モーツァルトの弦楽五重奏曲K.515第2番ハ長調について、質問します。
この曲をアマチュア仲間で練習しているのですが、楽章の順番が、旧全集では2楽章がメヌエット、3楽章がアンダンテでしたが、新全集では1789年の初版にしたがって、逆になりましたが、一般的にはどちらで弾く場合が多いのでしょうか?
私の持っているパート譜はベーレンライター社版で、旧全集の順番ですが、持っているスコアは新全集のペーパーバックなので、逆なのです。
弾く順番で悩んでしまいます。
どなたか、いいアドヴァイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私はモーツアルティアンです。



この曲は初版に基づけばメヌエットーアンダンテの順です。モーツァルトの死後、シュタドラーという人がモーツァルトの自筆譜に間違ったページ番号を打ち、それがE.ヘスによる新全集に採用されたものが、アンダンテ-メヌエットの順です。

あまりにも有名な曲なのでご存知と思いますが、モーツァルトの次の弦楽五重奏曲ト短調K.516も、第2楽章がメヌエット、第3楽章がアダージョになっています。

このことからも現在では、2楽章がメヌエットであるのが正しいとされています。

ただし!一般的には2楽章にアンダンテを持ってくるのが普通になってしまっており、モーツァルト事典でもこれを採用しています。
私個人としては作曲者の意図を汲んで第2楽章にメヌエットを置いて欲しいですね。

練習頑張ってください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!これで、悩みが解決しました。
そうだったんですか、さらに「どんでん返し」があったんですね。
とても参考になりました。requiemさんの回答をプリントしてみんなに伝えます。
本当に助かりました。

私もモーツァルトが大好きです。単純な旋律に涙が出てきます。先日は、ソロモン著「モーツァルト」というすごく分厚い本を図書館で借りて読みました。面白かったです。
そうそう、単純な旋律で、というので、とくに、ヴァイオリンソナタ2番K.302の第2楽章ロンドが好きで好きで・・・。
またいろいろと教えてくださいね。

お礼日時:2002/01/29 06:54

まず弦楽五重奏曲は6曲あると思いますが、K515は第3番だと思います。


私の持っているCDはやはり第2楽章がメヌエットでした。
参考URLにあるように今はこの形が多いようです。
曲想からいうとアンダンテが先の方が自然ですが終楽章を盛り上げるためにはアンダンテを第3楽章に置いた方がいいかもしれませんね。
話しは変わりますが、最近はこの曲をレコーディングするクウィンテットがあまりいないみたいですね。ここ3年目録にないです。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/9064/buml51 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでした、第3番ですよね。私は検索で下記のURLを見て、第2番と書いてしまいました。
http://www.marimo.or.jp/~chezy/mozart/works/s5.h …
参考のHP、さっそく読ませていただきました。
先日1楽章を練習して、次回は次の楽章も見ておきましょうということになったので、どちらになることやら・・・。アンダンテだとすると、ヴィオラ弾きの憧れの楽章・・なんですね。勉強不足の第1ヴィオラとしては、ドキドキものです、とほほ・・。でも、室内楽は本当に楽しいですね。
いろいろありがとうございました。ADEMUさんのご意見を参考に、みなで決めます。
私はウィーン弦楽五重奏団で全曲が入ったCDを持っています(父が持っていたもの)。やはり、メヌエットが先でした。

お礼日時:2002/01/27 20:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモーツァルトのレクイエムについて

モーツァルトのレクイエムの『レクイエムKV626』というのはどういうことなんでしょうか??
レクイエム『怒りの日』など、レクイエム すべての曲をまとめて、こういう風にいうのですか??
教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

ANo.2です。

レクイエムはモーツァルトの死によって未完に終わったのですが、
それでは作曲料がもらえないというので、妻のコンスタンツェが奔走し、
最終的に弟子のジュスマイヤーの手で完成、納品されました。
これがジュスマイヤー版です。
(コンスタンツェはずっとこのことを隠し、夫の作品だと主張しました。)
その後、何人もの研究者や作曲家が改訂版を発表しています。

で、曲数ですが、版によって若干異なります。
ジュスマイヤー版、バイヤー版を始めほとんどが、8部構成14曲なのですが、
モーンダー版は6部構成12曲からなります。

いずれにしても、モーツァルト自身の手になる曲は、このうち10曲
+ラクリモサ(涙の日)の8小節目までだといわれています。

Qピアノ・ソナタ「悲愴」(1楽章)を弾く前にすること

この前この曲の左手のトレモロの奏法について質問した者です。
やっと、何回も練習してコツをつかんできました。
この曲をいきなり弾いたら絶対、左手が右手についていけなくなります。そこで指ならしにこの曲を弾きやすくすることやこの曲を弾く前に弾いておいたほうが良い練習曲とかありますか。
教えて下さい。

Aベストアンサー

やはり右手が速すぎるのではありませんかぁ? アレグロと書いてある以上は決してノロいところではありませんが、楽章の途中で右手が左手の反対側へ行ったり来たりするので、メチャクチャ速いというわけでもありません。当然ながら「これ以上速く弾けない」という速さで弾くようなところではありません。

一度、お持ちのCDを、メトロノーム片手に聴いてみてはいかがでしょうか?また、版によっては、エディター(校訂者)がテンポマークを付けている場合もあります。

例えば、アメリカ、カリフォルニア州にあるKjos社の版はジョセフ・バノウェッツが校訂していますが、バノウェッツはここに「二分音符=138」と書いています。

又、ブレンデルのCDをメトロノーム片手に聴いてみますと、この部分は、二分音符=160 でした。

上の138から160の範囲で、片手ずつ弾いてみて、どちらの手が速すぎるか、または遅すぎるか、具体的にデータを出してみる必要があるかと思います。

Qモーツァルトのレクイエムの質問の続きです

chukanshiさんから、詳細をということでしたので…
みなさん、お答えいただいて、本当に嬉しいです。ありがとうございます。

モーツァルトのレクイエムについてを芸術学という講義で習いました。
レクイエムが途中で終っているなど、伯爵の話なども言っていたような
気がします。
私も、どのように質問していいのか分からなかったのですが、
モーツァルトのレクイエムに関して、自分なりに論を展開するらしいのですが…
レクイエムにおけるパロディーおよび借用の意味というのを、考えろという
ことみたいなんです。
でも、知識もまったくなく、文献も何を見てよいのかわからなくて、
困ってしまって、切羽詰って、皆さんのご助力をいただければと思いました…。
こんなんで分かりますでしょうか…?

本当に、他力本願でお恥ずかしいんですが…
なんでも良いので教えてください、お願いします。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=189406

Aベストアンサー

(せっかく私ごときがお役に立てそうなご質問なので、私の論をまとめますね)

借用疑惑が問題の「Quam Olim ・・・」のフーガというのは、絶筆「Lacrimosa」の次の曲「Domine Jesu」という曲の後半部分のことです。この曲は声楽部分のみのモーツァルトの自筆譜が残っており、伴奏は弟子のジュスマイヤーらの作と考えられます。4声が次々と同じ主題を歌っていくフーガですが、この時代の宗教曲ではよくあります(同じレクイエムの「Kyrie」など)。

ところで、彼が宮廷お抱え作曲家であったり、売れっ子の(当時の)歌謡曲作曲家であったことなどから、彼の人生後半は宗教曲はハ短調ミサK.417以外は殆どありません(フリーメーソン関連は除く)。ましてやレクイエムなど皆無です。おそらくM・ハイドンのレクイエムは聞いていたであろう彼ですから、初めてレクイエムを作曲しようとしたときに、記憶が蘇ったのでしょう。スケッチなしでフィーリングで作曲する彼ですので、無意識のうちに引用していたと考えるのが自然です。

また「記憶蘇り説」の別の根拠は、そのような例が彼には多くあることです。
「魔笛」序曲の主題がクレメンティのソナタの主題に似ていることが挙げられます(作曲はクレメンティが先)。
その他の例としては、彼自身の曲に酷似した曲もあります。

●彼が作曲を始めた5歳の時のピアノソナタK.3が、最期の年(35歳)の「魔笛」のパパゲーノのアリアに酷似
●戴冠式ミサの「Agnus Dei」が「フィガロの結婚」の伯爵夫人のアリアに酷似
●リート「春への憧れ」がピアノ協奏曲27番3楽章に酷似

また、自分で書いたピアノ協奏曲を「これ誰が書いたの?すごいね!」と書いた手紙も残っており、自分が書いた曲を明確に覚えてないんです。フィーリングで作曲する彼ならではのエピソードですが、無意識のうちに記憶が蘇ってこれらの類似曲を書いたと考えるのが自然です。

補足として、他人の作をパロディにした「音楽の冗談」等もあります。これは当時の有名な作曲家の曲をパロって揶揄したもの(わざと不協和音にしたり)で、もし彼がパロディをするなら、ここまでやります。
(「きらきら星変奏曲」は「きらきら星」を主題にした変奏曲なので、正確にいうとパロディではない)

似ているから引用だ、パロディだ、何か意味があるのでは、、、というのは彼の場合、他に論じることのない学者の勝手な意見というか、こじつけなような気がするのですが、いかがですか?モーツァルトも人間ですからね。。レポートにそう書いたら怒られるんでしょうけど。

(せっかく私ごときがお役に立てそうなご質問なので、私の論をまとめますね)

借用疑惑が問題の「Quam Olim ・・・」のフーガというのは、絶筆「Lacrimosa」の次の曲「Domine Jesu」という曲の後半部分のことです。この曲は声楽部分のみのモーツァルトの自筆譜が残っており、伴奏は弟子のジュスマイヤーらの作と考えられます。4声が次々と同じ主題を歌っていくフーガですが、この時代の宗教曲ではよくあります(同じレクイエムの「Kyrie」など)。

ところで、彼が宮廷お抱え作曲家であったり、売れっ子の(...続きを読む

Qトランペット初心者。現、旧吹奏楽部の方アドヴァイスよろしくお願いします。

トランペットを誕生日に買ってもらったのですが。この年(大学生)になってトランペットが引きたくなった理由が、「野球球団の応援がしたい」という情けないものでトランペットをしようと思いました。

そこで経験者の方に質問ですが。まずどのような練習方法が最適なのかを教えてほしいです。経験の中から言える練習法など教えて欲しいです。吹奏楽部に所属してる(していた)ひとからの意見お待ちしています!!

P.S. 唇のしたのところをかきむしって(たぶんにきび)練習できないなぁ痛くて。トランペット弾いてたら唇が分厚くなるとかいううわさを聞いたのですが、本当なのでしょうかね。

Aベストアンサー

トランペットの音を出すには、
0. 全身の力を抜き、リラックスする
1. 唇を普通にとじる(口の形を作ってはいけません)
2. 楽器を口に軽く当てる
3. 息を出す
これだけです。
これだけで、初めてトランペットを吹く人でも、
基本を間違えている経験者よりもいい音を鳴らすことができます。

音程は、息の圧力で調整します。
息の圧力が強くなると、唇の横から息が洩れてしまうようになりますから、
その時には必要最小限の力で唇を上下方向に閉じます。
横方向に引っ張ったり、真中に唇を寄せてはいけません。
また、息の通り道になる部分(唇も含めてです)には、
絶対に余分な力をいれてはいけません。

呼吸法は、「腹式呼吸」がいいとされていますが、
息を出すときには、気分的にはおなかをへこませてはいけません。
(実際は息を出す分だけ少しへこみますが)
できるだけおなかの形を一定にするように腹筋で支えます。

この基本にしたがえば、太く遠くまで飛ぶいい音を鳴らすことができます。
特に野球の応援では、遠くまで音を飛ばすこと、
長時間吹き続けるだけの耐久性が要求されると思いますので、
できるだけ無駄な力を入れないような奏法を身につけましょう。

なお、マウスピースだけで曲を弾けるよう練習する方法もありますが、
マウスピースだけで音を出すためには、
相当唇に無駄な力を加える必要がありますので、
私はあまりお奨めはしません。
もしマウスピースだけで音を出す練習をするなら、
カスカスの音でもまったくかまわないので、
一定の息の強さで長く延ばす練習をするのが良いでしょう。
実際、楽器を吹きながらマウスピースを抜いてみるとわかりますが、
マウスピースだけではっきりした音を鳴らすときとは明らかに音が異なります。

トランペットの音を出すには、
0. 全身の力を抜き、リラックスする
1. 唇を普通にとじる(口の形を作ってはいけません)
2. 楽器を口に軽く当てる
3. 息を出す
これだけです。
これだけで、初めてトランペットを吹く人でも、
基本を間違えている経験者よりもいい音を鳴らすことができます。

音程は、息の圧力で調整します。
息の圧力が強くなると、唇の横から息が洩れてしまうようになりますから、
その時には必要最小限の力で唇を上下方向に閉じます。
横方向に引っ張ったり、真中に唇を寄せてはいけ...続きを読む

Qモーツァルトのレクイエム

モーツァルトのレクイエムのように暗くて美しい曲が大好きです。
雰囲気の似た曲でお勧めなんかありましたら教えてください!

Aベストアンサー

こんにちは。
私も「マタイ受難曲」は強くお薦めしたいです。バッハでは他に,「ミサ曲ロ短調」もよいと思います。他,ルネサンス~バロック時代の宗教曲や短調の曲はすべてお好みには合いそうですね。現在挙がっている曲以外では,

☆クープラン作曲 ルソン・ド・テネーブル(または,テネブレ)
☆シャルパンティエ作曲 ルソン・ド・テネーブル
などもよいかと思います(このあたりの時代の曲は,私もあまり詳しくないですが,まだまだあると思います)
*タイトルが同じなのは,題材が同じだからです。復活祭の時に歌われたそうです。

以下,モーツアルトとはかなり雰囲気は違いますが,「暗く美しい」という所での,私からの個人的お薦めです。よろしければご参考に。もちろん,#1さん,#2さんが挙げた曲も,すべて素晴らしい曲と思います。

☆ワーグナー作曲 楽劇「トリスタンとイゾルデ」より 前奏曲,愛と死
☆R・シュトラウス作曲 「メタモルフォーゼン」
 ベートーヴェン交響曲第三番「英雄」の第二楽章(葬送行進曲)を題材にしています。全曲通して暗いわけではありませんが,美しさ,という点では抜群と思います。
☆シベリウス作曲 トゥオネラの白鳥
☆バーバー作曲 弦楽のためのアダージョ

こんにちは。
私も「マタイ受難曲」は強くお薦めしたいです。バッハでは他に,「ミサ曲ロ短調」もよいと思います。他,ルネサンス~バロック時代の宗教曲や短調の曲はすべてお好みには合いそうですね。現在挙がっている曲以外では,

☆クープラン作曲 ルソン・ド・テネーブル(または,テネブレ)
☆シャルパンティエ作曲 ルソン・ド・テネーブル
などもよいかと思います(このあたりの時代の曲は,私もあまり詳しくないですが,まだまだあると思います)
*タイトルが同じなのは,題材が同じだからです。...続きを読む

Q「悲愴 第二楽章」「月光 第一楽章」レベルのピアノ

昔習っていたピアノを独学で再開しました。
高校生で教室を辞めた時、ソナタアルバム1とバッハの曲集をやっていました。
大人になって
昔弾けていた曲が弾けなくなっていることにショックを受けつつも、
リハビリのつもりで1年ほど練習して
高校生期のレベルまで取り戻せたと思えるようになりました。
その後、「悲愴 第二楽章」「月光 第一楽章」をイチから初めて、
弾けるようになりました。
他にこの程度のレベルの者が弾ける、メジャーなピアノ曲はありますか?
是非、曲名・作曲家名を教えてください。
よろしくお願いします。

*ショパンの「別れの曲」も練習しているのですが、2ページ目からなかなか進みません。
「幻想即興曲」に憧れているのですが、1年たっても片手弾き止まりです。
また、テンポの速い曲は指が追いつかないです(克服したいのですが)。

Aベストアンサー

好みが分からないので速い曲も静かな曲もごちゃ混ぜですが、

ショパン:ノクターン9-2、子犬のワルツ、華麗なる大円舞曲
      (他にもショパンのワルツ集は比較的簡単です)

ドビュッシー:2つのアラベスク、亜麻色の髪の乙女、月の光

モーツァルト:トルコ行進曲

リスト:愛の夢


ちょっと簡単なものだと
ランゲ:花の歌
オースティン:人形の夢と目覚め
ベートーヴェン:トルコ行進曲
バダルジェフスカ:乙女の祈り

などいかがでしょう。

Qモーツァルト「レクイエム」「アヴェ・ヴェルム・コルプス」のおすすめ!

モーツァルト作曲の「レクイエム」、「アヴェ・ヴェルム・コルプス」の、お勧めCDを教えて下さい。

プレゼント用なので、ショップで入手可能であることが前提条件です。

レクイエムの補作者は不問(ジュスマイヤーでなくても可)、およびアヴェ・ヴェルム・コルプスの演奏形態は不問(歌ありでも、楽器のみでも可)ですが、いずれの曲も「クセのない、透明感のある美しさ」というキーワードに合致すると嬉しいです。

私自身はクセのある演奏が大好きなもので(笑)、今回選択に困ってしまい質問させて頂きました。

Aベストアンサー

こんにちは。


レクイエムは,こちらを。

☆ティーレマン/ミュンヘンフィルハーモニー管弦楽団/バイエルン放送合唱団
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1288157

ティーレマンはこってり系のクセが目立ちがちな指揮者ですが,ここでは極めて真摯に音楽に向き合っているような印象があります。そしてなにより,合唱が大変に素晴らしいです。ジャケットもプレゼント用としてはなかなかいい感じではないかと。
楽譜はジュスマイヤー版です。
(CDには明記されていないようですが,この録音のライヴのプログラムにはそう書いてありました・・・というのは,自分はライヴで聴いたんだぞ! という単なる自慢です^^;)
#ちなみに,アーノンクールのCDも所持しておりますが,今回の趣旨には合わないようです(笑)透明感は抜群にありますが。

アヴェ・ヴェルム・コルプスは,CDで聴いたことがほとんどないのでお役に立てません。ごめんなさい。

プレゼント用ではなくて,質問者さま向けのオススメ(というか余談)ですが(笑)
☆チャイコフスキー 組曲第4番「モーツァルティアーナ」より 第三曲「祈り」
なんと,チャイコフスキー編曲による「アヴェ・ヴェルム・コルプス」管弦楽版です。
あっ,質問者さまが今,脳内で演奏している予想図よりはクセがなくて透明感のある編曲・・・と思いますよ(^^

こんにちは。


レクイエムは,こちらを。

☆ティーレマン/ミュンヘンフィルハーモニー管弦楽団/バイエルン放送合唱団
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1288157

ティーレマンはこってり系のクセが目立ちがちな指揮者ですが,ここでは極めて真摯に音楽に向き合っているような印象があります。そしてなにより,合唱が大変に素晴らしいです。ジャケットもプレゼント用としてはなかなかいい感じではないかと。
楽譜はジュスマイヤー版です。
(CDには明記されていないようですが,この録音のライヴの...続きを読む

Q旧世代のエレクトーンで弾く最近の曲

ヤマハのエレクトーンは次々に音源が進化してELシリーズが主
役になっていますが、母親が40年来続けてきたピアノ・エレク
トーン教室には、旧世代のものが数台残っています。
中でも当時最高のステージモデルと言われたFX20が健在です。
当時の懐かしい曲を弾くのもいいのですが、折角なので新しい最
近の曲もアレンジして弾いてみたいと思っています。
同様に旧世代のエレクトーンをお持ちの方がおられたら、どんな
曲を弾いておられるのか教えて下さい。

Aベストアンサー

なつかしですね~
私もFX20をもっていました。でも今はステージア01Cに買い替えてしまいました・・・ご自分でアレンジされるのであれば今の楽譜を買ってくればいいと思うのですが、データは入手できないと思うのでレジストさえ作ればなんでも弾けるのではないでしょうか?リズムを作るのも大変ですよね~

Qモーツァルトのレクイエムについてなんですが・・・

モーツァルトのレクイエムにおけるパロディー、および借用の意味を教えてください!レポートなんですが…さっぱりなんです。すごく困っています…。勝手なお願いですが、是非教えてください!もしくは、それについてが載っている文献などあったら教えてください。お願いします…。

Aベストアンサー

モーツァルティアンです。
#3のかたの回答のとおりと思いますが、(主観ですが)借用やパロディというよりは、記憶が蘇ったものと考えていいでしょう。

歌劇「魔笛」の序曲の主題がクレメンティのソナタに似ていることはあまりにも有名ですが、この手の現象は彼には結構あります。

魔笛(彼が所属の結社フリーメーソンの象徴)やレクイエム(自らの鎮魂曲)の作曲にパクリを入れることは考えにくく、彼の記憶力のなせる技でしょう。

少年のときに「ミゼーレ」を一度聞いただけで完全に譜面にした話も有名ですよね。

Q旧い曲を弾いている方いますか?

年で45年位がっきを弾く(楽しむ)のが趣味ですが、ギターではゲーリームーア・サンタナ・ジェフベック・リーリトナー・高中正義・松岡直也のバンドの和田・是方などなど旧いのを弾いてます。若い方などダサイとか言われるでしょうが、こんなの弾いてる方、若い方なんかいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

40代。男性。ギター歴20数年。

●エレキでは、高中正義をやっています。

虹伝説をコピーするのがライフワークです。

●アコは、松山千春、長渕剛などやっています。

●一時期はプロを目指していましたが、1日、4時間程度の練習では不可能でした。

眠らない時以外、ギターを弾き続けるといった奴がいて、そいつの実力を見てプロは断念しました。

●速弾きを維持するのが大変で、運指の練習は欠かせません。

15分、運指の練習。
25分、曲練習。

こんな感じです。

退職したら、もっと練習時間を長くして、上手くなるつもりです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報