日光の美術館の「小杉未醒」の絵にもありますが、
中国の古い仙人「黄初平」に関しての質問です。

初平は15歳の時に 羊飼いをしている時に ある道士に見込まれ、金華山と言うところに連れて行かれます。
40年も消息不明になっていたのを 彼の兄が探し出し
再会しました。
しかし 初平の行方を教えてくれた道士によると
羊飼いをいまだにしているはずの 初平の周囲には羊は1匹もいません。 

そこで兄が問いただすと、
初平は 「羊はいますよ。兄さんには見えないのでしょう」
と、鞭を打って回りの石をことごとく 羊に変えたと言うことです。

この 話で (初平が羊はいますよ。兄さんには見えないのでしょう」
と、鞭を打って回りの石をことごとく 羊に変えた)
と言うことは 何を意味しているのでしょうか?

ただ「凡人には見えない」
とか「心の目をもて」ということではないように思えるのですが・・・。

ご存知の方がいらしたらお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

修行を終えた仙人にとって、石は羊でもあり、羊は石でもあるということです。



仙人は不思議なことができるといいますね。空を飛んだり姿を他のものに変えたり
消えてしまったり。仙人は不老不死ともいわれます。これは、仙人が物質界の束縛
から開放されているからなのです。

私たちがこうして生活している世界は物質をよりどころとしています。
多くの人々が、肉体が滅びればその存在自体が滅びてしまうと考えています。
しかし、実際にはこの物質界は私たちが存在する世界の一例でしかありません。

丁度、internetに接続して、virtual realityを体験しているようなものです。
vrにはその独自の制約があり、我々はその中でできること、歩きまわったり、
買い物をしたり、chatしたりして仮想的な存在を作り出すことができます。
もちろん、netを切断すれば、いつもの、物質界の自分に戻ります。
が、もしも、自分がvrの中で生まれたとしたら・・・。
成長するにつれ、いつともしれぬ「切断の恐怖」に苦しむのでしょう。
「切断」はvr上の自分にとっては「死」にほかならないのですから。
また、vr上の設定や出現アイテムを自在に操るvrのpersonalityがいたとしたら、
あなたは大いに驚くことでしょう。なにしろ、「まるで仙人みたい」ですから。
でも実際にはクリックひとつでvr上の「石」を「羊」に変えているのです。
勿論、vr上のpersonalityにタイミングよく鞭を一振りさせることも忘れては
いません。

金華、崑崙は道士や仙人が修行をするところとして知られています。
そこでかれらは何年もかけて今いるこの世界のからくりを学んでいくのです。
この物質界が、ある一側面からの物の見方によって定義づけられた、制約の多い、特殊な世界であることが理解できると、めでたく卒業というわけです。

どうでしょう。例が飛躍しすぎましたか?

黄初平のような、道士や仙人は案外巷でのんびり暮らしているかもしれませんね。

日光の絵は近いうち観にいこうと思います。楽しみです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼を申し上げるのが 遅くなって申し訳ありません。

おもしろく また 人生の深遠を 考えながら読ませていただきました。

回答をいただいた時は 私事ながら身内のものがなくなると言う事態に遭遇しておりました。

回答を読んで もしかしたら 今現在 私がいるこの現実世界は あの世?から見たらvirtualな仮想現実であって
あの世こそ 真の現実世界かも・・・?
などと考えたりしました。

死という クリックであの世に戻るのかも・・・?
それとも 別のサイトにリンクするのかも・・・?

ほんとうに おもしろい回答をありがとうございました。

お礼日時:2001/01/30 14:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドロップキックの名手

バックドロップに続く第2弾です。

ドロップキックの名手といえば誰だと思いますか?


今なら間違いなく岡田の名前があがるんでしょうね。打点も高いし、姿勢もかっこいいですし。

でも、自分は武藤です。(若いときの)

下から突き上げるようなドロップキックも良かったですが、状況に合わせた低空ドロップキックもあったりして、繋ぎ技以上の存在感がある技です。

それでは、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは(」・ω・)

実は、わたしが三沢を好きになったのは、
初っ端のドロップキックが、好きだったからです(^^)/
とっても華やかな始まり、という感じがしました。

キックは好きです(^^)
余談ですが、子供の頃は、ライダーキックを
綺麗に出来る練習を、毎日してました(^◇^)

Q神や仏、仙人は死んだ人??

みなさんは死人の世界とはどういうイメージをお持ちですか?
神様や仏様っていわば死んだ人のことですよね・・・?
それでは仙人も死んだ人なんでしょうか・・・?

Aベストアンサー

>神様や仏様っていわば死んだ人のこと

質問者氏の以前の質問も民俗学マターのものがありましたので、推測ですがこの質問もその分野の視点に立ったうえのものではないかと思えます。そうだとすれば、この見方はあながち間違いではありません。

混乱しがちですので簡単に整理します。
柳田國男が『先祖の話』の中で多方面から分析していることですが、古来日本人は死人を「ホトケ」と称して供養を行ってきました。この「ホトケ」はもちろん仏教の「仏」と同じものではありません。
仏教でいう本来の「仏」は、欲望をコントロールする聖人であり人間の到達し得る理想であったのは事実ですが、大乗仏教以降、法身仏などが生み出されたことで「仏」は残念ながら人間の手の届かない存在になってしまいました。

日本人が「ホトケ」と呼ぶものはこの「仏」のどちらの意味にもあてはまらない存在です。敢えて言えば「供養を必要とする存在一般」の総称であると言えるでしょう。
(宗教学や民俗学ではこのような混乱を避けるため、死者たる「ホトケ」と仏教の教学上の「仏」をそれぞれ区別して記載するのが普通です)

「ホトケ」を供養する必要があるのは、罪穢にまみれた存在であると受けとめられたからです。もろもろの罪汚れのために「ホトケ」は荒れすさび、社会に不幸や災厄をもたらすと考えられたため、それを供養によって浄化することは現実的に重要な課題だったのです。

古来の日本人の信仰では、供養による「ホトケ」の浄化は年月を必要とすることでした。柳田國男は三十三年間ないし五十年間の供養を行って初めて「問い切り(弔い切り)」などと呼ばれる供養の終了を迎えられることを指摘しています。またこの問い切り以降、死者が祖霊や氏神として祭られるようになることも柳田の指摘するところです。

つまり、供養の続いている間は死者は「ホトケ」として認識されますが、一定の期間の供養の満了をもって「ホトケ」は「カミ」として扱われる、というのが柳田の分析でした。死霊は浄化によって神霊化し得る、というわけです。

そもそも、霊魂の根本にある本性は穏やかで自然の運行に合致したものであって、それは「ホトケ」も「カミ」も共通しているはずだと考えられたのです。ただ、違いは「カミ」は完全に浄化され罪穢を離れているためにその本性を十分にあらわすことができる、ということにあるのです。

もちろん、ここでいう「カミ」も「神」とは少し違います。「カミ」は創造主でもなければ記紀神話に出てくるような人格神でもありません。人間社会に穏やかな恩寵をもたらす存在とでもいうべき茫洋とした括りで認識されていたのが「カミ」なのであって、むしろ生々しい個性が時間をかけて剥落することによって「ホトケ」は「カミ」たる資格を得たのです。

従って民俗学的に見れば「カミ」も「ホトケ」も同じ地平のうえの存在であるわけで、両者とも死んだ人、という見方は限定的にではありますが、間違っているわけではありません。こういう古来の民間信仰の下地があればこそ、神仏混交が民衆レベルで進行し得たのです。
繰り返しますが、あくまで「神」や「仏」と混濁させないことが重要です。

さて仙人ですが、正確には多少イメージの変遷を経ています。後漢のころまでは「僊人」と表記されており、これは文字通り「僊」つまり(魂が)抜け出た存在ということで、人間とは隔絶した存在でした。むしろ死んだ人に近いニュアンスだったでしょう。
しかし徐々に神仙思想が固まるなかで、不老不死を獲得した超越的な人間という位置付けに固まってきたのです。現在を問題にするのなら、仙人は人間でしょう。

※回答者には質問者のレベル(失礼)を知る術が限られています。より意味のある回答をするために、不明な点があれば補足でより具体的にポイントを絞った質問をするか、さもなければ質問を一旦締め切ったうえで新たな質問を立てて頂くことを希望します。以前回答した質問についても同様です。

>神様や仏様っていわば死んだ人のこと

質問者氏の以前の質問も民俗学マターのものがありましたので、推測ですがこの質問もその分野の視点に立ったうえのものではないかと思えます。そうだとすれば、この見方はあながち間違いではありません。

混乱しがちですので簡単に整理します。
柳田國男が『先祖の話』の中で多方面から分析していることですが、古来日本人は死人を「ホトケ」と称して供養を行ってきました。この「ホトケ」はもちろん仏教の「仏」と同じものではありません。
仏教でいう本来の「仏」...続きを読む

Q魔性の女というのは聞くが、魔性の体というのは???

先日、職場の同僚達、数名で気楽な飲み会を催した席での話しですが、
男だらけの飲み会だと、つい女性談になったりするもので、
そんな時、一人の同僚がぽつんと「魔性の体を持つ女っているんだよな」って。

いわゆる名器とか、そういうのじゃないらしいのです。
魔性の女っていう感じとも違う。

体が魔性・・・うーん。どういう女性なんだろう?

死ぬ前に一度出会ってみたい気もしますが(笑)

皆さん、魔性の体を持つ女性に出会ったことはありますか?

魔性の体とは・・・どういうものなのでしょう。

Aベストアンサー

お互いが凄く気が狂ったように感じ合えたのでしょう
魔性の体に

そんな意味じゃないかなぁ

Q「めもあーる美術館」って作品知ってますか?

自分が小学生の時に国語の教科書にのってた不思議な
物語りで、たしか「めもあーる美術館」っていう作品の著者が知りたいのですが、ネットで調べても著者までは分かりませんでした。どうもジュヴナイルSFといって児童文学のなかの1ジャンルみたいなのですが。御存じの方教えて下さい。

Aベストアンサー

正しいタイトルは「めもあある美術館」です.
作者は大井三重子で,ミステリー作家の仁木悦子としても知られています.
偕成社から出ていた「水曜日のクルト」に収録されていますが絶版だそうです.

参考URLは「めもあある美術館」に関するサイトです.
よろしければご参照下さい.

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/tamae/index.html

Q中国の華山

中国の華山(ホアシャン)へ登ってみたいのですが、登山経験はほとんどなくロッククライミングもしたことありません。危険は承知なのですが、腕の力に自信のない女性でも登れますか?体力はそこそこですがあります。
また、一人旅なのですが、登山者は多いのでしょうか?一人で行っても迷わないですか?

Aベストアンサー

華山登山のメインルートは、北峰までロープウェーで上り、以後の険峻な尾根道を登り、東峰・西峯・南峰を巡るというものです。昔は、この尾根道は整備されておらず、唐代の詩人が途上で、あまりの怖さで遺書を書き谷へ投げたという伝承がある位、危険なものでした。しかし、現在では完全に整備されて、特に登山靴で登必要はなく、履き慣れたシューズで充分です。又、新たに、西峯直下に至るロープウェーが開設されて、ほとんど歩くことなく西峰に行けます。ただ、尾根道は鎖場もあり、急峻なので、雨の日などは滑りやすく、この時の登山は避けるべきでしょう。この尾根道のため、中国五岳中で一番厳しい山です。

現在は、陝西省の人気観光地なので、休日には登山者でいっぱいになります(数年前のメーデーでは下山客が多すぎてロープウェーの最終時間を繰り下げて捌いたほどです)。

西安からは日帰りで行けます。高速電車利用(西安北→華山北)です。華山の公式サイトは
http://www.huashan16.com/index(中国語・英語)

私自身はロープウェー開設以前に、麓から学生と共に登山しましたが、1週間ほどは階段上り下りが痛かったです。

華山登山のメインルートは、北峰までロープウェーで上り、以後の険峻な尾根道を登り、東峰・西峯・南峰を巡るというものです。昔は、この尾根道は整備されておらず、唐代の詩人が途上で、あまりの怖さで遺書を書き谷へ投げたという伝承がある位、危険なものでした。しかし、現在では完全に整備されて、特に登山靴で登必要はなく、履き慣れたシューズで充分です。又、新たに、西峯直下に至るロープウェーが開設されて、ほとんど歩くことなく西峰に行けます。ただ、尾根道は鎖場もあり、急峻なので、雨の日などは滑...続きを読む

Q仙人の寿命

仙人には寿命があるんですか?それとどれくらいの長さでしょうか。
そして寿命の前に死ぬ事はあるんでしょうか。(事故とかで)
ちょっと気になったので!詳しい方宜しくお願いしします!

Aベストアンサー

仙人の定義のうちに「不老不死を得た人」というのがありますので、寿命が来ることはありません。不死ですから事故とかで死ぬこともありません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%99%E4%BA%BA

Q昔の本(例えば原民喜や太宰治など戦争中)に書かれているお金のめやすについて

給料が17円だったり、5円を頻繁に借りていく人
という表現があったのですが
どうもお金の価値がちがうので
どのくらいの額なのかイメージできません。

昔の本(例えば原民喜や太宰治など
戦争中50年ほど前)に書かれているお金を
今の価格に直すといくらぐらいになるのか
教えてください。

Aベストアンサー

昔の価格は、単純に比較できないようですね。電化製品やカメラなどは昔はずいぶん高かったそうですが、現在は大量生産により比較的安く感じられましょう。よく基準にされる米の値段にしても、政策的に維持されていたり、昔ほど食べなくなったりで、必ずしも基準にならないです。つまり物価は比較的・感覚的に高くなったものもあれば安くなったものもあるわけです。

それで給料についてみますと、これも学歴などの水準が違ってきていますので、単純な比較は出来ません。が、参考として「小学校教員の初任給」を比較してみます。(資料は「値段の明治・大正・昭和風俗史(上)」と「戦後値段史年表」いずれも週刊朝日編)

1941年(昭和16年)・・・50円~60円(私見ですが、他の公務員関係の数値からみても終戦の1945年まではほとんど変動していないでしょう)

1994年(平成6年)・・・194,792円(ただし学歴レベルは上がっています)

これで見ると約3000~4000倍でしょうか。
また白米は10kgあたり

1939年・・・・・3.25円
1945年12月・・・6円
1993年・・・・・3845円

で、やく1000倍以上と言えるかもしれません。1945年の6円というのは終戦直後の高騰を表しているようです。

すると給料17円は収入ベースで今の5万円~7万円となり、ずいぶん安いです。5円は15,000円~2万円で、借金の額としてなんか納得ですね。(笑)

昔の価格は、単純に比較できないようですね。電化製品やカメラなどは昔はずいぶん高かったそうですが、現在は大量生産により比較的安く感じられましょう。よく基準にされる米の値段にしても、政策的に維持されていたり、昔ほど食べなくなったりで、必ずしも基準にならないです。つまり物価は比較的・感覚的に高くなったものもあれば安くなったものもあるわけです。

それで給料についてみますと、これも学歴などの水準が違ってきていますので、単純な比較は出来ません。が、参考として「小学校教員の初任給」を...続きを読む

Q「黄なーー」というのはどういう意味なのでしょうか?(島崎藤村)

島崎藤村の「破戒」を読んでいるのですが、
文中に「黄なーー」という表現が度々出てきます。
おそらく色以外の意味で「ーー」の部分に
かかっているのだと思うのですが、
どうも意味がわかりません。読みもわかりません。

前後の文脈は以下のようなものです。

「やがて顔に流れる膏(あぶら)汗を拭いた。
筵(むしろ)の上の籾は黄な山を成している。」

この「黄なーー」というのはどういう意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

あかい、あおい、しろい、くろい、はありますが「きい」「みどりい」は無くて黄色い、黄色の、緑のになりますよね?
これは元々日本語に黄色と緑色を表す言葉が無くてあとから漢字と一緒に入ってきたからだといわれています。
それ以前には黄はあか、緑はあおで一緒に表現されていたと言われています。
1の人と同じでこの「黄な」は「黄色い」「黄色の」と同じ意味と思います。「緑の」と似ています。

気分を表す言葉ではありませんね。黄色から連想としてそういうなにかたそがれた意味を感じ取る、くみ取るのはとても面白いと思いますが。
読んでみると藤村は「黄色い」も使っていて意識的に「黄な」「黄に」を使い分けているようですね。(確かに空気とか雰囲気をかもすために意図的に色の表現を多く使っているように思います)

Aベストアンサー

(*)式が間違っているように見えますが・・・。これではn=3のときにしか成立しません。
n=4のとき
P(C(1)∪C(2)∪C(3)∪C(4))
= P(C(1))+P(C(2))+P(C(3))+P(C(4))
-P(C(1)∩C(2))-P(C(1)∩C(3))-P(C(1)∩C(4))-P(C(2)∩C(3))-P(C(2)∩C(4))-P(C(3)∩C(4))
+P(C(1)∩C(2)∩C(3))+P(C(1)∩C(2)∩C(4))+P(C(1)∩C(3)∩C(4))+P(C(2)∩C(3)∩C(4))
-P(C(1)∩C(2)∩C(3)∩C(4))
というのは理解されていますか?

正しくは、
P(∪[i=1..n]C(i))
= Σ[i=1..n]P(C(i))-Σ[i1,i2=1..n, i1<i2]P(C(i1)∩C(i2))+Σ[i1,i2,i3=1..n, i1<i2<i3]P(C(i1)∩C(i2)∩C(i3))
-Σ[i1,i2,i3,i4=1..n, i1<i2<i3<i4]P(C(i1)∩C(i2)∩C(i3)∩C(i4))+…+(-1)^(n-1)P(∩[i=1..n]C(i))
となり、交互に符号が代わり共通部分を取る集合の数も1つずつ増えます。

証明の方針はあっていますよ。

(*)式が間違っているように見えますが・・・。これではn=3のときにしか成立しません。
n=4のとき
P(C(1)∪C(2)∪C(3)∪C(4))
= P(C(1))+P(C(2))+P(C(3))+P(C(4))
-P(C(1)∩C(2))-P(C(1)∩C(3))-P(C(1)∩C(4))-P(C(2)∩C(3))-P(C(2)∩C(4))-P(C(3)∩C(4))
+P(C(1)∩C(2)∩C(3))+P(C(1)∩C(2)∩C(4))+P(C(1)∩C(3)∩C(4))+P(C(2)∩C(3)∩C(4))
-P(C(1)∩C(2)∩C(3)∩C(4))
というのは理解されていますか?

正しくは、
P(∪[i=1..n]C(i))
= Σ[i=1..n]P(C(i))-Σ[i1,i2=1..n, i1<i2]P(C(i1)∩C(i2))+Σ[i1,i2,i3=1..n, i1<i2<i3]P...続きを読む

Q【図書館】市立図書館で住民票が他の市の場合は借りられないんでしょうか?

【図書館】市立図書館で住民票が他の市の場合は借りられないんでしょうか?

Aベストアンサー

住民票があるか、その市内にある企業、団体に勤めていることが条件のようですね。
場合によっては隣の市までは貸し出し可能な所もあるようですので、
該当する図書館に問い合わせてみることをお勧めします。


人気Q&Aランキング