の子は死んでしまい、ソロとしてスタートするところから話しは始まります。
暫くはソロですが、途中からロシアにいたお父さんの愛人の子(兄)も出てきてペアへ転向します。
1.2.4に当てはまります。

この回答への補足

回答して下さった皆様、どうもありがとうございます。
それぞれ出来る限り確認してから、お礼を書き込みたいと思っております。
多く出ている川原泉さんの「銀のロマンティック・・・わはは」についてですが、田中雅子の「虹色のトレース」だと思っていたぐらいなので、絵柄・作風ともに違いすぎると言いますか…(汗)
この本は以前コミックスも持っていましたし、結構内容も覚えているのでちょっと違う気がします…。でも記憶は混同するものなので断言は出来ませんが(汗)
補足ですが、4はほぼラストページだったと思います。
あまりにも動きがピッタリと揃っているので、知り合いや客が驚いている風なのが見開きで描かれていたような…
すみませんが引き続き、よろしくお願い致します。

補足日時:2005/12/09 16:38
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなってしまって申し訳ありません。
参考URLもみましたが、説明を読む限り「ワン・モア・ジャンプ」は読んだ事がない様です…
ですが、1.2.4に当てはまるということなので(4回転好きなので)機会があったらぜひ読んでみようと思います。
お答え頂き、どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/02/22 04:30

私も川原泉の「銀のロマンティック・・・わはは」だと思います。


手元の漫画を見ながらピックアップしていくと、
1.主人公2人が4回転(クワドラブル)をする
2.男のほうがスピードスケートの選手で、女のほうが普通にフィギュアスケートが好きなだけだったが、スケートクラブのコーチにフィギュア選手にならないかとスカウトされペアを組む。
3.最初のページに風景までは書かれていないが、ペアで滑っている。
4.最後のスケーティングと、観客の歓声。
最後のスケーティングのとき、本当に楽しそうに笑っていたのでアナウンサーが驚くという場面もありますんで、ほぼ間違いないんじゃないかと……。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなってしまって申し訳ありません。
詳しく説明してくださってありがとうございます!
言葉だけですと当てはまっているような気もするのですが、「最後のスケーティングのとき、本当に楽しそうに笑っていたのでアナウンサーが驚くという場面」の【笑いながら滑る】という個所が衝撃的すぎてよく覚えているので、探しているものとは違うのです~;
(もっと一糸乱れぬというシーンがマジメに?描かれていたので…)
でも「銀のロマンティック・・・わはは」を読み直したくなりました。
川原泉さんの作品は面白いですよね。
お答え頂き、どうもありがとうございました!

お礼日時:2006/02/22 04:23

武内直子さんの「The チェリープロジェクト」


かと思ったのですが。
ほかの方が紹介されてる『銀のロマンティック・・・わはは』を知らないのでなんともいえないのですが。
チェリー…は1,2,4には間違いなく当てはまってます。
3に関してはあんまり記憶がないのでわかりません。

主人公と、あと、ライバルの女性が4回転をやります。
途中でペアを組み、最後はニューヨークでペアで滑って喝采を浴びておわる。
というものでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなってしまって申し訳ありません。
武内直子さんの「The チェリープロジェクト」は一回読んだことがあるような気がしますが…時代的にちょっと違うと思います。
(田中雅子、上原きみこに比べたら最近すぎるといいますか…)
内容もほとんど覚えていないので…
ですが、1,2,4に当てはまるということなので、機会があったらぜひ読んでみようと思います。
お答え頂き、どうもありがとうございました!

お礼日時:2006/02/22 04:17

再び#6です。

今ふと思い出したので・・・
こちらで確認なさってみてください☆
http://comic108.464.jp/cgi-bin/view.cgi#top
クッキーがonになっていないと見れませんが、最後まで読むことができます。
他に気になるモノがあれば・・・こちらで検索を(^0^)
http://www.464.jp/cgi-bin/sarch.cgi
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昔のスケート漫画のタイトルを教えて下さい。

フィギュアスケートの浅田真央選手を見ていて、昔読んだスケート漫画を思い出しました。ただ、作者もタイトルも忘れてしまって探すことができません。
このような内容だったと思うのですが、どなたかタイトルをご存じないでしょうか?

1)主人公は女子高生、フィギュアスケート部に所属。顔や髪型が鮎原こずえ(アタックNO1)に似ていたような気が・・名前はおさない りさ?両親共に元フィギュアスケートの選手。
2)主人公がスケートを始めたきっかけは、幼い頃に「ケンちゃん」という男の子と富士山が見える湖?でスケートをしたこと。
3)高校に入ったとき、スケート部の部長に「あなた、ケンちゃんじゃなくって?」と声を掛ける。後にこの部長と恋人同士になる。
4)部長は自分が「ケンちゃん」と間違われたことに結構こだわっていた。
5)ライバルは髪の長い、古風な感じで暗めの女の子。名前は鈴子。後に主人公の両親と鈴子の母親の間で確執があったことがわかる。(鈴子の母親と部長の父親が兄妹の関係だった。)
6)「ケンちゃん」は、アメリカ帰りの天才スケーターと判明。名前は南条?
彼も主人公のことを忘れられずにいたが、結局主人公は部長の方を選ぶ。
7)もう1人ライバルとして、大阪の天才少女が登場。ショートヘアの笑顔がかわいい子で、若干14才で全日本代表選抜に出場する。
8)最後は主人公が日本代表に選ばれて、飛行機で旅立つシーンで終わっていた。

鈴子の母親が、主人公の両親に復讐するために鈴子を育てたとか結構人間関係がどろどろしていたような気がします。
主人公の必殺技?が逆スピンで、上半身をのけぞった状態で片足を上げるというものでした。
おそらく20年ぐらい前の作品だと思います。

このようなあやふやな記憶しかないのですが、もしわかる方がいらっしゃったら教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします。

フィギュアスケートの浅田真央選手を見ていて、昔読んだスケート漫画を思い出しました。ただ、作者もタイトルも忘れてしまって探すことができません。
このような内容だったと思うのですが、どなたかタイトルをご存じないでしょうか?

1)主人公は女子高生、フィギュアスケート部に所属。顔や髪型が鮎原こずえ(アタックNO1)に似ていたような気が・・名前はおさない りさ?両親共に元フィギュアスケートの選手。
2)主人公がスケートを始めたきっかけは、幼い頃に「ケンちゃん」という男の子と富士山...続きを読む

Aベストアンサー

フィギュアスケート、漫画、逆スパイラルで検索をかけましたら、
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=3312
というページがヒットしました。

「銀色のフラッシュ」のようです。

Qフィギュアスケートの少女漫画を探してます

15年ぐらい前の少女漫画です。

多くてすみませんが、なかよし・りぼん・ちゃお・少女コミックのどれかに掲載されていました。
なかよしが有力かなぁと思います。

覚えているのは
主人公のヒロインが、感じ悪い男子?ペア?選手(たぶんエース)の愛のない滑り方を見て
「スケートは氷を削るのではなく切るように滑るものだ」
と言うような事を内心思って怒るシーンです。

最初はシングルだったけど、後に恋愛関係になる人とペアを組んだりしたような気もします。

絵は古い感じでは無かったです。
髪はロングだと思います。

情報が少なくてすみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

槙村さとるさんの「愛のアランフェス」ではないでしょうか?古い漫画ですが、絵柄は古くささを感じさせなかったと思います。

Qバレエ・フィギュアスケートの漫画

一時期「バレエ」や「フィギュアスケート」の漫画がはやりましたよね。
漫画図書館や母の知り合いが貸してくれる本のなかにあって
けっこう古いものが多いと思うのですが
この際まとめていろんなのを読みたいと思いました。

みなさんのおすすめのバレエ・フィギュアの漫画を教えてください。

また、
ロシアのほうで貧しい家庭ゆえにバレエ団に入ることになり・・
という境遇の漫画を前に読んだのですが、続きも題名も覚えていません。
何か思い当たるところがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

ロシアが舞台と言えば、山岸涼子作「アラベスク」が
記憶にあります。
他、バレーだと「SWAN」(有吉京子作)などなど・・・

うっ!
古いかも

Q20年前からの子供心に大きな疑問・・・りぼん編

佐々木潤子「銀河」
ライバル女性選手は、練習のし過ぎでリンク上で後頭部打って死んだんですか?お兄さんが女装してまで、主人公に近付いて来た理由は?

池野恋「ときめき全般」
りぼんは池野恋と本田恵子で華やかな新時代に突入しましたが・・・池野はなぜ、ときめきしか描けなくなったんですか?

小花美穂って、池野恋みたいな大物作家だったんですか?
水沢めぐみのみ、今でも学生誌で生き残った理由は?

どなたか解説願います。

Aベストアンサー

推測ですが。

>池野はなぜ、ときめきしか描けなくなったんですか?

読者の期待に沿うとしたらそれしか描けなくなったのではないかと思ってます。
他のものを描いても池野ファン=ときめきファンなので、ウケないのでは?

第一部途中からもう、毎月必ず一回真壁くんと蘭世のラブシーンがお決まりになってましたし・・・。
(読者サービスでしょうねぇ)
第二部に入ってからも、単行本の柱に(なるみちゃんが主人公になった事について)『ランゼファンの強い反発がある』とか書いてらしたように思います。
そしてランゼを主人公から降ろした事も『別にランゼが嫌いになった訳でもない、俊との絆も揺るぎないものになり、終わったと感じたからなんです』っていう主旨の説明をされてましたし。
そういう説明がついたという事は読者から、第一部と類似型でのときめき続行を望む声が大きかったんでしょう。
第一部ももう、最後の方はストーリー的に同じパターン繰り返してましたしね。
やめさせてもらえないんだろうなと思って見てました。

私は第二部までしか知りませんが・・・いくら魔界人が年とらないって言ったって、限界が来るんじゃないのかと思ってました。
個人的には第一部の面白い所で潔く終わって欲しかったです。7巻くらいがヤマだったかなーと。そのあと延ばしてもカルロさんが亡くなった辺りで後日談付けて終わりにして欲しかったです。
そのくらいで終わってた方が、他の作品も描けたんじゃないかと・・・

推測ですが。

>池野はなぜ、ときめきしか描けなくなったんですか?

読者の期待に沿うとしたらそれしか描けなくなったのではないかと思ってます。
他のものを描いても池野ファン=ときめきファンなので、ウケないのでは?

第一部途中からもう、毎月必ず一回真壁くんと蘭世のラブシーンがお決まりになってましたし・・・。
(読者サービスでしょうねぇ)
第二部に入ってからも、単行本の柱に(なるみちゃんが主人公になった事について)『ランゼファンの強い反発がある』とか書いてらしたように思います...続きを読む

Q鳥のフンに困っており、鳥避けをしたいのですが

二週間程前から、ベランダ・壁に白黒の鳥フンが落とされて困っております。

その上を見ると、屋根しか無く(樋も軒もありません)、近い場所にはアンテナと線がありますが、鳥は屋根の傾斜があっても立つ事はできるのでしょうか。
掃除しても、毎朝同じ場所にフンをされてます。量からも、小鳥とは考えにくいです。(鳥の姿をまだ見ておりません)

ちょうどその落とされる場所が、作り付けの物干しがあるので洗濯物も干せない状態です。物干しの上の壁にもフンが付着しているので、屋根付近から落とされているのだろうと思います。

鳥にはCDを吊るしておくと良いと聞きますが、屋根に止まるのでしたらCDも吊るせないですし、夜のうちに落とされるのであればCDに光も当たらないので意味が無いかなぁ、と思ってます。

このままでは鳥フン被害が続くと考えられるので、何とか鳥が来ないように対策したいのですが、何か良い方法をご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

何年か前に同じような糞害で悩んでおりました。
当時たまたま100均で、(空気を入れて膨らますとビニールのカラスになる)糞害の対策物を発見しました。
パンパンに膨らまさず少し元気無い感じにして(カラスの死骸に見える)ベランダの2カ所に吊るした所、なぜか一週間程で糞害がなくなりました。
カラスにビビったのか、鳥が殺されているから危険!と認識したのかはわかりませんが.....
その後はたまに落とし物が有るくらいで、悩む程ではありません。
同じような物を探してみたり、黒いビニール等でにたような物を作って吊るしたり、屋根にくっつけてみてはいかがですか?

Q今から25年くらい前に「りぼん」に連載していた漫画

今から25年くらい前に「りぼん」に連載していた漫画

今から25年くらい前に、「りぼん」で連載していた漫画家さんで
バレーボール漫画や、あと確かフィギュアスケートの漫画を
描いていた人がいたと思います。

順番としては、多分ですがフィギュア漫画の方が先だったような。
その後にバレーボールの漫画が始まって、それはそこそこ
連載が続いたような記憶があります。
(フィギュアの漫画はちょっと自信ないので、違う漫画だったかもですが
 バレーの漫画は間違いなくあったと思います)

その漫画を今また読んでみたくなったのですが、
タイトルと作者が全く思い出せません。
絵の雰囲気だけはぼんやり覚えているのですが・・・。

もし覚えている方、わかる方いらっしゃいましたら教えてください!

どの程度人気があったのか不明ですが、今でも読むことは出来るのでしょうか?
文庫版などで再発されてるとか、手に入れることはできるでしょうか・・・?

Aベストアンサー

佐々木潤子さんではないでしょうか。
バレーボールを題材にした「エース!」、フィギュアでは「銀河」という作品があります。
オフィシャルサイトでコミックスの一部が読めますのでご確認ください。
http://www.h5.dion.ne.jp/~junko/comics/comics_s.htm

Amazonで検索した限りでは、「エース!」ほど古いと新品のコミックスは入手が難しいようです。98年に発売された文庫版も全巻は揃っていないようで…。
ただ、連載当時はかなりの人気でしたから部数は出ているでしょうし、中古本を手に入れるのはそう難しくないのでは。

もし違う作家さんだったらごめんなさい。

Q首の後ろだけが痒くかぶれているのですが、、これってアトピー!?

首の後ろだけがなぜかかゆくみるとかぶれています。
アトピーなのか、、。ずっと2年ぐらい症状が続いています。

一度、アトピーなどのかぶれを専門におこなっている皮膚科の病院に診察にいったら、かぶれだと言われました。

まあ、そのとおりの症状なのですが、その時に軟膏をぬりましたが、いまいちよくなりませんでした。
よく、首の裏のかぶれなどが気になる人は、冬の季節にかゆみがひどくなるとのことだったのですが、、。

私の場合はずっとかゆみが続いています。

首の後ろだけがかぶれるアトピーなどの症状ってあるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

首の後ろだけがかぶれて痒いという症状は実は私も体験したことがあります。

なので、アトピーなどではなく、もしかすると単なる皮膚炎の可能性もありますが、、、。その他、乾癬という症状もあります。

正直、現代科学を持ってしても、アトピーや乾癬の原因は解明できていないみたいです。

ただ、原因は不明なのですが、かぶれがよくなったという人がいて、その人達に話を聞くと色々とかぶれを治すヒントが多くあります。


例えば、


●かぶれがひどくなるのが冬~春にかけてだった

●汗をかく夏場はかぶれの症状が収まった

●おもいっきり運動した時に、かぶれが痒くなくなったなど、、、。


色々と、首の後ろのかぶれについて症状がよくなった人の話を聞くと、共通点は【汗】にあるようなのです。

実際、私の友人も岩盤浴などを毎日通うようにしたら、かぶれがなくなったと言っていました。

私自身は、ほとんど何もせず、首の裏のかぶれが治ってしまったので一概には言えませんが、何かヒントになれば嬉しいです。

ちなみに、私の友人が参考にしたサイトは下記ということでした。


↓首の裏がかぶれて困っていた友人が参考にしたサイトはこちら
http://satouichirou.com/cs2/kasakasa/

首の後ろだけがかぶれて痒いという症状は実は私も体験したことがあります。

なので、アトピーなどではなく、もしかすると単なる皮膚炎の可能性もありますが、、、。その他、乾癬という症状もあります。

正直、現代科学を持ってしても、アトピーや乾癬の原因は解明できていないみたいです。

ただ、原因は不明なのですが、かぶれがよくなったという人がいて、その人達に話を聞くと色々とかぶれを治すヒントが多くあります。


例えば、


●かぶれがひどくなるのが冬~春にかけてだった

●汗をかく夏場はかぶれの...続きを読む


人気Q&Aランキング