私は中国語の勉強をしはじめてから翻訳の仕事をしたいと
思うようになりました。
そこで英語の翻訳をやっている友人から、翻訳をやるのなら
専門の学校かコースを受けたほうがいいと言われ、探して
います。が、今会社に行っている状態で日常会話のコース
が有るスクール(そこには翻訳の専門コースはありません)
に行っているため、時間的に不規則なのも有りもう一つ学校
にいくというのも辛い状況です。

そこで通信講座の翻訳コースをいくつか見つけたのですが、
はじめて通信教育をするので、どの会社のがいいのか
(というか、どんな特徴があるのか)などが解りません。
経験者の方いらっしゃったら、おすすめのところ等教えて
もらえないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

2年ほど中国に留学していただけなので翻訳のことは詳しくありませんが、どなたの回答もないようなので私の意見を書かせていただきます。


大学とかで学習の経験があるのでしょうか?ないのであれば正直、仕事で活用するくらいまでのレベルまで勉強するのはかなりの勉強が必要になります。もちろんそれは本人の努力次第なので通信講座でも専門の学校でも同じなのですが、仕事と両立させなければ行けないyo―yoさんの勉強環境は不利ですね。yo―yoさんの友人が薦めるように専門の学校やコースを私もお勧めします。
ただし、どんなに良い学校に行っている人よりも「やる気」のある人にはかないませんので、「やる気」を維持できるように途中でめげずにがんばってください。
間違いなく達成できます。
そうなれば、どこの通信講座でも同じになります。
たいした回答にならなくてすいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりそうなんですよね。この環境のまま(仕事をしている状態で)
なるべくいい方法をかんがえようとおもいます。

ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/02 19:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q専門学校の面接でも相手の学校を御社というのかまたお礼のメールについて

専門学校の面接があり文を考えているところです
会話中相手の学校を御社と呼んでもいいのか
また
面接後に送るメールの内容についても詳しく教えてもらえると幸いです

Aベストアンサー

相手の学校のことは『貴校』と呼べばよいのでは。

Qペン字の通信講座

私は、自分の字が嫌いで綺麗な字を書きたいとずっと思ってきました。今の会社の先輩ですごく綺麗な字を書かれる先輩がいて、聞いてみると以前大人になってから公文式に通ったそうです。でも、私は今1歳7ヶ月の子供がいて、仕事と育児と家事の両立で通う時間がありません。なんども新聞などの広告に入っている通信講座を受けようかと資料請求したりしてみたのですが、踏ん切りがつきません。まじめにやれば本当に上達するのかと言う不安と、自分が続けられるのかと言う不安です。通信講座で経験された方など、ご意見お聞かせ下さい。

Aベストアンサー

ペン字の通信講座を経験した者です。

私は、ペン字の通信講座を2回受講したことがあります。
なぜかというと、1回目は、最初は頑張ってやっていたのですが、あるとき、添削で先生から「もっと努力してください」という厳しい注意を受け、やる気が失せてしまい、挫折したからです。

2回目は、昨年受講しました。1回目のことがあるので、添削は受けないで、完全に自力だけでやりました。しかし、自宅にいるとなかなかはかどらず、病気で入院したときに、教材を病室に持ち込み、病室でこつこつとやりました。

かなり成果があがり、入院中、見舞いに来てくれた友達にお礼の手紙を書いたら、
「すごい綺麗な字なんで、ビックリしたよ」
と誉めてもらえました。

しかし、私の場合、楷書はかなり成果がでましたが、行書はあまり上達しませんでした。
通信講座は、楷書に重点をおいているからです。

楷書だけでも上達すればいいというのであれば、通信講座はお薦めできます。
個人差はあると思いますが、まじめにやれば、本当に上達します。
しかし、自宅でマイペースで続けるのは、かなり意志が強くないとできないということは、認識しておいてください。
私の場合、怠け者なので、入院をしなかったら、続かなかったと思っています。

参考になれば幸いです。
綺麗な字が書けるようになるといいですね。

参考URL:http://www.u-can.co.jp/open/educate/course_temp/in_html/W8A00/special.html

ペン字の通信講座を経験した者です。

私は、ペン字の通信講座を2回受講したことがあります。
なぜかというと、1回目は、最初は頑張ってやっていたのですが、あるとき、添削で先生から「もっと努力してください」という厳しい注意を受け、やる気が失せてしまい、挫折したからです。

2回目は、昨年受講しました。1回目のことがあるので、添削は受けないで、完全に自力だけでやりました。しかし、自宅にいるとなかなかはかどらず、病気で入院したときに、教材を病室に持ち込み、病室でこつこつとやりまし...続きを読む

Q通信講座で かけはぎ を終了できたら。

私は今通信講座で かけはぎ を受講中なのですが
終了した場合、すぐに仕事があるものなのでしょうか?
ご存知の方、経験者の方がいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

私も通信かけはぎ講座を修了しました。
リフォーム店やクリーニング店を通して仕事はあると思います。ただ、通信講座を修了しただけで実際に他人様の服にはさみを入れるのはかなり度胸がいると思います。実際には洋服の縫い目をほどいて作業し、そこをまた修復しなければならない場合が多いので、リフォームの技術をお持ちならよいのですが、そうでないなら縫い直しの部分は依頼できるリフォーム店を探されると安心でしょう。

QHART通信機能を有する回転数計を探しています

ヨーロッパに輸出する機械装置に回転センサーを取付けます。
顧客から、回転数計はHART通信機能を有したものを選定するよう
指示を受けましたが、なかなか見つかりません。どなたかアドバイスを
いただけないでしょうか。具体的に、メーカ名や型式を教えていただけると
大変助かります。

<回転数計に求める仕様>
・CEマーキング
・通信機能 ----------- HART
・保護等級 ----------- IP65以上(表面のみ)
・表示桁数 ----------- 5桁(回転数範囲 0~36000rpm)
・応答周波数 --------- 15kHz以上(測定対象は歯車)
・入力信号 ----------- NPN電圧パルス(パルスカウンタ)
・電源電圧 ----------- DC24V
・外部供給電源 ------- DC10~30V(センサ用電源)
・外部出力(1) -------- リレー接点(H、L)
・外部出力(2) -------- DC4-20mA

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

HARTとは
http://www.m-system.co.jp/mstoday/plan/mame/b_network/9811/index.html

上記URLに有るように一般的にはHARTはセンサ等のパラメータ設定に使われます
国内ではHART信号自体をデータロガー等に入力する事は無いのですが?


↓に製品リストは有りますが カウンタは見つかりません
http://www.hartcomm2.org/index.html

Q翻訳者・通訳者の専門知識

翻訳者または通訳者になりたいと、漠然と考えています。
英語に関しては、留学経験あり、TOEIC920ですが、強みになるような専門分野は特にありません。
大学では教育を専攻し、現在は電気業界で貿易関係や、海外営業の補佐的な仕事をしています。
語学を勉強するのがとても好きで全く苦にならず、英語を使って何かをするよりも
英語自体を中心にプロとして仕事ができないかと思い、翻訳、通訳の道を考えます。
また、文章を書くことも好きで、日本語を書くことも得意です。
しかし、調べるうちに翻訳・通訳の場合、例えば医療関係などの深い専門知識が必要とされる、と知りました。
翻訳・通訳の勉強や仕事をしていく中で、その際に必要な他の専門分野の知識を得ていくことも勿論できるとは思うのですが、実際のところ、どうなのでしょうか。語学が好きという理由で、翻訳・通訳の道を目指すのは甘いでしょうか。
また、英語以外で(得に少数言語で)これから需要が高まる言語はありますか。
中国語、韓国語が重要視されているようですが、堪能な方がたくさんおられると思います。
少数言語で翻訳者・通訳者が少ないが、これから重宝されるだろうという言語があれば教えてください。
宜しくお願い致します。

翻訳者または通訳者になりたいと、漠然と考えています。
英語に関しては、留学経験あり、TOEIC920ですが、強みになるような専門分野は特にありません。
大学では教育を専攻し、現在は電気業界で貿易関係や、海外営業の補佐的な仕事をしています。
語学を勉強するのがとても好きで全く苦にならず、英語を使って何かをするよりも
英語自体を中心にプロとして仕事ができないかと思い、翻訳、通訳の道を考えます。
また、文章を書くことも好きで、日本語を書くことも得意です。
しかし、調べるうちに翻訳・通...続きを読む

Aベストアンサー

お話から察するに、産業翻訳をやりたいのでしょうか。
翻訳業界には大きく分けて以下3つのカテゴリーがあると思っています。

(1)産業翻訳(ビジネス翻訳)
(2)文芸翻訳
(3)映像翻訳

(1)をやる場合には、その業界の専門知識が当然必要です。コンピューター、医薬、法律、などの知識です。知識がないと翻訳できません。

(2)は、ある意味もっと大変です。例えば、登場人物にコンピューター技師と薬剤師と弁護士が出てきたら、彼ら(彼女ら)が話している内容それぞれに対して調べる必要があります。また、当然訳文に対する文芸的な要求も出てきます。

(3)は、(2)で挙げた項目に加えて耳の良さが要求されます。

いずれにせよ、大変な職業だと思います。ただし、外国語に苦痛を感じず日本語も得意なのであれば、非常に向いているのではありませんか。

それから心得ていていただきたいのは、翻訳者は肉体労働です。翻訳の仕事は一般的に、「何ページ訳したから何円」という物量換算です。質にお金をもらえるのは、極一部の有名翻訳者だけです。

翻訳だけで暮らすには、相当な苦労が伴いますよ。

お話から察するに、産業翻訳をやりたいのでしょうか。
翻訳業界には大きく分けて以下3つのカテゴリーがあると思っています。

(1)産業翻訳(ビジネス翻訳)
(2)文芸翻訳
(3)映像翻訳

(1)をやる場合には、その業界の専門知識が当然必要です。コンピューター、医薬、法律、などの知識です。知識がないと翻訳できません。

(2)は、ある意味もっと大変です。例えば、登場人物にコンピューター技師と薬剤師と弁護士が出てきたら、彼ら(彼女ら)が話している内容それぞれに対して調べる必要があります。また...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報