第二正規形と第三正規形の定義を教えてください。
どの文献を参考にしても「候補キー」や「主キー」という語を用いて説明がしてあります。が、私はそのあたりからさっぱりわからないので、とても理解しづらいです。もっと噛み砕いた、わかりやすい表現での定義を求めています。どうか、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

おっしゃるとおり正規化はメチャ判りにくいです。

難しい言葉を機関銃のごとく連発して、専門家しかわからない様にしています。判ってしまえば、何てことないのですが。正規化で苦労した被害者のひとりとして、できるだけ、わかりやすい言葉で説明してみたいと思います。

実例として参考URLをご覧ください。
非正規形を見てください。商品明細が繰り返しになっています。(繰り返しているように見えませんが、商品明細が複数行あります)

まず、繰り返しを排除したものが第一正規形です。実は第一正規形は2つあって、参考URLにあるのは第一正規形(その2)です。ここには有りませんが第一正規形(その1)は非正規形と同じ形で商品明細が1個だけついた形です。
混乱されるかもしれませんが、どちらも繰り返しを排除していると言う意味でまさに、第一正規形なのです。・・・・ここまでは蛇足です。

次に第一正規形を見てください。この中に親分が何人いるでしょうか。親分と言うのは何人か子分がいて、親分が右と言えば子分は右を向くのです。
実は第一正規形(その2)ではわかりにくいので第一正規形(その1)で説明します。

親分は受注番号と商品番号です。ところが数量と金額だけはひとりの親分だけの子分ではありません。実は受注番号と商品番号という2人の親分を持つのです。このとき「受注番号と商品番号」を複合キーと言います。

第二正規形は全ての親分と複合キーを元に表の編成を行ないます。

次に第三正規形です。第二正規形では実は親分-子分-孫分の関係が残っています。これを分離していきます。つまり、親分-子分、子分-孫分と言う別の表に分離します。大家族を核家族化するわけですね。

お分かりいただけたでしょうか。わかりにくければ、補足ください。

原点に戻って、蛇足の第二段。
主キーとは親分または複合キーの事です。
候補キーとは主キー、または主キーの代名詞、または主キーの代理が出来るもの。
本当は逆で候補キーの中から一番いいのを選んで主キーとするのです。
(候補キーが次郎長、清水の親分、清水次郎長、街道一の男伊達の4つあるときどれを主キーとしてもいいのですね)
ところが学生番号、学生氏名の場合、同姓同名がなければどちらでもいいですが、同姓同名を考えるなら学生番号を主キーにするほうがいいのです。
最後ですが、親分または複合キーであって、かつ、ただ一人(表の中のただ1行)を特定できる。それが主キーなのです。

参考URL:http://www.netlaputa.ne.jp/~hijk/study/ae/datnom …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な解答をくださって、どうもありがとうございました。
もう一度、自分の中で順を追って整理してみたいと思います。
また何か機会があれば、そのときはよろしくお願いします。

お礼日時:2002/01/25 01:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「完熟トマト」の定義とは?

野菜や果物には「完熟〇〇」という表現があります。ものによって「完熟」の定義が違うと思いますが、「完熟トマト」の世の中共通の定義というものが有るのでしょうか?
有るのでしたら内容を教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

農産物流通です。
通常市場に持ち込まれるトマトは薄いピンクすら入る以前のものです。
そうしなければ流通(時間や扱い)に耐えられないでしょうね。

では、「完熟」はというと完熟トマトの共通の定義がないので曖昧です。
本当に完熟、つまり収穫してすぐに食べる状態では流通させると確実に割れます。
うちでは完熟トマトとして販売している頃はカラーチャートで7~8段階で収穫してもらっていました。
見た目は全体が赤く完熟ですが赤がまだ薄いです。

現在は「完熟」という表現が曖昧なことと本当の完熟ではないことから
消費者に優良誤認を与えかねないということで、表示・表現をやめています。

自らの団体が定義をつけ、それを常に消費者に案内していれば
「完熟」という表現を使っても許されそうですね。
例えば「○○産地の完熟基準・・・カラーチャート9段階で収穫し、消費者の手元に24時間以内で届けたものを完熟という」など。

Q第1正規形→第2正規形

正規化についてお聞きしたいです。
大学の図書館の本の貸し借りのデータベースで
現在第1正規化した↓のテーブルがあるのですが


図書ID|書名|配架場所|学生証番号 | 氏名|学部|在籍期限|返却期限|貸出日
(図書IDは重複がないものとする。主キーは図書ID、学生証番号である)


これを第2正規形に正規化した場合

学生証番号(主キー)|氏名|学部|在籍期限
図書ID(主キー)|書名|配架場所
学生証番号(主キー)|図書ID(主キー)|返却期限|貸出日


↑のように3つの表に分ければ良いのでしょうか?

あとこれを第3正規形にするにはどうすればいいでしょうか?
第2から第3への方法がよくわからないので、わかる方ご指導下さい。

Aベストアンサー

すべてのケースで第2正規形、第3正規形が異なるわけではありません。今回のケースでは第2正規化を行った結果は、いわゆる「推移的関数従属」もないので、第3正規形にもなっているといえます。
ただし、もともとの項目に書名に従属する著者名、出版社名なども含まれていれば話は別ですが。

Qガラス転移の定義とは??

ガラス転移の定義を、自分の言葉でテストに書いたら
×になりました。
ガラス転移の定義ってなんですか??
ちゃんと決まっている言葉(定義)なのですか??
なんか調べてもぱっとこなくて・・・
なんとか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あなたの回答を教えて下さい。テストの回答はないのですか?
質問の回答に困ります。

以下参考まで。
ガラス転移とは,ガラスを過熱するか,またはガラスになる過冷却液体を
冷却した時その物質の融点又は液相温度の2/3~1/2の温度付近で,熱膨張
係数や比熱容量突然変化する温度,"ガラス転移温度が存在すること。
ガラスは過冷却の液体である。との言い方もできる。(ガラスの事典より)

 ガラス転移現象とは、過冷却状態からガラス状態に移るときに性質が
大きく変わる(例えば熱膨脹係数が急に小さくなる)現象をいい、ガラス
転移現象を示す温度をガラス転移温度(あるいはガラス転移点)と呼びます。

 ガラス転移とは、温度を変えたときに、アモルファス固体相が示す、比
熱や熱膨張係数のような熱力学的微分量が結晶的な値から液体的な値へと
多少急激に変化する現象である。(Wong and Angell, 1976; p.36).

 過冷却液体をさらに冷却していくと、分子運動がさらに制限されるよう
になり、最終的にはほとんど停止する。この過冷却液体が運動性を失う現
象をガラス転移と呼ぶ。つまりガラス転移は無秩序である非晶部位(過冷
却液体)でしか起きない(固体である結晶は融解するだけ)。
 

あなたの回答を教えて下さい。テストの回答はないのですか?
質問の回答に困ります。

以下参考まで。
ガラス転移とは,ガラスを過熱するか,またはガラスになる過冷却液体を
冷却した時その物質の融点又は液相温度の2/3~1/2の温度付近で,熱膨張
係数や比熱容量突然変化する温度,"ガラス転移温度が存在すること。
ガラスは過冷却の液体である。との言い方もできる。(ガラスの事典より)

 ガラス転移現象とは、過冷却状態からガラス状態に移るときに性質が
大きく変わる(例えば熱膨脹係数が急に小さく...続きを読む

QDBで第1正規形と第2正規形の違いは?

基本情報処理試験の勉強してます。

とはいえ日常的にDBをいじってるので、
一番ストリクトにDBを切ったものが第3正規形ということはわかります。

ですが、第1正規形と第2正規形の違いがいまいちぴんときません。
どこがポイントでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私には、ここが解りやすかったです。

http://rfs.jp/sb/sql/s01/05-13.html

私としては、第2と第3の方が区別が付きにくい気がします。部分と推移の意味がつかみにくい。
SQL文操作に慣れてくると、分離した状態から考え始めるので、第3正規形となったtableの全てをjoin して第1正規化前へ戻すSQL文構築から逆算するとすこし理解が進むかも?

まず、第3正規化で分離した table は、
join `th3rd` on `main`.nonprimary = `th3rd`.primary
となって本星の`main`テーブルと非プライマリーキーのフィールドで結びつきます
次に、第2正規化で分離した table は、
join `th2nd` on `main`.primaryX = `th2nd`.primary
となって `main`テーブルとプライマリーキーのうちの1フィールドで結びつきます
つまり、複合プライマリーキーがあるテーブルでないと、第2正規形が理解しにくいのだと思います。

最後に、第1正規化で分離したtable は、こちらのtableの方が全体を連結して、これまでの`main` テーブル側が、FOREIGN KEY の関係になります。
`the1st` join `main` on `the1st`.mainid = `main`.id join `the1stCategory` on `the1st`.Categoryid = `the1stCategory`.id

私には、ここが解りやすかったです。

http://rfs.jp/sb/sql/s01/05-13.html

私としては、第2と第3の方が区別が付きにくい気がします。部分と推移の意味がつかみにくい。
SQL文操作に慣れてくると、分離した状態から考え始めるので、第3正規形となったtableの全てをjoin して第1正規化前へ戻すSQL文構築から逆算するとすこし理解が進むかも?

まず、第3正規化で分離した table は、
join `th3rd` on `main`.nonprimary = `th3rd`.primary
となって本星の`main`テーブルと非プライマリーキーのフィールド...続きを読む

Qダイアディックの絶対値の定義とはなんでしょうか?

ダイアディックの絶対値は、どのように定義されているのでしょうか?

Aベストアンサー

ダイアディックについては私も夢中になって勉強しましたが、実際に物理学の中で応用したことはありません。知識だけなので、回答すべきじゃないのですが、他に回答がつかない様なので、少しでも参考になれば、と書かせていただきます。

そもそも、ダイアディックに絶対値というものが定義されているとは知りませんでした。Gibbsは不変量として、first、second、thirdを定義しているので、絶対値の定義として相応しいものがあるのなら、この中のどれか、ということになるでしょう。

firstはマトリクスでいうところのトレースに相当します。secondはなんとも言い難いですが、thirdはマトリクスでいうところのデターミナントに相当します。よって、ダイアディックに絶対値が定義されるのであれば、不変量のthirdが相応しいかと思います。

ご参考までに。

Q正規形のメリット&デメリット

数日前に「正規形の定義」が知りたくて、質問を書いたものです。
すばらしい解答をいただき、正規形の定義は理解できた私ですが、また新たな問題にぶつかってしまいまし。正規化することに、一体、どんなメリット&デメリットがあるのでしょうか?どなたか、教えてください。

Aベストアンサー

正規化のメリットに関して最も重要な点は、データの保守であろうと思います。
複数のテーブルに散在したデータの更新は、テーブル数が多くなると、それに応じて労力が必要になります。
また、同じ意味を持つデータでも表現が異なり、データを修正する場合に、SQLに全ての場合を記載する必要が出てくる、即ち、データを全てのテーブルで洗い出しをしないと完全な修正が行えない、といった問題が出てきます。

但し、第三正規化の段階で、数行のテーブルを数多く作ることになるため、データの修正が発生しないことが判明している(規制当局が指定した用語で将来に渡って変更がないものなど)場合、単一テーブルでしか使用しない場合等では、敢えて正規化しない場合もありますが、データの修正・保守の観点からの判断必要だと思います。

上記のように記載しましたが、よほどのことが無い限り正規化は行うべきと考えています。

Q中学2年図形の証明についての質問です。定義、定理、仮定の違いとは…

非常に初歩的な質問ですみません。
今の私の解釈では・・・

【仮定】
・問題文に出てきた事象。
・結論にはなり得ない。

【定義】
・証明をしなくてもわかりきっている(知識として丸覚えしなければならない)特徴。
・問題を解く際、答えでここへたどり着く証明をすれば、その図形であることがいえる(例:~により、AB=CB(2辺の長さが等しい)なので三角形ABCは二等辺三角形である)。つまり、結論になり得る。

【定理】
・以前証明してはっきりした特徴。
・結論になり得る?

習った内容をすっかり忘れてしまい、結論になり得るのはてっきり「定義」のみかと思って問題集の証明を解いていたのですが、どうやら模範解答を読むと定理も結論にしていいようで…

つまりは・・・
・定義と定理の違いはさほどなく、両方とも図形の特徴(性質)である。
・よって、定義のみならず定理も丸覚えせねばならない。
ということになるのでしょうか?

図形の性質については小学校でも触れているので、定義と定理にさほど違いが無ければ、とりあえず特徴を片っ端から思い出して証明を解けばいい話なのでちょっと気が楽になっていいなあと思っているのですが・・・如何でしょうか?

非常に初歩的な質問ですみません。
今の私の解釈では・・・

【仮定】
・問題文に出てきた事象。
・結論にはなり得ない。

【定義】
・証明をしなくてもわかりきっている(知識として丸覚えしなければならない)特徴。
・問題を解く際、答えでここへたどり着く証明をすれば、その図形であることがいえる(例:~により、AB=CB(2辺の長さが等しい)なので三角形ABCは二等辺三角形である)。つまり、結論になり得る。

【定理】
・以前証明してはっきりした特徴。
・結論になり得る?

習った内容をすっかり...続きを読む

Aベストアンサー

「定義」は決められた事です。
例えば直角三角形の定義は「内角の1つが直角である三角形」。
決まったことなので、理由も何もありません。

それに対し、「定理」は証明により導き出された法則です。
例えば「ピタゴラスの定理」。
これは「~なので、ピタゴラスの定理により、三角形ABCは直角三角形である」
という風に証明に使うことができます。

「定理」はもちろん丸暗記していると便利ですが、証明により導き出すことができるので、必ず丸暗記しなければならないということはありません。

Q「正規形」のよみかた

「正規形」のよみかたは…

「せいき"けい"」?
「せいき"がた"」?
「せいき"かた"」?

今まで気にならなかったものが、突然気になりだしました。

正しくはどう読むのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「せいきけい」で間違い有りません。
カテがデータベースですから第1正規形から第5正規形まで有ります。

Q要件定義書とは?

すみません教えてください。
私は設計を全くしたことがなくて馬鹿みたいな質問かもしれませんが

設計を行う上で「要件定義書」をかかなければならないと
思うのですが、その要件定義書にはなにを記載すればいいのか
具体的に教えていただけないでしょうか?

さらに大雑把な質問ですが、案件を受注して仮に外注に仕事を
投げる場合、どこらへんまで、こちらで物を作ったらいいのでしょうか?

馬鹿みたいな質問ですがもしよろしければお教え下さい。

Aベストアンサー

「要件定義書」自体、さまざまな定義があるようですが、基本的にはクライアントから「RFP(Request For Proporsal)要求定義書」が提出されるケースもありますが、クライアント側にシステム部門がなかったり、システム知識がない場合には、要件のヒアリングをしたうえでヒアリング結果をまとめた「要件(要求)定義書」を作成します。いわゆる新システムの青写真になります。
記載項目は以下のもので網羅されていると思います。参考にしてください。
・開発案件名
・開発の目的と背景
・効果予測
・システム稼動開始予定時期
・開発案件概要
・全体実現イメージ
・導入後の見通し(データの増加予想など)
また、外注に振る場合は、要件のヒアリング作業から参画してもらい外注に要件定義書を作ってもらうこともよいと
思います。

Q第二正規形化のサンプルについてアドバイスを下さい。

データベースの正規化について学んでいます。

いろんなホームページを見て参考にしているのですが、
第二正規形が良く分かりません。
エクセルでサンプルとして試しに第一正規形化と第二正規形化をやってみました。
みなさんは、このようなサンプルの場合、どのように正規化していきますか?
サンプルは下のURLに置いてあります。よろしくお願いいたします。
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-co4ivitvpdo32iqddqwd3piwfi-1001&uniqid=257ee1c8-c3d3-4e49-959f-33c5a4c0ef84&viewtype=detail

Aベストアンサー

.xls 開く人はいないと思いますよ。
http://excel-macro.16office.com/virus/kikentaisaku.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報