すいません、初歩的な質問で・・・。
旧日本海軍に関する本を読んでの疑問です。
ほかに軽巡洋艦と重巡洋艦の違いとか、戦艦との違いとか。構造、用途、実務など初心者にわかりやすく教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

旧日本海軍の駆逐艦は概ね2000トンクラスのものでした。

戦争末期には防空駆逐艦なども作られましたが,通常は砲撃,雷撃(魚雷),爆雷により海上決戦時の補助や,敵潜水艦に対する攻撃,或いは,戦争後期には物資輸送などにも多用されました。旧海軍では駆逐艦は軍艦とは見なされず,艦首に菊の御紋がついていなかったと記憶しています。
巡洋艦は戦艦に次いで攻撃力と防御力を持つものです。重巡洋艦の場合は通常1万トンクラスで15.5~20センチ砲を持っていました。日本海軍では雷撃を重視し,戦争末期には魚雷発射管をたくさん装備したものや,また,改装後の最上のように後部を飛行甲板とした航空巡洋艦なども作られました。
軽巡洋艦は第二次大戦以前の巡洋艦の流れを引き継いだもので,砲も小さく,砲数も少ないものでした。水雷戦隊の旗艦を務めるというのが多いものです。しかし,矢矧のように後期に作られた軽巡洋艦は高速と装備でしたネ。
戦艦は大鑑巨砲主義の観点で作られたものですが,防御も攻撃力も群を抜いたものです。3万トン~7万トンと大きな艦でした。実際には初期の金剛型のような巡洋戦艦(後に改装されて戦艦となりました)という分類もあるのですが,砲は36センチ~46センチでした。10キロ離れたところの40センチの鋼鉄を紙のように打ち抜くような威力を持っていたのですヨ。初期は低速のものが多かったのですが,航空母艦についていくために,高速に改装されました。後期には伊勢や日向は後部の砲塔を撤去して,航空戦艦として改装されましたネ。
艦隊決戦を主眼として作られましたが,実際には艦砲射撃が最も多用された実務であったと言えるでしょうネ。
簡単に書いてみました。
以上kawakawaでした
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
知りたかったことがコンパクトに解答してあり、
目から鱗の感です。

お礼日時:2002/01/30 12:00

下記のHPを観て下さい。



現在の海上自衛隊の護衛艦は、全てDDとしていますが、金剛や霧島は、7000t級です。

参考URL:http://www.d7.dion.ne.jp/~ishida_m/ren_kiso.html
    • good
    • 1

1850tまでが駆逐艦


それ以上で、主砲が6.1インチ(15.5センチ)までが軽巡、それを超えると重巡。
10,000トンを超えると戦艦

以下のURLにわりと詳しく載っていました。ご参考まで。

参考URL:http://isweb2.infoseek.co.jp/~kkd/gf2.htm
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軽巡洋艦と重巡洋艦の違い

大日本帝国海軍の軽巡洋艦と重巡洋艦について
砲などの兵装や排水量などの違いを教えて下さい!

Aベストアンサー

1922年のワシントン海軍軍縮条約で主砲の口径が、5インチ以上8インチ以下で排水量1万t以下のものが巡洋艦に分類されました。

WW1でドイツの軽巡洋艦が通商破壊戦を実施して戦果を収めたものがあったので、
その軽巡洋艦を確実に撃破する為に軽巡洋艦の大型化、大口径化の流れは条約の前からありました。
日本の古鷹型はこの流れに沿った計画で建造されていて、当初は軽巡洋艦という分類ですね。

この軽巡洋艦というのは元々は軽装甲の巡洋艦という意味で防護巡洋艦(石炭庫を防御として利用)や装甲巡洋艦・巡洋戦艦(装甲を持った巡洋艦)に対する言葉として、
WW1前から各国で使われていました。

ワシントン条約で巡洋艦の砲と排水量の上限が決められてしまったので、
各国はその範囲内で強力な巡洋艦を建造しようとしました、これが条約型巡洋艦というものです。
妙高型が条約型巡洋艦ですが計画当初は軽巡洋艦と呼ばれています。

1930年のロンドン軍縮条約で、それまで無制限に建造できた巡洋艦に制限がかけられます。
6.1インチ~8インチ以下を重巡洋艦
5.1インチ~6.1インチ以下を軽巡洋艦としました。
それまで国際的に(軽)巡洋艦と言われていた船を強引に主砲口径で重巡洋艦と軽巡洋艦に分けたのです。
高雄型までは重巡洋艦として建造されていて命名基準では一等巡洋艦の山の名前を持っています。

で、海軍はもう6隻どうしても重巡洋艦に匹敵する戦力のフネが欲しくて、
最上型利根型を軽巡洋艦の枠で建造します。最上型が6.1インチ(15.5cm)で2等巡洋艦として建造されました。
利根型は条約からの脱退が念頭にあったので8インチで建造されていますが、公式(書類上)には2等巡洋艦で最上型同様に川の艦名になっています。
最上型の次重巡洋艦は、最上型を改良した伊吹型になるのですがこちらは一等巡洋艦として計画されています。

日本海軍の1等巡洋艦と2等巡洋艦という分類は条約の前からあったのと、
後から条約で重巡洋艦と軽巡洋艦を各国が強引に分けたこと、
日本海軍は重巡洋艦が欲しくて、戦力が高い最上型を軽巡洋艦として建造したこと、
その後、条約がなくなっても分類や艦名がそのまま用いられたりして混乱していること、
等等、詳しく調べてみると面白いですよ。

古鷹型の加古は予算が5500t軽巡の予算で建造された為、軽巡の名前ですね。
太平洋戦中、日露戦争時に活躍した装甲巡洋艦は海防艦から一等巡洋艦(いわゆる重巡)に変更されていますね。

1922年のワシントン海軍軍縮条約で主砲の口径が、5インチ以上8インチ以下で排水量1万t以下のものが巡洋艦に分類されました。

WW1でドイツの軽巡洋艦が通商破壊戦を実施して戦果を収めたものがあったので、
その軽巡洋艦を確実に撃破する為に軽巡洋艦の大型化、大口径化の流れは条約の前からありました。
日本の古鷹型はこの流れに沿った計画で建造されていて、当初は軽巡洋艦という分類ですね。

この軽巡洋艦というのは元々は軽装甲の巡洋艦という意味で防護巡洋艦(石炭庫を防御として利用)や装甲巡洋艦・巡洋戦...続きを読む

Q戦艦や巡洋艦の砲塔の砲身について

旧帝国海軍に興味があるのですが、YOUTUBEなどで、それに関する動画を見ていると、戦艦や巡洋艦の斉射の映像が出てくることがあります。
そのときに、砲身を良く見ると、
発射→後座→復座
の後に、砲身が少し下に下がります。これは、物理的に(力の分解などで)そうなってしまうのでしょうか?それとも、次弾を装填しやすいよう、少し下がる機構になっているのでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

補足的に
砲の基部構造は、発砲時の衝撃を和らげる為にバネや油圧シリンダーなどで衝撃を和らげる装置が付けられていて、発砲時には、前後に動く様な構造となっています。

また当時の砲塔には、半自動式と手動式がありました。
手動式の場合は、発砲後に一旦水平に近い角度しないと次の砲弾の装填が出来ない構造です。
半自動式の場合は、発砲後の薬莢の排出と砲弾の装填が自動で、砲弾の給弾は手動であり、戦艦等の口径の大きな大砲は、一定の角度まで下げなくてはなりませんでした。

駆逐艦や軽巡洋艦の主砲は、口径が比較的小さいので、手動式でも角度を変える事なく次射していたようです。

当時半自動砲を装備していたのは、米国海軍であり、我が日本艦には装備されていません。
各砲の一分間当たりの射撃階数で3~5発は、手動と考えれば良い。

以上

Qオススメの重巡洋艦を教えて下さい

プラモデルで重巡洋艦を買おうと思ってます。
みなさんが思うカッコいいくてオススメの日本海軍の重巡洋艦を教えて下さい
ちなみに好きな駆逐艦は秋月型ですね(=´∀`)

Aベストアンサー

『妙高』型ですね。
重巡洋艦としては、一番カッコいい。
同型艦として『那智』『足柄』『羽黒』があります。

Q強襲揚陸艦とドック型揚陸艦の違いはなんですか?

強襲揚陸艦とドック型揚陸艦の違いはなんですか?
また
それぞれの代表的なものをあげてください

Aベストアンサー

強襲揚陸艦は、人員や物資の揚陸を目的とする揚陸艦の中でも、ヘリコプターや垂直離着陸機による「空輸を主体とした揚陸」を行うタイプです。
特徴としては、大規模なヘリ運用能力と全通甲板が挙げられます。

(アメリカのワスプ級強襲揚陸艦など。)

ドック型揚陸艦は、艦内に持つウェルドック(艦艇の船尾、喫水レベルに設置されるデッキ状のドック式格納庫)に収容した「上陸用舟艇を用いた揚陸」を主体として行う軍艦です。

(アメリカのサン・アントニオ級ドック型輸送揚陸艦など。)

Q駆逐艦と巡洋艦の違い

すいません、初歩的な質問で・・・。
旧日本海軍に関する本を読んでの疑問です。
ほかに軽巡洋艦と重巡洋艦の違いとか、戦艦との違いとか。構造、用途、実務など初心者にわかりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

旧日本海軍の駆逐艦は概ね2000トンクラスのものでした。戦争末期には防空駆逐艦なども作られましたが,通常は砲撃,雷撃(魚雷),爆雷により海上決戦時の補助や,敵潜水艦に対する攻撃,或いは,戦争後期には物資輸送などにも多用されました。旧海軍では駆逐艦は軍艦とは見なされず,艦首に菊の御紋がついていなかったと記憶しています。
巡洋艦は戦艦に次いで攻撃力と防御力を持つものです。重巡洋艦の場合は通常1万トンクラスで15.5~20センチ砲を持っていました。日本海軍では雷撃を重視し,戦争末期には魚雷発射管をたくさん装備したものや,また,改装後の最上のように後部を飛行甲板とした航空巡洋艦なども作られました。
軽巡洋艦は第二次大戦以前の巡洋艦の流れを引き継いだもので,砲も小さく,砲数も少ないものでした。水雷戦隊の旗艦を務めるというのが多いものです。しかし,矢矧のように後期に作られた軽巡洋艦は高速と装備でしたネ。
戦艦は大鑑巨砲主義の観点で作られたものですが,防御も攻撃力も群を抜いたものです。3万トン~7万トンと大きな艦でした。実際には初期の金剛型のような巡洋戦艦(後に改装されて戦艦となりました)という分類もあるのですが,砲は36センチ~46センチでした。10キロ離れたところの40センチの鋼鉄を紙のように打ち抜くような威力を持っていたのですヨ。初期は低速のものが多かったのですが,航空母艦についていくために,高速に改装されました。後期には伊勢や日向は後部の砲塔を撤去して,航空戦艦として改装されましたネ。
艦隊決戦を主眼として作られましたが,実際には艦砲射撃が最も多用された実務であったと言えるでしょうネ。
簡単に書いてみました。
以上kawakawaでした

旧日本海軍の駆逐艦は概ね2000トンクラスのものでした。戦争末期には防空駆逐艦なども作られましたが,通常は砲撃,雷撃(魚雷),爆雷により海上決戦時の補助や,敵潜水艦に対する攻撃,或いは,戦争後期には物資輸送などにも多用されました。旧海軍では駆逐艦は軍艦とは見なされず,艦首に菊の御紋がついていなかったと記憶しています。
巡洋艦は戦艦に次いで攻撃力と防御力を持つものです。重巡洋艦の場合は通常1万トンクラスで15.5~20センチ砲を持っていました。日本海軍では雷撃を重視し,戦争末期...続きを読む

Q旧日本海軍の潜水艦

旧日本軍の潜水艦は伊-400など、有名なものがありますけど、 潜水艦についてる 伊 ってどうゆう意味なのですか? 教えてください。

Aベストアンサー

伊号潜水艦の伊は「イロハ」の「イ」です。

旧海軍の潜水艦は他の軍艦のように固有の名前を持たず、
その艦の大きさでイロハに分けられていました。
イ=伊:排水量1000t以上
ロ=呂:排水量500~1000t
ハ=波:排水量~500t
と排水量で分けられていました。

潜水艦が作られ始めた頃は
呂や波の潜水艦も多かったのですが、潜水艦の技術の発達で艦体が大型化したので
第2次大戦中の潜水艦はほとんどが「伊」のサイズになっていました。

Qオススメの重巡洋艦を教えて下さい

プラモデルで重巡洋艦を買おうと思ってます。
みなさんが思うカッコいいオススメの日本海軍の重巡洋艦を教えて下さい。
ちなみに好きな駆逐艦は秋月型ですね

Aベストアンサー

  私が好きなのは [妙高] です。
あの流れる様なスタイルは、重巡としての重厚さと、軽快な運動性を思わせる独特なスタイル。
 其の二つとも備えたデザインは、今見ても痺れます。

  欧米人をして{飢えた狼}(だったか?)と言わしめた精悍性と共に、日本海軍の
傑作だと思います。

Q中国海軍はJL-1潜水艦発射核ミサイルを12機搭載したシア級092型原

中国海軍はJL-1潜水艦発射核ミサイルを12機搭載したシア級092型原子力ミサイル潜水艦を配備していますが、これは米国やロシアの潜水艦に比べて、攻撃性能や建造技術レベルは優れているのでしょうか、航空母艦まで建造できるほど、国家予算的にも建造技術的にも、欧米並み以上になったのでしょうか

Aベストアンサー

 中国海軍の092型に関する性能評価ということになると、かなり悲観的な評価しか出来ないでしょう。

 092型がアメリカのジョージ・ワシントン級をコピーしたことは周知の事実ですが(というよりJW級をコピーした旧ソ連のデルタ級を再コピーか)、JW級が急場しのぎの建艦であり、その後洗練されたケーシング船体を持ったオハイオ級SSBNへとしっかり進化したのに比べて、中国海軍はその後の093型に至るも相も変らぬ効率が極めて悪いケーシング船体しか建造できなかったことは、潜水艦に関してのみ評価しても、それほど洗練された設計思想なり、建造能力がなかったとしか言えません。

 
 しかも092型の自由流入排出孔(フリフラッドホールとも言いますが)の数が異常に多いため(不思議にその理由は分かりません)、無駄にノイズの多い、つまりうるさい潜水艦となってしまっていることは致命的とさえいえます。

 アメリカ海軍のサブマリーナに言わせれば、このクラスは中国の軍港を出港した時点で、その動きをハワイからでも把握できるという冗談が出るほどです。中国空軍にも言えることですが、中国の設計者はどうも流体力学に弱いのかもしれませんね。

 空母に関してもその意思と努力は認めざるを得ませんが、空母という巨大プロジェクトはただやる気があれば何とかなるというものではありません。建造そのものは兎に角やれば何とかなるでしょうが、その後が非常に懐疑的です。

 まず予算面から言えばですが、これはもう半端じゃない金がかかることは軍事上の常識です。空母には艦載機が必要です。その艦載機にしても単なる戦闘攻撃機だけを用意すればいいのではなく、早期警戒機、対潜哨戒機、さらには空中給油機も必需品です。これらはすべて当たり前ですが艦載タイプでなければなりません。
いかに中国の人件費が安いとはいえ、これだけでも膨大な予算が必要ですし(因みにアメリカの空母は船体と艦載機だけで、約8000億以上が必要です)、毎年の桁外れなランニングコストも頭が痛いでしょう。経済状況が厳しいアメリカもCBGを削減したいほどでしょう。

 ともあれ中国はそのどれもがまだ存在していません。さらに空母艦載機の発進をどのような方式にするかで、空母自体の能力が左右されます。当然カタパルト発進が絶対有利ですが、中国にはまず不可能です。かといってアメリカが輸出するはずもありません。

 結局ワリヤーグのようにスキージャンプ発進式しか方策はなく、これではアメリカ正式空母の能力の3分の1も発揮できないでしょう。これではいかにアメリカ並みに空母艦隊を創出したとしても(これでも莫大な予算を食いますが)、その存在価値はたんに周辺諸国への恫喝程度の意味しか見出せないかと考えます。

 中国海軍は2050年までに4から5個のCBGを作り上げるという算段をしているといいますが、とらぬ狸のなんとやらとなる可能性も否定できないのではないでしょうか。

 現在の異常とも言える経済発展がいつまでも続くはずがないのは自明ですし、一旦経済が落ち込み始めたとき、とんでもない金食い虫である空母艦隊がいつまでも維持できる保障はどこにもないはずです。そういう意味では、中国海軍は今壮大な実験的冒険をしているとも言えます。

 中国における軍事予算は年々増加していることは事実ですが、それでもやはり人民解放軍のうちの陸軍へそのほとんどが割かれていますので、海軍の空母建造で予算を削られることにもなりかねない陸軍首脳部の反発も、今後の海軍におけるCBG構想にたいする不安定要素と言えます。

 海軍自体の艦艇全般の技術的評価をするならば、まず真っ先にいえることはあまりにもばらばらな仕様で出来上がっていることが大きな問題です。

 アメリカ、イスラエル、フランス、ロシア、ドイツなどなど、手当たり次第に手を出したせいで、艦や兵器システム、電子機器類の運用の統一が極めて困難になり、しかもシステムエラーやハード面の故障などの際、その対策に非常に無駄な時間と経費を費やすことになり、ひいては稼働率が悪くなるという悪循環を招いています。

 さらに最小の輸入であとは無断コピーすればいいという、中国全般に言える悪癖から来る弊害も火に油を注ぐような状況を作っています。

 ということで海軍に関する限り、そのトータル的な評価はとても欧米並みとは言えず、欧米もしくは日本並みになるためにはまだ四半世紀ほどは必要なのではないでしょうか。もっともそのときまでどの国も指を咥えて見ているだけということはまずないでしょうから、その差が縮まることはそれほどないと思われます。 

 沿岸防御海軍から外洋海軍への移行はそれほどの難事業だということです。中国はその苦しみを今から嫌というほど味わうことになるかもしれませ

 中国海軍の092型に関する性能評価ということになると、かなり悲観的な評価しか出来ないでしょう。

 092型がアメリカのジョージ・ワシントン級をコピーしたことは周知の事実ですが(というよりJW級をコピーした旧ソ連のデルタ級を再コピーか)、JW級が急場しのぎの建艦であり、その後洗練されたケーシング船体を持ったオハイオ級SSBNへとしっかり進化したのに比べて、中国海軍はその後の093型に至るも相も変らぬ効率が極めて悪いケーシング船体しか建造できなかったことは、潜水艦に関しての...続きを読む

Q艦これの艦隊の編成 初めたばかりでよくわからないのですが、編成で艦隊を作るとき、駆逐艦とか軽巡洋艦と

艦これの艦隊の編成

初めたばかりでよくわからないのですが、編成で艦隊を作るとき、駆逐艦とか軽巡洋艦とかあるじゃないですか、
まだ1-4ですが、なにをいれたらいいかわからないので教えてください。
ゲットしてるのは、
駆逐艦
響、電、雷、暁、夕立、雪風、時雨、睦月、如月、初雪、磯波、綾波、陽炎、荒潮、大潮
軽巡洋艦
北上、川内、神通、那珂、龍田、長良、名取、球磨、
重巡洋艦
羽黒、鳥海、衣笠、利根、高雄、摩耶、
戦艦 霧島のみ
潜水艦 伊168のみ
水上機母艦 千代田のみ
です。

Aベストアンサー

記入カテゴリがバラバラなのでどっちかに統一しましょう。
1-4はルート編成上の縛りが無い海域なので水上火力重視。したがって資源が許すか疑義重たい編成で問題ないかと。
つまり、霧島、重巡×5(好きなやつを適当に)ってことです。水上機母艦は1隻だけでは心もとないので特に入れるメリットはないけど、1-3とかで鍛えてから投入する手はある。1-4では鳳翔、龍驤などの軽空母がドロップするので、手に入ったら重巡を外して最大2隻まで組み込めば航空優勢は確保しやすくなるでしょう。

基本的に艦これでは、制空権を取りつつ可能な限り打撃力を追及するのが編成上の基本となります。その中でも、軽巡が居ないと特定のルートを通らないとか、途中で潜水艦が出てくるとか、色んな縛りが出てくるので、そういう条件に適応するように編成を変えていきます。覚えておきましょう。

Q旧日本軍 潜水艦 伊号 400 2号艦 戦後の行方

旧日本軍 潜水艦 伊号 400 2号艦 戦後の行方を知りたいのですけど、
知っている方いらしたら教えてください。

Aベストアンサー

2番艦の伊401は、戦後アメリカ軍の手によって技術調査されたのち
1946年5月31日オアフ島沖で実験標的として撃沈処分された
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%8F%B7%E7%AC%AC%E5%9B%9B%E7%99%BE%E4%B8%80%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6

ちなみに3番艦の伊402は
1946年4月1日 長崎県五島列島北方の東シナ海でアメリカ軍の実艦標的として撃沈処分された
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%8F%B7%E7%AC%AC%E5%9B%9B%E7%99%BE%E4%BA%8C%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6


人気Q&Aランキング

おすすめ情報