二・二六事件が舞台の小説を探しています。ジャンルは問いません。
宮部みゆき「蒲生邸事件」
恩田陸「ねじの回転」
は、読みました。他の作品をご存知でしたら教えてください。

また、二・二六事件そのものについても知りたいと思っています。
良書をご存知でしたらお願いいたします。
原秀男「二・二六事件軍法会議」
は、既読です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

武田泰淳「貴族の階段」


二・二六事件そのものではありませんが、これをモデルにしたクーデターの前後が舞台です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
武田泰淳さんは読んだことないので、挑戦してみようかなぁ。

お礼日時:2007/01/23 20:57

「無名の盾」小説 警察官の2・26事件


もりた なるお著、は いかがでしょう?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

警察側視点の小説ですか。
ちょっと期待値高そうですね。読んでみます。

お礼日時:2007/01/23 21:03

検索した結果ですが


小説
松本清張「二・二六事件」
山田正紀「マヂック・オペラ 二・二六殺人事件」
三島由紀夫「十日の菊」「憂国」
沢地久枝「妻たちの二・二六事件」

資料
渡部昇一「昭和史 松本清張と私 大正末期~二・二六事件」
半藤一利「昭和史が面白い」
筒井清忠「昭和期日本の構造―二・二六事件とその時代」

WEB小説
ZHURAVLIK(山本瑞鶴)「書庫→大火葬戦史外伝→SNOW前・後編」
http://zhuravlik.hp.infoseek.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
しかも、わざわざ調べていただいて恐縮です。

お礼日時:2007/01/23 21:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q恩田陸さんの小説で・・・

恩田陸さんの小説「ユージニア」を読まれた方々の感想をぜひお聞きしたいです。
 よろしくお願いします。
 (恩田陸さんのほかの作品でも結構ですので、ぜひお願いします)

Aベストアンサー

「ユージニア」読みましたよ!
最後が、ちょっと微妙でした。
でも、なんだか恩田さんらしいなぁと思いました。
すいません。うまく表現できません(^^;)

私としては、光の帝国、「三月は・・・」、ドミノ、木曜組曲が大好きです♪

Q宮部みゆきドラマの「火車」

原作を読まずにドラマを見ました。
途中まで面白かったのですが、後半でおいていかれました…。

犯人は、孤独な女性を狙い彰子をターゲットにしてなりかわりましたが
他の候補の女性も狙おうとしたのは、彰子にも自己破産歴がある事が分かり
ターゲット決めに失敗したからですよね?

また、小学校の校庭を掘り返して証拠を見つけましたが
女性1人であんな深い穴を掘って、埋めるなんて不可能な気が…。

原作ではまた少し違うのでしょうか。

Aベストアンサー

私も昨夜のテレ朝ドラマスペシャル「火車」視ました。
全体としてほぼ原作どおりで(犯人が他の女性を狙おうとした理由はその通りですね)、ドラマとしてはよくできていたし、特にカメラワークが良かった(少々凝り過ぎのシーンもあったが)と思いました。

ただ、「これはあり得ないだろう」と一番引っかかったのは、質問者さんと同じく、あの固い校庭を犯人(女性)一人で掘り返して死体を埋めたという設定でした。

私も気になったので昔読んだ原作を読み返してみたところ、問題のシーンは原作には無いTV用の演出だったことが確認できました。

原作では、犯人の女性が小学校を訪れて用務員のおばさんにペットの埋葬場所を尋ねた所までは同じですが、被害者がそこに埋められているに違いないと思い込んで掘り返したがっている幼なじみの男に対して、主人公の刑事は「ここには埋められないよ。(中略)学校の校庭だぞ。無理だ。危険すぎる。(中略)不可能だと言うことが、ここへ来てみて、余計にはっきりしただろう」と答えています。
原作では校庭が掘り返されることはなく、遺体も発見されないままに終わります。

映像化に当たって原作にないシーンを付け加えることがドラマとして良い効果をあげる場合もあるでしょうが、問題のシーンについて言えば、明らかにドラマのリアリティをぶち壊しウソ臭くしてしまう逆効果になったように思います。

私も昨夜のテレ朝ドラマスペシャル「火車」視ました。
全体としてほぼ原作どおりで(犯人が他の女性を狙おうとした理由はその通りですね)、ドラマとしてはよくできていたし、特にカメラワークが良かった(少々凝り過ぎのシーンもあったが)と思いました。

ただ、「これはあり得ないだろう」と一番引っかかったのは、質問者さんと同じく、あの固い校庭を犯人(女性)一人で掘り返して死体を埋めたという設定でした。

私も気になったので昔読んだ原作を読み返してみたところ、問題のシーンは原作には無いTV用の演...続きを読む

Q古典的な良書を教えてください。

古典的な良書を探しています。

文章を書く勉強をしています。
良書から文章表現やアイディアを学ぼうと思うのですが、
おすすめの本はありますでしょうか?

良書をあげるならこれは絶対避けて通れないだろう、
といった感じのものです。

本の条件としては、
・ロングセラーであり、時代を超えて長く人々に愛されている古典であること。
 曖昧なんですが、古さは、なんとなく古いなと感じられるくらいでいいです。
 近年(1990年~くらい?)でなければなんでも。
・ジャンルは、文章が主体の本であればなんでもいいです。
 小説でもエッセイでも哲学書でも麻雀小説でも。
・極端に難しい本は除いてください。 例:ハイデガー、カント
 哲学が好きなんで難しい本も好きなんですが、文章の勉強というより
 学問系の勉強になってしまいそうですので、純粋理性批判のようなのは、
 やめておいてください(^_^;)。とはいえ、度が過ぎなければある程度難しくても問題ないです。
・文章表現が素晴らしいもの。(←一番重要です)
 味わい深い文章表現、心地良い響きのするものです。
 接続詞や助詞・助動詞がうまく使われていたり、リズムがよかったり、
 レトリックが巧みであったり、単純に面白かったりと、いろいろあると思いますが、
 これは素晴らしい!と感動してしまうようなものをお願いします。
・翻訳本は名訳のみ。
・ホラー、グロテスク、気持ち悪い系は除く。


よろしくお願いします!

古典的な良書を探しています。

文章を書く勉強をしています。
良書から文章表現やアイディアを学ぼうと思うのですが、
おすすめの本はありますでしょうか?

良書をあげるならこれは絶対避けて通れないだろう、
といった感じのものです。

本の条件としては、
・ロングセラーであり、時代を超えて長く人々に愛されている古典であること。
 曖昧なんですが、古さは、なんとなく古いなと感じられるくらいでいいです。
 近年(1990年~くらい?)でなければなんでも。
・ジャンルは、文章が主体の本であればな...続きを読む

Aベストアンサー

分かりやすい文章なら、星新一のショートショートが一番でしょう。星新一の数少ない長編、明治・父・アメリカやホラ男爵現代をいくは、ショートショート特有の短い文をつないで長編をつくるという、ちょっとすごい文の作り方になっています。長い芸術的な文章との対極にある、しかし、物書きの基本になるものが含まれていると思います。

初期のラノベは、漫画のように、ページの見開きを意識したものが多く、「売れる」作品を作るのであれば、参考になると思います。ゴクドーくん漫遊記などですね。

表現の対比を楽しみたいのなら、ひとつの作品で、訳者さんの違うものを見比べるという方法が面白いかもしれません。赤毛のアンの描写は、その時代時代、訳者さんの考え方や技量で、違っていて面白いと思いました。
この作品の長い風景描写や、アンが堰を切ったように勢い良くしゃべる情景を文字で表そうという工夫が各々こまかいところで違っているんですね。

Q恩田陸がすきな私に

こんばんは。
タイトルの通り、恩田陸がすきな者なのですが、
ほとんど恩田陸の本を制してしまったため、読む本が見つかりません。
似たような…といいますか、あんな雰囲気(神秘的といいますか)の
小説を求めています。
下記を参考に、教えてください。

恩田陸ですきな本
*麦の海に沈む果実
*黒と茶の幻想
*三月は深き紅の淵を

Aベストアンサー

このジャンルでは、恩田陸さんは第一人者だろうと思いますー。
No.3の方がおすすめされている恒川光太郎さんの作品は私もおすすめです。
他には、辻村深月さんがおすすめです。少し怖めの話であれば「冷たい校舎の時は止まる」(上中下)(講談社ノベルス)、すこしぬるめな方向であれば「凍りのくじら」(講談社ノベルス)がおすすめです。恩田陸さんの、特に青春ぽい話に近い雰囲気の話を書く方だなあと最近思っています。落ちをきっちりつけるところも似ているなと思います。
また、ライトノベルレーベルでもOKであれば「侵略する少女と嘘の庭」(清水マリ子・MF文庫J)がおすすめです。「嘘」という言葉で定義されることの面白さにはまりました。ちょっと不思議な要素あり、でも不思議な世界にいきっぱなしではない、この世界で生きていくやり方を探している、というような意味で似通っているかと思います。

Q宮部みゆきのアンソロジー?

以前、書評で読んだのですが、宮部みゆき編のアンソロジーのようなもので、100円玉がどうのこうの、というタイトルだったような気がします。
その中に、マンガも掲載されていて、そのマンガがそん所そこらの推理小説よりおもしろい、というようなことが書かれていました。
どなたか、書名、出版社をごぞんじないでしょうか。
最近の書店の書棚にはないんですよね。

Aベストアンサー

もしかしてぜんぜん違うかもしれませんが、
若竹七海「競作50円玉20枚の謎」 創元推理文庫
ではないでしょうか。
この本は若竹七海さんが本屋でバイトしていたときに、毎週土曜日に50円玉20枚を千円札に両替をする男が来るが、彼は何者なのか。という謎を公募してまとめた物です。
いしいひさいちさんも参加していてまんがで回答されています。
ハードカバーもありますが、文庫でも出ているようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報