こんにちは。

高村薫さんの「リヴィエラを撃て」、「李歐」や、東野圭吾さんの「白
夜行」、宮部みゆきさん「火車」 ..のような、「逃亡生活を続ける主
人公」、「過去や正体を隠して生きる主人公」が出てくる小説を探して
います。

いつまで逃亡を続けるのか? 希望は??? そんなところに、何とも
言えない悲劇性や人間の強さ・愚かさ..を感じてしまうのです。

(交番に張ってある指名手配犯の写真を見るだけでも、ドキドキしてし
まいます。リアル逃亡者ですから.. )


# 先日、10年前に神戸の某ホテルで暴力団幹部を射殺して逃亡、指名
# 手配を受けていた容疑者が、変わり果てた姿で遺体で発見された..
# というニュースを見ました。(持っていた通帳には2,000万の残額が..) 
# このニュースを見たときも、この容疑者の10年間の逃亡生活の様を
# 想像して何とも言えないドラマを感じてしまいました。 
# 「ドラマ」なんて言うと不謹慎ですが..。


そんなおすすめの小説がありましたら、ぜひご紹介ください。フィクショ
ン/ノン・フィクションは問いませんが、できれば国内の作家さんの作
品が良いです。

既読のモノを記しておきます。

・上記の4作品
  (どれも、面白くて印象的でした。)
・松本清張さん「砂の器」
  (これも面白かったです。)
・高村薫さん「マークスの山」
  (マークスは健常者ではないので..リアリティに欠けました。)
・福井晴敏さん「川の深さは」
  (リアリティが無くドタバタ劇すぎてあまり好きじゃないです。)


よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

逃亡劇で思い出したのが



帚木蓬生「逃亡」
太平洋戦争時、憲兵だった主人公が、終戦とともに憲兵狩りから逃れて逃亡生活を続ける話です。
文庫で上下巻とちょっと長いですが、読み応えはあると思います。

質問者様の好みに合えばいいのですが…。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/%9003%4ea1%3008%4e0a%300 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは ご回答をありがとうございます。
帚木蓬生さん、以前、読んだことがあります。「三たびの海峡」..だったかな。 重厚さと繊細な描写の両方を感じる文章だったことを覚えています。
ご紹介の「逃亡」..帚木さんの文体に合いそうなストーリーですね。 舞台設定が現代では無いですが、日本人としては知っておくべき過去の戦争題材..とのことなので、手にとって見てみようと思います。

ありがとうございました!

お礼日時:2006/09/03 17:14

逃亡者でハラハラしたのは



スティーヴン・キング バトルランナー です。

シュワちゃんが演じた映画原作。近未来の話。
賞金目当て、難病むすめのため、命がけの逃亡するハメになる。原作では30日間逃げ切れれば、という映画と違う設定。読んでて、自分が時効待ちの殺人犯な気分になってしまいました。

映画と原作でずい分、作風が違う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは ご回答をありがとうございます。

バトル・ランナー ..映画は見たことがあります。
たしかに逃走劇でしたね ^^

じつは、キングさんの作品は何度かチャレンジしたことが亜あるのですが、いずれも途中で断念してしまっています。 「翻訳だから読みにくい」っていうせいにして居るんですけどね ^^ 

でも それももうずいぶん前のことなので、また機会を見て読んでみようと思います。

ありがとうございました!

お礼日時:2006/09/03 17:24

私の場合はノンフィクションにより興味を覚えます。


大下英二の『魔性 福田和子 整形逃亡5459日』は福田和子の逃亡生活を描き切っていて、その人生について、なにか人間の悲しさを感じました。
佐木隆三の『三つの墓標』はオウム事件の坂本弁護士殺害事件を扱ったものてすが犯行現場の詳細な描写や、その後犯人達の逃亡の状況など背筋が寒くなります。
あと、西村望の『薄化粧』もオススメで、凶悪な犯罪者の逃亡生活を描き、その鬼才振りを発揮しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは ご回答をありがとうございます。

ノン・フィクション.. たしかにこれ以上のリアリティはないですね。 

福田和子のものと薄化粧に興味があります。

できれば 「ルポ」というカタチでの表現ではなく、「事実を基にした(またはそのまま表現した)物語」っていうものがいいな と思っています。
ご紹介の作品はどちらかなぁ.. と思いながら、今度本屋さんで探してみますね。

どうもありがとうございました!

お礼日時:2006/09/03 17:19

椎名誠「走る男」


パンツ1枚で逃走している男の話
大西講二「筑豊に生まれて」
無実の罪で逃走している男の話

マンガでいいなら
和田慎二「大逃亡」
無実の罪で刑務所に入れられたマリアの話、スケバン刑事にリンクします。
篠原千絵「逃亡急行」
事件記者が無実を訴える男と真相究明のため、逃亡しながら証拠を集める話
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは ご回答をありがとうございました。

「筑豊に生まれて」 ..なんか良さそうですね。 こういう暗い重厚感
の感じられる物語を探していました。 これは読んでみないと! って
思います。

ハッピー。エンドじゃなく、バッド・エンド(っぽい)の物語のほうが
好みなのかもしれないな ..と気づきました いま  ^^;

ありがとうございました!

お礼日時:2006/09/01 16:48

文学になってしまいますが、



ドストエフスキー『罪と罰』
http://www.amazon.co.jp/%7f6a%3068%7f70%3008%4e0 …

がおすすめです。殺人を犯すシーンなんかはまさにサスペンス。読んでいてぐいぐい引き込まれます。逃亡生活ということではありませんが、次第に包囲網が狭まってくるハラハラ・ドキドキ感は最高です。文学ということで敬遠なさる方も多いですが、難しくなく、読みやすいです。

あとは
ロバート・ラドラム『暗殺者』
http://www.amazon.co.jp/%6697%6bba%8005-%4e0a/dp …

もおすすめです。マット・デイモン主演『ボーン・アイデンティティー』の原作です。
記憶を失ったCIA工作員の主人公が彼を消そうとする謎の組織の手によって様々な殺し屋に追われながら自分の正体を探って奔走するサスペンス小説です。アクションシーン、心理戦全てがとてもスリリングに描かれていて面白いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは ご回答をありがとうございました!

うーん.. 正直なところ、翻訳モノは、文章が不自然な印象を受けるせ
いかリアリティが感じられず、とっても苦手なのですが.. 

「罪と罰」については、sum41chuck さんのご紹介分を読んでちょっと
興味を持ちました..有名な文学作品って言うことで、「読んだ」ってい
うだけでハクがつきそうですし ^^

本屋さんでパラパラめくってみて、抵抗感がなければ読んでみようと思
います。

ありがとうございました!

お礼日時:2006/09/01 16:47

こんにちわ。



船戸与一さんの『非合法員』は、いかがでしょうか?
逃げまくるお話ですが、ちょっと血なまぐさいかもしれません。^^;

西村京太郎さんの『脱出』も逃亡劇で、ドキドキします。

あと、純粋な逃亡劇では無いんですが、詐欺師に騙されたお陰で暴力団から
終われる羽目になった主人公が自分を騙した詐欺師を逆に追っかけて、
なんと北朝鮮に潜入する黒川博行さんの『国境』も或る意味逃亡劇です。^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは ご回答をありがとうございます ^^

船戸与一さんは、別の作品を昔に読んだことがあります。 たしかにちょっ
と 血なまぐさい 印象もありましたが、とてもドラマチックな物語で、
かつ、情景が目に浮かぶような文章だったと記憶しています。
「非合法員」ですね。 本屋さんで探してみます!

黒川博行さんの「国境」もハラハラドキドキの緊張感がありそうですね。
北朝鮮 っていうアヤしい(アブなそうな)舞台設定も、面白そうです
ね。

ありがとうございました!
 

お礼日時:2006/09/01 16:49

馳星周さんの作品はどうでしょう?ほとんどが警察やヤクザ、中国マフィアに追われ絶望的に落ちていきます。

不夜城が有名で他の作品も焼き回しが多いですが、不夜城と2作目の夜光虫は名作だと思います(特に夜光虫)。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

有名な作品ですね.. 「賞」をとった本は結構読んでいるのですが、こ
の作品は読んだことがありませんでした。

amazonでの書評を読むだけでわくわくしてしまいました。 早速、本屋
さんで探してみますね。

ありがとうございました!

 ***

まだまだ、ご回答をお待ちしていますので、みなさま よろしくお願い
いたします。

逃亡を続けたり正体を隠したりし続ける人物の苦悩や、それでも逃亡を
続ける理由となる僅かな望み(恋愛とか宿命とか..)などがリアリティ
をもって感じられるものが良いです!

お礼日時:2006/08/31 13:15

乙一著 「天帝妖孤」


ある過去のせいで、人を避けて生きてきた青年の物語です。
少し怖い表現があるかもしれませんが・・・。
犯罪者・・・とはちょっと違いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

乙一さん 本屋さんで見たことはありますが実際に作品に触れたことは
ないです。 

amazonでの書評では ホラー小説(?) とのこと。短編でお気軽に読
めそうなので、また読んでみますね。

ありがとうございました!

お礼日時:2006/08/31 13:14

赤川次郎氏の白鳥の逃亡者はいかがでしょう。

いろいろな人間関係が交わり面白いです。

参考URL:http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_search.php?pc …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます ^^

赤川次郎さんですかぁ。

「青春ミステリー」(≒ちょっと軽めな雰囲気)のイメージが強くてあ
まり読んだことがないのですが、 お勧めとあれば今度、読んでみよう
と思います。

ありがとございました!

お礼日時:2006/08/31 13:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q高村薫「マークスの山」について質問

今さらながら読みました。
「読んでおきたい本」などのランキングでは常に上位に
入るほど人気作品ということも知っています。

お恥ずかしいのですが・・・私にはとても難しく感じました。
しかも私にはどうしてマークスが被害者達を襲ったのか、動機が
最後までわかりませんでした(>_<)
マークスと被害者達との接点なんて触れてましたっけ?
白骨死体となった野村と、マークスが身内なら復讐・・・という
理由で納得できるんですが。
それとも、これは動機は関係ない小説なんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
確かに難しく感じられる本ですよね。

マークスが被害者たちを襲ったのは、
1.マークスが子供の頃両親が無理心中を図り生き延びていた際、その現場を見ていていたらしい。
2.作業現場で働いていた男(名前を忘れてしまいました)がシャベルで殺したという新聞記事を関連付けた(出所後図書館で一生懸命調べ物をしていたとき)
3.その老人と刑務所内で会った。
4.簡単な盗み(赤いもの)をしていたときに、木原に対しての遺書を見てしまった。
ので、マークスという名前も分かった。それから刑務所の時に関係を持った男性の「300万(でしたっけ)を企業から脅し取った」という言葉に重ね合わせてメリーゴーランドが回るように明るい山よりもっとすばらしいことが起こると思って犯行に及んだ。(しかし忘れっぽいマークスはその記憶を無意識の中にしか有さない)。
と私は読みましたが。いかがでしょうか。

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Q大丸心斎橋店が出てくる柴崎友香さんの小説を探していま

大丸心斎橋店が出てくる柴崎友香さんの小説を探しています。

 主人公(?)の女性が、大丸心斎橋店の前で待ち合わせをする際に、
男の子が来るまでの間に、大丸の建物の装飾を見て何かに気づき、
どうしていままで気がつかなかったんだろう、今日会う人全員に
このことを話そう、と思うシーンがある小説です。

 てっきり「その街の今は」だと思って読み返したのですが、
違いました。

 このシーンがどの小説に出てくるのか、ご存知の方が居られたら
教えてください。

Aベストアンサー

今手元にないのでうろ覚えです。「ショートカット」のなかの「ポラロイド」に大丸心斎橋店が出てきたと思うのですが・・違っていたらご容赦を。

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Qヘタレキャラが出てくる小説orBL小説

「電車男」や、「大きく振りかぶって」(マンガ)を読んでいて、なんだかヘタレキャラに癒されました。
なので、ヘタレがでてくる、小説、ライトノベルズ、BL小説を読んでみたいと思いました。
どなたか、おすすめの本がありましたらぜひ、
教えてください。

Aベストアンサー

ある意味BLの専門家でもあるのですが、健全本で。

スクウェア・エニックスの「スターオーシャンセカンドストーリー」(東まゆみ)。

アシュトン=アンカースがかなり・・・。
でもへたれですけど、時折とり憑かれてかっこよくなります。
そんなアシュトンがラブリーです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757500297/249-0416841-7478730

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Q「格闘するものに〇」の中に出てくる小説で…

三浦しをんの「格闘するものに〇」という小説の中で、
主人公が面接試験の時好きな作家とし挙げる小説家の名前、覚えていらっしゃるかたいますか?
たしか「××××彦」みたいな名前だったようナ・・・(あいまい)。
ちなみにその作家は実在する人でしょうか?
実在するなら読んでみたいな、と思うんですが、どういうのかいているんでしょう。
教えてください。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

中田薔薇彦、ですね。
実在する人物ではないようです。
しかし検索してみると、中井英夫、という三浦しをんさんが好きな作家さんなのかも、という意見が。
私も三浦しをんさん大好きなので、新たに興味が湧きました。

参考URL:http://www.esbooks.co.jp/myshop/mukyu-doh?shelf_id=03

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Q主人公が18歳前後(高校生など)のお勧めの小説はありませんか?

高校生や大学一二年生を対象に文学的文章(小説や物語など)を紹介したいのですが、できれば同じくらいの年齢の主人公が出てくる書籍を紹介し、その主人公の心情を実感してもらいたいと考えています。できるだけ多く紹介したいのですが、お勧めの本はありませんでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。良かったら参考にして下さい。
●芦原すなおさん「青春デンデケデケデケ」「東京シックブルース」
 映画化された芦原さんの出世作です(直木賞受賞)。香川の片田舎(観音寺市)でベンチャーズに憧れる高校生男子の面白く切ない青春を描いています。「東京~」はその続きといった感じで、高校を卒業し東京の大学に進学した主人公を描いています。http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18738529
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30746750
●井上ひさしさん「青葉繁る」
 最近読みました。井上ひさしさんってこんな爆笑青春記を書いているんだ!とビックリです。東北(宮城県)の伝統的名門高校の落ちこぼれ男子達の笑いとちょっとHな青春記です。時代は戦後すぐなのでちょっと古いですが、面白いです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31997124
●金城一紀さん「GO」「レヴォリューションNo.3」「SPEED」
 「GO」は映画化されましたので既読かもしれませんが、在日の男の子の恋愛と親子関係などを描いた傑作です。「レヴォリューション~」はゾンビーズというメンバーのクールで個性的な高校生の男の子達の爆笑青春記です。「SPEED」は高校生の女の子が主人公で、少しゾンビーズが出てきます。3冊ともお勧めです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31889822
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/32112109
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31559370
●みうらじゅんさん「色即ぜねれいしょん」
 みうらさんの自伝的小説で、今度映画化されるようです。京都の仏教系の男子校に通っている男の子が主人公で、とある島はフリーセックスらしいという男子高校生らしい(?)噂を聞きつけて、ギター片手に乗り込みます。爆笑青春記で何度も笑えてお勧めです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31902383
●浅田次郎さん「霞町物語」「活動写真の女」
 浅田さんの自伝的小説で、写真屋さんを営む家に生まれた主人公の高校生活を描いた話です。浅田さんらしく切なくホロリとする名品が詰まっています。「活動写真~」の方は京都大学に通う事になった学生の少し不思議な話です。映画がお好きなら気に入ると思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30746663
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31116265
●原田宗典さん「平成トムソーヤ」「十九・二十」
 「平成~」は天才的なスリの腕を持ちながら母親の過干渉に鬱屈した毎日を送る高校生の男の子の前に現れたスウガクとよばれる皮肉屋の男の子とキクチという可愛い女の子との間に繰り広げられる冒険の話です。後半はスピードがあって一気に読めます。「十九・二十」は著者の自伝的小説で、東京の大学(早稲田)に進学した著者の切ない青春物語です。親が破産したり夜逃げしたりしたのでそこら辺も書かれています。エッセイ「十七歳だった!」は一転して著者の爆笑高校生物語ですのでこちらも併せて読んでみて下さい。カバンを煮た話は爆笑でした。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/28362201
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18759492
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19759740
●乃南アサさん「鍵」「窓」
 聴覚に障害を持つ高校生の女の子の物語です。兄弟とのすれ違いや障害があるという事などを悩む主人公にふとした事件が起こります。すれ違いに少し疑問を抱きますが、最後はホロリとします。「窓」は続編で、恋愛や他の聴覚障害者との出会いも描かれて主人公が成長した様が分かります。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19855636
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30555443
●森絵都さん「リズム」
 高校生の女の子が主人公です。従兄弟との関係や出来すぎるシッカリモノの姉との関係など色々ある中で、自分なりのリズムで生きていけばよいと気づくスローで優しい話です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/09891687
●重松清さん「きみの友だち」「ビフォア・ラン」
 今の中高校生の心情を書かせたら重松さんは抜群だと思います。映画化された「きみの~」は高校生活だけの話ではなく、事故を負った小学生から大人になるまでの話です。その中で本当の友だちとは?という事は真摯に投げかけている小説です。「ビフォア~」は高校3年生のまさしく「飛び立つ前」の高校生達の話です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/32068539
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30453884
 
 長文失礼しました。良かったら読んでみて下さいm(__)m。

 

こんにちは。良かったら参考にして下さい。
●芦原すなおさん「青春デンデケデケデケ」「東京シックブルース」
 映画化された芦原さんの出世作です(直木賞受賞)。香川の片田舎(観音寺市)でベンチャーズに憧れる高校生男子の面白く切ない青春を描いています。「東京~」はその続きといった感じで、高校を卒業し東京の大学に進学した主人公を描いています。http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18738529
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30746750
●井上ひさしさん「青葉繁る」
 最近読みました。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報