骨董品店、古書店など(古物商?)が舞台の小説やまんがを探しています。
舞台でなく、話しの中にある程度登場してくるものでも構いません。
何でも読んでみたいので、話のジャンルも特に指定はないです。
お心当たりがあればよろしくお願いいたします。

今まで読んだ中で上記に当てはまるものは
 『雨柳堂夢咄』(波津彬子)
 『木島日記』(大塚英志)
ぐらいだと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

ミステリファンの自分としては、骨董品に関する小説といえば、北森鴻さんは外せません。


旗師(店を持たない骨董商)の冬狐堂こと宇佐見陶子が出てくる『狐罠』(参考URL)『狐闇』『緋友禅』『瑠璃の契り』、骨董店・雅蘭堂が舞台となる『孔雀狂想曲』、他にも『深淵のガランス』を出しています。

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30675345
    • good
    • 1
この回答へのお礼

北森鴻の作品と言うと、蓮丈那智シリーズしか読んでいないのですが、
冬狐堂とは蓮丈那智シリーズにもでてくるあの人のことでしょうか?
もしかして作品がリンクしているのですかね。
すごく興味あります!

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/20 09:47

「夢路行全集25 日常茶飯事」に収録されている「日常茶飯事1~9」は、骨董屋が舞台の話です。

当然かのように不思議なことがいろいろと置きます(笑)。
「Papa told me」5巻(榛野なな恵・集英社YOUNG YOUコミックス)に収録されている「EPISODE.23 ゴールデン ステアーズ」は異常に豪華な内装の古本屋が舞台で、当然かのように(笑)不思議な世界につながっています。(他の話は古本屋、骨董屋は関係ありません)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

『Papa told me』は少しだけ見たことがあったのですが、
古本屋さんが舞台のお話もあったのですね。
"異常に豪華な内装の"というのが気になるので、
5巻を購入して確かめてきます(笑)

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/20 09:38

芳崎せいむ


『金魚屋古書店』
『金魚屋古書店出納帳』

マンガです。
古マンガを扱った金魚屋古書店をめぐる、温かくほのぼのした物語です。
とってもいいので、是非読んでみてください!
あ、ちなみに「セドリ」も出てきますよ☆
    • good
    • 1
この回答へのお礼

『金魚屋古書店』1巻だけ読んだことがあります。
このまんがで"せどり"というものをはじめて知りました。
ですが、あまりなじめなかった記憶があります。
申し訳ございません…

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/20 09:40

最初に思いついたのは井伏鱒二の「珍品堂主人」です。

他にもたくさんありそうですが思いだせません。
この手のものが多い作家としては、出久根達郎さんがよいかと思います。
御本人が古書店主でもある直木賞作家です。エッセイが多いですが小説もあります。
あとは下でも出て来ている紀田先生の作品がよいでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

井伏鱒二も骨董品店ものを書かれていたんですね。
はじめて知りました!
ぜひ読んでみたいと思います。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/20 09:42

吉田篤弘さんの「つむじ風食堂の夜」には、古本屋さんとその店主の「デ・ニーロの親方」が出てきます。

脇役ですけど…いい味出してますよ。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4480421742
    • good
    • 0
この回答へのお礼

クラフト・エヴィング商會シリーズ好きなので、
『つむじ風食堂の夜』もきっと好きなタイプかと。
ぜひ読んでみたいですね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/20 09:44

最近ネット上で話題にのぼっている「せどり」を扱った作品で、「せどり男爵数奇譚」(梶山季之著)というのがあります。



最近の作品ではありません。もちろんインターネットなど無かった時代の話です。40年ぐらい前に発表された作品だったと思います。

古本屋の書棚から背表紙だけを見ながら抜き取る、ので「背取り」と云うんだ、という記述があったと思います。今の意味とすこし違いますね。
実は当時、私の身近に「背取り」を商売にしている人がいたので、すごく面白く読んだ記憶があります。やや推理仕立ての作品ですがお薦めの一冊です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

"せどり"、いま話題になってるんですか、全然知らなかったです。
なんだか皆さん"せどり"のお話をあげられるので不思議に思っていたところです(笑)

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/20 09:49

骨董店は出てきませんが、骨董が出てくるまんがなら、「へうげもの」(山田芳裕:週刊モーニング)はいかがでしょう。

古田織部が主人公の戦国ものですが、話の随所に焼物や茶道の逸品がでてきます。
「雨柳堂~」を読まれたのなら波津さんの「唐人屋敷」にも美術品骨董に纏わる話がありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

戦国ものも大好きなので『へうげもの』読んでみようと思います。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/20 09:51

■小説


清水文化「ラジカルあんてぃ~く」「ヘッポコあんてぃ~く」
主人公の少年が祖父の骨董屋「古色堂」の経営をしています。
御堂彰彦「付喪堂骨董店」
アンティークショップに集まる怪しげな道具が引き起こす事件
■マンガ
よしながふみ「西洋骨董洋菓子店」
骨董の置いてある洋菓子屋の話

■同人誌
思惟,とらじゃ「水夢骨董堂」
http://sinon.cside.biz/1925/index.html

>舞台でなく、話しの中にある程度登場してくるもの
小畑健「ヒカルの碁」番外編で少女の盗まれた皿を取り返す話
JET「十兵衛紅変化」少女が十兵衛に変身するキッカケの懐刀を手に入れます
和田慎二「大逃亡」勝手に売却された形見の懐刀(実印入り)を買い戻します
    • good
    • 1
この回答へのお礼

『西洋骨董洋菓子店』は憧れです。
あんなケーキ屋さんあったら通ってしまいます。
あそこに住んでみたい。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/20 09:52

「はこいり良品」井上トモコ


 古本屋の看板娘を主役にしたほのぼの4コマ漫画。

「骨董あなろ具屋」山野りんりん
 商店街の片隅にある、ちょっと不思議なものを扱う骨董店の話。

「ブラック商会変奇郎」藤子不二雄A
 「シャドウ商会変奇郎」として単行本化されたこともあり。骨董品店の少年を主人公にしたブラックなお話。

とりあえず漫画ばかりですが思いついたものを。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

"変奇郎"なつかしいです!
そういえば子供の頃に倉庫にあったこの本を見つけ、恐々読んだ記憶が。
久しぶりに読んでみようかと思います。

そういえば『骨董あなろ具屋』もほのぼの不思議で結構好きでした。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/20 09:55

こんにちわ。

ご参考になればと思います。
------------------------------------------------
■「月魚」三浦しをん
『無窮堂』と言う古本屋さんが舞台です。
先日直木賞を受賞された作家さんですが、
あまりこの作品の評価は高くないようです・・・。
------------------------------------------------
■参考↓
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4043736029/sr …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考リンク見てきましたが、確かに評価はあまり高くないようですね。
ですが『格闘するものに○』はわりと楽しめたので、
こちらの作品も読んでみようと思います。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/18 23:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q明治時代が舞台の小説を読みたいのですが

明治時代が舞台の小説を読みたいのですが、範囲が広すぎて誰が面白いのか全く解りません。
明治時代というとちょっとジメジメした感じのある、外国文化が入ってきた混沌とした感じが好きなのですが、お薦め本などあったら紹介してくださると嬉しいです。

自分で読んでみて面白かったのは
小野不由美の東京異聞。

宜しくお願い致します

Aベストアンサー

司馬遼太郎の代表作の一つ「坂の上の雲」をお薦めします。
松山出身の秋山好古・真之兄弟、そして正岡子規という3人の若者が新しい国家の建設に尽くし、またそれにふさわしい文化を育むために奔走する姿が生き生きと描かれています。
陸軍の軍人になった秋山好古は、ほとんど何もないところから陸軍騎兵部隊を世界最強のロシアコサック騎兵部隊に伍するところまでに育てあげます。
弟の秋山真之は海軍に進み、日本海海戦における斬新な戦術をあみだし、世界海戦史上例を見ない完勝への道を開きます。
正岡子規は、文学者として、俳句・短歌を革新し、だれもが使う日本語の散文をつくりあげます。 
この3人に代表される明治の青年がもっていた青雲の志、いや、明治期の日本そのものを主人公とした物語といえます。
司馬遼太郎によれば、明治維新後、日露戦争までという三十数年は、非常に楽天的な時代であって、この時代の人びとは、前のみを見つめて歩き、のぼってゆく坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲が輝いているとすれば、それのみを見つめて坂をのぼっていくというのです。これが「坂の上の雲」という題名の由来となっています。
かなりの長編ですが是非お読みください。

司馬遼太郎の代表作の一つ「坂の上の雲」をお薦めします。
松山出身の秋山好古・真之兄弟、そして正岡子規という3人の若者が新しい国家の建設に尽くし、またそれにふさわしい文化を育むために奔走する姿が生き生きと描かれています。
陸軍の軍人になった秋山好古は、ほとんど何もないところから陸軍騎兵部隊を世界最強のロシアコサック騎兵部隊に伍するところまでに育てあげます。
弟の秋山真之は海軍に進み、日本海海戦における斬新な戦術をあみだし、世界海戦史上例を見ない完勝への道を開きます。
正岡子...続きを読む

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Q古書店(ブックオフなどのチェーン店でないところ)をよく利用される方にお

古書店(ブックオフなどのチェーン店でないところ)をよく利用される方にお訊ねします。
先日、アマゾンを通して、堀江敏幸さんの「ゼラニウム」を初版発行時の定価よりちょっと高い値段で購入しました。芥川賞をとられた翌年で、発行部数も控えめだったのかなと思います。叱られそうですが、定価より高い値段で本を買うのは、はじめてで、ちょっと悩みました。(この本、あれこれ調べた範囲では在庫なしばかりでした。)
シリーズもの・ミステリー等以外は、なるべく、実際に手にとり、読みたい本は決めたいと思っています。しかしながら残念なことに、古書店街や大きな図書館に行く余裕、時間などがありません。
本屋で買おうかな…と思ったら思い切って買え!と書店員さんか書評家の方が雑誌で主張されているのを以前読みましたが、皆さんは今回の私のような経験はありますか。(現在執筆活動をされている作家さんの本で)
素人でもわかりやすいよう、ご自身の経験例をあげ具体的に語っていただければと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

今回の貴方ように「品切れ重版未定」の作品に
出会ってしまった場合、出版社や
『復刊ドットコム』などに重版リクエストをし
思いの丈をぶつけることにしています

絶版(特に再販できない事情アリ)の場合は
仕方がないので古書店のお世話になることも
ありますが
それでも定価以上で購入することはありません

だって、どんなに高額を支払っても
古書店の儲けになるだけで
作家には1円も入らないなんて可哀想です...

無論、作家さん自身がファンのために積極的に
絶版本の自費出版を行っている場合は
多少高額でも直接購入するようにしていますよ

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Q洋古書の入手

英語の本をがんがん入手したいとおもっているのですが、安くで洋古書を売っているお店を教えて教えていただけませんか。Amazonなどのネットショップではなく、東京、横浜近辺の店舗でお願いいたします。

Aベストアンサー

洋古書の専門店はずいぶん減りました。
新刊のペーパーバックが安く手に入るようになりましたからね。

恵比寿のGood Day Booksは品揃えが豊富です。
在日外国人の利用も多く、多読用の本をがんがん買うにはうってつけだと思います。

参考URL:http://www.gooddaybooks.com/contents/home?language=japanese

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Q鳥取・島根・神戸・京都・大阪の古書店

鳥取・島根・神戸・京都・大阪の古書店を教えて下さい。
初版本や直筆入りなど珍しい古書を探しています。
例えば大道書房の書籍や推理算術、冒険少年など
売っているところがあれば嬉しいです。

Aベストアンサー

●("日本の古本屋"より、都道府県別の)古書店検索→http://www.kosho.or.jp/servlet/shopkensaku.ksS001
●("スーパー源氏"より)"古書店(マップ)"→http://sgenji.jp/search/shopmap.html
等のURLを活用し探し出す辺りしかアプローチは残されていない感じがしますけども!?

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

QPC関係の書籍がたくさんある古書店

を探しています。仕事の関係で、古いソフトを使わざるを得ないのですが、いかんせん5年前のバージョンのなので、教本関係が入手できません。

具体的にはIBMのLotusNotesドミノというアプリのVersion4.6です。

PC関連の書籍が充実してる古書店、知ってたら教えてください!

Aベストアンサー

https://service1.media-com.co.jp/lotus/lotshohin.asp?pkb_flg=1
http://www.ohmsha.co.jp/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/market/nb9803.htm
http://www.bookmall.co.jp/

参考URL:http://store.nikkeibp.co.jp/item/main/148222804380.html


人気Q&Aランキング