旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

大場つぐみの正体はガモウひろしという噂が流れていますが本当なのですか?

A 回答 (6件)

いきさつは、大抵の人が知っていると思いますが、


ひとり100円前後の拠出を募って、簡易鑑定をしましょう。
と、言う人がひとりも出ないのは、やはり、謎は謎で、とっておきたい真理があるからかと、思います。
江川先生なんか、そんなお金「ヘ」でもないと思いますが、しませんもんね。
    • good
    • 0

そう言われる主な理由は、



1・2005年1月に開催された第4回日本オタク大賞にて、ノンフィクション作家岡田斗司夫と
漫画原作者鶴岡法斎から名指しでの証言がなされた。また2006年6月には木多康昭が早稲田大学で行われたトークライブで、
ガモウひろしについての質問に対して「大場つぐみさんですね」と発言している
(ただし、どの人物も発言の根拠や情報元等を示したことがないため、全て真偽不明)。

2・『DEATH NOTE』の第1話において、主人公「夜神月(やがみライト)」が通っている塾が
「蒲生(がもう)ゼミナール」となっている。

3・週刊少年ジャンプ内の漫画掲載順が基本的に読者の人気アンケート順であり、後続ほど人気が少なく
「×組(バツぐみ)」と一部の関係者から言われており、自身の過去の連載経験から自虐的にペンネームを
「大×組→大場つぐみ」としたのではないか(大×組はガモウの同人サークルの名前だったという説もある)。

4・ガモウひろしにはミステリー系の漫画作品『僕は少年探偵ダン♪♪』を描いていた経緯がある。

5・コミックス7巻の作者紹介のところの絵、『DEATH NOTE How to read 13』で紹介されている
大場つぐみのネームの絵柄がガモウひろし作品と似ている。

この5点が原因です。

実は、以前に私も似たような質問をしたことがあります。

http://okwave.jp/qa2263608.html

この質問を見ていただいてもわかるとおり、今のところは、はっきりとした根拠の出てきていない、ただの噂です。
しかし、これだけ状況証拠は出てきているわけですし、L風に言えば、「大場つぐみ=ガモウひろし説」は、
「限りなく黒に近いグレー」と言ってしまっていいのではないでしょうか。
    • good
    • 0

確定はされていません。



噂の出所は下記になります。
・ガモウ氏と同時期に連載をしていた事もある木多康照氏が学園祭のトークショーで同一人物である事を発言した。
・岡田斗司夫氏がCSの番組「オタク大賞」で、「ある雑誌がジャンプ編集部に
「大場つぐみ氏とはガモウひろし氏の事ですか?」という電話取材をした所、それを認めた。」と発言した。

二件とも発言した事自体は確認されています。ただし、内容の信憑性は確認されていません。

他には漫画家の島本和彦や江川達也氏も、同一人物である事を公言しています。
    • good
    • 0

小畑さんは、ネームのできる原作者と組んでいる場合が多いので、可能性としては、あると思います。


13巻に大場さんのネームが出ていますので、誰かが、筆跡鑑定でもしてくれれば、大場=ガモウ説の真偽だけは、わかると思います。
    • good
    • 0

私も本当かどうかはわかりませんが、漫画家の木多康照さんがそんなようなことを言っていたような気がします。

    • good
    • 1

この噂、流れ始めてから結構たちますが、その間誰も決定的証拠を提示できません。


誰かがそういっていた、とかばかりです。
ですので「わかりません」としかいえません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報