バブル崩壊といいますが、株でも土地でも 買った人もあれば売った人もあり、ひとつの売買において売値と買値は当然同じはずです。たとえ買った土地が値下がりしても、売った人はお金を持っているはず。ホンとの泡とは違い、お金はプラスマイナスゼロでなくならないはず、お金はどこに消えたのでしょうか?貯金にそのまま残っているのでしょうか?そうだとしたら、その貯金を吐き出させる政策をとらない限りほんとの経済回復はないのではないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

経済学上の素朴な疑問ですね。

頭では分かってるつもりなのですが、口で説明できるか頑張ってみます。

 まず、お金は消えていません。
バブルの頃に土地を売った人は今ごろ悠々自適で生活しているのでしょう。
バブルの頃に土地を担保にお金を貸した人は、土地の値段が下がって、土地を売っても貸した金が回収できない状態になっています。これを不良債権といいます。

 景気が良いか悪いかは、お金が増えるか減るかではなく、お金が活発に動くか、停滞するかで決まります。
 バブルの頃は土地や株を持っていた人は、なんだか自分がお金持ちになった気になってたくさん買い物をしました。つまり、お金が活発に動いたのです。
 今は土地や株の値段が下がって、自分は貧乏になった気がするので財布の紐を引き締めています。だから企業の売上が下がります。企業の業績が悪くなるので、リストラが増え、失業者が増えて、また、買い物をする人が減ります。というのが現在の経済状況です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。やはりお金は消えていないのですね。変に安心してしまいました。お金を持っている人は黙って悠々自適なのですね。不良債権を持っていて苦しい人が、不況だ不況だと騒いでいるのでしょう。

お礼日時:2002/01/18 23:10

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=166246

株における同様の質問内容とその回答です。ご参照ください。
ここでも記載したことですが、株や不動産の資産価値の評価が下落したことにより、企業の資金借入可能額が減少したことが問題となります。

90年と比較して、資産価値の評価が仮に4分の1になったとします。ある企業で90年から資産内容が全く変化していない企業があったとして、1990年であれば100億円の担保価値があり100億円借りることが可能(売却はしていない)でしたが、今は25億円しか借りることができないという状況になっています。1990年に借りた100億円が返済できていれば良いのですが、ご承知のように景気も良くない為、元本の返済が全くできなかったとすると、75億円は返済のされない危険性の高い“不良債権”ということになります。
日本は土地を中心とした実物担保本位制の貸出システムですから、日本全体の資産価値が下落したことに対する、信用創造の収縮分を指して貸し渋りと言われているのです。

>その貯金を吐き出させる政策をとらない限りほんとの経済回復はないのではないでしょうか?

貯金を消費に振り向けさせるという政策ということであれば、ご認識は正しいと思います。個人消費を回復させることが景気回復の近道だと思いますから、私個人的には『消費税減税』が有効な手段だと思います。しかし、現在のお題目には掲げられていません。(次期政権が実行することを期待しています)

>金余り
厳密に言えば、この表現はおかしいです。必ず預貯金などにして手元に置いているわけですなないですから余っているお金はないはずです。金利低下圧力がある状況を金余りとマスコミが表しているだけだと思います。

重要な点を記載したつもりです。お役にたてば幸いです。
    • good
    • 0

>ひとつの売買において売値と買値は当然同じはずです。


>たとえ買った土地が値下がりしても、売った人はお金を持っているはず。

その通り、売った人には、お金があります。

>お金はプラスマイナスゼロでなくならないはず、
>お金はどこに消えたのでしょうか?

そこが違います。
お金とお金を交換すればそうですが、
この場合、お金と「土地」を交換したんです。
買った人にはその土地が残ります。それが値下がりするんです。
別にお金が消えたりはしていません。

AさんがBさんに土地を1000万円で売ったとします。
Aさんには1000万円の「現金」が残りますが、
Bさんには、
その売買契約が成立した時点での1000万円の価値のある「土地」が残ります。
その当時は、プラスマイナスゼロかもしれませんが、
その後、土地の値段が下がれば、そうではなくなります。
900万円に下がったとしたら、その差額100万円が、
cyouonさんのいう「消えたお金」ではないでしょうか。

そもそも、「バブル崩壊」というのは、
「『価値』が泡のように消えた」ということです。
土地や株というのは、宝石などのように
そのものには価値はないですよね。株券なんてただの紙ですから。
土地なら何処にあるかということ、株なら書かれている企業名、という
周りについているものによって、価値が決まっているわけです。
それが見せかけの価値『バブル』です。
バブルのころというのは、
Bさんが1000万円で買った土地を、
1100万円で買いたいというCさんがいたんです。
なぜ、Cさんは買いたいかというと、
さらに高く買ってくれるDさんがいるからです。
こやって、価値のない土地によって、
大金を手にする人がたくさんいたわけです。
今思えば、そんなのいつか崩壊するに決まっていますよね。


そういうわけで、どこかにお金が眠っているわけではないですよ。

この回答への補足

私もお金は消えたとは思っておらず、それで
”お金はどこに消えたのか?どこにも消えてないはずだ”といいたかったのです。
やはりお金は消えていない。むしろ金余りだと思うのです。バブルの時も金余り、不況不況といっている現在も金余り、日本は何でこんなにおかしな国なのですか?

補足日時:2002/01/18 14:17
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバブル再来について

バブル時代はもう二度と再来する事が無いのでしょうか?
難しくて仕組みをよく理解できていませんが、
100~200年経てば再び、というような規則性を持った物でも無い
のでしょうか?現在の日本の状況を見ますと、前回のバブルのような、
一般庶民や貧困層までお金が回るようなバブルはもう二度と来ないと考えておりますが、その場合、それはバブルでは無いのでしょうか?
また、バブル時代に、これはバブルだと、皆さん気付いていてバブル時代を
お過ごしになられたのでしょうか?現代だと信じがたい時代がバブル時代なのですが、とても不思議に思っていて、いくら説明を探して読んでも謎です。バブル時代に詳しい方ご教授お願い致します。

Aベストアンサー

バブルと言うのは、ひらたく言えば、ある特定の商品に実体を伴わない異常な価値が付与されることだと思います。

そう言う意味ではしょっちゅう世界のどこかで発生しているものなのですが、日本で「バブル時代」が特別な意味をもつのは、あれが「土地バブル」だったからだと思います。つまり「1坪=○○円」の換算レートが異常に高くなって、円高(これもバブルだったかと思いますが)とも相まって東京の地価の合計が米国全土の地価合計を上回ると言う阿呆な事態が発生しました。

それだけならまだ一部の土地持ちだけの浮かれ騒ぎで終わっていた筈なのですが、日本の金融業が実質的に土地本位制であったため、いくら金を貸しても担保価値がどんどん上がるので貸しすぎにならないと言う訳のわからん話になって、洪水のように金が街中に溢れました。

でも、バブルが終焉すると土地の価値はもとの鞘に収まり、あると思っていた担保が消滅してしまって、最後は借金だけが残ってしまったわけです。

確かに前回バブル時は一般庶民や貧困層までお金が回ったかもしれませんが、バブルが実体を伴わない価値である以上、バブルとバブルの崩壊は裏表の存在であり切り離すことは絶対にできません。ですから、バブルをもう一度味わいたい人はバブルの崩壊ももう一度味わうことを覚悟する必要があります。

なお、個人レベルでバブルを再発させるのは簡単ですよ。サラ金で借金しまくって、そのお金で遊びほうけたら良いだけの話です。もちろんバブルの崩壊もきちんとついてきます。そんな馬鹿なことを誰がするもんか・・と思いたいところですが、1990年頃はこれを日本国全体でやってしまったわけです。

バブルと言うのは、ひらたく言えば、ある特定の商品に実体を伴わない異常な価値が付与されることだと思います。

そう言う意味ではしょっちゅう世界のどこかで発生しているものなのですが、日本で「バブル時代」が特別な意味をもつのは、あれが「土地バブル」だったからだと思います。つまり「1坪=○○円」の換算レートが異常に高くなって、円高(これもバブルだったかと思いますが)とも相まって東京の地価の合計が米国全土の地価合計を上回ると言う阿呆な事態が発生しました。

それだけならまだ一部の土地...続きを読む

Q【バブル時代を経験した人に質問です】バブルの思い出を教えてください。 バブル時代はバブルの恩恵を受け

【バブル時代を経験した人に質問です】バブルの思い出を教えてください。


バブル時代はバブルの恩恵を受けなかったバブルって何だったんだろう無縁だったなあって言う人もいたわけですよね?

ITバブル時代にITバブルの恩恵を一切受けずにというか気づかなかったという人もいますよね。

どのくらいの割合の人が恩恵を受けたのでしょう?

Aベストアンサー

売上が毎月前年度130%越えを達成し、毎月報奨金と言う名の臨時ボーナスが社員全員に10万づつ配られてました。お給料もボーナスもよかった。結果経済が回るので更に消費が進んで毎日楽しかった時代!
ジュリアナ世代です。扇子振ってました。

Q【日経平均とITバブル越えニュース】日経平均がITバブルのときより高くなったというニュースを見たんで

【日経平均とITバブル越えニュース】日経平均がITバブルのときより高くなったというニュースを見たんですが、時価総額がITバブル時より高くなったということですか?

ITバブル時より上場が緩和されて、しょぼい会社でもバンバン上場しているからITバブル時より上場企業数が多くなったので当たり前に日経平均がITバブル越えしたのではないのでしょうか?

ITバブル時の上場数と現在の上場数の数の違いと今日のITバブル越えニュースに関連性はないのか教えてください。

Aベストアンサー

>ITバブル時より上場企業数が多くなったので当たり前に日経平均がITバブル越えしたのではないのでしょうか?
日経平均は255社の株価を基準に算定されますから、上場企業数の総数とは関係ありません。
上場会社数が多くなって増える可能性があるのは時価総額です。

Q【雑誌の貯金300万円とか500万円ってあれ冗談ですよね?】 貯金は郵便局のゆう貯銀行だけの貯金で

【雑誌の貯金300万円とか500万円ってあれ冗談ですよね?】

貯金は郵便局のゆう貯銀行だけの貯金で銀行の預金はアンケートの回答に乗っけてないだけ?

それともマジで20代後半、30代前半のサラリーマンの貯金、預金のトータルが300-500万円なの?

年収と貯金、預金が合わなすぎない?

毎晩のように飲み歩いてないし、直行で家に帰って、後輩にも奢らない今の社会であり得るのか?

それとも冗談回答なのか?

みなさん貯金、預金幾らあります?

雑誌通りなのか知りたいです。

その割に年収が高いんですよねー

雑誌のアンケート。

謎だわー

年収300万円、400万円貰っててなんで20代後半で貯金、預金が300万円とかなの?どうやったらそんなに使えるのか逆に聞きたいわ。

デート代とかも男持ちで奢らせてんのに。

Aベストアンサー

30代の平均貯金額 独身平均値・・・732万円 独身中央値・・・350万円 

https://welq.jp/18812

Qバブル期に、「バブル」って言ってた?

わが国のいわゆる「バブル期」に、世の中では「今は『バブル』だ」と言っていましたか?

「バブル」という言葉は、バブル崩壊頃か崩壊後から言われ出したのか、それともバブル真っ只中から使われていたのか

を知りたいのです。

Aベストアンサー

『バブル(経済)』は1990年の『流行語』です。バブルがはじけた後です。はじけたからバブル(泡)なのです。

『読売新聞:この十年●90年流行語《バブル経済》』
http://www.yomiuri.co.jp/yomidas/konojune/90/90r4x.htm

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/yomidas/konojune/90/90r4x.htm

Q【リーマンショックでモロ影響を受けた人の話が聞きたいです】バブル崩壊時にバブルの恩恵を受けなかった人

【リーマンショックでモロ影響を受けた人の話が聞きたいです】バブル崩壊時にバブルの恩恵を受けなかった人がいたそうです。

バブルの波にも乗れず、バブル崩壊の波にも乗らず、リーマンショックの波にも乗らず全く世界経済の流れを感じずに生きて来たのでリーマンショックでモロに影響を受けた人の話が聞きたいです。

リーマンショックでどういう影響を受けたのか教えてください。

私はリーマンショックでも何も生活が変わりませんでした。

Aベストアンサー

すごかった、、、wwww
私は新興国に多く投資をしていたのですが、最初絶好調、サブプライムとリーマンショックでどん底。

それで、塩漬けにしておいたのですが、なんとそのあと新興国の株式が復活したのです。まるでジェットコースター。(上がって、下がって、上がる)新興国の株式はそのあと好調を続けられず、私はほかに投資先を変えました。

結局私の場合はプラスの利益なので、まあいいかとなぐさめてはいますが、リーマンショックがなければ、相当よい成績だった。まあ、経験だけは得られましたwwww。投資は余剰資金で。

Qバブル経済における湾岸戦争の存在

湾岸戦争の始まり、日本ではバブル経済が起こっていました

しかし、原油高騰がおこり、直後、バブル経済が崩壊。
多額の資金援助もおこなったようですが、これらはバブル崩壊にかかわってくるのでしょうか?


原油の高騰は、~だから、バブル崩壊に関わる
資金援助は、~だから、バブル崩壊に関わる

など、理由をつけて回答してくれるとうれしいです
お願いします

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa142136.html
http://www.haitou-check.com/t-h/007.html

上のサイトにある情報を使えば簡単にできます。
ご覧ください。

Q日本がデフレなら、なぜ、テレビや新聞、ラジオで、「貯金なるべくしないで下さい!お金をどんどん使いまし

日本がデフレなら、なぜ、テレビや新聞、ラジオで、「貯金なるべくしないで下さい!お金をどんどん使いましょう!」と、CMとか番組内で、日本人に教えないのでしょうか?

日銀とかより、余程効果があると思うのですが。

Aベストアンサー

麻生副総理がたびたび言ってますし、いろいろ政策に乗っけていますよ。
いい加減効果がほとんど無いのに、全く気づかれないご様子です。鈍いっすよね(笑)


これから超高齢化を迎えるに当たって、景気が悪くなる予想はあっても、良くなる理由が「唯一オリンピック」を除いてあまりないので、皆老後に備えて貯金します。

また、国民年金も、超高齢化で受給年齢はどんどん上がり、受給額はどんどん下がり、これが止まりませんから、10年20年後はほとんど保障が受けられない予想です。ですから、老後に備えてますます貯金します。

金持ちはね。
貧乏人はシネですから、ますます今後景気が悪くなるので、貯められる人は皆貯めますわな。

Qバブルは良い時代だった?

バブル期に20代以上だった方に質問させてください。

バブル時代を舞台にした映画も作られたみたいですが、バブルというのは今から考えても良い時代だったと思いますか?
はじけないバブルはないとしても、もう一度あんな時代がやってきて欲しいと思いますか?

Aベストアンサー

今日会社を辞めても翌日からでも就職できた。そんな時代でしたね。
一方で土地の高騰などは狂気沙汰でした。
バブルでいい思いを出来た人とそうでない人がいます。
私はそうでない方でした。
毎シーズン海外旅行に行く友人を傍目に、生活は楽ではなかったです。
まあみんなが景気悪いより良かったかもですね。
犯罪は今より少なかったと思います。もちろん自殺もね。
しかし、一言で言って、日本中が狂ってました。
濡れ手に泡、…まさにバブルな時代でした。
終わった時はホッとしましたよ。
だって私の生活は何も変わりませんでしたもの。
いい思いしなかったぶん、落ちもしなかったです。
景気が悪すぎるのは困るけど、二度とあんな狂気の時代は来るべきではありません。
バブルで失った日本人の価値観の崩壊、常識の崩壊、これがいまだに解決されない負の遺産です。

Q【経済・お金っていうのはね、他人のために稼いでいるモノなんだよ】 自分のために貯金していますよね?

【経済・お金っていうのはね、他人のために稼いでいるモノなんだよ】

自分のために貯金していますよね?

それだって、銀行のために稼いでるんでしょ?

これ正しいですか?

論破してくれませんか?

Aベストアンサー

よく分かりませんが、銀行に預金として預けるから銀行の利益にしかならないということですか?
しかし所有している通貨は私有財産になります。
理由なく勝手に奪うことは許されません。
「他人のために稼いでいるモノ」というのは、お互いに助け合うとかいうことを間接的に説明している言葉ではないですか?
銀行は今はとても低いですけど利子を払うことになります。
また振り込みなどは手数料を取られますが、その代わりに比較的安全な取り引きを保証しているわけです。
銀行のために稼いでいるという言い方は、ちょっとよく分かりません。
根拠不明に聞こえます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報