作者はわすれてしまいましたが「宮本君から君へ」というコミックですごくきになることが・・
よく漫画喫茶や古本屋にいって最終巻を探すのですがどうしても見つかりません。
発売されていないのでしょうか?なにかトラブルでもあったのしょうか?
モーニングに連載されてた時に読んだのですがちゃんと終わりが有ったと記憶しているのですが・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

どうしても見つからない場合はインターネットの古書検索サイトで探して購入する方法もあります。


参考までにスーパー源氏のURLを記入します。私が先ほど検索したときは12巻ありましたよ!

参考URL:http://kbic.ardour.co.jp/~newgenji/oldbook/sgenj …
    • good
    • 0

新井英樹「宮本から君へ」は、1994年にモーニングKCから出たあと(全12巻)、1999年にモーニングデラックスから再刊しています(全6巻)。


ただ、現在はどちらとも在庫切れで入手は難しいようですね。
講談社に再版予定がないか問い合わせてみるか、古書店めぐりをするしかないかもしれません。
    • good
    • 0

 新井英樹の作品ですね。

私もこの作品は大好きです。もともとモーニングコミックスで出版され、一昨年頃にモーニングKCDXで全六巻の愛蔵版(私はこちらで持ってます)が出ましたが、どうやらいずれも品切れで入手が難しいようです。↓の復刊ドットコムで復刊要望投票を受け付け中ですので、投票してみては。

参考URL:http://www.fukkan.com/vote.php3?no=4926
    • good
    • 0

全12巻だそうです。


探される時のご参考までに。


「宮本君から君へ」 新井英樹 講談社

http://plaza21.mbn.or.jp/~galileo/
http://plaza21.mbn.or.jp/~galileo/kensaku-taitor …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「宮本武蔵という生き方」とは

「宮本武蔵という人物」、「宮本武蔵という剣豪」なら分かるのですが、

「宮本武蔵という生き方」とはどういう意味でしょう。宮本武蔵は’’生き方’’なのでしょうか。

Aベストアンサー

内容を知らないで、とやかく話をしてもしょうがないのですが、ただ、「宮本武蔵」というのは、現在では虚像になってしまっていると思います。いいかえれば、『宮本武蔵』いう生き方というパターンが出来ているように思わせます。

江戸時代の初期の話としても、事実、「独行道」とか「五輪書」と名前はついていますが、そこから汲み取られるものというものは、あまり剣や殺戮とは縁遠いからこそ、それが現代にウケているのだろうと思います。

そのパターンというのは、現実主義であって、神仏を頼らないとか、過去を後悔しない前向きな姿勢とか、研究心を忘れず、状況分析におい優位性を見出すことを主とするとか、勝負そのものよりも、徹頭徹尾、泥臭くても生き残ることを基本とするとか、総じて、名を売るための方法を良く心得ているなどが思いつきます。

しかしながら、吉川英治氏が描いた「宮本武蔵」像のように、現実には、芸術の域まで高め、最終的に、形而上学的観点までは到底及ばないのではないかと思うのです。実際の人物は、どの程度のものだったかは、彼の書画から辿るしかないけれども、現代において、そこまで辿ろうとする人はいません。

これは、吉川の作品には出てくる、同時代生きた、沢庵和尚にしても、柳生石舟斎にしも、一流の人物だったことは間違いないが、残念ながら、吉川英治氏が書いた以上には宮本武蔵は一級人だったは言えなかったのかもしれません。映画であれ、テレビドラマであれ、さまざまなタレントさんが、宮本武蔵を演じました。この登場人物は、それぞれの日本人像をステロタイプ化しているのかもしれません。そして、誰しもが、宮本武蔵になろうとは思わない現代があります。

内容を知らないで、とやかく話をしてもしょうがないのですが、ただ、「宮本武蔵」というのは、現在では虚像になってしまっていると思います。いいかえれば、『宮本武蔵』いう生き方というパターンが出来ているように思わせます。

江戸時代の初期の話としても、事実、「独行道」とか「五輪書」と名前はついていますが、そこから汲み取られるものというものは、あまり剣や殺戮とは縁遠いからこそ、それが現代にウケているのだろうと思います。

そのパターンというのは、現実主義であって、神仏を頼らないとか、過...続きを読む

QハンターXハンターのGIの話はコミックで何巻から何巻?

レンタルビデオでハンターXハンターのGIシリーズを借りて見ようと思ったのですが、(それまではコミックで読んでいたけれど、ビスケが出てきてから読んでいなくて、アニメの方が好きだからレンタルで借りようとしたのですが)GI完結編までのレンタル本数がやたらと多いので、コミック買った方が安いかも・・・と思い、悩んでますf^^;
コミックだと、GIの話は何巻から何巻まで続いているか教えてください!!

Aベストアンサー

ゴンがGIに行ったのが、13巻の終わり。
ビスケが登場したのが14巻で、訓練(?)が始まったのが後半。
GIの話が終了(?)したのが18巻ですね。

Q【歴史・宮本武蔵の五輪書は】宮本武蔵が死ぬ1週間前に書き残されたってもう確定事項なのでしょうか?

【歴史・宮本武蔵の五輪書は】宮本武蔵が死ぬ1週間前に書き残されたってもう確定事項なのでしょうか?

どこに五輪書が宮本武蔵が死ぬ1週間前に書き残されたと記載があるのですか?

そもそも宮本武蔵は架空の人物のはず。

なぜ実在していたかのようになっていて、架空の人物なのになぜか五輪書が残されている。

どういうことなんでしょう。

宮本武蔵は複数の伝説の人を引っ付けて作られた妄想の人であると教えて貰いましたが、空想の人物は実在する五輪書を残し、しかも現存しているとなると宮本武蔵が架空の人物であるとされる通説もおかしいと感じる。

質問【宮本武蔵は複数の人物を引っ付けて作った小説なのに伝記が存在している謎を教えてください。】

Aベストアンサー

はじめまして、お尋ねされていることについて回答させていただきます。

>宮本武蔵が死ぬ1週間前に書き残されたってもう確定事項なのでしょうか

そんな説は初めて聞きましたよ。「寛永20年(1643年)から死の直前の正保2年(1645年)にかけて、熊本県熊本市近郊の金峰山にある霊巌洞で執筆された」というのが定説です。(「五輪の書」wikiによる)

>そもそも宮本武蔵は架空の人物のはず。なぜ実在していたかのようになっていて、架空の人物なのになぜか五輪書が残されている。
>どういうことなんでしょう。

架空の人物などという説は初めて聞きました。宮本武蔵自筆の書も残っていますし、同時代の細川家の書物も残っています。架空などという人は、歴史学会では相手にされないでしょう。トンデモ論ですよ。

>宮本武蔵は複数の伝説の人を引っ付けて作られた妄想の人であると教えて貰いました

こんなことをそのまま信じてはだめですよ。地球が平であるというぐらい根拠のない無責任な話です。「宮本武蔵が架空の人物であるとされる通説」なんてありません。宮本武蔵は実在したのが通説です。実在を否定する証拠など聞いたことがありません。

>宮本武蔵は複数の人物を引っ付けて作った小説なのに伝記が存在している謎を教えてください。

宮本武蔵は実在の人物です。伝記がのこっているのは謎でもなんでもありません。

はじめまして、お尋ねされていることについて回答させていただきます。

>宮本武蔵が死ぬ1週間前に書き残されたってもう確定事項なのでしょうか

そんな説は初めて聞きましたよ。「寛永20年(1643年)から死の直前の正保2年(1645年)にかけて、熊本県熊本市近郊の金峰山にある霊巌洞で執筆された」というのが定説です。(「五輪の書」wikiによる)

>そもそも宮本武蔵は架空の人物のはず。なぜ実在していたかのようになっていて、架空の人物なのになぜか五輪書が残されている。
>どういうことなんでしょう。

...続きを読む

Qモーニング連載「サイコドクター」について

9巻、まだかな~…と思いながら、今日久しぶりにモーニングを立ち読みしました。
すると、「サイコドクター楷恭介」と名前が変わってて、「あ~、リニューアルしたのかな?」と思いつつ読んでみました。
すると、絵が違うような気がして…。
漫画表紙を見るとどうも絵描きさんが的場さんじゃなかったような気がします。

サイコドクターの絵描きさんが変わったのか、ならばその経緯は…と思いつつネットを検索したのですが、それらしい文章は見つかりませんでした。

いつ、どうして絵描きさんが変わったのか、ご存知の方教えて下さい。

的場さんの絵がすごく好きだったので、気になってます。

Aベストアンサー

画がオキモト・シュウという人に代わって(作者は同じ)、2週前の9月18日発売No42号から、リニューアル新連載として始まりました。

理由は分かりませんが、的場健氏はイブニングで新連載を始めるらしいので、その影響では?(連載を2本も出来ないからとか)

Q宮本武蔵は武道の達人だけでなく、書道や絵画の達人でもあった。というのは本当ですか? 宮本武蔵の絵や

宮本武蔵は武道の達人だけでなく、書道や絵画の達人でもあった。というのは本当ですか?

宮本武蔵の絵や書を見てみたいです。

残ってますか?

あと宮本武蔵の武道の流派はどこですか?

海外では宮本武蔵は日本のレオナルドダビンチだと言われています。

何でも出来たという意味です。

Aベストアンサー

琴棋書画は、武士のたしなみ。

 江戸時代は、朱子学(中国)の教えで成り立っていますから、当然と言えば当然。

※武士以外の9割は、文字も読めなかったわけですから。

Q7.8年前の月刊?モーニングに連載していたマンガについて

先日はこちらで探していたマンガを教えていただきありがとうございました。
7.8年ぐらい前の月刊モーニング(普通の薄いモーニングじゃなく厚みのあるモーニング)に連載していたマンガを探しています。

・明治or大正辺りの設定
・主人公は画家で(浅井忠がモデル?)祇園の芸妓?に惹かれ度々東京から京都にやってくるがあまり相手にされない。
・かなり荒っぽいタッチのデッサンがゆがんでるような独特の絵。
・もしかしたら祇園の芸妓ではなくて島原の遊女だった可能性あり

ほかにこの雑誌に連載してたものとして、銀座のママの話?「思いっきり佳子」と部長秘書の「リサ」という女性
が活躍するマンガを覚えています。
お心当たりのある方、是非教えて下さい。

Aベストアンサー

No.2です。
<鬱っぽい画家が仲間に転地を勧められて…>というエピソードに、確かに覚えがあるんですが…。

モーニング系列に掲載された漫画のタイトル及び作家を羅列してあるデータベースサイト(↓)を覗いてみたんですが、ピンとくるものが見つかりませんでした。
消去法で候補は上がりますけど、確認する術はなし…。

あまりお役に立てなくてスイマセン。

参考URL:http://www005.upp.so-net.ne.jp/arinosiro/malist.html

Qテレビ朝日開局55周年記念 宮本武蔵 ネタバレ

テレビ朝日開局55周年記念 2夜連続ドラマスペシャル 「宮本武蔵」について質問があります。

当方は現在、吉川英治の小説「宮本武蔵」を読んでいます。昨夜放送されました、テレビ朝日開局55周年記念2夜連続ドラマスペシャル「宮本武蔵」を録画しており、冒頭部分だけ見ましたら、内容が吉川英治作の宮本武蔵と全く同じものでした(吉岡道場を訪れた際の宮本武蔵のセリフから)。まだ小説の宮本武蔵をすべて読み終えていないため、ドラマを見てしまうことによって小説版のその後の展開が分かってしまことを避けたいのですが、やはり今回のドラマの内容は小説をもとに作られており、ドラマを見てしまえば小説のオチやあらすじなどだいたいわかってしまうのでしょうか?

ネタバレにならないように回答していただければ幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

吉川英治さんの、朝日新聞に掲載された新聞小説
が原作ですから、影響はあると思います。

Qなぜ「OL進化論」はモーニングに連載されているの?

秋月りす先生の「OL進化論」のファンです。
コミックや文庫で読んでいますが、どうして連載がモーニングなのか分かりません。

他の漫画は男臭かったり絵が汚い漫画ばかりなのに、どうしてキュートな「OL進化論」が?

若いサラリーマンが女性のホンネをしるため、にしては女の子同士でないと分からないような話が多すぎて不思議です。

まあ単にモーニングの編集方針って言えばそれまでなんですけども・・・。
若い女性読者を取り込むため、というのは説得力がないですしねえ・・・。

Aベストアンサー

>他の漫画は男臭かったり絵が汚い漫画ばかりなのに
完全に言い過ぎか主観はいりすぎだとは思いますが。

1988年に「奥さま進化論」(モーニング・パーティー増刊)でプロデビューしたからでしょう。
パーティー増刊は休刊し、モーニング本誌に吸収されました。

なんでモーニングなのかは本人に聞いてください。

なお、4コマでおもしろいのが載っているのは「H系雑誌」
簡単に掲載してくれるらしく、H系雑誌デビューは意外と多い。
読者は4コマなどに期待して読んでいるわけでは無いので、H系雑誌で長期連載しているのにはおもしろいのが多かったりする。

Qドイツ語できる人でサッカー宮本の移籍会見ニュースを見た人

宮本のドイツ語会見評判良かったみたいですが、宮本の移籍会見で話してたドイツ語ってそんなに上手かったですか?

Aベストアンサー

会見、一応見ましたが宮本選手がどのくらい勉強していたのか判らないのでなんとも言えませんが…

もし移籍が決まってからの短期間で勉強、または会見のために暗記状態で臨んだのだとしたら
「発音にも気を使ってて付け焼刃にしては流暢だな」くらいには思いました。

Qモーニングで連載してた漫画を探しています

あるマンガを探しています。10年近く前、週刊モーニング(あるいはスピリッツ)で連載してた“目の真ん丸な天使”みたいなのがでてきたマンガってご存じですか?天使なんですけど、良くない天使で。恐ろしいことが起きると2、3匹でてきて、ウフフ…みたいな。細い線のカンジです。
・大きくて丸い目をした天使がでてくる
・こわい話(ホラーではないような…)
・週刊モーニングかスピリッツで連載
こんな曖昧な記憶しかないのですが、知っていたら教えてください。

Aベストアンサー

週刊モーニングで連載されていた
福山庸治氏の『臥夢螺館』ではないでしょうか?

参考URLから単行本の表紙絵などを確認できます。
(いきなり開くとびっくりするかもしれないので注意!)

参考URL:http://www.yojira.com/work.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報