パワー管を替えたりした際にでも、希に、バイアス調整をしないでもOKなアンプが有りますが本当にそうなんでしょうか?ペアやカルテットでマッチングのとれたパワー管を使えば問題ないのでしょうか?バイアス調整をアンプが自動で行ってくれるとか自分でも簡単に調整できる機能がアンプにあったりするとか…。どうなんでしょうか?また、パワー管1本しかない場合は調整無しでもいけるのでしょうか?

A 回答 (2件)

基本的には、ギター用のアンプではそれ程神経質にならなくてもいいでしょう。


バイアス調整より、接触に気をつけたほうが良いと思います。小さなゴミのほうが、影響が大きいものですよ。
真空管の種類も有りますが、規格品でメーカー指定ならば
まず、問題ないと思います。それでも、おかしいようなら
別の原因だと思いますよ。
    • good
    • 0

こんにちわ。


ギターアンプはよく分かないんですが。オーディオアンプを知る者です。

>ペアやカルテットでマッチングのとれたパワー管を使えば問題ないのでしょうか?

と、いうことはあなたのアンプは、パワー管を、2本(または4本)使っているやつですか?ペア管に変えたならば、まったく問題ないと思います。
そういったギターアンプはプッシュプル方式ですので、ペアの取れたものをお勧めします。
バイアス調整は、相当な経験者でないと難しいですよ。

>パワー管1本しかない場合は調整無しでもいけるのでしょうか?

同じ管なら大丈夫です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半導体の説明に出てくるバイアスの意味は?

半導体のPN接続に関する説明文に「バイアス」という言葉が出てきました。
ここでいう「バイアス」とはどういう意味で使われているのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

バイアスという単語では「偏り」という意味です。
ある意味「オフセット」に近い意味です。

電極に+もしくは−が偏っている状態を表しているのであると思います。(あまり半導体の分野で使われる使われ方と違う気もしますが)

Qギターアンプのバイアス調整

mesa/boogieのアンプは固定バイアスとどこかで聞いたのですが本当でしょうか?本当ならマッチングの取れた同じ型番(6L6GCやEL84等)ならどのメーカーのものでも使用可能ということでしょうか?

Aベストアンサー

No. 1 です。メサのチューブは、メサのサイトで直接購入できますよ。
http://store.yahoo.com/mesa/mesboogtub.html

私がチューブを買う時には、ユーロチューブに世話になってなす。
http://www.eurotubes.com/index.htm
ここのチューブは性能が結構いいです。また、アンプのモデルを明記すれば、ちゃんとバイアスが合うチューブを選択してくれます。英語でイーメールしなくてはなりませんが、

Hi, my amp is a Mesa-Boogie XXXXX. I want to buy 4 EL84s for it. How much are they, and how much is shipping to Japan?

(私のアンプはメサ・ブギーのXXXXXです。EL84s管が4つ欲しいのですが、管の値段とと日本への送料を教えて下さい)

と書けば分かってくれるでしょう。次のページにファックス番号があるので、オーダーする際は、クレジット・カードの番号と住所を継起してファックスすればいいと思います。
http://www.eurotubes.com/euro-w.htm

No. 1 です。メサのチューブは、メサのサイトで直接購入できますよ。
http://store.yahoo.com/mesa/mesboogtub.html

私がチューブを買う時には、ユーロチューブに世話になってなす。
http://www.eurotubes.com/index.htm
ここのチューブは性能が結構いいです。また、アンプのモデルを明記すれば、ちゃんとバイアスが合うチューブを選択してくれます。英語でイーメールしなくてはなりませんが、

Hi, my amp is a Mesa-Boogie XXXXX. I want to buy 4 EL84s for it. How much are they, and how much is sh...続きを読む

Q確証バイアスの適応的意味

確証バイアスってなぜ必要なんでしょうか
適応的な意味が分かる方教えてください

Aベストアンサー

確証バイアスは結果の立場からみているから、必要とかではなくて、結果的にそうなっていると解釈するべきだと思います。

Q真空管アンプのパワー管交換について

パワー管の交換及びバイアス調整に関してご相談させて頂きます。

出力低下が目立ち始めパワー管の交換を考えました。
当該アンプは固定バイアスのようですので、純正管を購入しようと思いましたが、
純正管の4本マッチドセットは販売されておりません。

調べますと普通要バイアス調整となるようなのですが、固定バイアスです。
そのまま、2本マッチドペアを2セット挿すのも乱暴にも思えますし、
このような場合、どのような処置が最良となりますでしょうか?

当該アンプは【PEAVEY Classic 50】です。
回路図もリンクしておきますので、ご指導戴ければ幸いです。
以上、宜しくお願い致します。

http://www.freeinfosociety.com/electronics/schemview.php?id=1322(パワー段)
http://www.freeinfosociety.com/electronics/schemview.php?id=1323(プリ段)

Aベストアンサー

ペアーマッチを使う場合は一組をV4とV5、他の一組をV6とV7に装着して下さい。

Qバイアスって何ですか?

電気回路を勉強していると、よくバイアス回路などと出てきますが、
そもそもバイアスってどういう意味なのですか?

Aベストアンサー

バイアス:bias(英) 一般用語では「偏見」、統計学では「偏り」等があります。

電子回路では、「非線形の特性を持つ素子を、直線領域で使用するための「動作点設定」のこと」を
言います。

例えばトランジスタのIB/IC特性を考えてみてください。
横軸にIB(mA)、縦軸にIC(mA)をプロットします。
IBの小さいところでは、ICはあまり大きくなく、ある程度IBが大きくなったところから、直線関係に
入って行きます。

この素子に信号を入れたときのことを考えます。
(具体的にはIBを変化させる→交流信号で振る)
動作基点が、もしIB=0mA付近にあるとすると、入力信号の正の半サイクルではICが大きく流れますが、
負の半サイクルではICはほとんど流れません。(→歪みの大きい出力)

IBをある程度流し、動作基点を直線部のほぼ中央付近に持ってきますと、正負ともに直線性の良い
出力が得られます。
このように「動作基点を直線性の良い領域に設定すること」を「バイアスをかける」と言います。

これは、トランジスタ、真空管に限らず、また能動素子、受動素子の区別なく、非直線特性を持つ素子を
扱うときに必要な操作です。

なお、A1~3のご説明も、すべて誤りではありませんのでご参考にしてください。

バイアス:bias(英) 一般用語では「偏見」、統計学では「偏り」等があります。

電子回路では、「非線形の特性を持つ素子を、直線領域で使用するための「動作点設定」のこと」を
言います。

例えばトランジスタのIB/IC特性を考えてみてください。
横軸にIB(mA)、縦軸にIC(mA)をプロットします。
IBの小さいところでは、ICはあまり大きくなく、ある程度IBが大きくなったところから、直線関係に
入って行きます。

この素子に信号を入れたときのことを考えます。
(具体的にはIBを変化させる→交流信...続きを読む

QF管とかC管とかの違いによる楽譜表示?

なんて表現したらいいのか用語が分からないのですが、楽器によって、同じ音でも楽譜上違う調で表されるじゃないですか。ピアノ、ヴァイオリンを習った後、中学のときクラリネットを始めてびっくりしました。その時はすべて一度読み替えて読譜してましたが、素人で終わったのでそのナゾが解けないまま今にいたってしまいました。この悩み、分かってくださる方、また解明してくださる方がいたら嬉しいです。

Aベストアンサー

再度登場です。
sissilyさんの「ドはドでありファがドなんて許せ~ん」っていうのは、sissilyさんに絶対音感があるからだけでなく、目で見た楽譜上のドの音とCの音が完璧に1対1対応してしまっているんですね。
だから、楽譜上でドに書いてある音がFに鳴ったりすると、すごい違和感を持っちゃうんだと思います。

えーと、でもピアノをなさってたんだからヘ音記号は普通に読みますよね?例えば楽譜の左端を隠して記号がわからなくしたら、ヘ音記号でドの位置のおたまじゃくしはト音記号ではラになるじゃないですか。これって違和感ないですか?
多分、sisslyさんはちらりとみたト音記号やへ音記号で、自動的に絶対音感を調節されているんだと思いますが。

絶対音感を持った移調楽器奏者もたくさんいますが、そういう人は大雑把にいって上とおんなじようなことをやっているんだと思います。ただ、チラリとチェックする記号がへ音記号ではなくて楽譜上にある「in F」だってだけで。

Q「バイアスをかける」

「バイアスをかける」、「バイアスがかかったなになに」と言う表現をよく見かけます。
辞書を引いたり現代用語辞典で調べましたがいまいち正確に意味を把握出来ません。出来れば簡単な例文を使って説明して頂けると幸甚です。

Aベストアンサー

>バイアスをかける
というのは電気回路なんかで一定の電圧や信号を常にかけておく事を意味し、
たとえばカセットテープのノイズリダクションなんかはこれを応用し録音時にバイアスをかけ再生時にバイアス分を引く事でノイズを低減させてます、

これを文章表現に使う場合は、
政治や思想的(右翼や左翼的偏向とかジェンダー差別的)な考え方とかが意識の底にあり、
それが見え隠れした意見を主張している場合なんかに用いますね(女性第一主義で男性排除派の田○陽子センセなんかはバイアスなんて状態じゃないけどね)。

Qギターアンプ、パワーアンプについて

ソリッドの100Wのヘッドを使っているのですが、
フルテンで鳴らしてもどうも音が小さい気がして困っています。

先日、雑誌を見るとあるアーティストが、
パワーが足りないからと言って、
ヘッドのセンド・リターンにパワーアンプを繋いでいるのを見たのですが、
それで音は大きくなるのでしょうか?

また、大きくならないなら何の為に繋いでいるのでしょうか?

ちなみに、その雑誌によると彼は
Randallの300Wのヘッド→エフェクトループ・インターフェース→mesaの100W+100W(ステレオ)のパワーアンプ→エフェクトループ→ヘッド→キャビ
という接続なようです。

Aベストアンサー

No.1です。

>ちなみに「エフェクトループ・インターフェース」というのは、カスタムオーディオジャパン社から出ている商品名です。

あー、わかりました。これのことですね。
http://shop.with9.com/?module=Default&action=ItemDetails&ItemID=00002992
そうか、これって「エフェクトループ・インターフェース」っていう名前だったんだ(^^ゞ
いや、モノは知ってたんですが、マジ名前を知りませんでした(^^ゞ

これを使っているという話なら、まず次のようなやり方してると思って間違いないと思います。(以下エフェクトループ・インターフェースは『ELI』と表記)

1)Randallのヘッド+キャビについては、
ヘッドEffectSend→ELIのIN→ELIのOUT→ヘッドEffectReturn
この結線で、Randallのヘッド+キャビは、しっかり300Wで鳴る。
2)MESAのパワーアンプ
ELIのEffectSend→MESAパワーアンプのINPUT
ELIのEffectSendには、ELIのOUTと同じ信号が出せるので、ELIでヘッドの信号を分岐して、MESEのパワーアンプを同時に鳴らす…というやり方。
MESAのパワーアンプにキャビかPAスピーカを繋いで、200W分が追加される(当然、音が大きくなる)

もしかしたら、MESAのパワーアンプにINPUT信号をそのまま返す信号端子があり、何かの結線上の理由で、パワーアンプからELIに別の配線が行われているということもあるかもしれませんが、
「MESAのパワーアンプを使って、Randallヘッドの音をより大きくする」
というための接続方式としては、基本形はあくまで上のとおりです。

ELIを使うと、追加したパワーアンプに最適な信号出力になるように、ヘッドのSEND信号を細かく調整できるという利点があります。(ヘッドとパワーアンプの組み合わせによっては、SEND信号を直接パワーアンプに繋ぐと、音質的に良くないことがあるが、ELIはそこんとこの微調整ができる)

なお、上に書いた「PAスピーカ」というのは、あくまでもギターキャビの代用品としてPAスピーカを使う場合…という意味で、「ギターをPAで鳴らす」というのとは意味が違います。
(ギターやベースアンプから信号を分岐して、ステージ上のギター/ベースアンプの音量を大きくする時には、キャビではなく頑丈なPA用スピーカを使うことも良くあるよ…ってだけのことです。雑誌では、MESAのキャビを鳴らしたのかもしれません)

No.1です。

>ちなみに「エフェクトループ・インターフェース」というのは、カスタムオーディオジャパン社から出ている商品名です。

あー、わかりました。これのことですね。
http://shop.with9.com/?module=Default&action=ItemDetails&ItemID=00002992
そうか、これって「エフェクトループ・インターフェース」っていう名前だったんだ(^^ゞ
いや、モノは知ってたんですが、マジ名前を知りませんでした(^^ゞ

これを使っているという話なら、まず次のようなやり方してると思って間違いないと思います。...続きを読む

Qバイアステープのこと(基礎的な話で、恐縮です(^_^;))

超!初心者のものです。
ソーイングの基礎なる本も購入し、一念発起で
裁縫を始めようと少しずつ材料なども集めているのですが、

「バイアステープ」について。。
市販のものを買おう思っています。
質問ですが、
Q1.バイアステープは、作成するものにあわせて
   何か変えなくてはいけないのでしょうか?
Q2.バイアステープの素材もたくさんありますが、
   本をみても、この服にはどの種類のテープを使うとか
   書いていないのです。
   基本的には、作成する生地を使うのがベストなんでしょうか?
   ほぼどんな服にも対応できる種類のテープってありますか?
Q3.ただのバイアステープと”共布バイアステープ”の違いは?
   共布バイアステープって売ってますか??
   ちょっとみたところ、”共布”とかいたテープはない。
Q4.用尺に”巾”とい漢字で書いてありますが、”幅”と同じ意味?

すみません、どうしても本に載っていないけど、自分にとっては、
重要で、、前に進めなくなってしまいまして、、、
宜しくお願いします。。(_TдT) シクシクアイーン

超!初心者のものです。
ソーイングの基礎なる本も購入し、一念発起で
裁縫を始めようと少しずつ材料なども集めているのですが、

「バイアステープ」について。。
市販のものを買おう思っています。
質問ですが、
Q1.バイアステープは、作成するものにあわせて
   何か変えなくてはいけないのでしょうか?
Q2.バイアステープの素材もたくさんありますが、
   本をみても、この服にはどの種類のテープを使うとか
   書いていないのです。
   基本的には、作成する生地を使うのがベス...続きを読む

Aベストアンサー

私の経験から分かるところだけお答えしますね。

Q1:例えば色です。見えなくなる部分ですが、裾をまつるときに、生地と同じ色の糸を使いますよね。同じ色のバイヤステープを使います。

Q2:これも、化繊か綿かによって、バイヤスの生地を変える必要があります。そうでないと、大げさに言えば、絹で作ったものに、化繊のバイヤスを付けるようなものです。洗濯などすれば、生地の性質が違うために、縮みやヨレが生じます。
どんなものでも使えるものがあるか?多分、ノリ式ですかね。ノリが付いた、薄い不綿布みたいなもので、ズボンの裾あげに、アイロンで付けられる!と言った感じのものです。あれなら、生地は関係ないですが・・・

Q3:共布バイヤスは、普通、その使った生地の一部分を、織りに対して斜め方向にとった布を使います。同じ生地、同じ色なので、バイヤスだけ買う必要がないのです。型紙などでバイヤスの部分も取ってあるものが昔はあったようですが、今はあまりないと思われます(バイヤスとして使う折り目を付けたりするのがメンドウなので)。

Q4:巾=幅で合っていると思いますよ。

私の経験から分かるところだけお答えしますね。

Q1:例えば色です。見えなくなる部分ですが、裾をまつるときに、生地と同じ色の糸を使いますよね。同じ色のバイヤステープを使います。

Q2:これも、化繊か綿かによって、バイヤスの生地を変える必要があります。そうでないと、大げさに言えば、絹で作ったものに、化繊のバイヤスを付けるようなものです。洗濯などすれば、生地の性質が違うために、縮みやヨレが生じます。
どんなものでも使えるものがあるか?多分、ノリ式ですかね。ノリが付いた、薄い不綿...続きを読む

QPA用のパワーアンプをギターアンプとして使用できるか

PA用のパワーアンプをギターアンプとして使用できるか
PA用のパワーアンプをギターアンプとして使用するとして、何か支障があるでしょうか。なお、スピーカキャビネット及びプリアンプ部(ラックマウントタイプのエフェクターで代用)はギター専用とします。ご教示よろしくお願いします

Aベストアンサー

素人PA屋ですが、スピーカキャビネットのインピーダンスと耐入力が、そのアンプの許容範囲に収まっている限りは、『その構成で鳴らす』という点では全く問題ないです。

昔は、ギター屋側ではウジャウジャ言ってた時期はありましたが、PA技術的には、上の条件を満たす限り、昔も今と変わらず全く問題はありませんでした。
ただ、昔はPAアンプに仕様的に合う信号出力を持ったギターアンプやプリアンプが少なかったり、キャビ側でPAアンプの仕様的制限を満足するモノが少なかった…という点はありましたが。

ただ、強いて言えば、PA用パワーアンプは現行製品は全てソリッドということになるので、パワー段もチューブを使う事によって強烈な個性を出しているギターアンプとは、音質面で一線違う音になるという事はあります。

あとは、これも強いて言えばですが、プリアンプ(として使う機材)の出力仕様が、実際に使おうとするPAアンプの入力仕様の許容範囲に収まっているかどうか…という点ですが、こいつは具体的に機種がわからないと、ピンポイントでの判断は難しいです。
(といっても、プリ側がラックマウント仕様なら、近年の製品であるかぎり、よほど特殊な仕様を除いて大抵は大丈夫ですが)

素人PA屋ですが、スピーカキャビネットのインピーダンスと耐入力が、そのアンプの許容範囲に収まっている限りは、『その構成で鳴らす』という点では全く問題ないです。

昔は、ギター屋側ではウジャウジャ言ってた時期はありましたが、PA技術的には、上の条件を満たす限り、昔も今と変わらず全く問題はありませんでした。
ただ、昔はPAアンプに仕様的に合う信号出力を持ったギターアンプやプリアンプが少なかったり、キャビ側でPAアンプの仕様的制限を満足するモノが少なかった…という点はありましたが。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報