母がプリペイド式の携帯電話をかおうと考えています。

au のプリペイド携帯にしようと思っているんですが、
色んなホームページで検索してみると、
『ぷりペイド』と『プリホン』の二種類があるみたいなんです。

*ぷりペイドの特徴
 ぷりペイドは、au(KDDI)のプリペイド式携帯電話で、
 全国のauグループのエリアでご利用いただけます

*プリホンの特徴
 プリホンはau各社のプリペイド式携帯電話のブランドで、
 ご利用できる地域は北海道・東北・北陸・関西・中国
 ・四国・九州・沖縄に限定されます。 

となっているんです。『ぷりペイド』の1000円カードは30日間
利用可能なんですが、『プリホン』の1000円カードは10日間
利用が可能と書いてありました。

私は関西に住んでいます。上記をみると『ぷりペイド』を使用した方が得なような気がするんですが、
今でも『ぷりペイド』の1000円カードは30日間利用できる
んでしょうか?

いまいちわかりにくいので誰か詳しく教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ぷりペイドの1000円カードは30日間利用可能です。


たとえ金額分使っても着信は30日間できます。
ただ、関西では電話機、カードとも入手ができません。
近い所でも、岐阜か三重まで行かないと無理です。
もちろん、相互間の電話機、カードの乗り入れもできません。
ぷりペイドは旧IDO系のサービス、プリホンは旧セルラー系のサービスなので、このような違いが出たのかもしれません。
購入の際はよく考えて決めてください。
    • good
    • 0

何のためにプリペイド携帯にするのでしょうか?


最近は PHS も良くなっています。
カード代より基本料金の安いのもあると思います。
    • good
    • 0

うちは六才の娘にTU-KAのテルミーというプリ携帯を持たせてます。

ワン切りさせてかけ直すという使い方ですが。使い方によっては普通の携帯のほうが安い場合も・・
    • good
    • 0

KDDI直轄の関東・中部圏と、それ以外のauのサービスは内容が少しずつ違うので案内がややこしいですよねぇ。



ぷりペイドは、関東・中部圏のKDDI(旧IDOエリア)で扱うサービスです。
プリホンの方は、旧セルラーグループで扱うサービスとなります。
ですので、関西のauショップなどで買う場合はプリホンしかありません。
もしもぷりペイドを利用したいとなれば関東・中部圏へ行って買うしか方法はありません。

http://www.au.kddi.com はKDDIのHP
http://www.au-mobile.com/ はau(旧関西セルラー)のHPです。
    • good
    • 0

docomo 愛用者なので詳しくは分かりませんが、下記の


サイトで確認してください。

ぷりペイドは
[首都圏] 東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、山梨
[中部圏] 愛知、岐阜、三重、長野、静岡
でしか、扱ってないようです。地域によって
ぷりペイド・プリホンのどちらかになってしまうのでは?

参考までに・・・

参考URL:http://www.au-kddi.com/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QauぷりペイドでのCメールの制限について

先日、auぷりペイド携帯を購入しました。
A1304T(2)という機種です。
ぷりペイド携帯はezweb,e-mailが出来ないのは
知っていますが、Cメールは5円/通で送信できます。

そこで、auユーザーにCメールを絵文字入りで
送信したところ、絵文字の部分だけ空白に
なっていると、返事がきました。

これもauぷりペイド携帯の制限なのでしょうか?
他にも制限がありますか?

ちなみに、ぷりペイド携帯は着信専用で購入したので
困っていることは全くありません(^^ゞ
どなたか、暇なときに回答ください。

Aベストアンサー

私の知り合いでも同じようなことを言っていたので、同じ質問でカスタマーサポートに聞いてみました。(以下)

「絵文字について」
ぷりペイド専用電話から絵文字入りでCメールを送信する場合、送信可能な絵文字が限られております。その他の絵文字を入力された場合は全角スペース(空白)で送信されます。
au電話に不調が生じているものではございませんので、ご安心ください。

※送信可能な絵文字・上記ご案内の詳細につきましては、「A1304T取扱説明書」P88をあわせてご参照ください。

そのほか、「ぷりペイドサービス」の概要については、下記にホームページにてご案内しております。
「auホームページ ぷりペイド」
http://www.au.kddi.com/prepaid/index.html

....だそうです。
自分もデザインが気に入って、A1304T(1)白・普通契約で使用しているのですが、後からぷりペイド契約に変えようとたくらんでいたのですが、それができないと後に知ってちょっとショックです。

Qauのぷりペイドの再登録可能期間に電話を受けることはできるのでしょうか

auのぷりペイドについて質問させていただきます。

完全に待ち受け専用として携帯電話を1台持とうと考えています。そこで疑問に思ったことがあるのですが、auのぷりペイドの通話可能期間が過ぎた後の、再登録可能期間中は電話を受けることはできるのでしょうか。

ご存知の方いらっしゃましたら、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>auのぷりペイドの通話可能期間が過ぎた後の、再登録可能期間中は電話を受けることはできるのでしょうか。


カタログには、「カード残高が0円でも通話可能期間内は着信可能」とあるだけなので、多分、通話可能期間外だとだめだと思います。


ちなみに1年間のカードで、1年経過前に残高が0になったことがあります。

その時に、着信専用で使えるだろうと思って放置していたら、発信者側に「お客様のご都合により・・・」というメッセージが流れて、プリペイドに電話をかけることができませんでした。 カタログには着信可能と書いてあったんですけどね・・・

Qauぷりペイド携帯からのMNP機種変について

ご覧いただき有り難うございます。

ドコモのあるスマートフォンをMNP契約するために、手元にあるauの解約済み携帯をぷりペイド契約してMNPしようと思います。

ぷりペイド契約してからMNPをするまでに必要な期間などありますか?極端に言うと今日ぷりペイド契約をして、明日MNPすることはできますか?

また、このようなことをした場合、auのブラックリストなどに載ることになりますか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>極端に言うと今日ぷりペイド契約をして、明日MNPすることはできますか?

出来ます。
チャージして開通しないとダメですけどね。
ただし、その機種が「ぷりペイド契約が出来る機種」の場合です。
出来ない機種(解約済みだと出来ないとか、もう新規申し込み出来ない機種とか)もありますので、
auで確認してください。


>また、このようなことをした場合、auのブラックリストなどに載ることになりますか?

ぷりペイド契約には「最低利用期間」がないので、問題ありません。
以前、午前中に新規ぷりペイド契約をして、その日の午後にMNP転出させたけど、何もなかったです。

Qツーカーのプリケーからauぷりペイドへの契約変更

現在ツーカーのプリケーロングを使っています。
ツーカーから契約変更おすすめのメールが来たのですが、早速
auぷりペイドへ契約変更された方ありますか?
詳しくは取扱店にてと書いてあり、ネットで調べてもよくわかりません
1、絶対契約変更しないといけないのか?
2、今じゃ(ロングなんで)¥3000で一年使えていたが、それはできなくなるのか?
直接店で聞けばいいのですが、教えてください

Aベストアンサー

こんにちは

1.KDDIは、ツーカーの事業を縮小して、auに移行させたいのです。強制ではありません。利用者の割合を見て、携帯電話の事業を撤退する場合には、強制になるかもしれません。

2.無理です。auは1万円のぷりペイドカードを365日使えるので、ツーカーよりは高くなります。

そのほかに、
・電子メールが使えなくなります。(au電話同士のCメールは利用できます。)
・プリdeEZが使えなくなります。
通話とCメール専用と考えたほうがいいでしょう。
せっかくプリケー ロングを契約しているのならば、移行しないことをおすすめします。

QKDDIぷりペイド専用電話にNTT一般加入電話からかけると料金は?

KDDIのプリペイド電話の
ぷりペイド専用電話にNTT一般加入電話からかけると料金はどうなりますか?

KDDIに問い合せましたが
一般電話での通話料金となりますので、弊社にてお客様の通話料は分かりかねる旨
回答を受けました。
誰が料金を決めているのでしょうか?

Aベストアンサー

 いまのところ、一般電話と携帯電話との通話の場合、どちらからかけたかにかかわらず、原則的にはには料金設定権は携帯電話会社にあります。
 auの料金体系としては(関東地区の場合)、NTT一般電話か
ら発信した場合、相手がプリペイドであるかどうかにかかわらず
<平日昼間 平日夜間・土日祝昼夜 深夜早朝の順>
*関東地域とその隣接都府県 15.0秒 19.0秒 30.5秒
*その他の都道府県 12.0秒 17.0秒 25.0秒
ということになります。この秒数は10円でかけられる秒数です。
 
 それではKDDIが嘘を言っているのかというと、そういうわけではありません。
 と言いますのも、最近一部の電話会社で一般電話から携帯電話への通話料割引サービスが提供され始めたからです。例えばBBフォンの場合、携帯電話へは1分20円~25円でサービスされてます(参考URL)。またNTTコミュニケーションズでも3分あたり80円(20秒で8.88円)になるサービスを実施中です。BBフォンの場合、一旦アメリカを経由させて日本の携帯に着信させるという裏技のようですが(国際通話着信には携帯電話会社の料金設定権は及ばないようなので)。
 そういうわけで、こうした例外を除けば、au(KDDI)のホームページに記載されている『一般電話からau電話に発信した場合』の料金がかかるということになります。KDDIからのメール回答はこうした例外も含めている点では的確であると言えます(但しあまり親切ではないようですが)。

参考URL:http://bbpromo.yahoo.co.jp/promotion/phone/index.html,http://www.ntt.com/shop/service/c_choice/index.html

 いまのところ、一般電話と携帯電話との通話の場合、どちらからかけたかにかかわらず、原則的にはには料金設定権は携帯電話会社にあります。
 auの料金体系としては(関東地区の場合)、NTT一般電話か
ら発信した場合、相手がプリペイドであるかどうかにかかわらず
<平日昼間 平日夜間・土日祝昼夜 深夜早朝の順>
*関東地域とその隣接都府県 15.0秒 19.0秒 30.5秒
*その他の都道府県 12.0秒 17.0秒 25.0秒
ということになります。この秒数は10円でかけられる秒数です。
 
 それではKDDIが嘘を言...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報