親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

先ほどこんな記事をみました。
日本の技術では戦闘機は作れないのでしょうか?
http://www.asahi.com/national/update/0827/TKY200 …

=====================================
 〈F2支援戦闘機〉 米空軍のF16をベースに、日米で初めて共同開発した戦闘機。開発は89~98年までの予定で始まったが、強度の異常や主翼の欠陥などが見つかってたびたび延長。00年までかかり、開発費も約3700億円に膨らんだ。これまでに60機以上が納入され、青森県の三沢基地などに配備されているが、防衛庁は04年12月、予算削減を受けて、130機調達する計画を見直し、98機で打ち切ると発表した。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

結論から言えば、作れません。


作るための技術的なポテンシャルがあることと、使える物を作れることは違います。しかし、その理由は、既出の回答にあるような予算不足や経験不足ではありません。人間の質の問題なのです。

日本人は、トランジスタラジオやウォークマンのような技術工芸品的な小さな製品の開発・生産には優れた才能を発揮しますが、戦闘機やロケットの開発のような巨大な技術集約型のプロジェクトは苦手です。例えば、、、

旧ソ連は、1961年に有人衛星ボストークの打ち上げに成功していますが、日本のロケットは失敗が多く、ただの金食い虫になりつつあります。40年以上前のソ連のロケットと比較して現在の我が国のロケットが技術的に優れていることはいうまでもありませんが、しかし、成功しなければ無意味・無価値です。ギリギリの予算で、世界最高水準の経済性の追求という目標を追求した結果、打ち上げの成功率の低さという致命的な弱点をさらけ出す結果となりました。巨大プロジェクトを遂行する第一歩、即ち、開発目標の設定の段階で背伸びをしすぎたのです。

戦闘機やロケットのような巨大な技術集約プロジェクトを遂行するためには、プロジェクト全体をまとめ各部門を牽引する機関車役のリーダーが必要です。リーダーは、ともすれば専門的興味に走りがちな各部門の専門家の尻を叩き、手綱を引き締め、よそ見をさせず、隣の馬と歩調を合わせて走らせなければなりません。リーダーは、視野の狭い専門家という馬を使いこなす御者なのです。残念ながら我が国には、トップレベルの馬はいても、その馬を統率できる御者が育っていないため、エンジンだけ、翼だけ、というよう単品レベルでは優れた成果を得られても、プロジェクト全体を大成させることがでいないのです。

もし、我が国が独自に戦闘機の開発を行えば、技術的に高度でムダ(余裕)のない、しかし高価でデリケートで、ベテランパイロットでないと乗りこなせないような気難しい戦闘機ができるに違いありません。そして、設計上の余裕(ムダ)が乏しいため不具合が見つかっても抜本的な対策を講ずることができず、ツギハギ・小手先の対策を積み重ね、ムダ金と時間を費やし、結局、実用品の域に達しないうちに陳腐化してしまうでしょう。F-2がそうであったように。

ユーザーに歓迎されない実験的工芸品を無理に開発するよりも、実績ある外国製品を導入するほうが利口です。F-2の打ち切りは、遅すぎた決断だったと思います。
    • good
    • 0

日本の技術では「飛行機」は作れても「戦闘機」は作れないでしょう。


現在想定されている制空戦闘(要撃戦闘)も支援戦闘も戦闘機(とそのパイロット)単独の判断およびスキルでなされるのではなく、早期警戒システムや地上支援システムとのデータリンクが不可欠となっています。
そういったコンピュータ関係の莫大なハード&ソフトの蓄積は残念ながら米国が最も進んでいます(さすがに実際に戦争をやっているだけに)。
そういう意味で日本単独の技術では「戦闘機の格好をした飛行機」は作れても、本当の意味での戦闘機は作れない、でしょう。
    • good
    • 0

日本の技術で、世界に通用する戦闘機は作れます。

ただし、戦闘機用エンジンはまだ純国産の経験はありません。
F-1も機体は国産でしたが、エンジンは輸入でした。
戦闘機以外のYS-11、MU-300もそうでした。
F-2は当初計画時、機体は純国産の予定でしたが、アメリカのごり押しで米軍のF-16を改造することになってしまいました。
技術的に、国産可能と言っても、生産機数が100機前後では投資効果が極めて悪く、一機あたりの価格が高くつくという問題点があります。米国では何千機と作りますから
単価も安くなります。
    • good
    • 1

以前には、純国産の戦闘機としてF-1支援戦闘機を造っていました。


でも、造るコストを考えたら採算性が無いのでしょう。

国家予算もないし(政府の借金が国民一人あたり数百万円とか)、
造っても売り主は日本国政府だけですから(武器輸出禁止原則で)。

買うアテもない無いものを造ってもしようがないので、造らないだけです。
その技術を、民生用に使ってはいます。
日本のエンジンを使ったジェット旅客機(たしかエアバス社)が空を飛んでいますし、ボディも国内で生産してます。
    • good
    • 1

作れないのではなくて、作る必要が無いのです。


日本は戦争というくだらない行為をしない国ですから。
実際には軍隊持ってますけどね。
真実は、日本が軍国化していく理由に、アメリカに飯を食わせるため、ですから、アメリカの武器を買わずに日本で作ったら日本が軍国化する意味が無いでしょう?自民党はどっちでも儲かるし、政治資金をより多くくれる国産企業の方がおいしいため支援するわけです。

いずれいせよ、殺人破壊兵器です。そんなもの必要ありません。もっとまともな事に技術を使うべきです。

しかしながら、日本の航空技術というものは、製造も運用も世界レベルでは大変下です。危なくて困ります。
    • good
    • 2

一応、純国産の戦闘機は存在しますが。


http://ja.wikipedia.org/wiki/F-1_%28%E6%94%AF%E6 …

F-2はF-1の後継機で本当純国産のはずでしたが、政治的理由によりF-16ベースのものとなりました。独自に作る技術はありますよ。
    • good
    • 0

戦闘機に限らず航空機(に限りませんが。

)をつくるためにはノウハウ、技術の蓄積が必要ですので、それなりに費用と時間をかけないとそうそう簡単にはできません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本は何故航空機用ジェットエンジン開発に熱心でないのか

日本は何故航空機用ジェットエンジン開発に熱心でないのか

三菱が中心となって開発しているMRJについてもP&Wのエンジンを搭載するようですし、XC-2はGE、US-2はRRのエンジンとなっています。かろうじてXP-1が国産開発エンジンを搭載するようですが…

日本は各種航空機エンジン(戦闘機含む)のライセンス生産を行っており、ノウハウは十分有していると思います。
また、規模が違いすぎますが火力発電所のガスタービンの技術力も他国と比較して引けをとるモノではないと考えています。

その気になれば開発することは可能であろうと個人的には考えていますが、以下の要因が阻害要素になっているのかと考えています。

1.コスト回収が出来ない
2.政治的配慮

1.については冷戦が崩壊した今、武器輸出云々の規制も意味をなしていない状態ですし、産・官・学が連携して開発をし、MRJのような航空機の需要が今後伸びるとされているのなら、積極的に売り込みを図ればペイできるのではと考えています。
スーパークルーズを視野に入れた戦闘機用エンジンについては、かなりハードルが高いとは思いますがH2ロケットのエンジンを開発した経緯を見れば不可能ではないのではないかと考えます。

2.が最大の難問で米国の干渉が予想されます。F2の開発の時散々横やりを入れられて、結局おいしいところだけを持って行かれた(複合カーボン繊維技術等)だけでしたし、FXの選定でもかなり米国サイドからの圧力がかかっているようです。また、特亜もやいやい言いがかりを付けるのは目に浮かびます。

費用対効果で意味が無いじゃないか、という意見がかえって来るであろうことは予想しておりますが、我が国の技術レベルの維持、国防能力の担保のためには多少のコストは目を瞑るべきではないかと考えております。(三菱を筆頭とした軍需産業の悪癖は弾劾すべきですが)

以上、識者の皆様からのご意見を賜れたら幸に存じます。

カテ違いということでしたら、適切なカテを紹介して頂けたら幸甚です。

日本は何故航空機用ジェットエンジン開発に熱心でないのか

三菱が中心となって開発しているMRJについてもP&Wのエンジンを搭載するようですし、XC-2はGE、US-2はRRのエンジンとなっています。かろうじてXP-1が国産開発エンジンを搭載するようですが…

日本は各種航空機エンジン(戦闘機含む)のライセンス生産を行っており、ノウハウは十分有していると思います。
また、規模が違いすぎますが火力発電所のガスタービンの技術力も他国と比較して引けをとるモノではないと考えています。

その気になれば開発すること...続きを読む

Aベストアンサー

開発はできますよ。しかしコマーシャルベースで世界中に売るとなると、アフターサービスの問題が出てきます。

これが日本を始めアメリカ・イギリス以外の国がコマーシャルクラフト用のエンジンを開発しない一番大きな理由です。

ホンダは確かにエンジンを含めてすべて自社開発し、認可をとりましたが、飛行機を売るためには、サービス網を構築する必要があり、結局エンジンに関してはGEと提携して共同ブランドで販売することになりました。
参考:http://www.nikkeibp.co.jp/archives/291/291683.html

GEとしては、小型のエンジンが無かったため、ホンダのエンジンを使ってビジネスジェットのエンジンを売り込めます。ホンダとしては、世界中に広がっているGEのサービス網にエンジン部品を供給し、整備用のマニュアルなどをそろえれば、自前でアフターサービスをしなくてもよいので、どちらにも徳になるわけです。

ちなみに、日本はYS-11という純国産飛行機がありました。これが商業的に失敗したのは、官民の責任分担がはっきりしていないかったことなのですが、その責任分担の大きなウェートを、世界中へのサービス網への投資を誰が行うかということでもめた、という理由がしめています。

三菱が開発するMRJもエンジンは外注ですし、ボーイングやエアバスですら自社生産せずにGE・P&W・R&Rから選んで取り付けます。

これが商業用エンジンを開発しないおおきな理由です。
また国防上の必要からいえば、たしかに国産化することも考えてもいいのでしょう。しかし、日本の自衛隊ですら、アフガンやイラクに派遣される時代です。エンジンに大きな故障があったら、現地で修理するしかありません。
外国に遠征する可能性の高い機体はむしろ外国製のエンジンをつんでいるほうが非常時に安心です。

戦闘機は確かにコストを度外視してでも国産化するほうがいいかもしれませんが、FS-Xの機種選択のときに日本の独自開発で決まりかけたところをアメリカのごり押しで変更になったという経緯もあったように、政治的な思惑もありますね。
最近もアメリカの議会がF22を日本にだけは売ってもいいのではないか、という議論をしているタイミングで生産終了が決まり、今の日本の次期主力戦闘機の選択に影響を及ぼしています。

個人的にはユーロファイターのライセンス生産でブラックボックスがない、ほうが日本のためになると思いますが、最近アメリカ政府高官が日本に対して「ユーロファイターなんかにしたらどうなるか分かっているだろうな!!」と恫喝したというニュースもありましたので、きわめて高度な政治的配慮があるのだと思います。

開発はできますよ。しかしコマーシャルベースで世界中に売るとなると、アフターサービスの問題が出てきます。

これが日本を始めアメリカ・イギリス以外の国がコマーシャルクラフト用のエンジンを開発しない一番大きな理由です。

ホンダは確かにエンジンを含めてすべて自社開発し、認可をとりましたが、飛行機を売るためには、サービス網を構築する必要があり、結局エンジンに関してはGEと提携して共同ブランドで販売することになりました。
参考:http://www.nikkeibp.co.jp/archives/291/291683.html

GEと...続きを読む

Q日本でF4並みの戦闘機はすでに完全国産できる?

あの戦闘機をライセンス製造でなくて、設計図書いて、自前だからブラックボックスなんてなくて、完全に国産できる能力があれば日本は2014年現在すでに戦闘機輸出大国になっている可能性が高いですか。
それともあのレベルでは途上国に売っても大儲けは難しくて、最初期のF15ぐらいの性能は確保されてる必要がありますか。
低性能低価格機は戦闘機の世界ではどのくらい需要があるのでしょうか。
どのくらいの水準の戦闘機やエンジンを製造する技術力があったら日本が主要な戦闘機製造国として世界から一目置かれるのか。
また、日本の現在のエンジン製造技術は大体何世代の戦闘機のレベルか、おしえてください。

Aベストアンサー

>あの戦闘機をライセンス製造でなくて、設計図書いて、自前だからブラックボックスなんてなくて、完全に国産できる能力があれば日本は2014年現在すでに戦闘機輸出大国になっている可能性が高いですか。
 ⇒なっている可能性はゼロです。これまでは武器輸出三原則が生きていましたし、今後もオールハンドではありませんので。売れないものを作りはしませんよね。

>それともあのレベルでは途上国に売っても大儲けは難しくて、最初期のF15ぐらいの性能は確保されてる必要がありますか。
 ⇒F4とF15では世代が違いますので、それを同列にして比較するのは無理だと思います。ちなみに途上国でF15を保有している国はありません。買ったって整備ができませんので。

>低性能低価格機は戦闘機の世界ではどのくらい需要があるのでしょうか。
 ⇒低性能低価格機の基準がわかりませんおで何とも言えませんが、第三世界では今でもMig-21の需要があるくらいですので、それなりに引き合いはあると思います。

>どのくらいの水準の戦闘機やエンジンを製造する技術力があったら日本が主要な戦闘機製造国として世界から一目置かれるのか。
 ⇒現時点でもそれなりに一目は置かれていますよ。対艦攻撃機としては世界一級のF-2を開発していますし。

>また、日本の現在のエンジン製造技術は大体何世代の戦闘機のレベルか、おしえてください。
 ⇒第三世代から第四世代くらいではないでしょうかね。XF-5エンジンでは推力重量比8/1を達成していますので、第四世代のF-15が装備しているF100エンジンよりも上かもしれませんね。

>あの戦闘機をライセンス製造でなくて、設計図書いて、自前だからブラックボックスなんてなくて、完全に国産できる能力があれば日本は2014年現在すでに戦闘機輸出大国になっている可能性が高いですか。
 ⇒なっている可能性はゼロです。これまでは武器輸出三原則が生きていましたし、今後もオールハンドではありませんので。売れないものを作りはしませんよね。

>それともあのレベルでは途上国に売っても大儲けは難しくて、最初期のF15ぐらいの性能は確保されてる必要がありますか。
 ⇒F4とF15では世代が...続きを読む

Q北朝鮮と同性能の弾道ミサイル日本は作れますか

先日、韓国が回収した北朝鮮と同性能、というかアメリカ、
ロシアまで射程に入る弾道ミサイルは日本の今の技術で
作れますか?

政府関係者の話では、地下施設で純日本性の核を開発
出来るんですから、出来ない事はないと思いますが。

あるいは、韓国が回収した弾道ミサイルやその構造情報
を日本へ渡したり、それらの可能性も含めて、何かご存知
の方、噂を聞いた方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

弾道ミサイルの推進力をさらに強化すると人工衛星を打ち上げられます。推進力をさらに強化すると地球の重力外、月や火星へのロケットになります。日本は人工衛星を普通に打ち上げていますから、弾道ミサイルの作成は余裕で可能です。

ただし、弾道ミサイルに載せられる重量で十分な破壊力を持つためには核弾頭が必要なんですね。これについては政治的および外交的問題がかなりあると思います。

Qなぜ日本の海上自衛隊の潜水艦が世界一の軍事技術なの

なぜ日本の海上自衛隊の潜水艦が世界一の軍事技術なのでしょう?

米国アメリカ海軍の原子力潜水艦より性能が上な理由を教えてください。

Aベストアンサー

>なぜ日本の海上自衛隊の潜水艦が世界一の軍事技術なのでしょう?

音が静かで深く潜水できるからです。

まず、日本の海上自衛隊のような通常動力型潜水艦と米海軍の原子力潜水艦とでは使われ方が全然違います。

原子力潜水艦は速度が速いが音がうるさい、だから敵に見つかる可能性が高い。
原子力潜水艦の使われ方は、敵を攻撃したら後はバンバン音を出して高速で逃げる戦法。

通常動力型潜水艦は速度は遅いが音は静か、だから敵に見つかる可能性は原子力潜水艦より低い。
通常動力型潜水艦の使われ方は、敵を攻撃したら見つからないようにひっそりと隠れる戦法。

どっちの戦法を使うかですよ。
敵に見つからないようにひっそりと隠れる戦法では日本の海上自衛隊の潜水艦の方が上なんです。

ただ見つかっちゃったらもう終わりですけどね。速度が遅いので逃げ切れない。


人気Q&Aランキング