最新閲覧日:

初版とそうでない物は,何が違うんですか?
初版は貴重なんですか?
教えてください!

A 回答 (4件)

 本そのものに価値を要求するなら、初版は価値があります。


それなりのプレミアがついて取り引きされる本においては、必ずと言っていい程、初版が高額になります。
 また、現行で入手可能なロングセラーの場合、初版のみ取り引きの対象になる場合もままあります。

 内容に対する価値は、No.3までの方々のおっしゃる通り、2版以降、内容が変わっている場合がほとんどです。コミックスなどの場合、先に例のあった巻数の話以外にも、絵そのものが違う場合もあります。
 長い作品だと、連載のロゴが変わってしまい、ロゴも改版の時に新しいものに変わってしまうケースもあったはずです。

 また、希少価値が出ているケースもあります。
初版のときは、人気のほどが判らなくて部数は並みやそれ以下で、ブームが起こって改めて出版する時に合わせて改版した場合など、部数に大きな違いがあるケースもあるからです。

 最期に、所持者の単なる見栄もあります。
これは、最初から目を着けていた自分は、ブームになってから慌てて買ったお前等とは違うんだ、という単なる虚栄心から出る価値です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/12 16:09

だいたいは、他の方が答えられている内容かと思いますが、他に思うのは



1.作者のミスがあって、版を重ねる時に修正を加えている。
  絵の描きまちがいや、情報のミスを直したりすることはよくある
  みたいですよ。(色の塗り残しを塗りなおしたりとかね)
  ストーリーまで変えることはあまりないと思いますけど。
  他の方がいわれているように、何らかの規制があって、(作者が
  望まなくても)改変せざるを得ない場合もあると思います。

2.初版で絶版になったりして、違う会社から新しく出版しなおされた
  時に、短編集だと収録作品が変わったりする。
  この場合はストーリーを変えることもありうるかも?

3.マンガだと、連作短編が結局長期連載になるケースがあって、
  1巻しか出ていない時は、タイトルだけだったけど、連載しはじめ
  てから増刷された版は「×× (1)」という表紙に変わったり
  することがあります。(確か「パタリロ」とかそうだったんじゃ
  ないですか?)
  この(1)と書いてない1巻を重要視するというともうマニアの
  世界だとは思いますが。。。

1と2は小説でもよくあると思います。小説だと、版が変わるたびに
誤植は必ず直すみたいですし、文章を変えることもけっこうあるみたい
ですね。
そういえば、小説だと、1のケース?、芥川龍之介の「羅生門」
なんかもストーリーが変わっていますよね。
そこまで行くと、研究者にとっては版の違い(内容の違い)は
価値あるもの、になると思います。まんがではどこまでそれを
研究する人があるかは分かりませんけど・・・。

上記の内容の変化を重要視する人によっては、貴重・価値ある、と
判断できるかもしれません。そういう人が多ければ自然とプレミアがついて
高くなるのでしょう。
ですから、初版とそれ以降の版に差がある場合には価値が出る
場合もある、ということでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しく教えていただき,ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/12 16:08

古いプレミアがつくようなホンダだと初版の方が高いです。


(ただし例外あり2版のみ何らかの修正が加えられ3版では元に戻されたなどの場合。でもそういう例はほとんどない)
初版で適当でない差別表現があった場合や版のズレやミスがあった場合、あるいは性表現(少年漫画なのに乳首がかかれていた場合)などに版で修正される場合があります。

他にわりと多いのは
カバーの紙の裏側に作者のカットが載せられている場合二版以降では印刷されない場合がわりと多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/12 16:06

どちらかと言えば、「貴重になる可能性がある」類の


ものかも知れませんね。

漫画でも小説でも、単行本化の際に加筆・修正がされる
ケースは存在しますが、いざ単行本になってからでも
これらの処置がされる事もあります。

ほとんどの場合は“ヴァージョンアップ”と考えていい
のでしょうけど、時には不本意な形にせざるを得ない
場合もあるので(差別・性的表現へのクレームなど)、
「元々作者が意図していた形」のものは初版でないと
目にする事ができない…という事もあるでしょう。

まあ、実際にはそうでないケースの方が圧倒的に多い
はずなので、その辺はやっぱり“マニア心理”なのかな、
とは思いますが(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/12 16:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ