最近、三島文学に興味を持ちはじめたのは良いのですが、
その崇高な作品世界に接触を拒否されていると言う恥ずかしい有様です。

本題に入りますが、中公文庫刊の「三島由紀夫 未発表書簡
ドナルド・キーン氏宛の97通」の”著者紹介”において、「三島由紀夫」
でなく「三島由起夫」と表記されていました。

誤植としてはあんまりと思いますので、これはどちらでも良いのでしょうか?

もう一つと言ってはなんですが、このペンネームの由来などはあるのでしょう
か?
上記の書物の感想ですが、意外に謙虚な三島さんの姿勢に、これまでのイメージが一新されました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

三島由紀夫です。


起は、明らかな誤植です。
名前は、学習院中等科の恩師「清水文雄」が考えた、といわれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あらら、誤植ですか。

結論が出たようなので、この辺で打ちきりたく思います。

お礼日時:2002/05/05 03:37

「由紀夫」だと思うのですが。



私は、その漢字を(恥ずかしいことに)ずっとうろ覚えだったのですが、
「三島由紀夫レター教室」を読んだ時に、・・・手紙の宛名を間違えられ
ていると腹が立つ、「由起夫」なんて書いてあると封をあけて読む気にも
ならない、みたいな内容の記述があったように思います。
今、その本が手許にないのですが、当時、その文章を読んで、あわてて
表紙で名前の字を確かめた記憶がありますので・・・。
(そこでの誤字の例が「由起夫」だったかは正確に思い出せませんが)

ちょっと自信がないので、よろしければその本で直接確かめて
いただくほうが確実かと思います。不確かな情報ですみません。
(私の読んだのは筑摩文庫なので、その紹介を下記URLに)

 この本、すごく面白いので、おすすめですよ!
 文学作品とは一味違って、なかなか楽しめます。

参考URL:http://www.esbooks.co.jp/bks.svl?start&CID=BKS50 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「レター教室」なるものがあったのですか。
文面から察するになかなか激しそうで、面白そうですね。
早速読んでみます。
もしそれが、「由起夫」であったら、かなり衝撃的な
誤植という事になるのでしょうか。ううん。

お礼日時:2002/05/05 03:32

ずっと、由紀夫だと思っていました。


多くの文献はこっちで載っているようですが、
検索すると由起夫でもひっかかりますね。
真偽はわかりかねます。すみません。
下記のページに問い合わせてみてください。
気になりますね。

それから、
http://www.vill.yamanakako.yamanashi.jp/bungaku/ … で
質問等を受け付けているようですので、
聞いてみては如何でしょうか。

ペンネーム「三島由紀夫」は、伊藤左千夫の名にヒントを得ているそうです。

参考URL:http://www.vill.yamanakako.yamanashi.jp/bungaku/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんです、検索に割りと引っかかるのが、
引っかかります。

URLの紹介ありがとうございます。
玄人の方が多そうで、ちょっと恐いですね。

伊藤左千夫ですか、初耳です。調べてみようと思います。

と言うわけで、まだまだ受付中。

お礼日時:2002/05/04 06:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三島由紀夫初心者におすすめの小説を教えてください

現在、三島由紀夫著『音楽』を読んでいるのですが、三島文学にしては文体がくだけていて、にも関わらず美しい文章でストーリーも面白く、大変ハマっています。
そこで、他にもこの『音楽』ように読みやすい三島由紀夫の小説がありましたら是非教えていただきたいのです。
ちなみに『潮騒』も読みやすかったですが、こちらはストーリー的に魅力を感じませんでした。
それとは逆に『禁色』『美徳のよろめき』は内容的には大変惹かれたのですが、私にとっては難解な文章でわかりづらかったです。
(次はとりあえず『金閣寺』に挑戦してみようと思っています)
三島文学初心者にもわかりやすい作品、よろしくお願いします。
(随筆や戯曲より、やはり小説がいいです)

Aベストアンサー

こんにちは、私も最近になって三島文学に目覚めた者です。

初心者にもわかりやすい作品とのことですが、角川文庫から出版されている『夏子の冒険』をお薦めいたします。
非常に読みやすくて面白い!三島作品とは思えない程の爽快感をおぼえる一冊です。恋愛あり冒険活劇ありギャグ?ありの格調高い文体で書かれたコメディといった感じ。主人公が本ッ当に<良い>性格をしています。まるで現代の若者向けのライトノベルを読んでいるような気がしました。

もし三島由紀夫は苦手~と思っている方でもこれはすらすら読める程の内容だと思います。個人的に大プッシュさせて頂きますので、よろしければ手にとって見てください。

Q初心者にお勧めな三島由紀夫作品を教えて下さい!

個人的には「音楽」が気になってるのですが、三島由紀夫は難解で敷居が高いというイメージがあって、なかなか手が出せません。
初心者はまずこれを読んでおけという作品があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

三島由紀夫自身が推薦している小説があります。

「憂国」です。

「(前半省略)
 かくて、徹頭徹尾、自分の脳裏から生まれ、言葉によってその世界を実現した作品は、「憂国」一篇ということになる。
 2・26事件は私の精神史に重要な影響を及ぼした事件で、13歳のときのその感動はたびたび反芻されて、私流の「挫折」「悲劇」「ヒロイズム」などの諸観念を形成する酵母になった。従って私の作品を今まで一度も読んだことのない読者でも、この「憂国」という短篇一篇を読んで下されば、私という小説家について、あやまりのない観念を持たれるだろうと想像する、そこには小品ながら、私のすべてがこめられているのである。」
 昭和40年8月「三島由紀夫短編全集」第6巻「あとがき」 

  ☆  ☆  ☆

 あなたの言うところの「難解で敷居が高い」というイメージが、どういうことによって形成されたのか分かりませんが、三島由紀夫は二十世紀後半の日本の小説家のうち、最も分かり易い文章を書いた作家です。
 ただし、文章は分かり易くても,語彙が豊富で、豊富すぎて、相当な教養を持っている人以外は読み難いのです。
 だから、使い慣れた辞書を片手に読めば、どの小説も読み易く分かり易いものです。

 僕は、比較的初期に書かれた「仮面の告白」と、晩年に書かれた「春の雪」をお奨めします。
 「憂国」は、丁度その間の、ど真ん中の時期の作品です。

三島由紀夫自身が推薦している小説があります。

「憂国」です。

「(前半省略)
 かくて、徹頭徹尾、自分の脳裏から生まれ、言葉によってその世界を実現した作品は、「憂国」一篇ということになる。
 2・26事件は私の精神史に重要な影響を及ぼした事件で、13歳のときのその感動はたびたび反芻されて、私流の「挫折」「悲劇」「ヒロイズム」などの諸観念を形成する酵母になった。従って私の作品を今まで一度も読んだことのない読者でも、この「憂国」という短篇一篇を読んで下されば、私という小説家につ...続きを読む

Q三島由紀夫の本

最近三島由紀夫の興味をもったのですが、三島由紀夫の本で最初に読むに一番ふさわしい本・三島を知るのに一番オススメの本を教えて下さい★

Aベストアンサー

 こんばんは。満場一致で『金閣寺』ですね。
是非読んで頂きたい一冊、賛成です!

 最初に読まれるということで、一応『金閣寺』より文字数の少ない(途中で挫折しにくい・・・?)著作も以下に挙げておきます。
1)『憂国』
 死ぬ瞬間ってどんなだろう、経験した人って少ないと思いますが、目が離せないほどの迫力の描写でした。

2)『頭文字』
 ベールに包まれている天皇家の物語。何というか、ゾクッとします。

3)『不道徳教育講座』
 エッセイです。結構笑えます。これは最初に読むより、何冊か読んだ後の方がいいと思いますけど、ご参考までに。他の著書との関連性、根本みたいなのが見え隠れしてます。

あと、『孔雀』は美輪明宏さんをモデルにしたということで有名ですよね。美輪ファンにもおすすめ・・・かな。

Q「未発表作品に限る」とは??

よく、文学賞の応募要項などで、「ただし、未発表作品に限る」とありますが、

これは過去に、他の賞に投稿して「落選した」場合も入るのでしょうか?

それとも、入選して何か「雑誌などに載った」場合のみをさすのでしょうか?

最優秀の賞には落選したが、佳作などで「題名だけ」載った場合は、同じ作品で他の応募は無理ですよね??

詳しい方、教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

 出版関係者です。出版社としていちばん気になるのは、
応募作に賞をあげた場合に、その作品を問題なく自社の
雑誌に掲載できるか・書籍として販売できるかどうかです。

 その点、多くの賞では応募要綱に「 応募された作品の
出版権は弊社に帰属します 」とか、「 弊誌出版物への
掲載を了承したものとします 」といった但し書きを用意
しています(※)。

 その場合、一度ほかの賞に応募された作品は、形式上
他の出版社に出版権を握られていますので、賞をあげる
わけにはいかないんですね。ということで、未発表作品と
いう場合は基本的に、落選作は除外されます。題名だけ
でも商業誌に載った場合は当然に除外となります。

 グレーゾーンとしては同人誌への掲載が挙げられますが、
上記のように出版社が問題とするのは出版権になるので、
この場合は基本的にオーケーです。

※以前は「 著作権は弊社に帰属 」と書いてあることも
ありましたが、著作権意識が高まった現在では、著作権
移転を前提にするのは無理があるので、上記のような表
記に変わりつつあります。

 出版関係者です。出版社としていちばん気になるのは、
応募作に賞をあげた場合に、その作品を問題なく自社の
雑誌に掲載できるか・書籍として販売できるかどうかです。

 その点、多くの賞では応募要綱に「 応募された作品の
出版権は弊社に帰属します 」とか、「 弊誌出版物への
掲載を了承したものとします 」といった但し書きを用意
しています(※)。

 その場合、一度ほかの賞に応募された作品は、形式上
他の出版社に出版権を握られていますので、賞をあげる
わけにはいかないんですね。とい...続きを読む

Q三島由紀夫が潮騒を書いた理由

このまえ学校で三島由紀夫の作品についての授業があったんですが、
気になることがあって質問しました。

三島由紀夫の作品の中で「潮騒」は明らかに浮いていると思います。
三島由紀夫がこのような作品を書いたのには、
どんな背景、理由があったのでしょうか?

分かる方いらっしゃいましたら、
回答よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

>三島由紀夫が潮騒を書いた理由

ギリシャの古典作品の「ダフニスとクロエ」に触発されて書かれたとされています。Wikipediaの記述で確認できます。
三島作品の中では異色のように思われますが、三島は戯曲・台本なども数多く手掛けています。また、「豊饒の海」が「浜松中納言物語」に着想を得て書かれているように、三島の幅広い古典の渉猟ののなかから生まれた作品は数多くあります。

以上、参考までに。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BD%AE%E9%A8%92_%28%E5%B0%8F%E8%AA%AC%29

Q三島由紀夫に関する書籍

大学の講義で三島由紀夫について学び、すっかり魅了されました。
そこで、三島氏に関する(思想、人柄、生涯等について書かれている)著書で
お勧めがあれば教えて下さい。
ちなみに、数年前『三島由紀夫の最期』を購入しましたがイマイチでした。

Aベストアンサー

私は昔、三島由紀夫の「金閣寺」を読んだことがあるのですが、その後たまたま出会った本にインドのエリートビジネスマンが書いた日本体験記「喪失の国、日本」(M・K・シャルマ著)で三島由紀夫に一部触れている章「三島由紀夫は民族主義者じゃない」があります。「金閣寺」に対する著者の三島由紀夫論なのですが、観察眼のない一般書評などとは一味違い深く切り込んだ解説が圧巻でした。「金閣寺」を読んでいなくともこれを見たら読みたくなると思います。この他にも驚きの日本体験談で前半笑いをちりばめながらも、後半で日本人以上に日本を見る鋭い目や先見性で語っていく著者の頭の良さと洞察力に関心します。読み物としても面白く、あっという間に読めてしまうので娯楽にも勉強にもなりおすすめです★

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167651386/qid=1107897707/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-6085018-8442660

Q谷崎潤一郎と三島由紀夫の文章はどんな感じでしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。ある中国人作家のインタビューで谷崎潤一郎と三島由紀夫の文章が好きだと聞きました。私は二人ともの作品をあまり読んだことがありません。谷崎潤一郎と三島由紀夫の文章はだいたいどんな感じなのか、ご存知の方教えていただけないでしょうか。谷崎潤一郎と三島由紀夫のどちらについてもかまいません。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>谷崎潤一郎と三島由紀夫の文章はだいたいどんな感じなのか、

実際に読まれるのがいいのですが、ひとことでいえば即物的な描写を心がけ、それが成功した文章だということでしょうか。さらりと流すのではなく、これでもか、これでもかと形容詞や比喩を駆使し、何重にも描き重ねて表現したいものを正確に、しかも美的に表現することに努めたということだと思います。

二人の小説は主題はかなり異なりますが本質的に似通っていると思います。哲学的に深いものはありませんが、読者を酔わせるものがあります。

単なる私見です。
ご参考になれば。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報